dカード GOLD ケータイ補償の内容とは?注意点や利用方法の全情報!

dカードGOLDケータイ補償の最大のメリットは、端末が紛失したり水没したり全損した際に、新しく購入するために発生した金額を最大10万円まで補償してくれること。

さらに、dカードGOLD所持者の家族が持てる家族カードでもそれぞれ最大10万円ずつ補償を受けることができるなど、とても優秀なサービス内容となっています。

ただし、補償を受けるためにはdカード GOLDとの紐づけや、指定された店舗での手続きなど、いくつかの条件があるので注意が必要です。

この記事ではdカードGOLDのメリットや条件、補償を受け取るまでの流れだけでなく、実際の補償の使い方や手順についても解説していますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

dカード GOLD ケータイ補償のメリット

dカード GOLDを契約すると、特典として「dカード GOLD ケータイ補償」というサービスを無料で受けることができるようになっています。

●サービス内容
・補償金額:最大10万円
・補償対象:紛失・盗難・焼失・全損など
・補償期間:端末を購入してから3年以内
・利用可能回数:1年に1回まで利用できる

端末代を最大10万円まで補償される

dカード GOLD ケータイ補償とは、スマホやガラケーが紛失・盗難・焼失・全損でなどによって使えなくなった場合、新しく購入するスマホの購入代金を最大10万円まで補償してくれるサービスです。

補償対象となるのは新しい端末の購入代金・頭金・事務手数料の合計金額で、それ以外の料金は自分で負担するので覚えておいてください。

スマホの端末代金は高くても10万円前後なので、新しく買い替えるために必要な料金のほとんどをこの補償で賄えることができます。

ちなみに年会費無料のdカードにもケータイ補償がありますが、補償されるのは最大1万円までなので、年会費1万円を支払うだけで補償に加入できるのはメリットと言えるでしょう。

新しい端末を購入してから3年間有効

dカードGOLDケータイ補償の有効期限は新しい端末を購入してから3年で、1年間に1回ずつ補償を受けることができ、1つの端末につき最大3回まで利用できるということになります。

多くのスマホは2年縛りとなっていて、2年ごとに新しい端末に買い替える人が多いため、3年間も保証してくれるのは多くの人にとって十分な長さと言えるでしょう。

ただこの補償を利用して端末を購入した場合は補償期間は変わりません。本体が新しくなっても補償期間は元の端末を購入してから3年間なので、覚えておいてください。

dカード GOLDのケータイ補償内容

dカード GOLDケータイ補償は新しく購入する端末をクレジットで一括払いしたあとに、カードの利用額から補償金額が差し引かれるのが基本となります。

例えば、8万円のケータイをdカード GOLDで購入して、ケータイの購入とは別で同じdカード GOLDで2万円のお買物をしたとします。つまりその月の利用料金は合計10万円。

そこにケータイ補償で8万円分が付与されるので『10万円-8万円=2万円』となり、お買物で使った2万円だけが請求されるという仕組みです。

ただし、タイミングによっては新しく買い替えた端末代を1度立替て、翌月以降の請求のタイミングで振り込まれるケースもあるようです。その場合は端末代を一旦支払うことになるため、口座の残高には注意しましょう。

「補償の対象期間」は毎月16日から翌月15日まで。補償を決定した日を含む「補償の対象期間」の翌月のdカード GOLDの利用料金へ補償金額が適用されます。

dカード GOLD ケータイ補償の注意点

dカード GOLDのケータイ補償を利用する上での注意点を5つまとめました。

dカード GOLDと端末の紐づけが必要

補償を受けるためにはdカード GOLDと端末の電話番号との紐づけが必要で、ドコモショップや電話、webなどで手続きをすることができます。

また家族カードというdカード GOLD所持者の家族が利用できるカードがあるのですが、家族カードも同じく各自の電話番号との紐づけをしないと補償されないので注意してください。

dカード GOLDを持っていても、電話番号を紐づけされていない端末は補償の対象にならないので、手続きを忘れないようにしましょう。

ちなみにdカード GOLDと紐づけてある端末を変更した場合、機種変更前と後の端末の電話番号は同じなので両方とも補償を受けることができます。

機種変更前のケータイも普段持ち歩いているという人や家族に使ってもらっているという人は安心ですね。

ただ、ワンナンバーサービスで電話番号を連動させているApple Watchなどの端末は、電話番号が同じでも対象外となります。

端末の画面割れや破損は対象外

この補償はあくまで買い替えが必要になったときにのみ利用でき、画面割れや修理可能なちょっとした故障の場合は対象外となるので注意が必要です。

故障した場合は修理不可な全損かどうかは自己判断ができないので、ドコモショップやAppleストアで見てもらう必要があり、対象外と判断された場合は自己負担で修理となることを覚えておいてください。

ドコモのケータイ補償サービスは解約しないこと

ドコモスマホを契約した人は誰でも「ケータイ補償サービス(月額500円~)」というサービスに加入することができて、dカードGOLDのケータイ補償では対応してくれない、画面割れや細かい修理の際に対応してくれるメリットがあります。

●『ケータイ補償サービス』の内容
・補償対象:画面割れや修理可能な故障の場合
・補償内容:預かり修理またはリフレッシュ品と交換
・対象期間:契約している限り有効
・月額料金:350円~1,000円(端末の機種によって違う)
・利用可能回数:1年に2回まで利用できる

 

※リフレッシュ品とは一度誰かが使った端末を新品に近い状態にしてあるもの。

そのため、dカードGOLDを契約したらケータイ補償が無料でついてくるからといって、今契約している『ケータイ補償サービス』を解約するのはおすすめできません。

dカードGOLDのケータイ補償だけだと画面が割れたときなどに修理費を全額自分で負担しなければならないことになるので、両方と契約しておくことでほとんどのトラブルの際に補償を利用できて安心です。

またドコモで実施している『ケータイ補償サービス』は端末の購入日(機種変更日)を含め14日以内にしか加入できないということ。1度解約すると新しい端末を購入するまで利用することができないので注意しましょう。

指定の店舗で手続きをしなければならない

指定の店舗とはドコモショップやAppleの正規ストアのことで、ドコモオンラインショップや非正規店舗で購入してしまうとこの補償を受けることができません。

紛失したからといって勝手にオンラインショップで買ってから代金を請求しても補償は効かないので注意しましょう。

dカード GOLDで一括支払いをする

この補償で新しい端末を購入する場合、dカード GOLDで一括払いで支払わなければいけません。

個別購入あっせん契約又は割賦販売契約といった分割支払いで購入してしまった場合、端末の購入代金は自己負担で頭金と事務手数料のみが補償の対象となります。つまりほとんど補償されないということになるので気をつけましょう。

機種は選べない

この補償で新しい端末を購入する際、購入することができるのは今使っている同じ機種、同じ色のものになるため、別の端末を選ぶことができないので注意してください。

この場合は自分の好みではない色の端末を購入することになってしまうので、他の店舗を回って探すか電話などで確認してからお店に行くようにしましょう。

もし同一機種・同一カラーのケータイの在庫がない場合、ドコモから指定された機種になります。

dカード GOLD ケータイ補償の手続きについて

使っている端末が壊れたときの、実際の手続きの流れを紹介していきます。

トラブルが起こったらまず、Androidを利用している人はドコモショップへ、iPhoneを利用している人はAppleストアへ行って「dカード GOLDのケータイ補償を利用して新しい端末を購入したい」と伝えましょう。

持ち物は手元に端末がある場合は端末と、支払いに必要となるdカード GOLDです。

購入した後に所定の審査が行われるので、上の条件を必ず満たしていることをきちんと確認したうえで手続きは慎重に行いましょう。

Androidならドコモショップへ

Androidの人はドコモショップで手続きをすることができます。店舗が混んでいることもあるので、可能であれば事前に来店予約をしておいた方がスムーズです。

故障の場合はここで全損かどうかを確認してもらい、修理不可な全損・紛失・盗難などで買い替えが必要と判断されれば手続きが始まり、修理不可な全損とみなされたケータイはその場で回収されます。

新しい端末の購入手続きは、ショップ店員の案内に従いましょう。

iPhoneならまずはAppleストアへ

iPhoneのApple care+とdカード GOLDのケータイ補償の両方に加入している場合、どちらか1つのサービスを受けることができます。そのためまずはAppleストアへ行って、どちらの補償になるのかを判断してもらうことが必要となってきます。

dカード GOLDのケータイ補償が適用できると判断された場合は、基本的にそのまま手続きをして購入手続きをすることができます。

ただし、故障の場合はAppleストア、またはドコモショップで購入手続きをする場合がありますので注意してください。

Appleストアで手続きをする場合

Appleストアで「保証対象外修理サービスでiPhoneを交換できます。」と言われたらAppleストアで手続きや購入ができます。

「保証対象外修理サービスで交換する」と言われるとdカード GOLD ケータイ補償の内容と沿っていない気がしますが、この場合も補償の対象となるので安心してください。

Appleストアで「保証対象外修理サービスでiPhoneを交換した」という記載がある書類の受け取るのですが、dカード GOLD ケータイ補償を受けるために必要な書類となりますので、失くさないように注意しましょう。

Appleストアで手続きをしない場合

Appleストアでは手続きができない場合はドコモショップへ行って手続きをする場合があります。この場合はdカード GOLD ケータイ補償が適用されるので、dカードGOLDが必要になります。

端末の購入後、書類の提出が必要

購入の手続きが終わったら「事故報告書(兼)補償金請求書」というものが自宅に送られてきます。必要事項を記入してトラブル発生から60日以内に送付する必要があるので、なるべく早めに行動しましょう。

そして紛失・盗難・焼失といったトラブルが起きた人は、購入以外の手続きと届け出の提出が必要になるので、下記にまとめました。

紛失または盗難の場合
⇒電話番号の利用中断手続き、dカードの利用中断手続き、警察署への遺失届・盗難届の提出が必須

焼失の場合
⇒消防署などの公的機関へ罹災届の提出が必須

各届け出の写しを「事故報告書(兼)補償金請求書」送付の際に同封する必要があります。

dカード GOLD ケータイ補償に関する疑問解消

審査に通らないことはある?

場合によっては審査に通らないこともありますが、条件を全て満たし不正や虚偽の記載をしなければ大丈夫でしょう。

ただ新しい端末を購入した後にわざと水没させたことやわざと紛失させて補償を受け取ったことがバレた場合、全額自己負担となります。

SIMフリーの端末も対象?

この補償の対象はドコモのケータイなので、AppleストアでSIMフリーのiPhoneを買って使っている場合などは対象外となります。

これは、公式サイトで定められている「ドコモの顧客管理システムで購入の履歴を確認できる端末」ではないからです。

dカード利用規約に従い、会員がdカードの付帯サービス等を利用する携帯電話番号として当社へ届け出た「ご利用携帯電話番号」にかかる携帯電話端末であって、当社の顧客管理システムにより購入の履歴が確認できるものに限ります。
引用元:「dカード ケータイ補償」ご利用のご案内

ただ、ドコモで購入した端末を途中でSIMフリーに切り替えた場合はドコモの端末として扱われるため、この補償の対象となります。

自分はどっちかよく分からないという人は、ドコモショップや電話で確認してみてください。

紛失したケータイが見つかったら?

紛失を理由にdカード GOLDのケータイ補償を利用して新しい端末を購入したけれど、後日紛失した端末が見つかったという場合は、すぐに下記「問い合わせ先は?」の問い合わせ先へ連絡をしましょう。

見つかった端末は返却する必要があります。

問い合わせ先は?

dカード GOLDのケータイ補償に関する問い合わせは電話でできます。

【電話番号(無料)】
ドコモのケータイから⇒「*9010」
一般電話などから⇒「0120-700-360」

【受付時間(年中無休)】
午前10:00~午後8:00

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

dカード GOLDのケータイ補償は、いざという時にかなり安心できるサービスということが分かったと思います。

dカード GOLDを契約する十分な理由にもなると思うので、今後の検討の参考にしてください。

The following two tabs change content below.
光回線おすすめ
ヒカリCOM

TOPへ戻る