光回線とADSLの違いを解説!乗り換え先におすすめな光回線は?

光回線とADSLって何が違うんだろう?ADSLを使っているけれど切り替えた方がいいのかな?と思っていますよね。

光回線とADSLの1番の違いは使っている回線にあり、光回線はインターネット専用の光ファイバーという回線を使っているためインターネットをサクサクと使うことができます。

しかしその分、月額料金や配線を引き込むための工事費が高いといったデメリットがあるのも特徴です。

一方ADSLは電話線を利用してインターネットに繋ぐため最大速度は光回線の20分の1ほどしかなく、動画の視聴や複数名での利用は難しいのですが、その分かかる費用は光回線よりも安く済みます。

ただしADSLは、2024年3月末までにサービスの終了が予定されているため、現在ADSLを利用している人はいずれ光回線を契約しなければインターネットが使えなくなってしまいます。

そこでこの記事では具体的な光回線とADSLの違いだけでなく、ADSLからの乗り換え先としておすすめな光回線を紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

光回線とADSLの4つの違い

ADSLは提供しているほとんどの会社で、2023年1月末または2024年3月末をもってサービスの提供を終了することが予定されています。

 

例えば、NTTが提供しているADSLのサービスは2023年1月末でサービスが終了する予定、大手キャリアのソフトバンクが提供しているADSLのサービスは2024年3月末をもってサービスが終了する予定です。

 

サービスが終了してしまう前に光回線に乗り換えましょう。

光回線とADSLの違いは大きく分けて4つあるので、それぞれ解説します。

①回線の種類

光回線とADSLの1番の違いは回線の種類で、光回線は光ファイバー、ADSLは電話線を利用してインターネットを使います。

▼ADSLの仕組み
電話線のイメージ図

引用元:「@TCOM」公式サイト

電話線はその名の通り電話をするための線のことで、固定電話に繋がれている線をさします。上記の画像でいうと赤い線のことでモジュラーケーブルとも呼ばれています。

そして電話線にADSLモデムという機器を繋げることで、インターネットが使えるようになるという仕組みです。

▼光回線の仕組み

光ファイバーのイメージ図

引用元:「NTT」公式サイト

一方光ファイバーはインターネットを利用するための専用の線で、電柱から家にある光コンセントに引き込まれ、Wi-Fiルーターに繋ぐことでWi-Fiが使えるようになる仕組みです。

そして光回線はADSLの仕組みとは逆で、光ファイバーを利用して「光電話」を使うこともできます。

光電話の月額料金は平均500円と電話線を用いた固定電話よりも安く、工事費は光回線との同時に申し込めば数千円ほどで済むので、固定電話の利用を続けたい人は検討してみてください。

②最大速度

最大速度とは、インターネットを利用する際の読み込みの速さやアップロードの速さを数値で表したもので、光回線最大速度が1ギガであるのに対して、ADSLの最大速度は50メガ(1ギガ=1,000メガ)と、光回線の20分の1程の速度しか出ません。

ADSLは電話線を利用してインターネットに繋いでいるため、速度が出にくいのが特徴です。

複数の端末をインターネットに接続する際や、大容量通信(動画視聴やオンラインゲームプレイなど)をする際に速度が低下したり接続が不安定になることがあるでしょう。

一方光回線は、ADSLやその他の回線(ケーブルテレビや持ち運びWi-Fiなど)と比べても最大速度が1番速く、最大1ギガまで出ます。

大容量通信をする際も比較的安定した速度を維持することができるため、快適にインターネットを利用することができるでしょう。

ADSLは基地局から家までの距離で速度が変わる

ADSLの速度と距離の関係

引用元:「NTT」公式サイト

ADSLは電話線の基地局から家までの距離が離れているほど、速度が遅くなってしまうという特徴もあります。

その点、光回線であれば家の近くにある電柱から光ファイバーを引っ張ってくるため、基地局からの距離は関係なく通信速度が遅くなることはありません。

③料金

【費用】▼ADSL▼光回線
月額料金2,000円前後
※電話共用型
2,000円~
6,000円
工事費2,000円~
20,000円
0円~
20,000円
この表のように光回線の月額料金はADSLの月額料金に比べて高くなってしまう場合が多いため、光回線への乗り換えを躊躇しているという人は多いと思います。

しかし、光回線の中には月額料金が安めに設定されているところもあり、例えばソネット光プラスなら【戸建て:月額3,080円/集合住宅:額2,080円】と、ADSLの月額料金と大差はありません。

またADSLから光回線へ切り替えるためには開通工事が必要になり、工事費は平均して2万円前後と高めなのですが、今紹介したソネット光プラスを始め多くの光回線で工事費が実質無料になるキャンペーンを実施しています。

このように光回線は、全体的に見ればADSLよりは料金が高くなってしまうのですが、料金が安い光回線を選べばADSLと同じくらいの料金に抑えることもできます。

④契約者数

ADSLと光回線の契約者数の傾向

引用元:「MM総研」公式サイト

ADSLは新規申し込みの受付はすでに終了しており、2024年のサービス終了に向けて減少傾向にあります。

一方光回線(=FTTH)は、この画像で分かるようにインターネット回線サービスの中で1番契約者数が多く、年々少しづつ増加しています。

光回線はADSLに比べれば月額料金が高くなってしまう可能性が高いのですが、その分速度面では遥かに優れているためADSLから乗り換える人も多いのが現状です。

ADSLからの乗り換え先におすすめな光回線

ここまで光回線とADSLの違いについて詳しく説明してきましたが、ADSLは2024年3月末にはサービスが終了してしまいます。

そこで現在ADSLを利用している人に向けて、おすすめな光回線を3社選んでまとめました。

ちなみに、光回線は開通工事が必要になると言いましたが、開通工事は申し込みから1~2ヵ月ほどかかってしまうため、ADSLが終了する前に乗り換える必要があることを覚えておきましょう。

ドコモスマホならドコモ光がおすすめ

▼料金
・戸建ての月額料金:5,200円
・集合住宅の月額料金:4,000円
・工事費:2,000~18,000円

 

▼割引
・ドコモ光セット割:最大-1,000円/月
・ファミリー割引:家族内の国内通話無料
・みんなドコモ割:最大-1,000円/月

 

▼最大速度
・1ギガ

ドコモ光は速度に定評があり割引も充実しているため、ドコモスマホならドコモ光がおすすめです。

ドコモ光セット割とは、光回線とスマホをドコモにまとめることでドコモスマホを利用している家族全員のスマホ代が月々1,000円引きになるというもので、例えば家族4人ともドコモスマホだった場合は合計で月々4,000円も割り引かれます。

またプロバイダは、24社の中から好きなところを選らんで申し込むことができるので、ADSLで利用していたプロバイダのまま光回線に乗り換えられるかもしれません。
【ドコモ光で選べるプロバイダ】
・ドコモnet ・ぷらら ・GMOとくとくBB ・ニフティ ・DTI ・ic-net ・タイガーネットコム ・ビッグローブ ・andline ・SYNAPSE ・excite ・エディオンネット ・SIS ・楽天ブロードバンド ・TiKiTiKi ・hi-ho ・@ネスク ・COARA ・OCN ・@TCOM ・TCN ・AsahiNet ・WAKWAK ・@ちゃんぷるネット

\2020年最も選ばれています/
ドコモ光の大人気窓口

選ばれる理由は・・・
★利用者の96.8%が速度が速いと回答!
★最新Wi-Fiルーター無料レンタル!
★家族全員のスマホが最大1,000円割引最大20,000円キャッシュバック中!
★dポイント最大20,000ptプレゼント!

今ならdポイント20,000円分貰える!キャンペーン期間中の申し込みがお得です!
▼お得な申し込み窓口はこちら!▼ドコモ光申し込み

auスマホ・格安スマホならソネット光プラスがおすすめ

▼料金
・戸建ての月額料金:2年間→3,080円/3年目以降→5,580円
・集合住宅の月額料金:2年間→2,080円/3年目以降→4,480円
・工事費:24,000円⇒実質無料

 

▼割引
・auスマートバリュー:最大-2,000円/月

 

▼最大速度
・1ギガ

ソネット光は最初の2年間は割引が効いて月額料金がとにかく安くなるため、auスマホユーザーだけでなく格安スマホを利用していて光回線とスマホのセット割が利用できないような人にもおすすめです。

また「家族がauスマホを持っている」+「ソネット光電話を契約している」この2つの条件がそろっていればauスマートバリューという割引が効いて、スマホの月額料金が最大で月々2,000円も割り引かれます。

さらに工事費は実質無料になりますし、高速Wi-Fiルーターのレンタルは永年無料なので、初期費用もかなり抑えることができます。

他の光回線と比べてもかかる費用が抑えられるため、月額料金や工事費の高さがネックで光回線の契約をためらっているという人におすすめです。

\2020年最安光回線/
ソネット光が選ばれています

ソネット光が選ばれる理由
・戸建て3,080円で業界最安!
・マンションもたった2,080円
・いつでも工事費無料
・高性能Wi-Fiルーター無料レンタル!
・auスマホが最大1,000円割引


公式サイトから申し込むだけで月額料金が大幅に安くなる光回線として多くの人に選ばれています。

\1番お得な申し込み窓口/

ソフトバンクスマホならNURO光がおすすめ

▼料金
・戸建て月額料金:4,743円
・集合住宅の月額料金:1,900円~
・工事費:40,000円⇒実質無料

 

▼割引
・おうち割光セット:最大-2,000円/月

 

▼最大速度
・2ギガ

NURO光は、ソフトバンクスマホのユーザーであれば「おうち割光セット」という割引で月々のスマホ代が最大2,000円も割り引かれるので、ソフトバンクユーザーにおすすめです。

また工事費は実質無料でWi-Fiルーターのレンタルも無料なので、初期費用を抑えることができます。

そしてNURO光の最大速度は世界最速の2ギガとなっており、他の光回線の2倍も出るため速度の速さにこだわりたいという人にもおすすめです。

さらにNURO光では「45,000円キャッシュバックキャンペーン」や「3ヵ月間・月額500円キャンペーン」といったお得な申し込みキャンペーンをいくつか実施しているため、お得に申し込むことができますよ。

\速くて安い光回線/
NURO光が選ばれています

●世界最速最大2ギガの通信速度!
●45,000円の高額キャッシュバック!
●月額料金ずっと激安4,743円!
●マンションなら月額1,900円~!
●Wi-Fiルーター無料レンタル!
●工事費実質無料

現在CMでも話題になっている業界最速のNURO光!料金面でも優れているので乗り換える人が増えています。
▼今なら45,000円プレゼント▼NURO光の申し込み窓口

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

光回線とADSLの1番の違いは使っている回線にあり、光回線ならインターネット専用の光ファイバーを使うため速度が出やすく、サクサクとインターネットを使うことができます。

一方ADSLは電話線を利用してインターネットにつなぐため速度は出にくく、光回線の20分の1の速度です。そのため動画の視聴や複数名での利用は難しいでしょう。

月額料金や工事費といった料金面では光回線の方が全体的に高いのですが、光回線の中には月額料金が安く設定されているところや、キャンペーンで工事費が実質無料になるところもあるので、料金で躊躇しているという人はそういった光回線がおすすめです。
The following two tabs change content below.
光回線おすすめ

人気の記事一覧

光回線に関する情報の関連記事

役立つ基礎知識の関連記事

ヒカリCOM