インターネット無料マンションは遅い?速度・ルーター・プロバイダの確認方法も

インターネット無料のマンションって実際どう?快適にネットが使えるって本当?など気になっている人が多いです。

物件探しサイトや不動産などで「インターネット無料」と宣伝されているところを見かけたことがあるのではないでしょうか。

自宅でネットを利用するためには個別で固定回線を契約しないといけませんが、インターネット無料のマンションに住めば、自分で契約しなくてもネットを無料で利用できます。

しかし、実際に住んでいる人の口コミを見ると、通信速度が遅くて動画が途中で止まる、繋がりにくいから全く使い物にならないといった注意点がいくつも見つかりました。

この記事では、インターネット無料マンションの基礎知識だけでなく、口コミからわかった注意点と失敗しないための選び方をお伝えしているので是非最後までご覧ください。

インターネット無料マンションの基礎知識

通常の場合、自宅でネットを利用するためには自分で固定回線の契約が必要になります。

インターネットの無料マンションは、自分で契約しなくても各部屋にインターネット回線が導入されているマンションのことです。

ここでは、インターネット無料のマンションに関する基礎知識をお伝えしていきます。

「無料」と「接続可」の違い

不動産や物件の情報サイトを見ると、インターネット無料のマンションであれば「インターネット無料」という記載があります。

一方で、マンションによっては「光ファイバー接続可」「インターネット接続可」などの記載もよく見られますが、全く別の意味になるので注意しましょう。

「接続可」とは、無料でネットが使えるわけではなく、個別でインターネット回線を契約したら利用できるということです。

つまり、「接続可」の場合は通常どおり毎月の料金を支払うことになります。

物件探しサイトとして最もよく知られているSUUMO(スーモ)では以下の写真のように「インターネット接続可」と書かれていました。
▼SUUMOの検索ページ▼

SUUMOで表記されているインターネット設備

また、物件探しサイトとして有名なHOME's(ホームズ)では「インターネット使用料無料」と「ブロードバンド」に分かれています。

ここでの「ブロードバンド」はインターネット接続可と同じ意味です。
▼HOME’Sの検索ページ▼

HOME'Sで表記されているインターネット設備

物件探しの情報サイトによっては「接続可」ではなく「対応」や「完備」などの表記で書かれていることもあります。

インターネット無料のマンションと間違えないように気をつけましょう。

インターネットが無料で使える理由は?

インターネットが無料で使える理由として、実際には家賃・管理費・共益費のどれかに利用料金が含まれている可能性が高いです。

マンション全体での契約しているので個別で申し込むよりも安く利用できますが、ネットが不安定で使い物にならず自分で契約する場合は二重で支払うことになります。

インターネット無料のマンションを検討している人は、ネット料金が含まれている可能性を考慮して契約すべきか判断しましょう。

詳しくは、後述した『インターネット無料マンションの選び方』をご覧ください。

インターネット無料マンションのメリットは?

インターネット無料のマンションを契約するメリットは以下の4つです。

1.毎月のネット使用料が無料になる

インターネット無料のマンションに住むメリットはやはり通信費がかからないこと。

一般的な光回線を契約すると約4,000円ほどの月額料金と工事費の分割料金が請求されます。月々およそ5,000円近くの固定費を払わなくて済むのでかなりお得です。

2.自分でネットを契約する面倒がない

個別で固定回線を契約する場合はいくつか手続きが必要なので正直面倒です。

引越しの場合は電気・水道・ガスなども同時に申し込む必要があり、ネットの契約に関しては後回しになってしまう場合がほとんど。

ネット無料のマンションに入居すれば面倒な手続き不要で利用できます。

3.入居後にすぐネットが利用できる

すでにネット環境が整っているので、入居したらすぐにネットが利用できます。

個別契約の場合、固定回線を導入する場合は2週間~1ヶ月ほどかかりますが、無料のマンションなら開通まで待つ必要がありません。

ただし、Wi-Fiルーターが設置されていないマンションもあるので、無線(Wi-Fi)で接続したい人は自前で購入する必要があります。

4.退去時に解約金がかからない

マンションの退去時にも違約金がかかりません。通常であれば違約金約2万円(回線によってばらつきがあります)がかかりますが、ネット無料マンションではそういったことを気にせずに引越しが出来ます。

ただし、物件によっては1年以内に退去する場合賃料1ヶ月分の違約金が発生する場合もあるので注意事項をよく確認しましょう。

インターネット無料マンションの注意点

ここまで基本知識やメリットについてお伝えしてきましたが、マンションの契約前に以下の注意点を必ずチェックしましょう。
▼インターネット無料マンションの注意点▼

●「遅い」「繋がらない」など悪い口コミが多い
●場合によってはネットの使用制限がある
●自前のWi-Fiルーターが必要
●個別でのネット契約ができない

それでは一つずつ見ていきます。

速度に関する悪い口コミが多い

インターネット無料マンションでは、「遅い」や「繋がらない」など速度に関する悪い口コミが多いので注意しましょう。

Twitterで調べると以下のような投稿がたくさん見つかりました。
このようにネットの速度が遅くて動画が途中で途切れたり、パソコンでゲームができなかったりなど、なかなか繋がらなくて不満を抱えている人が非常に多かったです。

残念ながら、速度に関しての良い口コミはほとんど見つかりませんでした。

マンションで無料のインターネットが遅い原因として以下の2つが考えられます。

●導入されている固定回線の品質が悪い
●マンション内の全世帯で利用している

まず第一に、無料のインターネットは大家さんや不動産が導入していますが、回線の品質や速度は考慮せずに価格の安さだけで固定回線を選んでいる可能性が高いです。

固定回線と言ってもいくつか種類があり、現在は比較的速度が速い光回線が主流ですが、なかにはケーブルテレビやADSLなどが導入されている場合もあります。

導入されている光回線の種類によっても速度が異なるので、事前に確認しましょう。

第二に、マンション内の全世帯で一つの回線を利用していて遅くなる場合があります。

インターネット無料マンションの仕組み

上の図のように、インターネット無料のマンションではほとんどの世帯が同じ回線を使っているので、利用者が多ければ多いほど通信が混雑しやすくなります。

マンションだと個別で契約する場合でも混雑することはありますが、無料になっているインターネットは利用者が多い傾向にあるので注意が必要です。

不動産に問い合わせて、検索やSNS、ネット動画が利用できる快適な速度が出るかどうか確認しましょう。良心的な不動産だと、「今までネットが遅いといったクレームは来てません」と教えてくれます。

ネットの利用制限がある

インターネットの使用料は無料ですが、ネットの利用制限がある物件がありました。

僕が問い合わせた物件は月に1.5Gまでしかネットが使えず、制限まで使ってしまうと次の月までネットができなくなります。

月に1.5Gというとyoutubeなどの動画を2~3時間観ると制限になってしまうので、場合によっては1日でネットが使えない状態に。

追加料金を支払えばもっと使うことができますが、それではインターネット無料マンションに住む意味がないですし、使用量を気にしてネットを使うのは非常にストレス。

利用制限がない物件にすれば無料でネットが使い放題になるので、入居するなら1番に確認しておきましょう。

自前のWi-Fiルーターが必要

家の中でWi-Fiを飛ばしたい場合はWi-Fiルーターという機器を準備する必要があります。

インターネット無料マンションの物件の中にはWi-Fiルーターが完備されておらず、自分で用意をしないとWi-Fiが使えない建物が多いです。

Wi-Fiルーターは家電量販店やネットで5,000円~10,000円程度で購入することができますが、余計な出費になってしまいますので注意が必要となっています。

個別でのネット契約ができない

無料のインターネットが繋がらなくて個別で契約しようと思っても、マンションによっては契約できない可能性があるので注意しましょう。

契約できるかどうかは管理人や大家さんが決めているので聞いて確かめてみてください。

新しくインターネットの設備を導入するスペースがなかったり、壁に穴をあける工事がNGだったりなど様々な理由で断られるケースがあります。

インターネット無料マンションの選び方

それでは、インターネット無料マンションの選び方として3つのポイントを紹介します。

以下のポイントを確認しておけば、マンション選びで失敗する可能性は低くなります。

【無料マンションを選ぶポイント】 1. 導入されている回線は信用できるか 2. ネットが使い放題かどうか 3. 自分で回線を後から引けるか

導入されている回線は安心か

まず、マンションに導入されているインターネット回線が信用できるか確認しましょう。

インターネット回線の種類については物件探しサイトに記載されていないことがほとんどなので、不動産や管理会社に電話して確かめる必要があります。

ネット回線の種類を確認する

最近では自宅でインターネットを利用する場合に光回線を契約するのが主流です。

光回線とは、高速通信が可能な光ファイバーを使用したネット回線のことです。ほかの回線よりも繋がりやすい傾向にあるので、光回線が導入されたマンションを選びましょう。

※参考(回線の種類と速度)
光回線:最大1G(1,000M)
ケーブルテレビ:最大12M~320M
ADSL:最大1M~47M

光回線は最大1G(1,000M)の速度が出ると言われていて、ケーブルテレビやADSLなどを利用するよりも2倍3倍以上の速度が出ます。

特に注意したいのがケーブルテレビの「jcom」を導入しているマンション。jcomのプランには【1M・12M・120M・320M】と4種類あり、1Mのプランだと通信速度が遅すぎて全く使い物になりません。

1Mや12Mでネット無料と言われても、正直僕だったら絶対に契約しないです。

光回線の速度を確認する

光回線によって速度が異なるので、どのくらい速度が出るのか確認しておきましょう。

光回線の種類は大きく分けて以下の2つ。

●フレッツ光
●auひかり

マンションの中で最も多いのはフレッツ光が導入されている場合ですが、なかにはauひかりが導入されている場合もあります。

フレッツ光とauひかりの速度にはほとんど違いがありません。ただし、マンションの配線設備に光ファイバーが使われている(光ファイバー方式)か、電話線が使われている(VDSL方式)かによって速度が大きく変わります。

光ファイバー方式だと最大1G(1,000M)の速度が出ますが、VDSL方式のマンションだと最大100Mしか速度が出ないです。

マンションの設備や速度は以下のエリア検索で確認できます。どちらが導入されているか分からない場合は、両方のサイトで住所を検索して確認すると良いでしょう。

フレッツ光東日本のエリア確認はこちら
フレッツ光西日本のエリア確認はこちら
auひかりのエリア確認はこちら

ネットが使い放題かどうか

意外と見落としがちなのが、無料マンションのインターネットが使い放題かどうかです。

マンションによっては一定以上使うと通信制限がかかってしまう場合があり、追加料金を払わないとそれ以上ネットが利用できなくなってしまいます。

ネットが使い放題かどうかは、不動産を通して大家さんや管理人に問い合わせましょう。

自分で回線を後から引けるか

自分で回線を引けるかどうかは入居前に必ず不動産屋さんに確認しましょう。

そこでNGとなった場合、そのマンションの優先度は下げた方が無難です。

入居後思っていたよりネットが満足に使えないとなった場合、自分で回線を引ける場合は解決しますが、出来ないとなると次の引越しまで耐えるか、ポケットWi-Fiなどを契約しなければなりません。

備えあれば患いなし。以上3つのチェックポイントはしっかりと確認しておきましょう。

無料インターネットが遅いときの対処法

すでにインターネット無料マンションに住んでいて、速度が遅くて悩んでいたり、利用制限がある物件に住んでしまって困ったりしている人も多いはず。

そのような人は自分でネット回線を契約する、またWi-Fiルーターを申し込むしかありません。

せっかくネット無料の建物に住んでいるのに、自分で料金を払って契約するのはもったいないと感じるかもしれませんが、速度が改善して、さらもネットも使い放題なので今までよりもストレスなくネットが使えます。

注意が必要なのは自分でネット回線を契約する場合は工事が必要になって、その時に壁に小さな穴を空ける場合があります。

不動産や大家さんによって壁に穴を空けることに反対している場合もあるので、先に確認をした方がいいでしょう。

もしネット回線を契約できない時は、工事なしでネットが使えるポケットWiFiの契約を検討してみてください。

まとめ

ネット利用料が無料になるのはとても魅力的ですが、快適に利用できるかどうかは物件によるところが多いです。

インターネット無料マンションにはあまりこだわらず、自分でネット回線を契約することも視野にいれながら物件を探した方が後悔は少ないでしょう。

どうしても住みたいのであれば不動産にネット環境についてしっかり聞いて、失敗しない物件を選んでください。

人気の記事一覧

インターネット契約に関しての関連記事

役立つ基礎知識の関連記事

ヒカリCOM

TOPへ戻る