とくとくBBホームWi-Fiの評判まとめ!最新ホームルーターでキャッシュバックが高額?

本ページはプロモーションが含まれています
5G対応で高速通信が可能なとくとくBBホームWi-Fi。新しいサービスのため月額料金などの概要や、他社と比較してお得なのか、使いやすいのかを知りたい人も多いのではないでしょうか。
今回は、2023年10月にサービスを開始したとくとくBBホームWi-Fiの特徴や他社の5G対応Wi-Fiサービスとの比較結果などを紹介します。高速で気軽に使えるWi-Fiサービスを検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

当サイトは、公平かつ中立的な立場で商品を紹介し、評価に影響を及ぼすことは一切ありません。これは、当サイトが定めるコンテンツポリシーに則ったものです。

とくとくBBホームWi-Fiとは?


参照:とくとくBBホームWi-Fi

とくとくBBホームWi-Fiとは、人気プロバイダのとくとくBBを提供しているGMOインターネットグループ株式会社が手掛けるインターネットサービスです。
とくとくBBホームWi-Fiは回線工事が不要で、Wi-Fiルーター(ホームルーター)をコンセントに接続するだけで5G
・4G回線を利用したインターネットを楽しむことができます。
似たようなサービスとしては、docomoのhome 5GやSoftBankのSoftBank Airがありますが、とくとくBBホームWi-Fiは他社と比べても料金・品質に遜色はなく優秀な点も多々あるため、選択肢のひとつには必ず入れておくべきだといえるでしょう。
以下でとくとくBBホームWi-Fiがどんな人におすすめなのかや、特徴を解説していきます。

とくとくBBホームWi-Fiがおすすめな人とは?

とくとくBBホームWi-Fiは、以下のような人におすすめできます。
  • 光回線以外で高速なインターネット環境を作りたい人
  • 高額キャッシュバックを利用してお得に乗り換えたい人
  • できるだけ早くインターネットを使いたい人
とくとくBBホームWi-Fiは光回線で行う工事は不要のため、何らかの理由があって光回線を引くことができない人におすすめです。端末の性能も高いので、光回線以外で高速インターネットを利用したい人にとっては第一選択肢に入るといってよいでしょう。
また他社の光回線・ホームルーターなどから乗り換える際には高額なキャッシュバック特典があるため、回線の切り替えを検討している人にもおすすめできます。
ほかにも申し込み後最短で翌日から利用できるので、「すぐにインターネットを使いたい」といったニーズにも応えてくれる点も強みです。

とくとくBBホームWi-Fiの特徴

ここからは、とくとくBBホームWi-Fiの月額料金・工事に関して・端末の詳細などの特徴を解説します。特徴とともに他社との比較も織り交ぜているので、あわせてルーター選びの参考にしてみてください。

月額料金は4,980円


参照:とくとくBBホームWi-Fi

とくとくBBホームWi-Fiの月額料金は、4,980円です。他社の5G対応サービスとの料金比較は、以下を参照してみてください。
サービス名とくとくBBホームWi-FiRakuten TurboWiMAX+5Gdocomo home 5GSoftBank Air
月額料金4,928円4,840円(12ヶ月目までは1,980円)4,928円(24ヶ月目までは3,773円)4,950円5,368円(12ヶ月目まで3,278円)

参照:とくとくBBホームWi-Fi
参照:Rakuten Mobile
参照:BIGLOBE
参照:docomo
参照:SoftBank

とくとくBBホームWi-Fiの月額料金は、他社と比べると同水準であることがわかります。Rukuten TurboやSoftBank Airは1年間ほど月額料金が割引されますが、後述するキャッシュバック特典の金額を加味すると、とくとくBBホームWi-Fiもかなりお得であるといえるでしょう。

工事不要で利用可能

とくとくBBホームWi-Fiはコンセントに挿すだけでインターネットに接続できるホームルータータイプの端末のため、工事不要で利用可能な点は大きなメリットです。
壁に穴を開ける・光回線を引き込むなどの回線工事ができない人や、なるべく早くにインターネット環境を構築したい人にはピッタリだといえるでしょう。

最短で申し込み翌日から使える

とくとくBBホームWi-Fiは最短で即日に端末を発送するため、申し込んだ翌日から利用可能になるケースもあります。
最短利用をする条件は、平日15時30分・土日祝日は14時までに申し込みを完了させること。この時間を過ぎてしまうと、端末は即日ではなく翌日発送に回されます。
なお、端末の在庫状況によっては即日発送がされない場合があることは覚えておきましょう。ただ即日発送での翌日到着は、同様のサービスを行っている会社のなかでも最速のため、とくとくBBホームWi-Fiならではの大きなメリットだと考えて間違いありません。

端末は5G対応の最新モデル

とくとくBBホームWi-Fiで利用できる端末は、ZTEの「ZTE Speed Wi-Fi HOME 5G L13」。au5G・au 4G LTE・WiMAX2+を利用する最新の5G対応ルーターです。主なスペックは、以下を参照してみてください。
項目サイズ(H×W×D)重さ通信速度最大接続数
概要約207×約100×約100 (mm)約635g受信最大/送信最大 4.2Gbps/286Mbps32台
ZTE Speed Wi-Fi HOME 5G L13のスペックは、他社の5G対応ホームルーターと比べても同水準〜高い性能を誇っています。
上記の通信速度はベストエフォート(技術規格上の最大値)なので、現実的にこの速度が出るわけではありません。例えば5Gが利用できないエリアでは、4G LTEなどでの通信になり、5Gに比べて低速になってしまいます。
自分の住まいや利用したい場所が5Gに対応しているかどうかは、「WiMAX +5G対応エリア」で確認が可能です。
高速なインターネット環境がほしい人は、5Gに対応しているエリアかどうかをしっかりとチェックしておくと失敗がありません。

36ヶ月の継続利用で端末代が実質0円


参照:とくとくBBホームWi-Fi

とくとくBBホームWi-Fiの端末(ホームルーター)の代金は27,720円ですが、分割払い相当分が毎月割引されるため、実質0円で利用可能です。
月の割引額は770円なので、36ヶ月間利用すれば端末料金は完全に0円になります。
ただし、36ヶ月以内に解約して端末の残債が残っている場合は、解約後に残債が一括請求される点は覚えておきましょう。
同様の割引サービスは他社も行っているためとくとくBBホームWi-Fiだけの利点ではありませんが、端末代が実質0円になるのは嬉しいメリットだといえるでしょう。

契約後はいつでもとくとくBB光へアップグレード可能


参照:とくとくBBホームWi-Fi

とくとくBBホームWi-Fiの契約後は、いつでもとくとくBBが提供している光回線にアップグレードすることが可能です。
切り替えられる光回線はGMOとくとくBB光・ドコモ光・auひかり・SoftBank光・SoftBank Airの5つ。いつでも違約金無料で切り替えられるため、とくとくBBホームWi-Fiに満足できなかった場合でも安心です。
アップグレードは、会員ページにログインして手続きをするか電話から切り替えが可能です。とくとくBBホームWi-Fiの違約金や端末残債費の負担無しで乗り換えができるので、かなり使いやすいサービスだといえるでしょう。
また光回線の工事が完了した月末に解約扱いになるため、一時的にネットが利用できなくなってしまうといったこともありません。
とくとくBBホームWi-Fiは、光回線の工事まで時間がかかってしまう場合の繋ぎとして使うのもよいでしょう。ただし、光回線の開通まで無料でWi-Fiルーターがレンタルできるケースもあるので事前に確認しておくと損をすることがありません。

とくとくBBホームWi-Fiのキャンペーン・割引特典

とくとくBBホームWi-Fiは新規・乗り換えキャンペーンとしてキャッシュバックを用意しています。また、auスマホ・UQモバイルユーザー向けにスマホの月額料金を割り引くサービスを提供しています。以下で、キャンペーンと割引特典の詳細を解説します。

全員32,000円キャッシュバック

とくとくBBホームWi-Fiは全員32,000円キャッシュバックを実施中です。

とくとくBBホームWi-Fiの「公式サイト」からWeb申し込みをした後、端末発送日を含む11ヶ月目にキャッシュバック特典振込の案内が届きます。

案内に従って振込口座情報を登録すれば、登録した翌月末日に指定口座に振り込まれます。

乗り換えだと最大70,000円キャッシュバック増額

他社からの乗り換えの際に違約金がかかってしまった方限定で、キャッシュバックが最大70,000円増額されます。

全員もらえるキャッシュバックと併用ができるため、最大102,000円がもらえます。

違約金キャッシュバックを利用する方は、とくとくBBホームWi-Fiに申し込んだあと、申し込み完了メールに記載されている解約違約金キャッシュバック申請フォームのURLにアクセスし、特典を申し込みましょう。
次に端末発送月を1ヶ月目として3ヶ月目の末日までに、指定された方法で他社サービスの解約違約金明細の写真を提出します。その後の手続は通常キャッシュバックと同様で、キャッシュバック特典の振込に関する指定口座確認の案内メールが届いたら、口座情報を入力すれば手続きは完了です。

auスマホ割プランでスマホ代が月額最大1,100円割引

auのスマホを利用している人は、auスマホ割プラン(auスマートバリュー)で月のスマホ代が月額で最大1,100円割引される可能性があります。
割引の対象になるのはauの定額サービスを利用している人で、プランによって550〜1,100円の割引が受けられます。対象プランについては、「auスマートバリュー」を参照してみてください。
申し込み方法は、とくとくBBホームWi-Fiを契約して端末が届いたあとにauショップまたは電話でスマートバリューの適用を申請しましょう。電話窓口は、以下になります。
  • KDDIお客さまセンター
  • au携帯電話から:(局番なし) 157 (通話料無料)
  • 一般電話から: 0077-7-111 (通話料無料)
  • 受付時間:年中無休 (オペレータとの通話は9:00~20:00)

UQモバイルの月額料金が最大1,100円割引

UQ mobileスマホを契約している人は、自宅セット割の適用でスマホ代が月額最大1,100円割引される可能性があります。対象プランと割引金額は、以下を参照してみてください。
  • とくとくBBホームWi-FiとくとくBBホームWi-Fiプラン/ミニミニプラン:1,100円
  • くりこしプラン +5G(S/M):638円
  • くりこしプラン +5G(L):858円
自宅セット割の申し込みは、オンラインショップ・UQスポット・au Style/auショップで行えます。詳細は「自宅セット割」を参考にしてみてください。
申込受付が完了した翌月の利用分から、自宅セット割が適用になりスマホ代が割り引かれます。

とくとくBBホームWi-Fiで使えるオプションサービスは?

とくとくBBホームWi-Fiには、スマホトラブルサポートなどの有料オプションサービスが複数用意されています。サービスの概要は以下のとおりです。
サービス名月額料金概要
スマホトラブルサポート1,078円
(最大2ヶ月間無料)
データのクラウドバックアップ・復旧・スマホ保険サービスが一体になったサポート
安心サポート330円
(最大2ヶ月間無料)
端末が壊れた場合でも無償で修理してくれる
公衆無線LAN398円
(最大2ヶ月間無料)
WiMAXをもっていなくても街中で公衆無線LANが使用可能
インターネット安心セキュリティ550円
(最大3ヶ月間無料)
コンピューターウィルス・スパイウェアなどからPC・スマホを守る
いずれのオプションも2か月以上無料で使えるため、お試し的に登録してみるのもよいでしょう。無料期間を過ぎると月額料金がかかるので注意が必要です。

とくとくBBホームWi-Fiの契約から利用までの流れ

とくとくBBホームWi-Fiの契約から利用までの流れは、以下の3ステップで完了します。
  • ①対応エリアを確認
  • ②Webまたは電話で申し込む
  • ③端末が届いたら設定をして利用開始
各手順を、以下で解説します。

対応エリアを確認する

まずは使用したい場所がとくとくBBホームWi-Fiの対応エリアかどうかを確認しましょう。エリアの確認は「WiMAX +5G対応エリア」から行えます。
ちなみに5Gに対応していないと4G LTEなどでの通信になるため、5Gの強みである高速通信ができない可能性があります。通信速度を求める人は5G対応エリアかどうかは必ず確認しておきましょう。

Webまたは電話で申し込む

エリアを確認したら、「公式サイト」または電話で申し込みましょう。公式サイトは申込みボタンをクリックして、フォームの内容に沿って記入していけば完了です。電話窓口は、以下を参照してみてください。
  • 電話番号:0120-056-261
  • 受付時間:10〜19時(年中無休)

届いた端末を設定すれば利用開始

とくとくBBホームWi-Fiが申込情報を確認して不備がなければ、最短翌日に端末が発送されます。
端末が届いたら同梱されているSIMカードをセットして電源を入れ、通信をしたいスマホやPCなどの端末の設定をしましょう。設定マニュアルも付属しているので、わからなければそちらを参照してみてください。設定が完了すれば、利用を開始できます。

とくとくBBホームWi-Fiのよくある質問

ここからは、とくとくBBホームWi-Fiのよくある質問に応えていきます。
使用デバイスやプラスエリアモード、解約金についてなどわかりにくい部分にも触れていますので、ぜひ参考にしてみてください。

auだけでなくdocomoやSoftBankのスマホでも使える?

とくとくBBホームWi-Fiはスマホのキャリア・PC・タブレット・ゲーム機などに関わらず、Wi-Fiを受信できる端末機器であれば利用可能です。

プラスエリアモードとは?

プラスエリアモードとは、とくとくBBホームWi-Fiで採用されているWiMAX +5Gサービスにあるモードのことで、au5G・4G LTE・WiMAX 2+エリア(スタンダードモード)よりもさらに広域なau5G・4G LTEで高速通信サービスを利用できます。

支払い方法は何がある?

支払い方法は、クレジットカード払いのみです。銀行振込や振込用紙を使っての支払いはできないため注意しましょう。

通信制限・利用制限はある?

とくとくBBホームWi-Fiでは、一定の期間内に大量のデータ通信を行った場合混雑する時間帯の通信速度が制限される可能性があります。
またプラスエリアモードでの月の通信量が30GBを超えた場合は、月末までの通信速度が最大128kbpsに制限されます。

解約違約金はかかる?

とくとくBBホームWi-Fiは2年の最低利用期間が定められていますが、2年未満で解約しても解約違約金はかかりません。
ただし、端末代の残債がある場合は解約時に一括請求されるため注意が必要です。

まとめ

今回は、とくとくBBホームWi-Fiがどんな人におすすめなのかや特徴的なポイント、申し込みや利用までの流れなどを解説しました。
とくとくBBホームWi-Fiは他社の5G対応のインターネットサービスと比べても遜色なく、優秀な点も多々あります。工事不要で手軽に使えるホームルーターの導入を検討している人は、ぜひ選択肢のひとつに入れてみてください。

目次