ドコモ光の引越し!解約・新規手続きでキャンペーン適用が費用が1番お得

2019-05-17

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事はドコモ光の引っ越しに関する情報をまとめています。

●ドコモ光を契約中で引っ越しをするケース
●引っ越し後にドコモ光を新規契約したいケース

ドコモユーザーなら他の光回線に乗り換えるのではなく、ドコモ光を継続することをおすすめします。

ここで押さえておきたいポイントが、『引っ越し手続き』より『解約して新規契約』する方がお得になるということ。

新規契約であれば、新規工事費無料キャンペーンを合わせて、最大15,000円のキャッシュバックが上乗せされるからです。

状況別に詳しく説明していきますので、参考にしてみてください。

期間限定!最大35,000円キャッシュバック!!

【2019年】ドコモ光の1番人気の申し込み窓口を紹介します。

おすすめの理由
・GMO限定!超高速Wi-Fiルーターがもらえる!他社より高性能!
・ドコモ光最高額!GMO限定35,000円キャッシュバック!
・dポイント20,000円分プレゼント!

・dカードGOLD申し込みでAmazonギフト券5,000円!

無線LANルーターを無料でレンタルできる窓口も増えましたが、下記の窓口の性能がダントツで良いです!
3種類のルーターからお選び頂けます。

また、dポイント20,000円分は、工事費(18,000円)が無料になる以上にお得になります!

ドコモの携帯とドコモ光の利用料10%のポイントが貯まる超お得なdカードGOLDの申し込みもお忘れなく!工事日は早い者勝ちなので早めの申し込みをおすすめします!

▼最大35,000円キャッシュバック▼
最新型!超高速無線LANルーター無料レンタル!
『ドコモ光の1番人気の申し込み窓口』

ドコモ光の引っ越し手続き方法と流れ

ドコモ光を引っ越し先で利用する場合の手続き方法は4つあります。

1.ドコモ光の契約を「解約・新規申込み」で契約する

2.ドコモ光の契約を「移転・引っ越し手続き」で継続する

3.ドコモ光から他社光回線に乗り換える

4.他社光回線から引っ越し先でドコモ光を新規契約する

ドコモ光利用中で引っ越しする場合、スマホが他社なら他社光回線に乗り換える方がお得になる可能性が高いですが、スマホもドコモなら引き続きドコモ光を継続することをおすすめします。

引っ越し先でもドコモ光を継続する場合、『移転手続き』が一般的なパターンですが、『解約・新規契約』する方がお得です。

手続きの連絡先やり取りの内容が違うだけで、引っ越し先でドコモ光を利用開始するまでの流れや注意事項はそんなに変わりません。

流れ
移転の申し込み or 解約・新規申し込み
⇒【引っ越し元】撤去工事
⇒【引っ越し先】ドコモ光の開通工事
⇒ドコモ光利用開始

移転の手続きはネットや電話でできますが、2019年2月から実施中の引っ越しキャンペーンで工事費相当をポイント還元してもらうためには、ネットでの申し込みが条件となります。

撤去工事はドコモ光のケーブルを撤去する作業で、必ず行うものではなく建物の状況に応じて必要になるので、手続きの際にドコモ光に確認しましょう。

移転手続き・再契約に共通する主な注意事項

●工事費残債の支払いに注意すること
引っ越し前の物件での開通工事費残債がある場合、支払いは継続が必要です。

●光電話やテレビオプションの工事費は別途発生する
光電話は移転なら工事費は1,000円、解約・新規だと1,000円~3,000円かかります。
テレビオプションの場合は移転手続きでも、新規でも9,500円の工事費になります。

●無線LANルーター・モデムの返却が必要な場合がある
解約する場合はもちろん、移転手続きの場合でも利用中のモデムやWi-Fiルーターの返却をドコモ光からお願いされる場合があります。

返却が必要な場合には、返却用キットが送られてきす。返却をしなかった場合、機器相当額が請求されるので注意してください。

申し込みの電話で確認しておきましょう。(webで引っ越しの申し込みしても後から電話がかかってきます)

●電話番号が変わることがある
アナログ回線、ひかり電話にかかわらず、引っ越しをすると電話番号が変わることがあります。

●土日祝日の派遣工事は追加料金が発生する
引っ越し先で派遣工事になる場合、土日祝日は追加料金3,000円(税抜き)が発生するので、安くしたい方は平日に工事日をするようにしてください。

●登録住所の変更のタイミング
工事完了後にドコモ光移行完了の通知が届くので、通知が届いた後に郵便局に転送届の手続きをしてください。

また、ドコモ光から移行完了通知が来てもプロバイダに自分で住所変更をする必要があります。

●引っ越し先が新築だと手続きの期間が長い
新築の場合、住所が特定できないことも多く確認に時間がかかってしまい、完了までの期間が長くなります。

引っ越し申し込みしてから工事完了まで2ヵ月~3ヵ月かかることもあります。

【手続き期間の目安】
・住所登録
⇒約2週間

・設備確認
⇒約2週間

・工事日決定
⇒約2週間

引っ越し手続きでも解約・新規契約でも流れや注意事項はだいたい同じですが、変わるのが費用です。

それぞれのパターンで、よりお得にドコモ光を利用する方法を紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

【1番お得】ドコモ光を「解約・新規申込み」する方法

【解約・新規契約がおすすめの人】
●費用を少なく引越ししたい人
●プロバイダを変更したい人、こだわらない人

「移転・引っ越し手続き」プロバイダを変更したい場合、変更手数料3,000円(税抜き)が発生しますが、一度ドコモ光を解約して再契約すれば、手数料なしで変更できます。

さらに、申し込み窓口によってはお得な15,000円のキャッシュバックももらえるのでずっとお得になります。

ただし、同じ窓口からはキャッシュバックはもらえないので、注意してください。

例:GMOの公式サイトからドコモ光を申し込みしてキャッシュバックをもらっている場合
✕:GMOを解約し、GMOの公式サイトから新規申し込みする
〇:GMOを解約し、So-net公式サイトからSo-netを新規申し込みする

【ドコモ光を解約・新規契約するメリット】
●移転手続きするよりもお得になる
●プロバイダ変更手数料なしで、タイミングよく変更できる

【ドコモ光を解約・新規契約するデメリット】
●手続きの手間が増える

窓口とタイミングによっては引っ越し手続きより12,000円もお得

【お得なタイミング】
●工事費無料キャンペーンが実施している
(●更新月)

ドコモ光を一度解約してから、再度新規契約をする方法がお得ですが工事費無料キャンペーンと更新月が重なるタイミングが最高です。

プロバイダを変更したい人にとっては、更新月以外にタイミングでも引っ越し手続きをするよりはお得になります。

以下は更新月に解約・新規申込みした場合と更新月以外に解約・新規申込みした場合に引っ越したときの費用です。

()内の料金は工事費無料キャンペーンを適用時の料金

 新規契約
(更新月)
新規契約
(更新月以外)
タイプ戸建て
・マンション
⇒戸建て
戸建て
・マンション
⇒マンション
戸建て
⇒戸建て
マンション
⇒マンション
解約金0円0円13,000円8,000円
開通工事費18,000円
(0円)
15,000円
(0円)
18,000円
(0円)
15,000円
(0円)
事務手数料3,000円3,000円3,000円3,000円
合計21,000円
(3,000円)
18,000円
(3,000円)
34,000円
(16,000円)
26,000円
(11,000円)

更新月以外に解約した時の違約金は、最高額の『戸建て⇒戸建て』、最安値になる『マンション⇒マンション』のみ記載しています。

また、引っ越し先がすでに光コンセントがあるような物件の場合は、無派遣工事になるので事前に確認しましょう。

工事費無料キャンペーンがあれば、3,000円~16,000円なので、引っ越し手続きするより6,000円~8,000円くらい安くなります。

工事費無料ではないときのキャンペーンはdポイント20,000pt還元になるので、どちらにせよ、引越し手続きよりはお得です。

さらに、お得な15,000円のキャッシュバックキャンペーンがある申し込み窓口で新規契約すれば、かかる費用は1,000円ですむだけでなく、12,000円がプラスになります。

例:15,000円キャッシュバックがもらえるプロバイダ窓口
●GMOとくとくBB
●So-net
●OCN
●ぷらら
●DTI

プロバイダの公式サイト以外では家電量販店などでも店舗によっては1万円前後のキャッシュバックをしていることがありますが、商品券での還元でその店舗まで取りに行くことが多いので、個人的には現金振込してくれるプロバイダサイトがおすすめです。

ドコモ光の更新月の数え方について

ドコモ光の2年契約の更新月は25ヵ月目、26ヵ月目です。

ただし、2019年3月以降に2年契約が満了する人は更新月が24ヵ月目、25ヵ月目、26ヵ月目に変更になりました。

契約満了月と更新月は新規契約日によって変わるので注意してください。

新規契約日が2017年3月1日の場合
契約満了月:2019年2月
更新月:2019年3月、4月

新規契約日が2017年3月2日の場合
契約満了月:2019年3月
更新月:2019年3月、4月、5月

注意事項

●解約するタイミングが更新月でない場合は違約金が発生する
●引っ越し前の物件での開通工事費残債がある場合、支払いは継続する
●契約中のプロバイダのオプションの解約など忘れないこと
●契約中のプロバイダのメールアドレスは使えなくなる
※プロバイダによって月額有料オプションで残すことは可能です
●プロバイダ経由での申し込みの場合、同じプロバイダからのキャッシュバックは1回だけ

必ず申し込み窓口にキャッシュバックがもらえるか確認するようにしてください。

期間限定!最大35,000円キャッシュバック!!

【2019年】ドコモ光の1番人気の申し込み窓口を紹介します。

おすすめの理由
・GMO限定!超高速Wi-Fiルーターがもらえる!他社より高性能!
・ドコモ光最高額!GMO限定35,000円キャッシュバック!
・dポイント20,000円分プレゼント!

・dカードGOLD申し込みでAmazonギフト券5,000円!

無線LANルーターを無料でレンタルできる窓口も増えましたが、下記の窓口の性能がダントツで良いです!
3種類のルーターからお選び頂けます。

また、dポイント20,000円分は、工事費(18,000円)が無料になる以上にお得になります!

ドコモの携帯とドコモ光の利用料10%のポイントが貯まる超お得なdカードGOLDの申し込みもお忘れなく!工事日は早い者勝ちなので早めの申し込みをおすすめします!

▼最大35,000円キャッシュバック▼
最新型!超高速無線LANルーター無料レンタル!
『ドコモ光の1番人気の申し込み窓口』

 

スポンサーリンク

 

ドコモ光で「移転・引っ越し手続き」するときの費用

【移転手続きがおすすめの人】
●プロバイダを変更したくない人
●お得さより、少しでも手続きの手間がない方がいい人
●光電話を使っている人

この後キャンペーン詳細を紹介しますが、キャンペーンはdポイントによる事務手数料・工事費の還元なので、費用の支払いがなくなるわけではありません。

【引越しキャンペーンのメリット】
●事務手数料・移転先での工事費がdポイントで還元される
●解約して再度ドコモ光を新規申込みするより手間がかからない

【引越しキャンペーンのデメリット】
●工事費など支払いが免除されるわけではない
●キャンペーンでもらえるdポイントは期間と用途が限定される

引越しキャンペーンのdポイントより、手間がかかっても現金キャッシュバック方がいい人はプロバイダを変更して、ドコモ光を解約・新規申込みすることをおすすめします。

引っ越し手続きの工事費・違約金・事務手数料

引っ越し手続きで費用の発生があるのは2点です。

●事務手数料(2,000円)
●引っ越し先での開通工事費(2,000円~18,000円)

9,500円~22,000円の費用がかかります。

 移転手続き
(同じNTT東西以内)
移転手続き
(NTT東・西またぐ)
タイプ戸建てマンション戸建てマンション
解約金0円0円0円0円
開通工事費9,000円7,500円18,000円15,000円
事務手数料2,000円2,000円2,000円×22,000円×2
合計11,000円9,500円22,000円19,000円

引っ越し手続きの場合は、解約ではないので違約金の発生はなく、2年契約の縛りにも関係ないので、満了月や更新月に影響はありません。

工事費は、NTT東日本/西日本をまたぐか、またがないかで費用が大きく違います。

光電話やドコモ光テレビオプションの契約がある場合は別途工事費の発生があります。

光電話:1,000円
テレビオプション:9,500円

ドコモ光の引っ越し工事費無料キャンペーン

2019年2月20日からドコモ光のお引っ越し(移転)がネットで手続きできるようになりました。

それに伴って、web申し込み限定でお引っ越しの事務手数料+工事費が実質無料になるキャンペーンが開始されました。

事務手数料や工事費はdポイントによる還元になります。

※引越し手続きでは、利用中のプロバイダを継続することになります。

【進呈されるdポイントについて】
●事務手数料:2,000pt
●移転工事費:2,000pt~最大18,000pt
●有効期限:6ヶ月間
dポイント(期間・用途限定)は引っ越し先でドコモ光を利用開始した翌々月に進呈されます。

移転工事費は引っ越しのパターンによって異なります。

例:無派遣工事になる場合
2,000pt

例:以下条件の場合
・引っ越し先で派遣工事あり
・エリアがNTT東日本から西日本に変わる
・戸建て
18,000pt

また、ドコモ光電話やドコモ光テレビオプションを契約する場合の工事費はキャンペーンに含まれません。

【キャンペーンの条件】
●ドコモ光定期契約中で、引っ越し先でも引き続き契約すること
●引っ越し手続きをWEBからし、「ドコモ光引っ越しweb手続きセンター」からの電話で受付完了させること
●ドコモ光とセットのスマホがポイントクラブ会員であること

ドコモショップやドコモインフォメーションセンターからの申し込みは対象外になるので注意してください。

【手続きに必要なもの】
●契約者名義
●ペア回線の電話番号
●契約ID(お客様ID)
●引っ越し先の住所
●工事希望日

ドコモ光の引っ越し手続きの完了までの期間は約2週間~3週間といわれています。

また、ドコモ光の工事の申し込みが集中した場合は、希望日に工事できないことがあり、ドコモ光開通までの期間が延びてしまいます。

工事希望日は申込月から翌々月まで受付できるので、引っ越しがきまったら早めの申し込みをおすすめします。

工事日の変更や、キャンセルは工事日2日前の午後9時までにドコモ光に連絡してください。

ドコモインフォメーションセンター
受付時間:午前9:00~午後8:00(年中無休)
0120-800-000

ドコモの携帯電話から場合
局番なし 151(無料)

ドコモ光から乗り換えるときの光回線の選び方

【乗り換えがおすすめの人】
●ドコモの携帯電話じゃない人
●ドコモの携帯電話から他社の携帯電話に乗り換えたい人

また、できるだけお得になるキャンペーンを多く適用させることが費用を抑えるポイントになります。

【お得になる光回線の選び方】
●持っているスマホとのセット割がある光回線を選ぶ
●違約金や工事費残債を負担してくれる「乗り換えキャンペーン」がある
●開通工事費が無料の「工事費無料キャンペーン」がある
(●新規申し込みでも継続でも関係なく特典がもらえる「お引っ越しキャンペーン」があればラッキー)

順番に詳しく見ていきますね。

スマホとのセット割がある光回線を選ぶ

申し込み時の特典がいくらお得でも月額料金が高ければ、もったいないです。

ドコモユーザーがスマホとのセット割がある光回線はドコモ光だけですが、auユーザーが割引になるのはauひかりだけではありません。

【光回線のスマホとのセット割の例】
●auユーザー
⇒So-net光、BIGLOBE光、nifty光、DTI光など

●ソフトバンクユーザー
⇒NURO光

●OCNモバイルONE
⇒OCN光

●DMM mobile
⇒DMM光

など、この他にもまだまあります。

「乗り換えキャンペーン」を実施している光回線を選ぶ

ドコモ光の工事費残債がある場合や違約金がある場合、違約金や工事費残債を負担してくれる「乗り換えキャンペーン」がある光回線がおすすめです。

例えばauひかりなら、最大30,000円を負担してくれます。

【乗り換えキャンペーンのある光回線】
●auひかり
●ソフトバンク光
●コミュファ光
●eo光
など

期間限定で定期的に実施しているプロバイダもあるので、気になるプロバイダは公式サイトをのぞいてみてください。

後ほどおすすめ申し込み窓口を紹介します。

「工事費無料キャンペーン」のある光回線を選ぶ

この「工事費無料キャンペーン」も実施している光回線は結構あります。

NURO光やau光の場合、毎月のネット使用料金から値引きする方法です。

auひかりの場合は60回払いなので、実質無料になるのは5年後です。

もし、60回払いが終わる前に解約する場合には、一括で残債の支払いをすることになります。

その際はまた「乗り換えキャンペーン」を実施している光回線に乗り換えば工事費残債はかかりません。

【工事費無料キャンペーンのある光回線】
●NURO光
●auひかり
●ソフトバンク光
●DTI光
など

期間限定で定期的に実施しているプロバイダもあるので、気になるプロバイダは公式サイトをチェックしてみてください。

新規申し込みも適用される「お引っ越しキャンペーン」

新規申込の人に対しても適用される「お引っ越しキャンペーン」はあまりありませんが、お引っ越しシーズンには期間限定で実施している光回線もあるかもしれません。

気になった光回線に運よくこういったキャンペーンがあれば嬉しいですね。

【新規対象の引っ越しキャンペーンのある光回線】
●ソフトバンク光

キャンペーンを受ける前の注意点

キャンペーンや特典の条件は光回線や代理店の窓口によって違います。

例えば「乗り換えキャンペーン」では、負担してくれる範囲や金額、必要な書類など。

新規申込者対象のキャッシュバックキャンペーンなども金額の大きさだけで申し込みを決めないようにしてください。

複雑で分かりにくい条件やオプションの契約が必要だったり、受け取りが1年後など難易度が高いキャンペーンもあります。

契約したい光回線を決めて、お得な申し込み窓口を決めるときにはキャンペーンの条件をよく確認してください。

他社光回線から引っ越しでドコモ光を新規契約する場合

他社光回線を契約していて、引っ越しと同時にドコモ光に乗り換えたい人対象の公式キャンペーンはありません。

以下のドコモ光公式キャンペーンはどの窓口からでも適用されるので、公式サイト以外の窓口がお得です。

ドコモ光の公式キャンペーン
・dポイント10,000ポイントプレゼントキャンペーン
・最大18,000円の工事費無料キャンペーン!(2019年5月6日まで)

僕が調べた中では、ドコモ光のプロバイダの以下の5社からの申し込みがお得です。

●GMOとくとくBB
●So-net
●DTI
●ぷらら
●OCN

GMOとくとくBBはテレビオプションをつけると最大20,000円キャッシュバック、その他のプロバイダはオプションなしで15,000円のキャッシュバックがあります。

引っ越し先でドラマや映画などの映像も楽しみたいならGMOとくとくBBが1番高いキャッシュバックになります。

上記以外のプロバイダと契約したい人は、「引っ越し応援特典」として15,000円のキャッシュバックがあるネット代理店の『株式会社Wiz』もおすすめです。

ただし、ネット代理店やプロバイダ経由の申し込みは、契約者の携帯電話がドコモであることが条件なので注意しましょう。

ドコモのスマホを持っていない人は、ドコモショップか家電量販店から申し込みしましょう。

期間限定!最大35,000円キャッシュバック!!

【2019年】ドコモ光の1番人気の申し込み窓口を紹介します。

おすすめの理由
・GMO限定!超高速Wi-Fiルーターがもらえる!他社より高性能!
・ドコモ光最高額!GMO限定35,000円キャッシュバック!
・dポイント20,000円分プレゼント!

・dカードGOLD申し込みでAmazonギフト券5,000円!

無線LANルーターを無料でレンタルできる窓口も増えましたが、下記の窓口の性能がダントツで良いです!
3種類のルーターからお選び頂けます。

また、dポイント20,000円分は、工事費(18,000円)が無料になる以上にお得になります!

ドコモの携帯とドコモ光の利用料10%のポイントが貯まる超お得なdカードGOLDの申し込みもお忘れなく!工事日は早い者勝ちなので早めの申し込みをおすすめします!

▼最大35,000円キャッシュバック▼
最新型!超高速無線LANルーター無料レンタル!
『ドコモ光の1番人気の申し込み窓口』

まとめ

ドコモユーザーなら光回線はドコモ光が1番お得です。

費用面でのお得さを求めるなら、手間はかかりますが一度解約してから、ドコモ光を再契約することがおすすめです。

ただし、プロバイダを変更したくない人は引越しキャンペーン実施中に移転手続きをおすすめします。

スマホもドコモ以外に乗り換えるなら、スマホに合わせて光回線を選ぶいいでしょう。

★9割の方が一緒に読んでいます!!『【2019年】光回線人気ランキング!超お得な申し込み窓口情報つき』
★工事費無料!最大25,000円キャッシュバック!『【2019年】ドコモ光の人気の申し込み窓口はこちら』
★オプション不要で35,000円キャッシュバック&工事費無料『【2019年】NURO光の人気の申し込み窓口はこちら』
★50,000円キャッシュバック&最短1ヶ月後の受け取り!『【2019年】auひかりの人気の申し込み窓口はこちら』
★最大81,600円の料金割引&高速Wi-Fiルーター12ヶ月無料!『【2019年】So-net光の人気の申し込み窓口はこちら』
★最大70,000円の現金キャッシュバックor豪華商品!『【2019年】フレッツ光の人気の申し込み窓口はこちら』
★最大54,000円!オプション不要キャッシュバック!『【2019年】ソフトバンクエアーの人気の申し込み窓口はこちら』
The following two tabs change content below.

監修者K

ソフトバンク光、auひかり、ドコモ光といった光回線の営業経験を生かして、インターネットの基本的な知識をはじめ、ネット回線の選び方など役立つ情報を紹介しています。 2019年の現在も某ブロードバンド事業者と太いパイプを持ち最新の情報発信に努めています。
光回線の相談窓口

 

人気の記事一覧

同一カテゴリ内の関連記事

同一カテゴリ内の関連記事

光回線の申込み窓口選びは本当に大切です。

いい加減なところから申込むと『僕みたいに騙されて』せっかくのキャッシュバックが台無しになります。

このブログを通じて皆さんに紹介している窓口は、僕自身が何度もお世話になっていますし、次の理由から自信を持っておすすめできます。
  • 取扱っているネット回線の種類が多い
  • 最短3か月のキャッシュバック受取り
  • キャッシュバックに複雑な条件が無い
  • 僕も利用しているので安心して下さい

また、紹介をした友人からの口コミもあり、本当にたくさんの方からお申込みを頂いています。

親身になって話を聞いてくれるので、他の窓口と比べて頂ければ良さが必ず分かると思います。

フレッツ光・光コラボレーションの新規申込みや転用、光回線選びでお困りなら相談だけでもしてみて下さい。
banar

コメントを残す

*

TOPへ戻る
Menu