TCOMヒカリは評判・口コミだと速度が遅い?料金や解約方法など

この記事では「@TCOMヒカリ」の料金やオプション、速度の評判、キャンペーン特典などを調べました。

ドコモ光やソフトバンク光、auひかり、NURO光などたくさんの光コラボがありますが、「@TCOMヒカリ」は速度で3年連続NO.1の受賞歴もあります。

しかし、口コミは賛否両論あり、他の光回線の方がメリットが多くもっとお得に利用できます。

どの光回線がおすすめなのか使っているスマホごとに紹介しているので、参考にしてみてください。

@TCOMヒカリの5つのメリット

キャンペーンで新規工事費が半額になる

@TCOMヒカリを新規申し込みすると工事費が半額になるキャンペーンがあります。

割引額は工事のパターンによって違うので、以下の表をご覧ください。
 パターン工事費割引額割引が完了するまで
派遣工事あり戸建て
屋内配線新設あり
18,000円9,000円30ヵ月
戸建て
屋内配線新設なし
7,600円3,800円29ヵ月
マンション
屋内配線新設あり
15,000円7,500円30ヵ月
マンション
屋内配線新設なし
7,600円3,800円29ヵ月
派遣工事なし戸建て2,000円1,000円29ヵ月
マンション2,000円1,000円29ヵ月
適用条件
●@TCOMヒカリで2年契約+ヒカリ電話を新規で申し込むこと
●申込み月から6ヶ月目の月末までに開通させること

注意事項 定められている更新月以外で解約すると12,000円の違約金が発生します。 工事費半額・違約金の支払いなしで解約するためには、4年以上契約することが必要です。 ※更新月は、24ヵ月目・25ヵ月目、48ヵ月目・49ヵ月目です。
工事費半額キャンペーンは一見お得ですが、他の光コラボでは工事費が無料になるキャンペーンを実施していたりします。 (例) ●auひかり ●NURO光 ●DTI光 ●DMM光 ●ビッグローブ光

契約手数料がキャンペーンで無料

@TCOMヒカリでは契約手数料3,000円が無料になるキャンペーンを実施しています。

ただし条件が要注意です。

適用条件
他の光コラボで@TCOMをプロバイダーとして利用中の方が、@TCOMヒカリの契約に変更する場合

勘違いしやすいので、例をみてください。

(例)
:ドコモ光でプロバイダを@TCOMで契約中 ⇒ @TCOMヒカリに乗り換え
:ドコモ光でプロバイダをGMOとくとくBBを契約中 ⇒ @TCOMヒカリに乗り換え

他のインターネット回線で@TCOMを利用していた人が対象になります。

インターネット高速化サービス「v6プラス」が使える

「v6プラス」とは 「IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6」というテクノロジーを採用したインターネット高速化サービスの名称。 ぷららでは「v6エクスプレス」、OCNでは「v6アルファ」など名称が異なりますが、同じサービスです。
@TCOMヒカリでも2018年12月から「v6プラス」に対応し、喜びの声が挙がっています。
注意点 ●「v6プラス」の利用は無料ですが、開通後に別途申し込みすること ●「v6プラス」対応のヒカリ電話ルーターを利用すること

@TCOMヒカリ×auユーザーならスマホ料金が安くなる

@TCOMヒカリでもauスマホを使っていると、auスマートバリューでスマホ代が割引されます。

auスマートバリューとは インターネット回線+ひかり電話+auスマホで受けられるスマホ料金が安くなるセット割引サービス。 割引期間は永年でプランによって最大1,000円がずっと割引されます。
@TCOMヒカリ+@TCOMヒカリのひかり電話+auスマホで、月々のスマホ料金が安くなります。

格安SIMスマホLIBMO(リブモ)ユーザーはスマホ料金が安くなる

@TCOMヒカリと格安SIMのLIBMOをセットで契約すると、月々最大300円割引されます。

格安SIMスマホの月々の料金は通話付き3GBで1,020円、6GBで1,620円に設定されています。
※通話料金は使った分だけ別途料金がかかります。

格安SIMは元々安いですが、さらに安くなるのは嬉しいですね。

@TCOMヒカリの3つデメリット

月額料金が特別安いわけではない

TCOMヒカリの2年契約の月額料金をいくつかの光コラボと比較したので、表をご覧ください。

※エキサイトMEC光は2年契約の縛りはありません。
 一戸建てマンション
@TCOMヒカリ5,100円3,800円
ソフトバンク光5,200円3,800円
auひかり5,100円3,800円
ドコモ光タイプA:5,200円
タイプB:5,400円
タイプA:4,000円
タイプB:4,200円
OCN光5,100円3,600円
BIGLOBE光4,980円3,980円
エキサイトMEC光4,500円3,500円
高いわけでもないですが、安くもない月額料金です。

また、ヒカリ電話とテレビなどのオプションサービスの月額料金も同様に一般的な金額です。

●ヒカリ電話
⇒月額500円

●テレビオプション
⇒月額750円
地上デジタル放送・BSデジタルに対応しています。
※CSやスカパーは見れません。

(例)エキサイト光の場合
エキサイト光電話⇒月額500円
エキサイト光テレビ⇒月額750円

テレビオプションを契約する際には、別途工事が必要です。

@TCOMヒカリのテレビオプションの初期費用 テレビ視聴サービス登録料;2,800円 工事費:7,500円
インターネットの通信速度が速かったり、オプションサービスや対応が良ければ、月額料金が一般的なのはメリットになります。 しかし、@TCOMヒカリの場合はキャンペーンがすごくお得なわけでもなく、満足度が高いわけでもありません。 なので、僕は料金設定が普通であるのをデメリットと捉えました。

セキュリティ対策の無料期間が短い

@TCOMヒカリを契約すると、セキュリティ対策の「TOKAI SAFE」が3ヵ月無料になります。

セキュリティ内容
●登録は6台まで
●プライバシー・セキュリティの保護
●ウイルス対策
●ネットワークを保護
●閲覧するサイトを制限する
●スマホを紛失した場合に端末の位置情報の確認やロック、情報を消去できる
●コンピュータの使用速度の維持など

※4ヵ月目以降は自動更新で、月々400円(税抜き)が発生します。

しかし、セキュリティ対策がもっと長い期間無料の光コラボもあります。
(例)
So-net光
⇒セキュリティソフトの「カスペルスキー」が永年無料

ぷらら光
⇒セキュリティソフト「マカフィー」が24ヵ月無料

適用条件
@TCOMヒカリの開通翌月末までに申し込むこと

@TCOMヒカリの4つの評判

@TCOMヒカリのauスマートバリューが嬉しい

auひかりのエリア対象外のauユーザーにとっては、@TCOMヒカリでauスマホの料金が安くなるスマートバリューが適用されるのはメリットですね。

ネットの通信速度が遅いという口コミが多い

@TCOMヒカリは「3年連続でRBB SPEED AWARDを受賞しました」「通信速度No.1」と公表しています。

そんな@TCOMヒカリの速度の口コミがこちらです。
こちらはポジティブな口コミですね。

しかし、よくよく見てみると「ネットの速度が遅い」という評判の方が多かったです。

今やインターネットは毎日使う時代ですから、全然ネットが繋がらないのはストレスですね。

ネットが遅くなる理由はいくつかありますが、主な原因はこちらです。

●利用しているパソコンやルーターが古い
⇒性能も速度に大きく影響します

●ネット回線が混雑している
⇒夜間などネットを使う人が多い時間帯は遅くなりやすいです

●マンションに住んでいてネットの配線がVDSL方式
⇒プロバイダなどが1Gbpsの最大速度でも、VDSL方式の最大速度が100Mbpsなので1Gbpsは出ません

【速度改善策】

パソコンやルーターが古い場合には新しく買い替えましょう。

また、@TCOMヒカリではネット通信高速化の無料オプションの「v6プラス」が開始されました。

無料なので、新しい回線と契約する前に「v6プラス」を申込んで様子を見てみてください。

問い合わせの電話が繋がらない

なかなか問い合わせサポートに電話が繋がらないという口コミが多めでした。

もはや先に新しいインターネット回線との契約を考えているようですね。

ちなみに解約申請は@TCOMの公式サイトからできます。

解約申請後、担当者から連絡がくるようになっています。
電話は繋がらないけど、対応は良かったようですね。

困っているときに連絡が繋がらないのは不便ですね。
一度電話しても繋がらないようなら、問い合わせをメールか@TCOMヒカリの公式サイト上の「チャット」を利用することをおすすめします。

チャットでは質問事項について入力すると、自動回答が返信されます。

そこで、解決した or 解決しないを選択できるので「解決しない」を選択してください。

すると、担当者とのやり取りできるようになります。

解約や移転などの手続き方法

解約は更新月に解約すること

@TCOMヒカリの更新月は利用開始月を1ヵ月目として、以下になっています。

24ヵ月目・25ヵ月目
48ヵ月目・49ヵ月目

これ以外の月に解約すると、12,000円(税抜き)の違約金が発生します。

解約に伴う、配線の撤去工事は基本的にはありません。

また、工事費の残債がある場合は、残りの工事費も支払うことになります。

解約手順

解約の手続きはまずはネットからします。

@TCOMヒカリの公式サイトからWEBで解約申請をする
⇒解約申請ページはこちらです
↓
電話か書面での手続き
※WEBで解約申請をしただけでは解約になりませんので注意してください

不明点があれば、カスタマーセンターにお問い合わせください。

@TCOMカスタマーセンター 受付時間:午前10:00~午後6:00(年中無休) 0120-766-156

解約時の注意事項

●解約月の月額料金は日割り計算ではない

●解約すると@TCOMのメールアドレスは使えなくなります。
※有料の月額オプションでメールアドレスを継続することは可能です

●解約日の指定はできません
※書面での解約手続きになる場合は、書類が@TCOMに届いてから10日後の解約になります。

●ヒカリ電話を利用していた場合は使えなくなる
※解約前に「アナログ戻し」という作業が必要です。

【アナログ戻し手順】       1. NTTに固定電話のアナログ戻しを依頼・工事日を決める。 ↓ 2.NTTアナログ回線に戻す=NTT加入権を復活する(費用: 2,000円から10,000円) ↓ 3.乗り換え先にインターネット回線とひかり電話の申し込み・工事日を決める ↓ 4.乗り換え先のインターネット・ひかり電話開通工事をする ↓ 5.NTT加入権を休止し、乗り換え先に番号を引き継ぐ (休止工事費用:2,000円) ↓ 6.ドコモ光(乗り換え元)のインターネット回線を解約

‭引っ越し先でも@TCOMヒカリを利用するとTLC5,000ポイント進呈

移転・引っ越しをする場合に引き続き@TCOMヒカリを利用するとTLC5,000ポイントがもらえます。

TLCポイントとは
TOKAIグループのお得なポイントサービスです。

使い道
●WAONポイントやLuLuCaポイント、ドットマネーなどのポイントや電子マネーに変換して使う
●チケットや商品と交換して使う
●提携しているレストランやショップ、サロンなどで使う

1TLCポイント=1円として使えるので、5,000円がもらえると思うとお得ですね。

引っ越し先で@TCOMヒカリを使う手続き方法

必要なもの
●引っ越し予定日
●引っ越し先住所
●連絡先の電話番号
●現在利用しているインターネットプランが分かるもの

手続きの手順
@TCOMの公式サイトの「お引越し手続きのお申込みはこちら」ボタンから必要事項を入力する
(引越し予定日の2ヵ月前から手続きできます)
↓
担当者から連絡
↓
2~3週間で開通します

まとめ

@TCOMヒカリのメリットは@TCOMヒカリでなくても受けられます。

@TCOMにこだわりがなければ、@TCOMヒカリ以外の光回線の方がお得です。

どうしても@TCOMヒカリがよければ、公式サイト以外の窓口から申込むことをおすすめします。

家電量販店やネット代理店などの方がお得なキャンペーンを実施して可能性が高いからです。

利用しているスマホに合わせて光回線を選ぶとお得になりやすいので、スマホのキャリアを参考にしてみてください。
The following two tabs change content below.
光回線おすすめ

人気の記事一覧

インターネット契約に関しての関連記事

みんなの評判・口コミまとめの関連記事

ヒカリCOM