WiMAXのホームルーターはおすすめ?利用者の口コミや注意点などの全知識

WiMAXのホームルーター
WiMAXのホームルーターはおすすめ?実際の評判はどうなの?と気になりますよね。

WiMAXのホームルーターは工事不要で利用できる上にモバイルルーターよりも比較的ネットが安定しているので、手軽に自宅でWi-Fiを使いたい人向けのサービスです。

しかし利用者の口コミを徹底的に調べたところ、光回線やソフトバンクエアーと比較した際の注意点が3つ見つかりました。

WiMAXのホームルーターを契約する前に他社と比較し、料金や速度、通信制限に関する注意点をしっかり知っておくことが重要です。

この記事ではWiMAXホームルーターの注意点だけでなく、おすすめの機種やプロバイダなども一緒にまとめたので是非ご覧ください。

WiMAXホームルーターの基礎知識

WiMAXのホームルーターとは、光回線のような工事が不要で、自宅のコンセントに挿すだけでネットが使えるWiFiサービス。

一般的によく知られているモバイルルーターとは違って外での利用はできませんが、ホームルーターは通信が比較的安定している傾向にあるので自宅用に適しています。

WiMAXのホームルーター

このように「家でネットを引きたいけど光回線の工事はしたくない」という理由でホームルーターを契約する人が多いです。

さらに、光回線の工事は遅いと1ヶ月以上も待つので、すぐにネットを使いたい人や引っ越すことが多い人にとっては、WiMAXのホームルーターが選択肢の一つになるでしょう。

WiMAXホームルーターの3つの注意点

WiMAXのホームルーターを他サービス(光回線・ソフトバンクエアー)と比較したところ、以下3つの注意点が見つかりました。

1.月額料金はそこまで安くない
2.光回線より通信速度が安定しない
3.ネットが使い放題ではない

これらの注意点を確認したうえで、申し込むかどうかの判断基準にしてください。

1.月額料金はそこまで安くない

WiMAXのホームルーターは光回線より月額料金が安いと思われがちですが、実際そこまで安くないので注意しましょう。

WiMAXの料金は契約するプロバイダによって異なり、およそ月額3,500円~3,880円。光回線の料金の相場も月額3,800円~4,000円程度なのでほとんど変わりません。

※光回線はマンションタイプの月額料金を記載

 WiMAX
HOME
光回線SoftBnak
Air
月額料金3,500円~
3,880円
3,800円~
4,000円
4,880円
端末代金0円59,400円
工事費実質0円

工事不要のホームルーター同士で比べると、WiMAXの方がソフトバンクエアーより1,000円以上も安いことが分かります。

ただし、同じくらいの料金で通信が比較的安定している光回線の方がお得です。

多くの光回線では「工事費無料キャンペーン」によって工事費を負担してくれます。WiMAXより安くなる光回線もあるので、以下の投稿のように乗り換える人が増えています。

光回線の工事をしたくない(または工事ができない)人であれば、WiMAXのホームルーターを契約するのは全然ありですが、特にこだわりがなければ光回線を検討してみてください。

2.光回線より速度が安定しない

WiMAXのホームルーターは、光回線よりも通信速度が安定しません。

光回線は部屋まで直接光ファイバーで繋がっていますが、ホームルーターは壁などの障害物によって電波の干渉を受けてしまいます。

また、公式サイトが発表している最大速度を比べると、WiMAXは光回線の1/2の速度しか出ないことが分かりました。
 WiMAX
HOME
光回線SoftBank
Air
最大速度558メガ1,000メガ481メガ
最大速度はあくまで理論的な数値であり、実際の速度とは大きくかけ離れているので、一概に光回線の方が速いとは言い切れません。

なので、僕が契約しているWiMAXのホームルーターと光回線を比較しました。結果として、光回線の方が8倍近くも速かったです。

※WiMAX HOME・・・GMO WiMAXのL02機種を使用
※光回線・・・So-net光プラス(マンション)を使用
WiMAXのホームルーターと光回線に速度結果

僕個人の計測結果なので参考程度にしかならないと思いますが、基本的に光回線の方が安定している傾向にあると考えて良いでしょう。

ツイッターの口コミを調べたところ、WiMAXホームルーターの速度が遅いと不満を抱える人の投稿もいくつか見つかりました。

3.ネット使い放題ではない

WiMAXのホームルーターはネット使い放題ではなく、3日間の使用量に制限があります。

光回線やソフトバンクエアーにはデータ容量に制限が一切ないので、WiMAXのホームルーターだけが抱える大きな注意点です。

WiMAX公式サイトの内容をざっくり説明すると、「3日連続でデータ量10GB以上使うと速度制限にかかる」と書かれています。※WiMAX2+の場合

※引用元:UQ WiMAX公式サイト
直近3日間の容量制限

どのくらいで速度制限にかかる?

「3日間で10GB」と言われてもあまりピンと来ない人が多いかもしれません。

公式サイトにはYouTube動画を13時間以上再生し続けると10GBを超えると書かれています。つまり、YouTube動画を1日4時間以上観たら速度制限にかかるということです。

ただし、日常生活の中では動画を観る以外にもネットを利用する機会は多いので、YouTubeなどのネット動画やオンラインゲームで2~3時間ほど費やす人は注意しましょう。

WiMAXホームルーターのおすすめ機種は?

現在において、WiMAXホームルーターは4つの機種が提供されているので、比較ポイントとおすすめ機種を紹介します。

ホームルーターの比較ポイント

WiMAXのホームルーターで比較すべき重要なポイントは「最大通信速度」「同時接続台数」の2つだけです。

それでは一つずつ見ていきましょう。

最大通信速度

WiMAXホームルーターの1番の違いは、通信速度の最大値です。

公式サイトに記載されている機種ごとの最大速度は、あくまでベストな環境で測ったときに出るとされている理論的な数値ですが、機種を比較するうえで重要な指標と言えます。

そこで、現在提供されているホームルーターの最大速度を、以下の表でそれぞれ比較しました。
機種名メーカー最大速度5G対応
【NEW】Speed Wi-Fi HOME 5G L11ZTE2,700メガ
HOME L02HUAWEI1,000メガ×
HOME L01sHUAWEI758メガ×
HOME 02NEC440メガ×
HOME 01NEC440メガ×
WiMAXのホームルーターのメーカーは3つ。新しく提供が開始された5G対応のZTE製のものと、WiMAX2+対応のHUAWEI製、NEC製の2つです。

もちろんWiMAXの5Gを利用する場合は、ZTE製のホームルーター一択ですが、まだ5Gを使う予定がないという人は、通信速度が速いHUAWEI製の「HOME L02」を選ぶといいでしょう。

ただ、HUAWEI製とNEC製のホームルーターは、在庫がなくなり次第、提供終了予定なので、今後は5G対応のZTE製ホームルーターのみになるかもしれないことは頭に入れておきましょう。

同時接続台数

ここでは補足情報として、WiMAXホームルーターの同時接続台数を比較します。

家族でネットを利用したり、ネットに接続したい家電製品が多かったりする場合は、同時接続できる台数を知ることが重要です。
端末機種同時接続台数
【NEW】Speed Wi-Fi HOME 5G L1132台
HOME 0216台
HOME L0216台
HOME 0110台
HOME L01s10台

このように、最新機種のホームルーター選べば32台まで同時接続できて快適に利用できます。

おすすめは「Speed Wi-Fi HOME 5G L11」

WiMAXのホームルーターを選ぶなら、通信速度の速さに定評があるZTE製の「Speed Wi-Fi HOME 5G L11」をおすすめします。

なぜなら「Speed Wi-Fi HOME 5G L11」はホームルーターの中でも速度が速いだけでなく、スペックも優れている機種です。

光回線にも劣らない最大速度

ホームルーターの「Speed Wi-Fi HOME 5G L11」は2.7ギガの速度を実現しています。

一般的に言われている光回線の速度も最大1ギガなので、ついにホームルーターが光回線を超えた話題になっている人気の機種です。

5Gの対応エリアは一部に限られるので、100%光回線以上の速度で利用できるとは言い切れませんが、工事不要で1番速いネットが使えるなら検討する価値は大いにあるでしょう。

高感度アンテナ搭載で360度カバー

Speed Wi-Fi HOME 5G L11は内部に4本の高感度アンテナを4方向に配置し、360度全方位をカバーしているので繋がりやすい傾向にあります。

部屋の間取りによっては設置場所に困る人もいるかもしれませんが、Speed Wi-Fi HOME 5G L11なら繋がりにくい場所でも比較的安定して電波をキャッチしてしてくれます。

また、自動で端末機器を認識してくれる「Wi-Fi TXビームフォーミング」搭載なので、TXビームフォーミング未対応の前機種と比べて通信の安定性が約30%も向上しました。

WiMAXホームルーターのお得なプロバイダ

ここでは、WiMAXホームルーターがお得に契約できるプロバイダを紹介します。

ホームルーターならGMOとくとくBBがおすすめ

WiMAXのホームルーターなら、大手プロバイダの『GMOとくとくBB』がおすすめです。

おすすめの理由は…
★プロバイダの中で実質費用が安い
★初期費用が0円
★20日以内なら無料解約できる

プロバイダの中で実質費用が安い

GMOとくとくBBはプロバイダの中でも3年間の実質費用が安いWiMAXです。

申し込みキャンペーンは「高額キャッシュバック」と「月額料金割引」の2つから選べますが、どちらで申し込んでも他のプロバイダより3年間の合計費用が安くなります。
プロバイダ月額料金CB額3年間の
合計金額
GMO WiMAX
(キャッシュバック)
2ヶ月:3,969円
以降:4,688円
30,000円125,769円
GMO WiMAX
(月額料金割引)
2ヶ月:2,849円
以降:3,678円
6,000円129,494円
UQ WiMAX4,268円158,560円
Broad WiMAX3,753円131,352円
BIGLOBE WiMAX4,378円17,000円147,480円
DTI WiMAX4,136円131,600円
GMOとくとくBBではホームルーターを契約すると最大3万円のキャッシュバックが貰えるので、キャッシュバックキャンペーンからの申し込みが1番お得になります。

ただ、キャッシュバックは11ヶ月後の受け取りになってしまうので、シンプルに月額料金を安くしたい人は月額料金割引キャンペーンも検討してみてください。

初期費用が0円

GMOとくとくBBは端末代金が0円なので初期費用が発生しません。

プロバイダによっては端末代金として15,000円~20,000円の高額な費用が発生してしまい、月額料金に上乗せされて請求されます。
WiMAX端末代金
GMO WiMAX0円
UQ WiMAX15,000円
Broad WiMAX18,857円
BIGLOBE WiMAX19,200円

20日以内なら無料解約できる

GMOとくとくBBでは申し込みから20日以内なら契約を無料でキャンセルできます。

他社の場合だと8日以内のクーリングオフ期間外に解約すると違約金として19,000円かかりますが、GMOとくとくBBではクーリングオフ期間が20日間もあるというイメージです。

WiMAXは利用場所や周りの環境によって通信が不安定になってしまうので、無料解約できる期間が長いことはGMOとくとくBBの大きなメリットと言えるでしょう。

GMOとくとくBBお客さまセンターに「20日以内の解約」であることを伝えて、端末を指定の住所に返送するだけで簡単に手続きできます。

●GMOとくとくBBお客さまセンター
TEL:0570-045-109
受付時間:平日10:00 ~19:00

\最短当日発送!大人気/
GMOとくとくBBのWiMAX

★GMO WiMAXが選ばれています
・月額2,849円~で最安水準!
・最短当日発送!翌日から使えます!
・最新の高速ルーターを無料でお届け!
・20日以内なら無料キャンセルOK!
・または最大30,000円キャッシュバック!

月額割引キャンペーンに6,000円CB+初月無料特典が付いてくる!
▼2つの選べるキャンペーン▼
月額割引+キャッシュバック高額キャッシュバック

まとめ

WiMAXのホームルーターを契約する前に知っておくべき全情報をお伝えしてきました。

自宅でネットを利用する方法として光回線やソフトバンクエアーと比較したところ、WiMAXホームルーターの注意点は以下の3つです。

1.月額料金はそこまで安くない
2.光回線より通信速度が安定しない
3.ネットが使い放題ではない

これらの注意点はありますが、工事不要で利用できるのがWiMAXホームルーターの大きな魅力なので是非検討してみてください。

人気の記事一覧

インターネット契約に関しての関連記事

インターネットまるわかりガイドの関連記事

ヒカリCOM

TOPへ戻る