WiFiなしでスマホやPCを使うには?デメリットも要確認!

WiFiなしでスマホやPCを使っていける?でもWiFiなしだと通信量が足りなくなるから困る…と思っていますよね。

スマホだけの利用であったり毎月のネットの利用量を制限できるような人であれば、WiFiなしでも毎月通信制限が来ないようにスマホを使うことができると思います。

しかし、パソコンやタブレットも使いたい人や家族全員でネットを利用したい人、在宅ワークで常にネットを利用したいというような人の場合は、WiFiなしでは限界を感じてしまうでしょう。

WiFiは光回線や持ち運びWiFi、そしてホームルーターなどを契約することで利用できるので、それぞれの特徴やどんな人におすすめなのかをこの記事で詳しく説明します。

この記事を読めば、WiFiなしでスマホを利用する方法や、WiFiを契約した方がいい場合はどんなWiFiを選べばいいのかが分かるようになっているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

WiFiなしでスマホを利用する方法

「WiFiなし」とはスマホのデータ通信(=パケット/ギガ)のみでネットを利用することで、自分が契約しているスマホの料金プランによって毎月利用できる最大のデータ通信量は決められています。

WiFiを契約するのは面倒、別途費用を支払うのは嫌だという人はこれから紹介する方法を参考にしてみてください。

方法①大容量のスマホプランにプラン変更をする

毎月利用できるデータ通信量が大容量のスマホプランにプラン変更をすることで、WiFiなしでもスマホを満足に使えるようになります。

▼この方法がおすすめな人は…
・一人暮らしをしている人
・外でもネットを利用したい人
・PCやタブレットを持っていない/あまり使わない人
家族で住んでいてWiFiの契約なしのまま、全員が大容量のスマホプランに変更するのもいいかもしれませんが、それでは費用がかなり高くついてしまうため、スマホプランはそのままでWiFiを別途契約した方が費用を安く抑えられる可能性があります。

そのため一人暮らしをしている人や、家族で住んでいるけれど自分以外はほとんどネットを使わないといった人におすすめなWiFiなしで乗り切る方法です。

またテザリングという機能を利用すればスマホのデータ通信量をパソコンやタブレットに分け合うことができるのですが、プランごとに最大で利用できる通信量や無制限に使えるコンテンツが限られているため、在宅ワークで常にパソコンを利用するような人は、このWiFiなしで乗り切る方法は向いていません。

3大キャリアのおすすめスマホプラン

auの「データMAX 4G LTE」
▼毎月の利用可能データ量
・スマホ:使い放題
・テザリング:30GBまで

 

▼月額料金
・プラン料金:7,480円
・テザリング:無料

auの「データMAX 4G LTE」ならデータ量が使い放題なので、どれだけネットを利用しても通信制限は来ません。

ただテザリングでパソコンやタブレットも利用したい場合、オプション料金は無料ですが毎月テザリングで利用できるデータ量は30GBまでと決められています。

そのため主にスマホでネットを利用する人であれば、WiFiなしでも満足にスマホを利用することができるでしょう。
ソフトバンクの「メリハリプラン」
▼毎月の利用可能データ量
・スマホ:対象のSNS使い放題/その他は50GBまで
・テザリング:対象のSNS使い放題

 

▼月額料金
・プラン料金:7,480円
・テザリング:500円

ソフトバンクのメリハリプランは対象のSNSが使い放題で、さらにその他のネットの利用も50GBまで可能なので、データ量としてはかなり十分な量といえます。

またテザリングの料金が毎月500円かかってしまいますが、対象のSNSであれば同じく使い放題になるため、タブレットでYoutubeを観たいといった人も、WiFiなしでも満足できるプランです。

【対象のSNSの例】
・YouTube ・Amazon Prime Video ・AbemaTV ・LINE ・Twitter ・Instagram ・Facebook など
ドコモの「ギガホ」
▼毎月の利用可能データ量
・スマホ:60GBまで
・テザリング:無制限

 

▼月額料金
・プラン料金:5,980円
・テザリング:無料

ドコモのギガホは現在キャンペーンによって、毎月の利用可能なデータ量が30GBから60GBまで増量しています。

毎月60GBまでなのでauやソフトバンクと比べると少し頼りないですが、その分月額料金は1,500円安くなっていますし、テザリングの上限は決められていません。

そのためある程度大容量で、費用はなるべく抑えてWiFiなしでスマホを利用したい人におすすめなプランです。

方法②ネットの利用を控える

料金が高いプランに変更したり、WiFiを契約して別途料金がかかってしまうことに抵抗を感じている人は、そのままのスマホプランでネットの利用を控えるしかありません。

ネットの利用を控える上で大切なのは、どんなコンテンツがたくさんデータ量を消費してしまうかを把握しておくことです。

1GBのデータ消費量の目安をまとめたので、自分がよく使うコンテンツと照らし合わせ、消費量が多くなってしまうコンテンツの利用はなるべく控えましょう。

▼1GBのデータ消費量の目安
Netflix約2時間
YouTube約30分
Hulu約35分
Instagram約1時間
Twitter約4時間
WEB閲覧約3,455ページ

特に動画や高画質な画像の読み込みの際に、たくさんのデータ量が消費されるので注意してください。

方法③フリーWiFiを活用する

街中に飛んでいて無料で使えるフリーWiFiであれば、WiFiの契約なしでも無料でWiFiが使えます。

ただフリーWiFiは飛んでいるエリアが限られていますし、1日で利用できる時間が決められていたりするので、これから説明する光回線やホームルーターの代わりとして日々利用するには物足りないかもしれません。

また、フリーWiFiはウイルスが混ざっている可能性もあるので、どこかのサイトにログインするためにIDやパスワードを入力したり、クレジットカードの情報を入力するのは避けましょう。
▽飲食店やコンビニで利用できるWiFiの例
・スターバックスコーヒー:at_STARBUCKS_Wi2
・マクドナルド:00_MCD-FREE-WIFI
・セブンイレブン:セブンスポット
・ファミリーマート:Famima Wi-Fi
・ローソン:LAWSON_Free_Wi-Fi

上で紹介した店舗のみでなく、3大キャリアは駅前や地下鉄の駅などにもフリーWiFiを飛ばしているので、該当するキャリアを利用している人は積極的に利用しましょう。

ちなみにドコモの『d Wi-Fi』はdアカウントさえ持っていれば、ドコモスマホでなくてもフリーWiFiを利用できるので活用してみてください。

・ドコモ『d Wi-Fi』
・au『au Wi-Fi SPOT』
・ソフトバンク『ソフトバンクWi-Fiスポット』

WiFiなしでスマホを利用するデメリット

ここまでWiFiなしでスマホを利用する方法を解説してきましたが、致命的なデメリットもあるのでしっかり確認してください。

アップデートやバックアップができない場合がある

使っている端末がiPhoneの場合、初期設定やアップデート、バックアップをする際にWiFiへの接続が必須になるため、フリーWiFiが飛んでいる場所に行くか友人にWiFiを借りるしかありません。

そのためiPhoneユーザーならWiFiがないと不便に思うことがあるでしょう。

複数台での利用には向いていない

スマホの大容量プランは、先ほど紹介したようにテザリングが利用できるためパソコンやタブレットでもネットを使うことは可能です。

ただテザリングにも上限がありますし、テザリングで複数台の端末を繋いで同時に使うと通信速度が低下してしまうというデメリットもあります。

そのため例えばWiFiの契約なしで家族のうち誰か1人が大容量プランを契約して、テザリングで他の家族やパソコンに分け合うという方法の場合、全員がサクサクとネットを利用できない可能性が高いのであまりおすすめできません。

またテザリングでのデータ使用量を含めて上限を超えると通信制限がかかってしまうので、WiFiなしのまま複数台でストレスなくネットを利用するのは難しいでしょう。

WiFiのおすすめ利用方法

WiFiなしでもスマホを利用する方法や、その際のデメリットを紹介してきましたが、「やっぱりWiFiを契約した方が良さそう。」と思った人も多いと思います。

そこでWiFiの種類や料金、そしてそれぞれの特徴と向いている人についても詳しく解説していきます。
 光回線持ち運び
WiFi
ホーム
ルーター
月額料金1,800円
~6000円
2000円
~5000円
3000円
前後
工事ありなしなし
最大速度1∼10ギガ400メガ
前後
800メガ
前後
電波の強さ
持ち運び不可能可能コンセント
があれば可

①光回線

▼光回線がおすすめな人は…
・主に家でネットを使う人
・複数台でネットを利用したい人
・通信制限なしで、サクサクネットを利用したい人

 

¥月額料金の目安:1,800円~6000円ほど

光回線の最大の特徴は、データ通信量の制限がなく通信速度も出やすいということです。

何人かでスマホやパソコンを使ってもそこまで速度が低下することはないので、家族全員でネットを利用したい人や在宅ワークをしている人に向いています。

ただ光回線は家でしか使えなかったり高額な工事費がかかってしまったりと大きなデメリットもあるので、しっかりと確認しましょう。

光回線のメリット

通信制限がない
光回線は通信制限がないため、どれだけネットを使っても利用が制限されることはありません。

通信制限を気にせずにネットを使えるので、常にネットを利用している人や動画をたくさん視聴したい人にはピッタリです。
最大速度が1ギガで電波が強い
最大速度は大きいほどサクサクとネットを利用でき、スマホ1台でネットを利用するのに30メガ(1000メガ=1ギガ)前後あれば十分といわれています。

建物によって異なりますが、光回線は最大速度が1ギガ出るので、複数台でWiFiに繋げても速度が大幅に低下することはありません。

また光回線は、スマホやこれから説明する持ち運びWiFiやホームルーターなどと違って、回線を大元となる電柱から有線で家まで引っ張ってきています。

そのため電波が強く、天気や周りの建物・障害物に左右されることがあまりなくネットを使うことができます。

光回線のデメリット

開通工事が必要
光回線は大元となる電柱から有線で家まで回線を引き込むため開通工事が必要になります。

開通工事は光回線を申し込んでからだいたい1~2ヵ月後に完了するため、引っ越し先で光回線を利用するまでに時間がかかってしまいますし、工事費として2万円前後かかってしまいます。

ただ、中には工事費が無料になるキャンペーンを実施している光回線もあるので、そういった光回線を選んで契約するのも1つの手段です。
引っ越し時に費用がかかる
光回線を契約した後に引っ越しをする場合、「解約違約金」と「引っ越し前の家の開通工事費の未払い分」と「引っ越し先の家の開通工事費」がかかってしまう場合があります。

解約違約金とは、2年ごとの更新月以外での解約の場合にかかる1万円前後の費用のことで、引っ越しのタイミングが更新月以外だった場合に請求されます。

また、引っ越し前の家の開通工事の費用を月々の分割払いで支払っている場合、引っ越しのタイミングで工事費の未払い分を一括で支払わなくてはいけないと決められている光回線も少なくありません。

そして引っ越し先の開通工事費用も必要になるため、引っ越し時は光回線に関する費用がかなりかかることを覚悟しておいた方がいいでしょう。

おすすめの光回線

なるべく費用を抑えたいという人は、光回線のなかでも特に月額料金が安いSo-net(ソネット)光プラスがおすすめです。

▼月額料金
・集合住宅:2,080円~
・戸建て:3,080円~

さらに工事費は実質無料になりますし、速度が出やすくなるための機器『v6プラス対応ルーター』もずっと無料でレンタルできるので、費用をなるべく抑えたいけれど速度の速さも捨てられないという人におすすめな光回線です。
\2020年最安光回線/
ソネット光プラスが選ばれています
ソネット光プラスが選ばれる理由
・戸建て3,080円で業界最安!
・マンションもたった2,080円!
・いつでも工事費無料!
・高性能Wi-Fiルーター無料レンタル!
・auスマホが最大1,000円割引!

公式サイトから申し込むだけで月額料金大幅割引!多くの方に選ばれています。
\1番お得な申し込み窓口/ソネット光プラス公式サイト

②持ち運びWiFi

▼持ち運びWiFiがおすすめな人は…
・外でもWiFiを使いたい人
・パソコンやタブレットはあまり使わない人
・引っ越しをする予定がある人

 

¥月額料金の目安:2000円~5000円ほど

持ち運びWiFiはどこへでも持ち運べるという特徴がありますが、複数台に繋げて利用すると通信速度が低下してしまったり、長時間の利用の場合は充電が切れてしまう心配があるというデメリットもあります。

1人か2人ほどでの利用が最適で、お出かけの時にWiFiがないと困るという人におすすめです。

持ち運びWiFiのメリット

外でもWiFiを利用できる
持ち運びWiFiの最大のメリットは、その名の通りどこへでも持ち運べるということです。

そのため、あまり家にいない人やお出かけをする機会が多い人、外出先でも仕事をしたいという人などに向いています。
工事費や引っ越し時の費用がかからない
持ち運びWiFiはどこでも使えて家に回線を引く必要がないため、工事が必要なく、工事費がかかりません。

また、光回線と違って引っ越し時に解約する必要がないので、引っ越し時に余分で料金が発生することもありません。

引っ越し時は自分で引っ越し先に持って行くだけでOKなので、気軽に契約することができます。

持ち運びWiFiのデメリット

最大速度が400メガ前後しかない
持ち運びWiFiの最大速度は400メガ前後と、光回線(1ギガ=1000メガ)の半分以下となっています。

そのため重い動画の再生やダウンロード、複数台での利用の際に速度が低下してしまうというデメリットがあります。

快適にネットを使いたいのであれば、1人か2人程度での利用が最適でしょう。
電波が弱い
持ち運びWiFiから発信される電波は光回線と比較するとかなり弱いため、複数台の端末に接続したり離れた場所で利用する際は読み込みが遅くなってしまったり、繋がりにくくなってしまいます。

また壁などの障害物や天気に左右されやすいため、壁を何枚か挟んでしまうと繋がりにくくなったり、大雨の日は電波が途切れてしまうことがあります。
通信制限がある場合がある
持ち運びWiFiの多くは、データ使い放題と謳っていても、実際は緩い制限がかけられている場合が多いです。

中でも多いのは、3日の利用上限が10GBまでと決められており、それを超えてしまうと通信制限がかけられてしまうというケース。

3日を超えれば制限は解除されますが、人によっては満足に利用できないかもしれません。

おすすめの持ち運びWiFi

持ち運びWiFiにはWiMAXやポケットWi-Fi、クラウドWiMAX、そして3大キャリアが提供しているものがありますが、WiMAXがおすすめです。

そしてWiMAXのなかでもおすすめなのは、GMOが提供している「GMO WiMAX」で、料金が安く高額なキャッシュバックももらえます。

▶月額料金:3,609円~
▶キャッシュバック額:最大27,500円
▶最大速度:867メガ

また申し込みから最短で即日~4営業日以内に発送され、届いたらすぐに利用できるので、今すぐネットを開通させたいという人にもぴったりです。

\今すぐネットが使える/
GMO WiMAXは最短即日発送

GMO WiMAXが選ばれる理由
★キャッシュバックが業界最高額!
★最新機種の高速ルーターが届く!
★通信制限なしでネットが使い放題!
★20日以内に解約すれば違約金0円オリコン顧客満足度No.1の人気WiMAX♪最短即日発送されるので申し込みが急増しています!
▼キャンペーンの申込窓口はこちら▼GMO WiMAXに申し込む

③ホームルーター

▼ホームルーターがおすすめな人は…
・主に家でネットを使う人
・引っ越しをする予定がある人

 

¥月額料金の目安:3000円前後

ホームルーターはコンセントに繋ぐことでWiFiを利用することができます。

持ち運びWiFiと比べたら多少電波は強いですが、光回線と比較したら断然光回線の方が強いため、広い家などではWiFiが十分に行き届かない可能性もあります。

ただ持ち運びWiFiと同じように工事が必要なかったり引っ越し時に無駄な費用がかからないため、引っ越しの予定がある人などにはおすすめです。

ホームルーターのメリット

最大速度が800メガ前後
ホームルーターの機種によっても異なりますが、高性能のもので最大速度は800メガまで出ます。

光回線とそれほど変わりませんし、画像の読み込みや動画の視聴程度であれば問題なく利用できるでしょう。
工事費や引っ越し時の費用がかからない
こちらについては持ち運びWiFiと同じ内容になりますが、ホームルーターは工事の必要がないため工事費がかかりません。

また引っ越し時も引っ越し先にホームルーターを持って行ってコンセントに差すだけでいいので、いちいち解約したり開通工事をする必要がなく、無駄な費用がかかることはありません。

ホームルーターのデメリット

通信制限がある場合がある
こちらについても持ち運びWiFiと同じ内容になりますが、多くのホームルーターは3日間で使えるデータ量が10GBまでと決められている場合が多いです。

そのため長時間利用する場合や複数台でネットを利用する場合は、3日で10ギガを超えないように利用しなければいけません。
電波が弱い
ホームルーターは持ち運びWiFiと比べたら電波が強いですが、光回線には劣っています。

というのも、ホームルーターは大元となる電柱から無線で受け取った回線をWiFiとして飛ばしているため、仕組みは持ち運びWiFiと同じです。

従って持ち運びWiFiと同じように、障害物や天気に左右されやすいというデメリットがあります。

おすすめのホームルーター

ホームルーターにはWiMAXやSoftbank Airなどがありますが、3年間の総額料金の安さや速度面での性能を総合的に見ると、WiMAXホームルーターがおすすめです。

その中でも特におすすめなのはGMOが提供している「GMOWiMAX」で、高額キャッシュバックがもらえるためお得に契約することができます。

▶月額料金:3,609円~
▶キャッシュバック額:最大30,000円
▶最大速度:867メガ

「GMOWiMAX」の持ち運びWiFiと月額料金も最大速度も同じなので、外でもWiFiを使いたいなら持ち運びWiFi、家の中だけでいいから電波が少しでも強い方がいいならホームルーターを選びましょう。

\今すぐネットが使える/
GMO WiMAXは最短即日発送

GMO WiMAXが選ばれる理由
★キャッシュバックが業界最高額!
★最新機種の高速ルーターが届く!
★通信制限なしでネットが使い放題!
★20日以内に解約すれば違約金0円オリコン顧客満足度No.1の人気WiMAX♪最短即日発送されるので申し込みが急増しています!
▼キャンペーンの申込窓口はこちら▼GMO WiMAXに申し込む

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スマホプランを大容量のものにプラン変更したり、ネットの利用を控えることでWiFiなしでスマホを使うこともできます。

ただWiFiなしでは家族全員がネットを満足に使えなかったり、パソコンやタブレットの利用の際に不便に思うことがあると思います。

WiFiを利用するには、光回線だけでなく持ち運びWiFiやホームルーターといった手段もあるので、それぞれの特徴を踏まえて自分に合ったものを契約しましょう。
So-net光プラス 月額2,080円 超高速ネットが安すぎる!!

人気の記事一覧

インターネット契約に関しての関連記事

インターネットまるわかりガイドの関連記事

ネットの基礎知識の関連記事

役立つ基礎知識の関連記事

ヒカリCOM

TOPへ戻る