プロバイダを変える時に注意したい5つの事項

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もともと使っていたプロバイダの料金よりも安くなるという理由で乗り換えたことがありますが、それは大きな間違いでした。

安かろう悪かろうではありませんけど、インターネットの速度が急激に落ち込み、スマホでWi-Fiを使うのに影響が及び、容量の大きなwebページを開くまで数倍の時間がかかるようになってしまいました。

プロバイダは使ってみないと分からないという難点もあります。それは仕方ありません。ですが後のことを何も考えず、安易な気持ちで乗り換えると後悔することになります。

プロバイダを乗り換えた時の注意点や乗り換えでのデメリットを、細かく解説して行きますので、安易な気持ちで乗換えを考えている方は、今一度良く考えてから検討するようにして下さい。

光回線を最もお得に申し込める時期について

光回線の申し込みの繁忙期は12月~3月と言われています。

その期間は何もしなくても申し込み者が増えるので企業側もキャッシュバックに力をいれません。

また、開通工事が混み合うので数か月待たされることもあります。

企業側がキャッシュバックに最も力を入れるのは繁忙期前の10月~11月です。

開通工事も混み合わないので、光回線の申し込みが最もお得にできる時期だと覚えておきましょう。

僕が利用している窓口はキャッシュバックに定評があり、開通工事の対応もしっかり行ってくれるので、ネットが使えない期間が発生しないか心配な人にも自信をもってオススメできる窓口です。

●今よりお得に利用したい
●どの光回線を選んでいいかわからない
●どこで申し込もうか悩んでいる

という方は相談も無料なのでぜひ利用してみてください。

しつこい営業などもないので本当に信頼できる窓口です。

回線速度が変わる

正に僕が体験した一番大きな出来事。それはプロバイダを変える事で起こった、回線速度の変化でした。『プロバイダが変わると速度も変わりますか?』という質問を多く受けますが、答えは当然「変わります」となります。

調子がいいと感じているならあえて変える必要はなく、本当に悪いと思っているならプロバイダの乗り換えを検討した方がいいです。僕は調子が良かったけど、現状よりも安くなるプロバイダに変えて後悔をしました。

安かったり、知名度のないプロバイダと契約すると、バックボーン(インターネット網)の繋がりが弱く速度が遅くなる場合があります。またマンション住まいの場合、利用者が集中する時間帯などは遅くなったりします。

何度も言うようですが、使ってみないと分からない部分は非常に大きいです。要するに「現状で不満があるのかどうか?」これをしっかり考えてからプロバイダの変更を行って下さい。

 

スポンサーリンク

料金が変わる

プロバイダが変わる事により、当然料金も変わります。500円~1000円を超えるものまであります。年間で考えれば相当な金額になるでしょう。

プロバイダの料金ですら生活に支障をきたす出費になるのなら、乗換えの検討をするのが良いでしょう。プロバイダによってはキャンペーン等で年間の料金が安くなったり、時には乗換えキャンペーンを行っている場合もあります。

ただし、有名プロバイダに変え現在よりも月額料金が高くなったのに速度があまり変わらない。という事もあり得ますから、お金をドブに捨てない為にも、今よりも高い値段のプロバイダを選ぶ時は慎重に考えて下さい。

主なプロバイダの月額料金

参考までに以下が有名どころのプロバイダ料金となります。

プロバイダーBB.exciteOCNぷららASAHI
月額料金500円900円 800円550円

 

スポンサーリンク

 

手続きが面倒

プロバイダの乗り換えでは、旧プロバイダと新しいプロバイダとの手続きが必要となります。単に住所や氏名など簡単な記入だけでしたら楽ですが、乗り換えの場合は、「いつ解約するか」また「いつ開始するか」など日程の調整なども考えて手続きする必要があるので面倒です。

この日程の調整をいい加減に行うと、インターネットの利用ができない期間ができてしまい、ネットライフに支障をきたす場合がありますので計画的な手続きを行って下さい。

電話連絡だけで解約を行えるプロバイダがありますが、その瞬間からインターネットへ繋げなくなってしまうので、変更は計画的に。

乗り換え時必ず確認してほしいこと

もしプロバイダから提供されているメールアドレスを使っている場合、乗換えによる解約で使えなくなります。親しい友人とのやり取り、銀行や学校、職場等、非常時の連絡先としてメールアドレスを教えている場合など、メールアドレスが使えなくなっても大丈夫なのか?今一度確認しましょう。また継続して利用したい場合は、プロバイダにより少額の金額を払えばメールアドレスを継続して利用できるサービスもありますので確認してみて下さい。

解約違約金について

プロバイダを乗りかえる際に約束した期限内に解約すると「違約金」と徴収されるケースがあります。一般には2年縛りと言われ、長く利用する代わりに月額料金が少し安くなる特殊な契約です。

殆どのプロバイダで同じですが、2年間で1か月しか無料で解約できる月がありません。自分はいつなら無料で解約できるのか?また、解約違約金はどの程度なのかは事前に確認しておきましょう。

【主要プロバイダの2年割による解約違約金一覧】

 

まとめ

プロバイダの乗り換えには、さまざまなリスクがともないます。スムーズな移行をするためにも、事前の準備をして、入会や解約などの工程表を作るといいでしょう。

乗換えによって速度が速くなったり、金額が安くなったりとメリットばかり考えるのでなく、デメリットの分部に注意して検討することをおすすめします。

 

フレッツ光・光コラボの申込み前に読んでおきましょう

 

 

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.

ブログ管理人

なんとか結婚8年目。3人娘とニャンコとワンコが一匹ずついます。本業はライターとWebデザイナー、ディスプレイデザインや不動産系も得意です。 自分が過去に騙された経験を活かして、フレッツ光や光コラボレーションの役立つ情報を記事にしています。疑問・相談などあればLINEからでもコメントでも、何でも気軽にどうぞ。
光回線の相談窓口
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー プロバイダ選びの全て

おすすめ記事

NEW 光コラボのキャッシュバック一覧
光コラボのキャッシュバックを窓口別で比較・申込み前に読んでおくべき記事。

おすすめの申込み代理店ランキング
キャッシュバック・対応力・口コミの良い代理店をランキングで紹介している記事。

ソフトバンク光について
最大44,000円のキャッシュバックと、読者から届いた良かった声を紹介している記事。

U-NEXT光について
最大30,000円のキャッシュバックと、割引キャンペーンを紹介している記事。

So-net光について
最大30,000円のキャッシュバックと、auセット割について説明している記事。

iSmartひかりについて
最大40,000円のキャッシュバックと、マンションプランの安さについて解説している記事。

西日本フレッツ光について
最大25,000円キャッシュバックと、長く使うメリットや割引きを重点的に紹介している記事。

@nifty光について
最大20,000円のキャッシュバックと、格安SIMでお得になれる方法をまとめた記事。

OCN光について
最大10,000円のキャッシュバックと、格安SIMとの割引について説明している記事。

auひかりについて
最大20,000円のキャッシュバックと、スマートバリューの詳細や、お得な情報を詰め込んだ記事です。

ドコモ光の評判まとめ
利用者のリアルな声をまとめています。申込みを検討している方に読んでもらいたい記事。

ぷらら光の評判まとめ
個人的に昔は好きなぷららだったけど、光コラボになっての評判が悪い。必ず目を通して頂きたい記事。

お得になる為の記事

申込み前に要確認
高額キャッシュバックのカラクリや申込みのアドバイスなど、必ず読んでおきたい内容の記事。

光回線選びで困ったら
料金・キャッシュバック・割引きサービスを参考に、自分に合った光回線探しが出来るようになる記事。

読者が選んだランキング
このブログを訪れてくれた読者に投票してもらった光回線のランキングの記事。

騙された体験談
窓口選びを間違えると後悔することになるという、僕の実体験を語っている記事。

 

管理人からおすすめ窓口の紹介

光回線の申込み窓口選びは本当に大切です。

いい加減なところから申込むと『僕みたいに騙されて』せっかくのキャッシュバックが台無しになります。

このブログを通じて皆さんに紹介している窓口は、僕自身が何度もお世話になっていますし、次の理由から自信を持っておすすめできます。


  • 取扱っているネット回線の種類が多い
  • 最短3か月のキャッシュバック受取り
  • キャッシュバックに複雑な条件が無い
  • 僕も利用しているので安心して下さい

また、紹介をした友人からの口コミもあり、本当にたくさんの方からお申込みを頂いています。

親身になって話を聞いてくれるので、他の窓口と比べて頂ければ良さが必ず分かると思います。

フレッツ光・光コラボレーションの新規申込みや転用、光回線選びでお困りなら相談だけでもしてみて下さい。

banar

コメントを残す

*