WiMAXの速度制限とは?制限の回避方法もわかりやすく解説

WiMAXの速度制限について「どれくらい使ったら制限がかかる?」「対策できる?」など気になっている方は多いでしょう。

WiMAXは、月間通信量の制限がない人気のサービスですが、直近3日間で通信量10ギガを超えると速度が制限されてしまうため、データの消費量が多い動画視聴を目的としている方は注意が必要です。

WiMAXの速度制限はサービスの欠点に思えますが、日頃から制限にかからないよう対策しておくことで、制限の影響を受けることなく快適にWiMAXが利用できるようになります。

この記事では、速度制限がかかる原因や制限されないための対策について詳しくお伝えしています。

WiMAXの速度制限とは

WiMAXの料金プラン「ギガ放題」は、データ使用量の月間制限がないので、たくさんインターネットを楽しみたい方に人気のプランです。

しかし、以下の2つの条件で速度制限がかかってしまうので、使い過ぎには注意しなければなりません。

・直近3日間で通信量10ギガ
・au回線を使用して通信量が月間7ギガ

速度制限される原因が分かれば、WiMAXの使用方法を見直すことができます。WiMAXの速度制限でお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

直近3日間で10ギガの通信制限あり

料金プラン「ギガ放題」は、直近3日間でデータ使用量が合計10ギガを超えると、速度が1メガに制限される仕組みになっています。

速度が制限されるタイミングは、データ使用量が10ギガに達した時点ではなく、10ギガに達した翌日の18時~27時までの8時間が対象です。

WiMAX 速度制限イメージ
制限されるのは利用者がもっとも増える夜の時間帯だけなので、WiMAXを昼間しか使う予定がない方は、この制限について気にする必要はありません。

以下では、データ使用量10ギガの目安や、制限後の速度について詳しくお伝えしていきます。

10ギガはどれくらい使える?

どれほどネットを使えば通信量が10ギガに達するのか、計画的にWiMAXを利用するためにも、その目安を確認しておきましょう。

紹介するのはあくまで一例で実際の通信量と違いますが、以下の使用別の消費量の目安を参考にすれば分かりやすいです。
 利用目的10ギガの目安1日の使用目安
動画/PCの場合Youtube 標準画質約47時間約15時間
Youtube HD画質約13時間約4時間
通話アプリLINE 音声通話約200時間約24時間
LINE ビデオ通話約15時間約5時間
SNSアプリInstagram約25時間約8時間
Twitter 約40時間約13時間
音楽アプリSpotify約210時間約24時間
ゲームアプリドラクエウォーク約160時間約24時間
オンラインゲームスプラトゥーン2約35時間約11時間
以上をふまえると、通信量が多いのは「動画サービス」や「テレビ通話」などの映像系のサービスであることが分かります。

Youtubeの通信量が気になる場合、HD画質から標準画質に下げるだけで通信量を3分の1まで減らすことができるので、通信量を抑えたい時に覚えておくと安心です。

また、SNSアプリ(InstagramやTwitterなど)のデータ消費量も意外と多めなので、よく利用する方は通信量を気にかけておくとよいでしょう。各SNSアプリに搭載されている節約モードを利用して、消費量を抑えるのもひとつの手です。

その他のLINE通話やサイト閲覧、ゲームや音楽視聴アプリなどを目的としている方は、速度制限にかかる可能性が低いため、3日間で10ギガの利用上限はあまり気にしなくても大丈夫です。

※SNSアプリの節約設定 ●Instagram 「設定」→「アカウント」→「モバイルデータの使用」→「データ使用量を軽減」をオン ●Twitter 「設定とプライバシー」→「データ利用の設定」→「データセーブ」をオン

実際どれくらい遅くなる?

WiMAXは速度制限されると、通信速度が1メガになるデメリットがありますが、他のネット回線ほど厳しくありません。

●制限後の速度を比較
【WiMAX】1メガ
【スマホ3大キャリア】0.128メガ
【他社ポケットWiFi】0.128メガ~0.384メガ

1メガの使い勝手としては、Youtubeの標準画質ならスムーズに動画が再生でき、ウェブサイトの閲覧はページの表示が数秒遅れる程度で、以下の口コミのように影響が少ない方もいます。
このように速度が制限されても、使い方次第でネットが快適に利用できる方もいますが、データ消費量が多くなりがちなSNSや動画視聴などの利用は、読み込み時間がかかりストレスを感じてしまうかもしれません。

au回線を使うと月間7ギガ制限

WiMAXでは、ネットが繋がりにくい場所で「au回線」が使える「ハイスピードプラスエリアモード」という機能が備わっています。

対応エリアが広くなる便利な機能ですが、データ通信を月間7ギガ以上おこなうと月末まで速度制限がかかってしまうため、連続使用はできません。

この制限は「ハイスピードプラスエリアモード」をオフにした後の通常時も適用されてしまうので、機能の使用には十分注意しなければなりません。

WiMAXの速度制限の回避方法

WiMAXが速度制限されてしまった場合、残念ながら解除方法は待つ以外にありません。

そのため、制限を回避するためにも普段から対策しておく必要があります。

以下では、WiMAXの速制限を回避するための対策について,、詳しく解説してまいります。

こまめにデータ使用量を確認

WiMAXの速度制限を回避するためにも、こまめにデータ通信量を確認することが大事です。

データ通信量は、端末のホーム画面に「通信量カウンター」が表示されているので見落とすことはまずありません。カウンターの集計期間を「通信量カウンター」で3日間に設定するともっと分かりやすくなります。

Wimaxのデータ通信量の確認
ただし、通信量カウンターに表示されている数値はあくまで目安ですので、正確な通信量が知りたい方は契約プロバイダのマイページで確認するとよいでしょう。

マイページの確認方法の例として、WiMAXの中でも利用者が多い「UQ WiMAX」と「GMOとくとくBB」の2つをご紹介いたします。

●UQ WiMAXの場合
my UQ WiMAX(会員ページ)にログイン、「料金案内」のタブから「通信量照会」をクリックし、月間と直近3日間の通信量が確認できるリンクをクリック。

●GMOとくとくBBの場合
BBnavi(会員ページ)にログインし、ホーム画面に表示されているデータ通信量をクリックすると、日ごとのデータ消費量が分かるページが表示されます。

これらの確認方法を試し、速度制限に備えておくことで、事前に制限を防ぐことができ安心です。

アプリや動画をまとめてダウンロードしない

アプリやファイルのダウンロードを連続しておこなうと、翌日に速度制限される可能性が高くなってしまうため、日にちをあけておこないましょう。

速度制限のリスクは、直近3日間の合計が10ギガ以上ですので、最低でも3日間あけておくと安心です。

どうしてもまとめてダウンロードしたい場合、速度制限にかかっても問題ない日の前日におこなうことで、制限の影響を受けずに済みます。

パソコンやスマホの使用データ量を節約

スマホやパソコンでデータ通信量を抑える工夫や節約方法について詳しくお伝えします。

動画は画質を下げて視聴

動画の視聴はデータ消費量が多いので、動画の画質の設定を初期設定よりさらに下げるだけで、データ通信量が大幅に節約できます。

画質を下げることで、映像がボヤけ見た目が悪くなりますが、速度制限にかかりにくくなるため、3日間のデータ使用量の上限に達してしまいそうな時に有効です。また、画質が関係のないYoutubeで音楽を聴きたい場合などにもおすすめです。

節約が見込める画質の設定は以下を参考してください。

【Youtube】~480pよりも低設定
【Netflix】中よりも低設定
【Amazonプライムビデオ】良い(標準画質)

アップデートは手動で管理

スマホやパソコンのバージョンが新しくなると自動更新がおこなわれますが、想定外のデータ通信のせいで速度制限にかかりやすくなってしまうため、固定回線のWiFiに接続した際に手動でアップデートするよう心がけましょう。

ネット環境がWiMAXしかない場合、速度制限されても問題のない日の前日に、手動でアップデートをおこなってください。

設定の変更は「iPhone 自動アップデート停止」「Windows 自動更新 停止」などのキーワードで検索すればすぐに停止方法が分かります。

速度制限が気になる人は光回線がおすすめ

WiMAXを利用していて速度制限にかかりやすい人は、そもそも3日10ギガのデータ量では足りていないため、ネットが完全無制限に使える光回線への乗り換えをおすすめします。

光回線はWiMAXよりも速度が速く安定しているので、データ消費量が多い「高画質の動画視聴」や「テレビ電話」を利用目的としてる方にも最適です。

ただ、WiMAXと違いネット開通工事が必要なので、工事費用がかかってしまうデメリットがありますが、初期費用がかからない光回線を選べば高額費用が請求されることがなく、乗り換えも安心です。

まとめ

WiMAXは、直近3日間のデータ使用量が10ギガを超えると速度が制限されるデメリットがありますが、高画質の動画を長時間見るなどのデータ消費量が多い使い方をしないかぎり制限される可能性は少ないので、気にしなくても大丈夫です。

速度制限が気になる方は、WiMAXが速度制限されないための対策を実践してみてくださいね。
So-net光プラス 月額2,080円 超高速ネットが安すぎる!!

人気の記事一覧

WiMAXに関する情報の関連記事

役立つ基礎知識の関連記事

ヒカリCOM

TOPへ戻る