光回線の終端装置(ONU)とは?ルーターとの違いや遅いときの対処法など全まとめ

光回線×ONU!
光回線のONUにはどんな役割があるの?モデムやWi-Fiルーターと何が違う?など気になるポイントが多いかもしれません。

ONU(光回線終端装置)は、光回線から送られてくる光信号をデジタル信号に変換するための機器です。ONUを通すことによってスマホやPCなどの端末でネットに接続できます。

光回線を利用する際に必要不可欠の機器ですが、ONU自体は契約の光回線(基本的にはNTT東西日本)から工事日までに届けてもらえるので待っているだけで大丈夫です。

ただ、ONUに不具合が起きるとネットが繋がらなくなるため、復旧させるための対処法を把握しておくことが大事です。

この記事を読めば、ONUとモデム・その他ルーターとの違いや、ルーターと一緒に無料レンタルできる光回線、さらにONUのせいでネットが遅い時の対処法が分かります。

光回線のONUとは?

ONUは、光回線を契約すると無料レンタルできる機器で、別名「光回線終端装置(ひかりかいせんしゅうたんそうち)」や「宅内装置(たくないそうち)」とも呼ばれています。

光回線のケーブルには光信号が流れていますが、光信号のままだとスマホやPCなどの端末でネットが使えないので、ONUを通してデジタル信号に変換しないといけません。

つまり、ONUは光信号をデジタル信号に変換する機器として重要な役割を担っています。

さらに、マンションでは1本の光回線が複数の部屋につながれていて、各部屋で送信されたデータが光回線の中で衝突しないようにタイミングを見計らってくれる役割も。

部屋まで引き込んだ光ケーブルを以下のようにONUと直接つなぐことで、ルーターや端末などの機器に接続できるようになります。

回線終端装置ONUのイメージ図

基本的にONUは光回線を契約したら開通工事前に郵送で送られてくるか、開通工事当日に業者が持ってきてくれます。

ONUの裏側にはパソコンと接続するためのLANポートがあり、LANケーブルがあれば有線接続でネットが利用可能です。

場合によってはルーター機能が搭載されたONUを提供している光回線もありますが、一般的にはルーターを自分で用意しないとWi-Fi(無線)接続はできないので覚えておきましょう。

光回線のONUとその他ルーターの違い

光回線を利用する際に使われる機器として「終端装置(ONU)」「モデム」「Wi-Fiルーター」の3つがあります。

それぞれの機器との違いを詳しくまとめたのでぜひ参考にしてください。

モデムとの違い

ONUとモデムは、どちらも同じような変換機能の役割をもつルーター機器ですが、使用されているインターネット回線が異なります。

ONUは光回線で使用されるのに対し、モデムは電話線を利用した旧式のADSL回線で使われる機器です。

ONU⇒光回線
モデム⇒ADSL回線

光回線が登場する前はADSLが主流としてされていましたが、2023年1月31日にADSL回線の提供が終了するので現在では光回線が主流になっています。

そのためADSL回線を利用していた人が今でもONUのことをモデムと呼んでいる場合が多く誤解されやすいです。

Wi-Fiルーターとの違い

ONUとWi-Fiルーター、どちらも光回線とパソコンの間に設置する機器ですが、それぞれ役割が異なります。

光回線の光信号をデジタル信号に変換するONUに対し、Wi-Fiルーターはパソコンやスマホ、ゲーム機など複数の端末に対してWi-Fiを飛ばすための機器です。

ONUだけだと1台までしか有線接続できないということもあり、ONUとWi-Fiルーターを組み合わせることで家族や友人など複数人でWi-Fiを利用することができます。

また、Wi-FiルーターはONUとは違って自前で購入するかレンタルしないといけないので準備が必要です。

ルーターと一体型のホームゲートウェイ

ホームゲートウェイのイメージ

ONUとWi-Fiルーターが一体型になった機器を「ホームゲートウェイ」といいます。

フレッツ光回線を借りてサービスを提供している光回線にはONUが貸し出され。フレッツ光回線を借りていない光回線はホームゲートウェイが貸し出されることが多いです。

ホームゲートウェイ単体でもWi-Fiは利用できますが、自分で用意したWi-Fiルーターを繋げて利用することもできます。

その場合、ホームゲートウェイとWi-Fiルーターから2台同時にWi-Fiが飛んでしまい、お互いの電波がぶつかりあって速度が遅くなるなることがあります。

ホームゲートウェイとWi-Fiルーターを並べて繋げる時は、ホームゲートウェイのWi-Fi機能を停止して利用するとよいでしょう。

ONUとルーターがどちらも無料の光回線

ONUは無料で提供されていますが、ルーターも一緒に無料になる光回線を紹介します。

結論を先に言うと、「ドコモ光×GMOとくとくBB」「NURO光」「ソネット光プラス」3社がルーターの無料レンタルを実施中です。

光回線はスマホの利用状況によって選ぶと毎月最大1,000以上お得になるので、スマホ別にONUとルーターが無料になる光回線をまとめた以下の選び方を参考にしてください。
▼光回線のおすすめな選び方▼

ドコモユーザー⇒ドコモ光×GMOとくとくBB
ソフトバンクユーザー⇒NURO光
au・その他ユーザー⇒ソネット光プラス

ドコモ光×GMOとくとくBB

ドコモユーザー選ぶならドコモ光一択です。

ドコモ光はGMOとくとくBBから申し込むとWi-Fiルーターを無料レンタルできます。

GMOとくとくBBが提供しているWi-Fiルーターは『v6プラスの高速通信対応』『最大速度1733Mbps』という特徴があり、快適にインターネットが利用できるでしょう。

さらに、v6プラスを利用する際の申し込みは不要ですし、3年以上利用すればWi-Fiルーターがプレゼントされます。

戸建てなら月額5,200円で、マンションなら月額4,000円ですが、最大2万円のキャッシュバック特典がもらるのでお得です。
\2020年最も選ばれています/
ドコモ光の大人気窓口
選ばれる理由は・・・
★利用者の96.8%が速度が速いと回答!
★今なら開通工事費18,000円が完全無料!
★最新Wi-Fiルーター無料レンタル!
★家族全員のスマホが最大1,000円割引
★最大20,000円キャッシュバック中!
★dポイント最大2000ptプレゼント!

今なら開通工事費18,000円が完全無料!工事費無料特典は期間限定のキャンペーンです!
▼お得な申し込み窓口はこちら!▼ドコモ光申し込み

NURO光

ソフトバンクユーザーがセットになる光回線はソフトバンク光とNURO光の2択です。

なかでもNURO光は月額料4,743円と比較的安いですし、無料レンタルできるONUには無線LAN搭載なのでルーターは不要になります。

NURO光から送られてくるONUはどの種類が送られてくるか運次第になってしまいますが、最大1.3Gbpsの速度が出るルーターが当たれば、NURO光の高速インターネットを十分に実感することが可能です。

ただ、唯一の欠点として対応エリアが限られています。以下のエリアに住んでいれば契約できるので確認してから申し込みましょう。
関東エリア:東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬
東海エリア:愛知 静岡 岐阜 三重
関西エリア:大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良
九州エリア:福岡 佐賀
北海道:札幌 小樽 千歳 恵庭 石狩
\速くて安い光回線/
NURO光が選ばれています
●世界最速最大2ギガの通信速度!
●45,000円の高額キャッシュバック!
●月額料金ずっと激安4,743円!
●マンションなら月額1,900円~!
●Wi-Fiルーター無料レンタル!
●工事費実質無料!

現在CMでも話題になっている業界最速のNURO光!料金面でも優れているので乗り換える人が増えています。
▼今なら45,000円プレゼント▼NURO光の申し込み窓口

ソネット光プラス

ソネット光プラスは、ソニーネットワークコミュニケーションズが提供する光回線です。

auスマホとセットになるだけでなく、戸建てなら月額3,480円、マンションなら月額2,480円と光回線の中でも最安級になっています。

ソネット光プラスでは、通常月額400円かかる高速通信が可能なv6プラス対応Wi-Fiルーターが永年無料で使用でき、料金面と速度面の両方に優れた光回線と言えるでしょう。

auユーザーならauひかりも選択肢として検討するかもしれませんが、auひかりは対応エリアが限られているので、全国に対応しているソネット光プラスの方が安心です。
\2020年最安光回線/
ソネット光プラスが選ばれています
ソネット光プラスが選ばれる理由戸建て3,480円で業界最安!
・マンションもたった2,480円!
・いつでも工事費無料!
・高性能Wi-Fiルーター無料レンタル!
・auスマホが最大1,000円割引!

公式キャンペーンで月額大幅割引中!キャンペーン期間中のお申し込みがお得です。
\最安で利用したい方はこちら/ソネット光プラス公式サイト

光回線のONUが遅いときの対処法

ネットが遅い時、はじめにONUの点灯ランプを確認し、どのような不具合が起きているか原因を特定することが大切です。
ランプの名称状態ランプの意味
認証-準備中 / 故障中
点灯(緑)正常
UNI-ONU機能が利用できない
点灯(緑)正常
点灯(緑)データ通信中
光回線-光回線とのリンク切れ
点灯(緑)正常
点灯(オレンジ)準備中 / 故障中
点滅(オレンジ)ファームウェアダウンロード中
電源-電源が入っていません
点灯(緑)正常
点灯(赤)装置故障
点滅(赤)ファームウェアダウンロード完了
すべてのランプが緑色に点灯している場合はONUに不具合が起きている可能性は低いため、ネットが遅い原因はONU以外が考えられます。

もしも、ランプが赤やオレンジで点灯している場合はONU内部で何らかのトラブルが起きている可能性があるので、以下でお伝えしている対処法をお試しください。

再起動を試す

ONUが誤作動をおこしている場合、以下の手順で再起動をすると、症状が改善される可能性があります。

▼再起動方法 ①通信機器の電源をすべて落とす(ONU・Wi-Fiルーター・パソコンなど) ②Wi-Fiルーターを繋いでる場合は取り外し、ONUとパソコンを直接有線で繋ぐ ③電源を入れなおし、ONUが完全に起動するまで数分ほど待機
再起動後、問題なくパソコンでインターネットができることを確認してください。

ONUの設置場所を変える

ONUは設置場所が悪いと、ネットが繋がりづらくなることもあります。

ONUは、Wi-Fiルーターと繋ぎセットで使うことが多いので、Wi-Fiの電波が届きやすい場所に設置することが大事です。

Wi-Fiルーターを床に置くと、Wi-Fiが障害物の影響を受けやすく速度低下の原因になるので、1~2メートルの高さに設置することをおすすめします。

ルーターの設置場所
また、電子レンジなど家電から発する電波と、Wi-Fiの電波が干渉しあい速度が遅くなることもあるので、なるべく他の通信機器と離して設置したほうがよいでしょう。

解決しない場合は回線業者に相談

再起動を試しても症状が改善しない場合、各回線業者の相談窓口に連絡するとよいでしょう。

問い合わせする先はプロバイダではなく、光回線を提供している回線業者に問い合わせるようにしてください。

以下では、代表的な回線業者の相談窓口をご紹介します。
 窓口受付時間
ドコモ光0120-800-0009:00〜20:00(年中無休)
SoftBank光186+0800-111-200910:00~19:00(年中無休)
auひかり0077-70769:00~23:00(年中無休)
ソネット光0120-80-77619:00~18:00(年中無休)
NURO光0120-300-2609:00~18:00(年中無休)

壊した場合は機器代が請求される

ONUは基本的に無料で貸し出されるもので、自分が原因でONUをなくしたり壊した場合、弁償しなければなりません。

弁償代金は機器によりますが、およそ5,000円~10,000円が相場となっています。ONUの交換・修理に関しては、機器を貸し出しているNTTに直接連絡してください。

●東日本エリアの場合
電話番号:0120-116-116
受付時間:9時~17時

●西日本エリアの場合
電話番号:0120-248-995
受付時間:9時~17時

まとめ

ONUは、パソコンやスマホでネットを使うために光回線の信号をデジタル信号に変換する役割をもっています。

モデムやWi-Fiルーターと間違われやすいですが、全く異なる役割の機器なので必ず確認しておいてください。

ONUは光回線でインターネットをする上で重要なものなので、何らかのトラブルにより不具合が起きた場合、ネット自体ができなくなってしまうので、この記事で紹介している対処法を覚えておくと安心です。

皆さんが快適に光回線を利用するための一助にしてください。
So-net光プラス 月額2,080円 超高速ネットが安すぎる!!

人気の記事一覧

光回線に関する情報の関連記事

役立つ基礎知識の関連記事

ヒカリCOM

TOPへ戻る