ポケットWiFiの解約方法をキャリア別に紹介!解約で発生する違約金は?

「ポケットWiFiの解約はどこでやるの?」「解約金はかかるの?」といったことが気になりますよね。

ポケットWiFiの解約方法は契約しているキャリアによって違いがあるので、電話やホームページで確認することが大切です。

また、ポケットWiFiは解約金や端末の残債の支払いが必要になることがあり、手続きのタイミングによって費用が変わるのも重要なポイントとなっています。

そこで、この記事ではキャリア別の解約手順や無料で解約するための方法などを紹介していきます。

他にも端末の返却が必要になるといった注意点もあるので、一緒に確認してください。

キャリア別:ポケットWiFiの解約方法

ポケットWiFiは契約しているキャリアによって、店舗、電話、ネット、書面郵送など解約の方法に違いがあります。

そのため、まずは契約しているキャリアのホームページを確認するか、電話で問い合わせをするなどして、解約方法を把握するところから始めましょう。

電話やネットなどで解約手続きをすると、処理までに数日かかってしまいますが、店舗で解約すると即日完了することが多いのでおすすめです。(店舗で手続きをする際は事前に来店予約が必要になるので注意してください。)

自分の契約しているキャリアがわからないときは、下記から確認してください。
▼自分がどのポケットWiFiを契約しているかわからない時
【クレジットカード払い】利用料金の請求元を確認
【口座振替払い】引き落としの明細を確認
【コンビニ振込】振込用紙に記載あり
ここでは代表的なポケットWiFiの解約方法を紹介していきます。

・ワイモバイル
・softbank
・au
・docomo
・UQ

ワイモバイルの解約方法

ワイモバイルの場合は店舗、またはカスタマーセンターで解約手続きをすることができます。

店舗で解約をする際は事前に来店予約をしたあとに、身分証明書・印鑑・端末を用意しておきましょう。

カスタマーセンターセンターで解約手続きをすると、後日に解約申請書がとどきますので、必要事項を記載して返送すると解約を済ませることができます。
▼カスタマーセンター
電話番号:0120-921-156
9:00~20:00(年中無休)

SoftBankの解約方法

SoftBankのポケットWiFiの解約手続きはソフトバンクショップのみで、電話やネットでの受付はしていないので注意してください。来店予約をしたあとに、身分証と端末を用意してソフトバンクショップに行きましょう。

手続きを済ませた日がポケットWiFiの解約日となります。

auの解約方法

auのポケットWiFiの解約はauショップのみ受付をしていますが、「au one net WiMAXコース」を契約している場合は下記の電話窓口でも手続きをすることができます。

サポートセンターの指示に従って解約手続きを済ませましょう。

▼au one net WiMAXの解約電話窓口
auお客様サポート
電話番号:0077-777
auショップで解約手続きをする時は免許書などの確認書類と印鑑、端末を用意しておきましょう。またauのポケットWiFiの場合は契約者ではなくて、代理人でも解約手続きをすることができます。

ただし、代理人が解約手続きを行う時は下記の書類が必要となるので注意してください。
▼代理人がauショップで解約する時に必要なもの
契約者の本人確認書類のコピー
代理人の本人確認書類
契約者が記した委任状
※委任状はauのホームページからダウンロードすることができるので、記載して持参しましょう。

docomoの解約方法

docomoのポケットWiFiはドコモショップで解約手続きをすることができるので、事前に来店予約をしておきましょう。解約の際に必要になるのは「docomoUIMカード」と呼ばれるSiMカードのようなものです。

使っている端末に差してあるはずなので、取り出しをして持っていきましょう。わからない場合は端末ごと持って行っても問題ありません。

万が一docomoUIMカードを紛失してしまった時は「ネットワーク暗証番号」か「本人確認書類」のどれかを準備してドコモショップへ行きましょう。(本人確認書類はコピー不可なので、現物が必要です。)

UQ WiMAXの解約方法

UQ WiMAXの解約は電話のみで、店舗やネットでの手続きはできません。下記へ問い合わせをすれば、即日で解約手続きをすることができます。

▼UQお客様センター
電話番号:0120-929-818
9:00~21:00
年中無休
解約手続きをする時にオペレーターから本人確認のため、「生年月日」「登録先住所・電話番号」などを聞かれることがあります。

また、電話手続きができない時はメールでのお問い合わせフォームに「書面による解約申込希望」「お名前」「ご住所」「ご連絡先」を記入して送信しましょう。

後日、申請書が届くので返送すると解約手続きをすることができます。(書類がUQへ届いた日が解約の処理日となりますので注意してください。)

ポケットWiFiの解約でかかる費用

ポケットWiFiは解約するタイミングによって、解約金と端末の残債が発生することがあります。契約しているキャリアやプランによって解約時の金額に違いがあるので、注意してください。

解約金

ポケットWiFiは2~3年ほどの契約期間が設定されていて、期間中にポケットWiFiを解約すると解約金が発生してしまいます。docomo、ソフトバンク、auなどは9,500円、ワイモバイルやUQWiMAXは契約しているプランによって違いがあります。

 解約金
ワイモバイル9,500円~38,600円
softbank9,500円
docomo
au
UQWiMAX9,500円~19,000円
docomo、ソフトバンク、auなどは同じ9,500円ですが、ワイモバイルやUQWiMAXは契約するプランや解約するタイミングによって違いがあります。

例えば、UQWiMAXの「UQ Flatツープラス(2年)」「UQ Flatツープラス ギガ放題(2年)」の場合は下記のように、解約をするタイミングによって解約金が変わっていきます。
期間解約金
0ヶ月目~12ヶ月目19,000円
13ヶ月目~24ヶ月目14,000円
25ヶ月目~9,500円
36ヶ月目0円
37ヶ月目~9,500円

また「the WiFi」のように、契約から2年目以降は解約金が0円になるポケットWiFiもあります。契約期間や解約金はサポートセンター、または会員ページから確認することができるので、解約する前に調べておきましょう。

更新期間に解約すると無料になる

ポケットWiFiは更新期間中に解約手続きを済ませると、無料で解約をすることができるようになります。

2年契約のポケットWiFiを契約している人は契約した月から25ヶ月目が更新期間となっていて、解約しない場合は自動的に2年間の契約期間が延長される形となっています。
例)2020年8月にdocomoのポケットを契約した場合
2022年8月1日~8月31日が更新期間で、解約手続きを済ませると解約金が無料となります。

更新期間や解約金については、契約しているキャリアのサポートセンターや会員ページから確認してください。

端末代の残代

ポケットWiFiは端末の購入が必要なキャリアが多く、端末代を分割で支払っている人は残債を一括、または分割で支払いをしなければなりません。

キャリアのキャンペーンによって端末代が割引されている場合でも、残債の請求が発生することがありますので注意してください。
例)ソフトバンクのポケットWiFiの場合
「Pocket WiFi 802ZT」は端末代が27,000円で、36回払い×270円で支払いをしていきます。
▼1年半で解約すると・・・
残りの8ヶ月×270円=2,160円が残債として請求されます。
先程の例だと、端末代(2,160円)+解約金(9,500円)=11,660円が請求される形となっています。キャリアによっては解約後でも端末代を分割で支払いができるケースもありますので、解約時に確認しておきましょう。

端末代の残債も契約しているキャリアのサポートセンターまたは会員ページにて調べることができます

ポケットWiFiを解約するときの注意点

ポケットWiFiを解約する時はいくつか注意点があるので、解約をする前に確認しておきましょう。

▼ポケットWiFiを解約するときの注意点
・月額料金は日割りにならない
・機器の返却が必要な場合がある

それぞれ詳しく紹介していきます。

月額料金は日割りにならない

ポケットWiFiを解約した月の月額料金は使った分だけの日割り計算ではなく、1ヶ月分の料金が請求されることが多くなっています。

例えば、8月5日に解約手続きを済ませても、丸々8月分の月額料金が発生する形となっていて、店舗で即日解約した場合でも同様に請求されるので注意してください。

そのため月末ギリギリまでポケットWiFiを使い続けたいところではありますが、手続きが長引くと月をまたいでの解約となってしまうこともあるので、遅くても月中には済ませておくと安全です。

機器の返却が必要な場合がある

端末を購入ではなくレンタルしている場合は、指定され期日までに返却をしましょう。期限を過ぎてしまうと賠償金として1万円以上の金額が請求されてしまうことがあります。

特にどんなときもWiFiやtheWiFiなど、クラウドSIMと呼ばれるポケットWiFiは端末をレンタルして利用することが多くなっているので、注意してください。

返却方法や返却先については、解約するときにキャリアが詳しく説明してくれます。郵送費は自己負担の場合や、キャリアが支払いをしてくれるケースなど様々なので、一緒に確認しておくといいでしょう。

ポケットWiFiの解約時のよくある疑問

ポケットWiFiの解約時によくある質問について紹介していきます。

▼ポケットWiFiの解約時によくある質問
・残った端末はどうすればいい?
・ポケットWiFiはクーリングオフできる?

残った端末はどうすればいい?

端末を購入した場合、解約するとインターネットを利用することができなくなります。別のキャリアでSIMカードを購入するか、使わない端末はフリマやオークションなどで売ってしまうのがいいでしょう。

料金が問題で現在のポケットWiFiを解約するのであれば、別のキャリアの格安SIMを挿入して使うと、端末代も浮かせることができるので便利です。

ポケットWiFiはクーリングオフできる?

契約したポケットWiFiの速度が遅い、エリア外で利用できないといった場合はクーリングオフではなく、「初期解約制度」を利用することで解約金を支払うことなく解約することができます。

ただし、契約してから8日以内に手続きすること、端末代や事務手数料に関しては請求される、といった注意点もあるので覚えておきましょう。

ポケットWiFiのクーリングオフについてはインターネットはクーリングオフができない?初期解約制度で解約する方法を解説!を参考にしてください。

まとめ

ポケットWiFiは契約するキャリアによって手続き方法や解約金に違いがありますので、確認しておきましょう。また料金や速度などに不満があって解約をする場合、GMO WiMAXや光回線などの乗り換えを検討してみてください。

So-net光プラス 月額2,080円 超高速ネットが安すぎる!!

人気の記事一覧

ポケットWiFiに関する情報の関連記事

役立つ基礎知識の関連記事

ヒカリCOM

TOPへ戻る