WiMAXは乗り換えるべき?メリットや注意点をわかりやすく解説

WiMAXを乗り換えたい時、乗り換えるべきか判断に迷っている方は多いでしょう。

結論からお伝えすると、契約中のWiMAXの月額料金が他社より高い場合、3年間の契約終了後に乗り換えたほうがお得です。

ただ、乗り換えるタイミングを間違ってしまうと、違約金や月額料金を二重に払うリスクがあるため「更新月を確認する」「解約期限内に解約する」などのポイントに注意しなければなりません。

この記事を読めば、WiMAXの乗り換えのメリットや、乗り換えで失敗しないために注意すること、おすすめのプロバイダ情報などの全情報が分かります。

WiMAXを乗り換えるメリット

月額料金が安くなる

WiMAXの料金設定には「定額料金タイプ」と「段階的に吊り上がっていくタイプ」の2種類のタイプがあり、もっとも多いのは段階的に値上がりしていくプロバイダです。

月額料金が安くても、3年目には月額料金が高くなるケースが多いため、3年目のタイミングで契約しているプロバイダを見直したほうがいいでしょう。
プロバイダ1ヶ月目25ヶ月目以降3年間の平均料金
カシモ WiMAX1,380円4,079円3,724円
GMO WiMAX(月額割引)2,590円4,263円3,680円
Broad WiMAX2,726円4,011円3,649円
So-net WiMAX3,380円4,379円4,046円
GMO WiMAX(キャッシュバック)3,609円4,263円4,327円
@nifty WiMAX3,670円4,350円4,312円
UQ WiMAX3,880円3,880円3,988円
BIGLOBE WiMAX3,980円3,980円3,980円
契約中のプロバイダで3年目の月額料金より、他社のほうが安ければ乗り換えたほうがお得といえます。

プロバイダによって料金設定がバラバラなので比較しづらいですが、キャッシュバックや月額割引などの特典をふまえ、トータルにかかる費用や月額料金の平均で比べると比較しやすいです。

月額料金の全体の平均がおよそ4,000円ですので、毎月4,000円以上支払っている方は、3,000円台のプロバイダに乗り換えるだけで、毎月の出費を確実に安くすることができるでしょう。

実際にどれだけ安くなるのか?

「UQ WiMAX」契約中の方が、「GMOとくとくBB」の月額割引キャンペーンを利用してWiMAXを乗り換えた場合、どれほどお得になるのか、以下の比較を参考にしてください。
プロバイダ月額料金の平均3年間にかかる費用
GMO WiMAX(月額割引)3,680円132,494円
UQ WiMAX3,988円143,560円
月額料金の平均の差だけ見れば、300円ほどの違いしかありませんが、3年間に換算するとおよそ12,000円もの金額差になり、3カ月分の利用料金に相当することが分かります。

わずかな月額料金の差しかなくとも、3年間の契約期間で考えると、乗り換えるメリットはかなり大きいといえるでしょう。

新たに申込み特典が受けられる

WiMAXの乗り換えでは、新たに申込み特典が受けれるメリットもあります。

申込み特典の内容はプロバイダによって変わりますが、例として以下のような特典があります。

・キャッシュバック
・月額割引
・違約金負担

キャッシュバック特典は、現金や商品券が貰える特典なので、解約時の違約金の負担をなくしたい方に最適です。

月額割引きは、毎月の月額料金が割り引きされるので、毎月の出費を抑えたい方におすすめです。

このように申し込み特典が充実しているプロバイダに乗り換えれば、今契約しているWiMAXよりもお得に利用することも可能です。

WiMAXの乗り換え時の注意点

解約違約金がかかる

WiMAXは更新月以外に解約すると高額な違約金が請求されてしまうため、更新月に解約を心がけましょう。

「更新月」とは、定期契約が終わった後に、契約を継続するか解約するか決めれる期間のことで、2年プランを契約している方は25ヵ月目、3年プランだと37ヵ月目が更新月にあたります。

もし更新月以外に解約した場合、以下の違約金が請求されます。
※定期契約期間が3年の場合
期間金額
~12ヵ月19,000円
13ヵ月~24ヵ月14,000円
25ヵ月~36ヵ月14,000円
37ヵ月更新月のため0円
38ヵ月~9,500円
解約するタイミングによって違約金の金額が違い、利用開始日から1年以内に解約した場合の違約金がもっとも高額なので、契約期間が短い方はとくに注意してください。

解約時の選択肢のひとつとして、違約金を全額負担してくれるWiMAXに乗り換えるという手段もありますので、あわせて検討してみてはいかがでしょうか。詳しくは記事の最後にある「おすすめプロバイダ」をご覧ください。

乗り換えても速度は変わらない

WiMAXは他社プロバイダに乗り換えたとしても、サービス提供元である「UQ WiMAX」は変わらないため、対応エリアの違いや、速度の違いはありません。

そのため、WiMAXの速度に不満を持っている方は、WiMAXではなく光回線への乗り換えを検討した方がよいでしょう。

光回線には、高速インターネットができる「IPv6」という機能があるので、WiMAXよりも速く、ネット回線が混雑する時間帯でも速度が遅くなりにくい特徴があります。

さらに、光回線はWiMAXで使われている回線「WiMAX2+」よりも速度が2倍以上速いため、さらなる速度アップが期待できます。

▼回線の比較
【WiMAX2+】440メガ
【光回線】1,000メガ

WiMAXの、3日10ギガの通信制限や、利用環境によって速度が遅くなる問題に不満がある方は、光回線に乗り換えることで不満が解消できる可能性があります。

WiMAXの乗り換えでおすすめのプロバイダ

WiMAXの乗り換えで、もっとも重要なのはプロバイダ選びです。

WiMAXは、プロバイダごとにサービスの違いはないので、月額料金の安さやキャンペーンが充実しているプロバイダを選ぶとよいでしょう。

以下では、20社以上のプロバイダのなかから、WiMAXの乗り換えでとくにおすすめしたいプロバイダをご紹介します。

キャンペーン実施中のプロバイダ

2つのキャンペーンが選べるGMOとくとくBB

「GMOとくとくBB」のWiMAXは、契約特典としてキャンペーンが2つ用意されており、キャッシュバックか月額料金割引かのどちらかを選ぶことができます。

●キャッシュバックキャンペーン
●月額割引キャンペーン

「GMOとくとくBB」のキャッシュバック額はプロバイダの中でも最も高額で、2020年6月現在で27,200円が貰えます。

月額割引は、月額料金が毎月およそ1,000円割引され、3年間で30,000円近く節約できる特典です。こちらもプロバイダの中で最高額の割引額となります。

ただ注意点として、キャッシュバックは受け取り手続きが1年後で、期間内に手続きをしなければ貰い損ねる可能性があるので、受け取りが心配な方は月額割引を選ぶことをおすすめします。

▼申し込み窓口はこちら▼GMO WiMAXの月額割引キャンペーン

解約違約金を負担してくれるBroad WiMAX

他社の解約にかかった違約金を最大19,000円までキャッシュバックしてくれるキャンペーンを実施しているのが「Broad WiMAX」です。

対象はWiMAXのプロバイダだけでなく、光回線やケーブルテレビ、モバイルWiFiなどで、あまり知られていないネット回線にも対応してくれるのが嬉しいポイントです。

キャッシュバックの手続きで提出する書類は、解約金がわかる明細をスマホで撮影したもの、もしくは会員ページのスクリーンショットでも可能とのことなので、手続きはカンタンにできます。

残念ながら工事費や端末の未払い料金には対応してないですが、違約金でお悩みの方なら乗り換える価値は十分あるといえるでしょう。

Broad WiMAXの他の特典について詳しく知りたい方は「Broad WiMAXについての記事」をご覧ください。
▼公式ページはこちら▼Broad WiMAXに申し込む

まとめ

WiMAXを乗り換えるメリットや注意点を解説させていただきましたが、すでに月額料金が安いプロバイダを利用している方は、プロバイダを乗り換える必要はありません。

しかしながら、端末の機種変更にお金がかかるプロバイダを利用している方は、長い目で見ると損してしまうので、更新月のタイミングで無料で機種変更してくれるプロバイダに乗り換えることをおすすめします。

そもそも、WiMAXの速度に不満を感じている方は、プロバイダを乗り換えても速度は変わらないので、光回線への乗り換えを検討してみてくださいね。
The following two tabs change content below.
光回線おすすめ
ヒカリCOM