激安光回線【最新版】!戸建て・マンション別ランキング

料金が安い光回線

2021年で一番安い光回線はどれ?安くて速い光回線を契約したい!と光回線選びで悩んでいますね。

月額料金・契約期間・実質料金・スマホセット割などを考慮して比較した結論、2021年の安い光回線は以下になります。
【2021年最新の最も安い光回線】
家族で携帯キャリアを揃えていないor格安スマホ
・実質料金が安い⇒GMO光アクセス
・月額料金が1番安い⇒楽天ひかり
・契約期間なしで安い⇒enひかり・おてがる光
家族で携帯キャリアをまとめている場合
・ドコモスマホ⇒ドコモ光
・auスマホ⇒auひかり
・ソフトバンクスマホ⇒ソフトバンク光
この記事を読めば、安い光回線の選び方や、安くておすすめな光回線など、あなたに合った最安光回線が見つかります。

■この記事で分かる事
・安くておすすめな光回線ランキング
・マンション・アパートの安い光回線
・戸建ての安い光回線
・安い光回線の選び方

さいごには、安い光回線を選ぶ際の注意点もまとめているので、ぜひ参考にしてくださいね。

【結論】激安!光回線ランキング

人気光回線数十社を比較して分かった実質料金の安い光回線を、戸建て・マンション別で5社ずつのランキング形式で紹介します。

光回線によって月額料金・工事費の有無・解約金などが変わり、月額料金だけで一概に安いとは言えないので、2年間の実質料金でランキングを付けました。
■実質料金の計算方法
「実質料金」=月額料金(24ヶ月)+工事費(工事費無料特典・24ヶ月で解約した場合の工事費残債含む)+解約違約金
※一般的な光回線は2年契約が多いため24ヶ月間で計算しています。
月額料金・開通工事費・解約金も比較できるようにまとめているので是非参考にしてください。それではランキングを見ていきましょう。

戸建て

戸建てで安い光回線ランキング1~4位は以下になります。
光回線2年間
実質料金
月額料金違約金工事費
GMO光
アクセス
115,632円4,818円0円0円
enひかり127,380円4,620円0円16,500円
楽天ひかり130,570円3,080円
2年目~5,280円
10,450円19,800円
おてがる光132,792円4,708円0円19,800円
戸建ては、「GMO光アクセス」が1位にランクインしました。上記の表で他社と比較すると、月額料金が若干高いように思いますが、解約金や工事費がかからないため、実質料金がダントツで安くなるんです。

また2位の「enひかり」4位の「おてがる光」も工事費は掛かってしまうものの、契約期間の縛りがなく解約金が無料。月額料金も比較的安いので、おすすめですよ。

さらに3位にランクインしている「楽天ひかり」は、割引で1年目の月額料金が最安。特に楽天モバイルユーザーであれば、1年目の料金が完全無料になるので、この中でも圧倒的に安く光回線を利用することができますよ。

マンション・アパート

マンション・アパートで安い光回線ランキング1~4位は以下になります。
光回線2年間
実質料金
月額料金違約金工事費
GMO光
アクセス
90,552円3,773円0円0円
enひかり100,980円3,520円0円16,500円
おてがる光103,092円3,608円0円16,500円
auひかり112,090円2,860円10,450円33,000円
マンション・アパート部門でも「GMO光アクセス」が1位という結果に。GMO光アクセスは工事費が実質無料なので、その分他社よりも大幅に2年間の実質料金が安くなるといえるでしょう。

ただし現在、転用や事業者変更を考えているという人であれば、そもそも工事費はかからないので、より月額料金が安い「enひかり」や「おてがる光」を選ぶのもアリです。

またauスマホユーザーであれば、auスマートバリューが適用されるauひかりの方が総合的に考えてお得。そのため自分の状況に合わせて、一番安くすむ光回線を選ぶのがおすすめですよ。

安くておすすめな光回線6社について詳しく解説

ここからは、それぞれの光回線のサービス内容について細かく説明していきます。

おすすめの安い光回線6社の特徴をもとに、どんなひとにおすすめなのかもまとめました。

気になる光回線をクリックすることで詳細をご覧いただけます。
■おすすめなのはこんな人 GMO光アクセス:安くて満足度の高い光回線がいい auひかり:auスマホセット割で安い光回線を使いたい enひかり:契約期間無しで安い光回線を使いたい 楽天ひかり:月額料金の安い光回線を使いたい おてがる光:契約期間無しで安い光回線を使いたい ぷらら光:安さ+キャンペーンを重視している

GMO光アクセス

excite MEC光の料金概要
月額料金マンション3,773円
戸建て4,818円
初期契約手数料3,300円
工事費マンション実質無料
戸建て
契約期間なし
解約違約金0円
GMO光アクセスは月額【マンション3,773円/戸建て4,818円】で、相場よりも500円以上安く使える光回線です。

また、契約期間の縛りがなく解約金が0円である上に、開通工事費も無料。そのため、総合的な実質料金を考えても、かなり安い光回線と言えるでしょう。

さらにGMO光アクセスは料金が安いだけではなく、利用者の満足度が高いというのもおすすめしたいポイント。

実際にGMO光アクセスの提供プロバイダは、オリコン顧客満足度調査のプロバイダ広域企業ランキングで2年連続NO.1に輝いています。

まとめると、GMO光アクセスは、料金が安いだけでなく、インターネットの利用環境に関しても安心できる光回線ということ。

安くて信頼できる光回線を使いたいという人は、以下の窓口から申し込んでくださいね。
\安くていつでも解約金0円で大人気/
GMO光アクセス申し込み窓口
※GMO光アクセスについて詳しくはこちら

auひかり

auひかりの料金概要マンション戸建て
月額料金2,600円~4,000円
初期契約手数料3,000円
工事費33,000円
1,375円×24ヶ月
41,250円
688円×60ヶ月
契約期間2年3年
解約違約金10,450円16,500円
他社違約金補填最大55,000円最大45,000円
auひかりはKDDIが提供する独自回線で、申し込み窓口によって月額料金が変わるのが特徴です。

最も安い窓口「GMOとくとくBB公式サイト」から申し込むと月額【マンション2,600円~/戸建て4,000円】で利用することができます。

さらに、月額料金が安いだけではなく、最大20,000円キャッシュバックを受け取ることも可能。他社から乗り換えの方は、違約金負担を最大55,000円受けられるので、よりお得感が高まるでしょう。

加えて、工事費実質無料特典も実施しているため、総合的な実質料金が比較的安くなるのです。

2年契約なので、途中解約すると解約違約金10,450~16,500円がかかりますが、それを加味したとしても実質料金が安いことには変わりありません。

auひかりはキャンペーン面も含めて、総合的に安くておすすな光回線です。
\月額2,600円~の光回線/
auひかりGMOとくとくBB

auひかりがエリア外の場合は?

auひかりの戸建てタイプは、以下エリアでは契約できません。
中部:静岡県・愛知県・岐阜県
近畿:三重県・大阪府・京都府・和歌山県・奈良県・滋賀県・兵庫県
沖縄:沖縄県
マンションタイプの場合は契約できる可能性もありますが、建物の設備上契約できないケースもあります。

もしお住まいの地域がエリア外になってしまった場合は、実質料金が安い以下の光回線を検討しましょう。

戸建て:excite MEC光
マンション:enひかり

上記の光回線であれば、全国エリアで使え、比較的多くのマンションでも利用できます。

enひかり

enひかりの料金概要
月額料金マンション3,520円
戸建て4,620円
初期契約手数料3,000円
工事費16,500円
契約期間なし
解約違約金0円
enひかはずっと月額【マンショ3,520円/戸建て4,620円】の光回線です。相場よりも500円以上利用することができます。

契約期間が設定されていないことから、いつ解約しても解約違約金がかからないので、シンプルに安い光回線と言えます。

開通工事費16,500円は初月に一括払いな他、より速度が安定しやすくなる「v6プラス通信」は月額198円かかりますが、それらを加味しても2年間の実質料金が安いことは確かです。

enひかりは、NTT回線を使ってサービスを提供している光コラボの一つなので、安いからと言ってサービススペックが悪いという事もないので安心してください。
\月額料金がずっと安い/enひかりの公式サイト
※enひかりについて詳しくはこちら

楽天ひかり

楽天ひかりの料金概要
月額料金マンション1,980円
(2年目~4,180円)
戸建て3,080円
(2年目~5,280円)
初期契約手数料880 円
(転用の場合は1,980 円)
工事費マンション16,500円
戸建て19,800円
契約期間3年
解約違約金10,450円
楽天ひかりは割引キャンペーンによって1年間【マンション1,980円/戸建て3,080円】で利用できるので、とにかく安い光回線を利用したいという方におすすめです。

また、現在は楽天モバイルとセットにすると、ネット料金が1年間無料になるキャンペーンも実施中なので、楽天モバイルユーザーには特におすすめです。

2年目以降は通常料金に戻ることや、解約金や開通工事費を加味したとしても総合的に安く利用できる光回線です。

WiFi接続を行うためには自分でWi-Fiルーターを用意する必要があることだけ頭に入れておきましょう。
\楽天ユーザーは1年無料は4/7まで/楽天ひかり公式サイト
楽天ひかりについて詳しくはこちら

おてがる光

おてがる光の料金概要
月額料金マンション3,608円
戸建て4,708円
初期契約手数料2,200円
工事費マンション16,500円
550円×30回払い
戸建て19,800円
550円×36回払い
契約期間なし
解約違約金なし
おてがる光マンションタイプはずっと月額【マンション3,608円/戸建て4,708円】で、光回線の相場よりも500円以上安い光回線です。

とにかくサービス内容がシンプルなのが特徴で、契約期間の縛りも解約金もないのがうれしいポイント。

開通工事費は発生しますが、36分割払いか一括払いかを自由に選ぶことができるので初期費用の負担を減らすことも可能です。

v6プラスの利用には150円/月の追加費用が発生しますが、v6プラス利用料を加味したとしても、光回線の相場と比べて安いことは間違いありません。

加えて、現在、おてがる光では以下の選べるキャンペーンも実施中です。

・v6プラス対応Wi-Fiルータープレゼント
・最大5,000円キャッシュバック

契約縛りのない光回線がこれほどお得な特典を用意していることはあまりありません。

料金が安いだけでなく、利用者への還元が手厚いのもおすすめするポイントの一つです。
\シンプルに安いおすすめ光回線/おてがる光公式サイト
おてがる光について詳しくはこちら

ぷらら光

ぷらら光の料金概要マンション戸建て
月額料金3,960円5,280円
初期契約手数料0円
工事費19,800円
550円×30ヶ月も可
16,500円
660円×30ヶ月も可
契約期間なしなし
解約違約金無料無料
ぷらら光は、月額【マンション3,960円/戸建て5,280円】の光回線です。

契約期間の縛りがないことから、いつ解約しても解約金がかからないことが最大の特徴となっています。

工事費無料はありませんが、実質料金はそこそこ安い光回線であることは確かです。

加えて、2021年現在はぷらら光の最もお得な窓口「価格.com」から申し込むと、最大68,500円のキャッシュバックキャンペーンも受けられます。

ぷらら光はキャンペーン面も含めて、総合的に安い光回線と言えるでしょう。

※ぷらら光について詳しくはこちら

本当に安い光回線を選ぶためのポイント

本当に安い光回線を選ぶためには、以下を確認しておくことが大切です。

光回線の契約で発生する費用・・・
・月額料金
・開通工事費(20,000円が相場)
・解約金(10,000円前後が相場)

光回線によっては『開通工事費が無料』になったり、『解約金が0円』だったりする場合もあるため月額料金を比較するだけでは、本当に安い光回線を見つけることはできないということです。

更にキャッシュバックなどのキャンペーンも考慮するとより安く・お得に光回線が契約できます。

簡単な説明はここまでにしておいて、ここからは安い光回線を契約するための大切なポイントを、より丁寧にわかりやすく説明していきます。

1.月額料金を比較

まずは『月額料金』をしっかりと比較することが重要です。以下、相場をご覧ください。

◆光回線の料金相場
マンション:4,400円
戸建て:5,720円

相場よりも安いからといって、速度が遅かったり品質が下がることはありません。光コラボであれば【最大1Gbps】【NTT回線】の高品質なサービスなので安心してください。

また、月額料金を比較するときは、月額割引キャンペーンを行っているかどうかも忘れずにチェックしてください。
例えば、ビッグローブ光戸建てタイプの場合だと 通常:5,478円 ⇒月額割引キャンペーンの適用で・・・ 1年間:3,850円
キャンペーン内容もしっかり確認しておくと、お得な光回線を見逃すという心配もありません。

2.開通工事費もチェック

ほとんどの光回線では、開通工事費がかかります。
開通工事費の基本情報 ・工事費:15,000~40,000円(光回線による) ・支払方法:2~4年間かけて分割払い/一括払い
結構な負担になるな・・・と不安になった方、大丈夫です。選ぶ光回線によってはこの開通工事費がキャンペーンで無料になる場合があるんです。

次で具体例を出しながら紹介していきますね。

工事費が無料になる光回線が◎

例としてドコモ光の工事費を紹介します。

キャンペーン期間中:0円
キャンペーン期間外:マンション16,500円/戸建て19,800円
※現在、ドコモ光は工事費無料キャンペーンを実施中です

キャンペーンは不定期に開催されるので、申し込みのタイミングで工事費が無料ならかなりチャンスです。
◆表について 完全無料:工事費が完全に0円 実質無料:工事費の分割相当額が毎月の料金から割り引かれ無料になります。

※実質無料の場合は分割期間の途中に解約してしまうと、工事費の残債が一括請求されるので注意が必要です。

 工事費
無料特典
通常工事費
戸建て
通常工事費
マンション
ドコモ光完全無料19,800円
16,500円
auひかり実質無料41,250円33,000円
ソフト
バンク光
実質無料26,400円26,400円
eo光実質無料29,700円29,700円
So-net光
プラス
実質無料26,400円26,400円
NURO光実質無料44,000円44,000円
@nifty光実質無料19,800円16,500円
GMO光
アクセス
実質無料19,800円16,500円

3.解約金の確認も忘れずに

見落としてしまいがちな『解約違約金』も契約前に一応確認しておきましょう。

なぜなら、光回線は更新月以外に解約すると違約金が発生するからです。

解約違約金相場 戸建て:約9,500円-20,000円 マンション:約7,000円-20,000円
まだまだ先の話かもしれないけど、解約違約金を回避する方法を紹介しておきます。

・光回線の更新月に解約する
・解約金が0円の光回線を契約する
・解約金を負担してくれる光回線に乗り換える

解約違約金が0円の光回線を契約すれば、いつ解約しても、解約金が発生することはありません。

また、解約違約金を負担してくれる光回線もあるので、検討している光回線に問い合わせてみてください。

4.キャンペーンも確認するとなお良し

ここからはおまけになりますが、キャンペーンも確認しておくと、よりお得に光回線を申し込むことができます。

中には、20,000円~60,000円以上のキャッシュバックを実施している光回線もあるからです。

ちなみに、光回線のキャンペーンは申し込み窓口によって、内容が大きく異なります。

例:ドコモ光の申し込み窓口それぞれのキャンペーン・・・
ドコモショップ⇒1万円キャッシュバック
家電量販店⇒家電製品の割引(大体1万円前後)
プロバイダ公式サイト⇒2万円キャッシュバック

察しの良い方はお気づきでしょうが、とにかく重要なのは申し込み窓口選びということ。

この記事ではおすすめの光回線と一緒に、一番お得な申し込み窓口も併せて紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

補足:スマホセット割は重視すべき?

家族で同じスマホキャリアを利用しているなら、光回線はスマホと合わせて選んだ方がお得になります。

なぜなら以下のように家族でドコモスマホなら・・・
⇒ドコモ光の利用で、毎月トータル4,950円割引されるからです。

ドコモ光セット割

引用元:ドコモ光

ただし、格安スマホを利用している場合や一人暮らしの場合は、これまでに紹介してきたように、料金をしっかりと比較して安い光回線を選んだ方がお得になります。

というのも、以下のようにスマホの割引額が低いため。

・格安SIMの場合⇒大体200円前後の割引
・一人暮らしの場合⇒最大でも1,100円の割引

自分の状況に合わせて、光回線の選び方も変えることが安い光回線を契約するための大切なポイントです。
【参考】キャリア別スマホセット割の対象光回線 ドコモスマホ⇒ドコモ光 ソフトバンクスマホ⇒ソフトバンク光・NURO光 auスマホ⇒auひかりなど ※新しい料金プラン(ahamo/povo/Linemo)は対象外

注意:スマホセット割がすでに適用されている場合

スマホセット割が既に適用されている場合は、料金が安い光回線を契約するようにしましょう。

なぜならスマホセット割は2重では適用されず、スマホと光回線を合わせて契約するメリットは皆無だからです。

つまり・・・
実家の光回線:ソフトバンク光
自宅の光回線:ソフトバンク光
⇒であったとしてもスマホの割引額は最大1,100円のまま
※スマホセット割の適用確認はこちらから ・ドコモ:My Docomo ・ソフトバンク:My Softbank ・au:My au

安い光回線に隠された注意点

ここまで安い光回線について紹介しましたが、最後に頭に入れておいて欲しい点が2つあります。

割引が終わると通常料金になるケースも

割引によって安くなっている光回線は、ずっと安く利用できるわけではありません。

一定期間を過ぎると通常料金に戻り、中には相場よりも高くなるケースもあります。

例えばビッグローブ光の場合、1年間は相場よりも1,000円近く安いですが、2年目からは相場よりも若干高くなります。

割引を実施している光回線を選ぶ際は、割引期間や通常料金もチェックしたうえで申込に進んでくださいね。

実は速度が遅いプランの場合も

料金の安さにフォーカスしすぎると、実は速度が遅いコースだったという事もあります。

2021年現在、一般的な光回線の最大速度は1Gbps(1,000Mbps)となっています。

対して以下の光回線は、最大速度30Mbpsなので速度が出にくい可能性があることがお分かりいただけますよね。

速度が遅いプラン
※引用元:イッツコム

一見とても安く感じたとしても、回線品質があまり良くないという事もあるので、最大速度が1Gbpsであるかも一応チェックすることが重要ですよ。

※この記事で紹介した光回線は全て、最大速度1Gbps(1,000Mbps)でスペックも良い光回線なので安心してくださいね。

まとめ

安い光回線について最後までご覧いただきありがとうございます。自分に合った安い光回線は見つかりましたか?

安い光回線は、携帯キャリアやあなたの希望する条件によって大きく変わることがお分かりいただけたでしょう。

最後に結論をまとめておくので、是非参考にしてくださいね。
【2021年最新の最も安い光回線】
家族で携帯キャリアを揃えていないor格安スマホ
・実質料金が安い⇒GMO光アクセス
・月額料金が1番安い⇒楽天ひかり
・契約期間なしで安い⇒enひかり・おてがる光
家族で携帯キャリアをまとめている場合
・ドコモスマホ⇒ドコモ光
・auスマホ⇒auひかり
・ソフトバンクスマホ⇒ソフトバンク光
※安い光回線の情報は随時最新情報へ更新していきます。

人気の記事一覧

光回線に関する情報の関連記事

インターネットまるわかりガイドの関連記事

役立つ基礎知識の関連記事

ヒカリCOM

TOPへ戻る