WiFiでインターネットなしと表示される原因と対処法を詳しく解説!

WiFiでインターネットなし
WiFiを利用しようとしたら「インターネットなし」の表示が出て、ネットが繋がらなくなった経験はありませんか。

スマホやパソコン、ルーターの一時的な不具合によってネットが繋がりにくくなっている時に「インターネットなし」が表示されることがあります。

そこでこの記事では「インターネットなし」が表示される原因や改善方法について詳しく紹介していきます。

他にもWiFiが繋がらない時に発生するエラーメッセージも解説していくので、参考にしてください。

インターネットなしの表示の意味とは?

Wi-Fiの電波は受信しているけれど、インターネットに繋がっていない時に「インターネットなし」が表示されます。

パソコンなどでは、WiFiが繋がった時に表示される扇のようなマークの上に「!」がついていることもあります。

なんらかの原因でインターネットに接続できない状態になっているので、Wi-Fiの再接続や電源の入り切りなどを試して、ネットが正常に繋がる対策をしなければなりません。(詳しい方法はあとで紹介します。)

ちなみに「インターネットなし」は「制限付きアクセス」とも呼ばれていて、有線ではなくWi-Fiでネット接続している時に発生する現象のようです。

同時に表示されるセキュリティ保護ありの意味は?

インターネットなしと一緒に「セキュリティ保護あり」という表示が出てくることがあります。

インターネットのタダ乗りや不正アクセスを防ぐためにWiFiをセキュリティで保護していて、特にWindows10などを利用していると見かけることが多くなっています。

エラー表示ではないので、ルーターや店舗などで教えてもらえるパスワードを入力すればWi-Fiに接続することができます。

その他のWi-Fiのマークの意味

その他にもWi-Fiが繋がらない時のエラー表示がありますので、一緒に紹介しておきます。

×マークが表示されている

接続可能なWiFiは見つけられているけれど、ネットに繋がっていない状態の時に表示されるマークです。

周辺で使えるWiFiが全てセキュリティで保護されているため、ネットが繋げることができないので、パスワードを入力することで接続することができるようになります。

Wi-Fiに※マークが表示されている

周辺に接続できるWiFiが飛んでいない時に表示されるマークです。

近くにWiFiを飛ばせるWiFiルーターやモバイルルーターがあるにも関わらず、※のマークが発生している場合は電源が入っていないか、何かしら不備がある可能性があります。

スマホやパソコン、ルーターなどの電源を入り切りすることで解消できることがあるので試してみましょう。

インターネットなしが表示される原因

インターネットなしと表示される原因は大きく分けて3つあります。

・パソコンやスマホが原因
・ルーターやLANケーブルの不具合
・ネットワークの問題

他にもインターネットの契約が切れてしまっている、月額料金の支払いが終わっていない、といったことも考えられますがほとんどないけ

パソコンやスマホの設定

パソコンやスマホが原因でインターネットなしと表示が出てしまうことがあります。例えば省電力モードや機内モードによってWiFiへの接続をしないようしていると、インターネットなしが表示されてしまいます。

または、パソコンのセキュリティソフトがジャマをしている、アップデートをしていない、といったことが原因でWiFiが繋がらなくなってしまうこともあるようです。

基本的にはパソコンやスマホの電源の入り切りをするだけで解決できることが多いですが、それでも改善できない場合はさらに細かい対応をしていく必要があります。

ルーターやLANケーブルの不具合

ルーターやLANケーブルに一時的な不具合が発生している、故障しているといった場合はWiFiを飛ばすことができないため、インターネットなしや※のマークが表示されてしまうことがあります。

こちらもルーターのリセットによって解消できるケースが多くなっていますが、ルーターやLANケーブルが故障している場合は交換をしなければなりません。

また、ルーターの電波が弱い、周辺の電波と干渉して繋がらないといったこともあるので、原因に合わせた対策が必要です。

ネットワークの問題

ネットワーク上での問題が発生していることもあります。例えばIPアドレスが重複している、ネットワーク先の不具合が発生すると、インターネットなしの表示が出てしまうこともあるようです。

スマホやパソコン、ルーターには異常がないのにWiFiが繋がらない時は、ネットワーク上の問題である可能性が高くなっています。

ネットワークの問題の場合は専門的な設定が必要となることもあるため、解決するのが少し難しくなっています。具体的な手順についてはあとで紹介しますので参考にしてください。

インターネットなしが表示された時の対処法

それでは実際にインターネットなしが表示された時の対処法について詳しく紹介していきます。

インターネットなしの表示を見つけた場合、改善方法を試す前に、他の端末でWiFiに接続できるか確認してください。

他の端末が繋がっている時は自分のスマホやパソコンで不具合が発生しているので、電源の入り切りやネットワークの再設定が有効です。

一方で、どの端末も繋がらない場合はルーターやモバイルルーターが原因である可能性が高いので、ルーターのリセットや交換をする必要があります。

Wi-Fiの再接続

スマホやパソコンで接続しているWi-Fiを切って、再接続するとWi-Fiが繋がることが多くなっています。

まずはスマホやパソコンに表示されているWi-FiのマークをクリックしてWiFiを切断しましょう。数秒後にもう一度接続すると、インターネットなしの表示が消えている場合があります。

また、接続先の正しいパスワードが入力されていない可能性もあるため、正しいパスワードを確認して再入力してみてください。

ほとんどのケースはWi-Fiの接続だけで解決してしまうので、インターネットなしが表示されたら最初に試して欲しい改善方法です。

Wi-Fi接続先を切り替える

家のWi-Fiルーターやモバイルルーターを利用している場合、接続する電波を切り替えることでインターネットに接続できるケースがあります。

WiFiには「2.4GHz」と「5GHz」という2種類の電波が飛んでいて、繋いでいる電波を切り替えると繋がりやすくなります。

スマホやパソコンのWi-Fiを設定する画面をみると、同じ名前で「〇〇〇〇〇ー2G」「〇〇〇〇〇ー5G」のような数字があるはずです。使っていない電波に切り替えましょう。

パスワードを求めらる場合もあるので、Wi-Fiルーターの下や横に書いてあるパスワードを入力してください。

機器を再起動する

スマホやパソコン、Wi-Fiルーターなどを再起動することで、インターネットなしが消えている場合があります。

まずはスマホやパソコンなどの電源を再起動して、WiFiに再接続を試してみてください。それでも改善しない時はルーターやモバイルルーターの電源も入り切りしてみましょう。

WiFiルーターは電源ボタンのようなものはないのでコンセントを抜いたあとに、1分ほど経ったあとにもう一度差し直せばOKです。

スマホやパソコンのアップデートをする

スマホやパソコンのアップデートを長い間やっていないことも、インターネットなしが表示される原因の一つとなっています。

アップデートをするにはネットが繋がるWiFiや時間がかかるため、いざとなったときに困ってしまいます。

スマホやパソコンのOSが常に最新のものであるかを常にチェックして、必要な場合は頻繁にアップデートをしておきましょう。

Wi-Fiルーターをリセットする

WiFiルーターの電波が弱い、干渉している場合はWiFiルーターの設定をリセットしてみましょう。

今まで設定の設定が消えてしまうため、はじめから設定をし直す必要がありますが、インターネットが繋がる可能性があります。

WiFiルーターの側面、または下に小さなボタンがあるはずです。爪楊枝などで長押しうするとWiFiルーターがリセットすることができるので試してみてください。

WiFiルーターやLANケーブルを交換する

Wi-Fiルーターを繋いでいるLANケーブルの規格が古い、または断線している可能性があるので、新しいものを購入してみるといいでしょう。

LANケーブルは家電量販店やネットなどで数百円で購入できますので、用意してみてください。LANケーブルはいくつか種類があるのですが、「CAT6」であればどんな人でも問題なくネットを使うことができるでしょう。

またWiFiルーターの電源が入らない、エラー発生のランプが点滅している場合はルーターの交換が必要になる場合もあります。

レンタルしている人は契約している回線へ問い合わせ、自分で用意している場合は新しいWiFiルーターの購入を検討してみましょう。

ネットワークの再登録をする

一度接続したことのあるWiFiはパソコンやスマホに自動的に登録され、優先的に接続されるようになっているケースが多くなっています。

インターネットなしが表示された場合、登録されたWiFiのネットワーク設定をリセットしたあとに、もう一度登録し直すことでネットが繋がることがあります。
▼ネットワーク設定の再登録
2.「既知のネットワーク管理」に進む
3.接続しているWi-Fiの登録を削除
4.同じWiFiに再接続する
もう一度繋ぎ直す場合はパスワードの再入力が必要となる場合があるため、注意してください。

お店や外で利用できるフリーWi-Fiを利用していて、インターネットなしの表示が出たときも、ネットワークの再登録を行うことで解決できるケースがあるので、試してみましょう。

セキュリティソフトを最新にする

パソコンに入れているセキュリティソフトによって、ネットの接続が妨害されている可能性があります。

起動させているセキュリティソフトをoffにする、またはアップデートをすることでインターネットが繋がることもあるようです。

導入しているセキュリティソフトによってoffにする方法やアップデートのやり方に違いがあるので、確認してみましょう。

固定IPを解除する

IPアドレスというネットワークの住所のようなものがあり、IPアドレスの設定を変更するとネットが繋がる場合があります。

「固定IP」と呼ばれている設定があり、こちらを解除するとインターネットなしが解消することができますので、試してみましょう。

ここではwindowsで「固定IP」を解除する方法を紹介します。
▼固定IPの解除方法
1.ウィンドウズキー + R で「ファイル名を指定して実行」ダイアログを開く
2.ncpa.cplと入力して、OK
3.「アダプターの設定の変更」画面(「ネットワーク接続」ダイアログ)が開く
4.続いてネットワークアダプターが表示されます。
5.Wi-Fiのアダプターを右クリックして、メニューから「プロパティ」を選択。
6.「インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)」を選択。
7.「プロパティ」ボタンをクリック
8.「IPアドレスを自動的に取得する」を選択
9.DNAサーバーのアドレスを自動的に取得するを選択
10.OKボタン
上記が完了したらWiFiを切断して、数秒後に再接続すると「接続済み セキュリティ保護あり」が表示されると、固定IPの解除が成功していることになります。

インターネットなしの表示が消えていればネットが繋がるようになっているはずです。

インターネットに詳しくない人にとっては少し複雑な設定ではありますが、一度設定すれば再設定をする必要はなくなるで試してみてください。

まとめ

インターネットなしと表示された時は端末やルーターで不具合が発生している可能性があるため、WiFiの再接続や電源の入り切りを試してみてください。

それでも解消されない場合は端末の交換やセキュリティソフトの削除などを試してみてください。
ヒカリCOM

TOPへ戻る