WiMAXのWX06をおすすめしたい理由をわかりやすく解説!

Wimax WX06
WiMAXを申し込む前に「WX06」の特徴や、「W06」と比べてどうなのか知っておきたい方は多いでしょう。

2020年1月に発売されたWX06は、全端末のなかでもっともネットの繋がりやすさを追求した人気の端末です。

この記事では、WX06とよく比較されるW06との違いや、優れているポイントをおすすめ理由として詳しくお伝えしています。

さらに、WiMAXの契約を検討している方のためにも、お得にWX06が契約できるプロバイダを紹介していますので、あわせて参考にしてもらえたら嬉しいです。

WiMAXのWX06がおすすめの理由

WX06と他の端末と比較し、より優れていると感じた以下4つのポイントをおすすめ理由として詳しくお伝えしていきます。

●ネットが繋がりやすくなる機能
●他の端末と同じ通信速度で快適
●バッテリーの持ち時間が長い
●同時に接続できる台数が多い

ネットが繋がりやすい

繋がりやすい周波数に自動で切替わる

WX06は、特徴がある2種類の周波数帯(2.4ギガヘルツ・5ギガヘルツ)を自動で切り替えてくれる「バンドステアリング」という便利な機能を備えています。

●周波数帯の特徴
【2.4ギガヘルツ】電波は弱いが遠くまで届きやすい
【5ギガヘルツ】電波は強いが障害物が苦手で遠くまで届かない

一般的なWiMAXの端末は、状況によって手動で周波数帯を切り替えるしかなく、使いこなすのが難しかったのですが、WX06は自動で切り替えてくれるので初心者の方でも扱いやすくなっています。

速度が速いとされる5ギガヘルツがメインで使われ、Wi-Fiが届かなくなると自動で2.4ギガヘルツに切り替わる仕組みなので、いつどこにいても利用環境にあった最高の通信速度でネットが使えます。

また、接続した機器ごとに周波数帯が切り替わるので、速度が遅い2.4ギガヘルツを利用していたとしても全てが2.4ギガヘルツに切り替わる心配はありません。

以上の理由から、WiMAXで初となるバンドステアリングを備えたWX06は、全端末のなかでもっともネットに繋がりやすい端末といってよいでしょう。

※バンドステアリング設定方法 初期状態だとバンドステアリングの機能がオフになっているので、以下の手順で設定をおこなってください。 「設定」→「LAN側設定」→「Wi-Fi周波数設定」→「2.4G/5G同時」にチェック

クレードル使用で電波が入りやすくなる

クレードルとは、WiMAX専用の充電スタンドで、電波の感度がよくなるアンテナが内蔵されているので、端末をセットするだけで電波が入りやすくなる機器です。

WX06のクレードル
UQ WiMAXが発表している資料には、電波が弱くなりがちな部屋の中でクレードルを使った場合、電波状況が60%以上も改善したという報告があり、利用者の評判を見てもクレードルの効果を実感している人はたくさんいます。
利用環境によってクレードルの効果が違うため、必ず良くなるとは言い切れませんが、部屋の中で繋がりにくさを感じている方は試す価値は十分あるといえるでしょう。

クレードルを利用したい方は、WiMAX申し込み時に別に購入する必要がありますが、ネットショップでも入手できるため、必要性を感じた後に購入することも可能です。
有線接続でさらに繋がりやすい
WiMAXのクレードルにはLANケーブルの接続口があるので、Wi-Fiに対応していないパソコンにも有線で繋げられるようになります。

有線接続イメージ
ネット回線を有線で繋ぐと、通信速度が安定するメリットもあるので、安定性が必要になるPCやPS4のオンラインゲームにも最適です。

他の端末と速度が変わらない

WX06は通信速度が安定する機能を持ちながら、他の端末と同じ速度で快適にネットができます。
タイプ端末速度
モバイルタイプWX06440メガ
W06867メガ
WX05440メガ
ホームルータータイプHOME02440メガ
「WX06」とよく比較される「W06」の速度は867メガで2倍の速さですが、そもそもWiMAXの回線の速度上限が440メガのため、実際の速度はあまり変わりません。

以下のように利用者の評判を見ても、W06とWX06の速度はあまり変わらないと感じる方は多いです。
WX06は、全端末のなかでもっともネットが繋がりやすくなる機能を備えながら、他の端末と同じ速度が出るので、もっともおすすめできる端末といえるでしょう。

\すぐにネットが使える/
GMO WiMAXが大人気!

GMO WiMAXが選ばれる理由業界最高額のキャッシュバック!
★最新機種の高速ルーターだから速い!
★通信制限なしでネットが使い放題!
★20日以内に解約すれば違約金0円オリコン顧客満足度No.1の人気WiMAX♪GMO WiMAXなら申し込みから届くまでが早いです♪
▼申し込みはこちら▼GMO WiMAXに申し込む

バッテリーが長持ち

WX06は全端末のなかでもっともバッテリーの持ち時間が長いので、外出先でバッテリー切れの心配がありません。

さらに、WiMAXの速度が速くなるハイパフォーマンスモードを使った時のバッテリーの持ち時間が全端末で1番長持ちなので、外でWiMAXを使う機会が多い方に最適な端末です。
端末440Mbps
ハイパフォーマンスモード
220Mbps
ノーマル
110Mbps
エコモード
WX068時間20分11時間30分14時間
W067時間10分9時間11時間40分
WX058時間10分11時間30分14時間
W056時間30分9時間10時間30分
WX048時間10分11時間30分13時間50分
W046時間30分9時間10時間30分
バッテリーの消費が抑えられるエコモードをつかえば、最大で14時間バッテリーが持つので、端末を充電し忘れてしまった時も安心です。

さらにバッテリーの交換もできる

端末を長期間使っていると、どうしても避けられないのがバッテリーの劣化ですが、WX06はバッテリーのみ交換が可能なので、新しい機種を購入する必要はありません。

WX06とよく比較されるW06はバッテリー内蔵タイプなので、以下の口コミのようにバッテリーが膨張するなどのトラブルが起きた時、端末ごと交換するリスクがあります。
バッテリーだけ交換できるWX06は、端末を機種変更せず長く使っていきたい方にとって最適な端末といえるでしょう。

同時接続数が多い

WX06は前モデルよりも同時接続台数が10台から16台に増え、より多くの通信機器が繋げられるようになりました。

複数のデータを同時に送受信できる機能も備えているので、2人以上で同時に使ったとしても速度低下の影響を受けにくく、ストレスを感じることは少ないでしょう。

とはいえ、同時に処理できる数には限りがあるので大人数での利用には不向きですが、常にWi-Fiに接続している家電が多い方にとって、使い勝手のよい端末といえます。

設定がカンタン

QRコードでパスワードの入力不要

スマホアプリに初めからインストールされているQRコードの読み込みアプリを使って、Wi-Fiの接続設定ができます。

専用のアプリをインストール必要がないので、複数人で利用するときに最適な接続方法です。

QRコードで簡単設定
端末にQRコードを表示させるには以下の手順を参考にしてください。

「設定」→「かんたん無線」→「Wi-Fi QRコード」→「V」で説明を確認→「はい」を選択してQRコードを表示。QRコード読み取りアプリで読み取るだけで設定できます。

状況にあわせて端末の一括変更

WX06は、利用状況にあわせて端末の設定を一括で変更する機能を備えています。

●おまかせ一括設定の項目
【通信速度を優先】速度が速くなるがバッテリーの消費が多い
【スタンダード設定】標準的な設定
【電池持ちを優先】速度が制限されるかわりにバッテリーの消費が抑えられる
【一括設定しない】初期設定

設定方法はメニュー画面の一覧から「おまかせ一括設定」をタップし、目的の項目を選択するだけ。設定はカンタンにできるので覚えておくと便利です。

WiMAXのWX06がお得に契約できるプロバイダ

WiMAXのプロバイダは、窓口ごとに申し込み特典が違うので、お得な窓口を選んで申し込むことが大切です。

以下では、WiMAXのWX06を使ってみたい方がお得に契約できるおすすめのプロバイダをご紹介します。

GMOとくとくBBがおすすめ

WiMAXのWX06が使いたい方には、プロバイダでもっとも申し込み特典が充実している「GMOとくとくBB」がおすすめです。

現金キャッシュバックと月額割引の2つから選べるキャンペーン特典や、無料で貰えるクレードルなどの申し込み特典について、以下で詳しくお伝えしていきます。

キャッシュバックが高い

WiMAXのキャッシュバック金額は、プロバイダの中でもっとも高額のおよそ3万円が現金で貰えます。

さらに、3年間の契約期間にかかる費用からキャッシュバック額を差し引くと、全プロバイダの中で最安級の料金でWIMAXが利用できるメリットもあります。

●3年間にかかる実質費用の比較
【GMOとくとくBB】129,569円
【UQ WiMAX】158,560円

ただしキャッシュバックの受け取りは、契約から11か月目に手続きをおこなう必要があり、タイミングを逃すと貰い損ねてしまう可能性があるためご注意ください。

キャッシュバックの手続き忘れが心配な方は、次に紹介する「月額割引」を検討するとよいでしょう。

月額割引キャンペーンもある

GMOとくとくBBの申し込み特典には、毎月の月額料金がおよそ1,000円安くなる月額割引特典がついてきます。
利用期間割引時の月額料金通常時の月額料金
0~2ヵ月2,590円(-1,673円)4,263円
3~24ヵ月3,344円(-919円)4,263円
25ヶ月~4,263円4,263円
月額料金が割引されるのは利用開始から25ヶ月目までなので、3年目以降は通常料金に戻ってしまいますが、3年間にかかる費用はプロバイダの中でも最安クラスの料金です。

●3年間にかかる実質費用の比較
【GMOとくとくBB/月額割引】129,494円
【UQ WiMAX】158,560円

ずっと安い料金で使えるわけではないので長期利用のメリットはありませんが、GMOとくとくBBを再契約すると何度でも利用できるので、長期利用を希望する方は3年間の定期契約ごとに再契約するとお得になります。

クレードルも無料で貰える

WX06のクレードルは端末とは別に購入しなければならないのですが、GMOとくとくBBでWiMAXを契約すると無料でクレードルが貰えます。

クレードルを貰うとキャッシュバック金額が3,000円減ってしまうので、申し込みフォームで「希望しない」を選択することもできますが、契約後に無料で貰うことはできないため、契約時に貰っておくことをおすすめします。

まとめ

WiMAX申し込み時に一緒にラインップされている「WX06」と「W06」、どちらにすべきか迷っている方は多いですが、おすすめしたいのはWX06です。

ネットが繋がりやすくなる機能を備えていますし、バッテリーの持ち時間が長いので、WiMAXの端末のなかでいちばん使いやすい端末となっています。

W06のほうが速度は速いですが、WiMAXの速度上限は440メガなので、実際の速度はWX06とW06で大きな違いはありません。

WiMAXはどの端末も速度は変わらないので、ネットが繋がりやすくなる機能が多いWX06を選んでおけば間違いないでしょう。
So-net光プラス 月額2,080円 超高速ネットが安すぎる!!
ヒカリCOM

TOPへ戻る