【2020年9月】一番安い光回線はこれ!状況別最安インターネット回線と選ぶポイント

一番安い光回線は?光回線はどこから申し込めば一番安いの?など、光回線を選ぶ時は料金に関して不明な点が多いですよね。

光回線の相場はだいたい4,500~5,000円ですが、光回線によっては月額料金割引やキャッシュバックなどによってグンと安くなる場合もあるので、お得に利用するには料金比較が大変重要になります。

結論から言うと、【2020年9月】料金が最も安い光回線は以下の2社となりました。

・月額料金が最安⇒ソネット光プラス
・実質料金が最安⇒auひかり

この記事では、スマホとセットで安い光回線やお得な申し込み窓口も紹介しているので、光回線を選ぶ際は是非参考にしてください。

光回線の料金相場(戸建て・マンション別)

光回線の料金相場はだいたい4,500円~5,500円です。

しかし光回線によって月額料金にも差があるのでまずは比較することが大切です。

ここで紹介するのはあくまで基本料金の相場です。光回線はプロバイダや月額料金割引で安くなる場合も多いので、基本料金の相場は目安程度に考えて下さいね。
光回線戸建て
月額料金
マンション
月額料金
フレッツ光6,460円4,880円
ドコモ光5,200円4,000円
ソフトバンク光5,200円3,800円
So-net光プラス5,980円4,980円
auひかり5,100円3,800円
NURO光4,743円4,743円
楽天ひかり4,800円3,800円
※フレッツ光:最安プロバイダ(GMOとくとくBB)を契約した場合の月額料金
スマホのセット割を利用する場合は、別途オプション料金がかかったりしますが、それでもだいたい戸建ての場合は月額6,000円未満、マンションの場合は5,000円以下で利用できます。

料金が安い光回線

「月額料金」と「トータルで見た実質料金」での最安光回線は違います。

月々の固定費を抑えたい方は「月額料金」、還元されるのに時間がかかっても良いからトータル料金をお得にしたいという方は「実質料金」を比較するようにしましょう。

ここでは光回線数十社を比較して分かった、それぞれの最安光回線を紹介します。
▼【2020年9月】料金が安いおすすめ光回線
月額料金が一番安い光回線⇒ソネット光プラス
実質料金が一番安い光回線⇒auひかり

月額料金が安い光回線ランキング

主要光回線を月額料金が安い順にランキングで発表します。

月々の支払料金がいちばん安いのは戸建て・マンションともに『ソネット光プラス』であることが分かりました。
 戸建てマンション
1位ソネット光プラス
3,080円
ソネット光プラス
2,080円
2位enひかり
4,300円
enひかり
3,300円
3位エキサイト光
4,360円
エキサイト光
3,360円
4位NURO光
4,743円
DTI光・ぷらら光
OCN光
3,600円
5位DTI光・ぷらら光
4,800円
auひかり
ソフトバンク光
3,800円
6位auひかり
5,100円
BIGLOBE光
3,980円
7位ドコモ光
ソフトバンク光
5,200円
ドコモ光
4,000円
8位OCN光
5,600円
NURO光
4,743円

最安月額料金・ソネット光プラス

ソネット光プラスは「マンション2,080円」「戸建て3,080円」で利用できる最安光回線です。相場よりもだいたい2,000円ほど安いので月額料金を抑えたい方向けです。

今なら月額料金割引キャンペーンで、通常料金よりも24ヶ月間月額が2,900円引きで利用できます。
▼料金 ・通常料金マンション:4,980円   割引適用24ヶ月間 :2,080円 ・通常料金戸建て  :5,980円   割引適用24ヶ月間 :3,080円
月額料金割引を実施している光回線は少ないので、とにかく月額料金が安い光回線をお探しの方にはソネット光プラスがおすすめです。
公式サイトからの申し込みがおすすめ
ソネット光プラスは、公式サイトと代理店から申し込めますが、申し込み窓口によってキャンペーン総額は10,000~84,000円までと大きな差があります。
  キャンペーン内容オプション
加入
受け取り

公式サイト2年間2,900円割引
工事費実質無料
(総額84,000円)
なし-


BIGUP45,000円以下から1つ
くらしのお守りワイド
So-net安心サポート
U-NEXT for So-net
7ヶ月後
Moon&Sun74,000円なし7ヶ月後
ライフサポート45,000円なし5ヶ月後
株式会社
GrandNetwork
35,000円なし12ヶ月後
フルコミット
株式会社
10,000円なし12ヶ月後
株式会社
ネットナビ
10,000円光電話や光テレビなど4つ12ヶ月後
代理店の特典は「キャッシュバック」となっていますが、月額料金割引は適用されず、通常料金(戸建て5,980円・マンション4,980円)での利用となります。

この記事で紹介した料金(マンション月額2,080円・戸建て月額3,080円)で利用できるのは、「公式サイト」からの申し込みだけなので、公式サイトからの申し込みがおすすめです。

代理店の中には「オプション加入無しで5ヶ月後に45,000円キャッシュバック」といった一見条件が良さそうな窓口もありますが、受け取り時期が複雑であったり、オプション加入が条件となっている事も多々あります。

安心してお得にソネット光プラスを利用したい方は総額84,000円の割引が受けられる公式サイトから申し込むようにしましょう。

ソネット光プラスについて詳しく知りたい方はこちら
\2020年最安光回線/
ソネット光プラスが選ばれています
ソネット光プラスが選ばれる理由
・戸建て3,080円で業界最安!
・マンションもたった2,080円!
・いつでも工事費無料!
・高性能Wi-Fiルーター無料レンタル!
・auスマホが最大1,000円割引!

公式サイトから申し込むだけで月額料金大幅割引!多くの方に選ばれています。
\1番お得な申し込み窓口/ソネット光プラス公式サイト

実質料金が安い光回線ランキング

実質料金とは、キャッシュバック額を加味した料金のことを指します。

2年間の実質料金で比較すると、高額なキャッシュバック特典がある『auひかり』が最安であることが分かりました。
 戸建てマンション
1位auひかり
61,400円
auひかり
40,200円
2位NURO光
68,810円
ソネット光プラス
49,920円
3位ソネット光プラス
73,920円
ぷらら光
51,400円
4位ぷらら光
80,200円
ソフトバンク光
61,200円
5位BIGLOBE光
94,520円
OCN光
66,400円
6位ソフトバンク光
94,800円
NURO光
68,810円
7位DTI光
100,200円
BIGLOBE光
70,520円
8位enひかり
103,200円
DTI光
71,400円

最安実質料金・auひかり

auひかりは、GMOとくとくBBの公式サイトから申し込むことで「マンション2,600円」「戸建て4,000円」で利用できる光回線です。

また、月額割引を適用させず、キャッシュバックのみの特典を選択すると【戸建て/61,000円・マンション/51,000円】がゲットできるので、2年間の総額が最安の光回線となります。

ただ、キャッシュバックの受け取りが1年後となるので、還元されるまでには時間がかかることを覚えておきましょう。
GMOとくとくBBからの申し込みがおすすめ
auひかりは店舗とネットから申し込めますが、キャッシュバックだけでなく月額料金割引も充実している「プロバイダサイト」がおすすめです。

プロバイダサイトで申し込むとだいたい5万円前後のキャンペーン総額が受け取れますが、その中でも1番選ばれている窓口「GMOとくとくBB」がおすすめです。
申し込み窓口CB額受け取り時期







GMOとくとくBB戸建て
20,000円
+月額料金割引
(総額46,400円)
11ヶ月目
23ヶ月目
マンション
5,000円
+月額料金割引
(総額33,800円)
11ヶ月目
戸建て
61,000円
11ヶ月目
23ヶ月目
マンション
51,000円
BIGLOBE50,000円11ヶ月目
24ヶ月目
DTI38,000円14ヶ月目
@nifty30,000円12ヶ月目
24ヶ月目
au one net
(auひかり公式)
10,000円5ヶ月目





NEXT20,000円2ヶ月目
アシタクリエイト40,000円2ヶ月目
NNコミュニケーションズ20,000円2ヶ月目
auショップ
家電量販店
10,000円~
(店舗により異なる)
店舗による
ちなみにGMOとくとくBB公式サイトでは以下3種類の特典から選べます。

・キャッシュバックのみ(戸建て/61,000円・マンション/51,000円)
・キャッシュバック+月額料金割引(総額戸建て/46,400円・マンション/33,800円)
・キャッシュバック+高性能WiFiルータープレゼント(戸建て/54,000円・マンション/44,000円)

月額を抑えたい方は【キャッシュバック+月額料金割引】、特典最高額をゲットしたい方は【キャッシュバックのみ】を選ぶようにしましょう。

キャッシュバック受け取りには11ヶ月目と23か月目にweb手続きが必要です(マンション/キャッシュバック+月額割引の場合は11ヶ月目の手続きのみ)。忘れてしまうとキャッシュバックが貰えないので注意してください。

auひかりについて詳しく知りたい方はこちら
\2020年人気No.1/
auひかり×GMOの窓口
●au回線だから高速通信可能!
●GMOは満足度No.1プロバイダ!
●マンション月額2,600円~で最安級!
●戸建て月額4,000円~の激安!
●または最大61,000円キャッシュバック
●auスマホの料金最大1,000円割引!

auスマホが割引きされるだけでなく高額キャッシュバックも貰えるのでauユーザーに1番選ばれている光回線です。
2つのキャンペーンから選ぶ▼マンション月額2,600円
戸建て月額4,000円

光回線よりモバイル回線が安い場合もある

モバイル回線とは以下のように「工事不要」で「外でも使える」持ち運び式のWi-Fiを指します。
一人暮らしの方にとってはモバイル回線の方が光回線よりも安くインターネットを利用できる可能性があります。
 平均月額最大速度工事通信制限利用環境
光回線約3,000円~約6,000円1Gbps~2Gbps必要なし
モバイル回線約3,000円~約5,000円558Mbps~788Mbps不要あり家+外
料金相場はだいたい3,000円~5,000円で、工事費がかからないので初期費用を抑えることができるのもポイントです。

最近では、光回線と同じくらいの最大速度がでる光回線もあるので(GMO WiMAXの場合は867メガ)、一人暮らしの方はモバイルWi-Fiでも事が足りるかもしれません。

ただし、品質に関しては光回線に劣ります。自宅で映画などを頻繁にみたり仕事などをしたりするような方にとっては光回線を契約した方が快適にインターネットを利用できます。

現在のインターネット利用状況を十分に考慮したうえで、自分にとって最適なインターネットを選びましょう。

おすすめのモバイル回線は『こちら』

スマホとセットで安い光回線

契約する光回線によっては、お使いのスマホ月額が毎月1,000円割引になる「セット割」が適用されます。

セット割は家族も適用されるので、家族で同じキャリアのスマホを利用している人が多ければ多いほど、お得に利用することが可能です。

スマホとセットでお得になる光回線を紹介するので是非参考にしてください。
光回線セット割
対象スマホ
料金
エリア
ドコモ光ドコモ戸建て
5,200円
全国
マンション
4,000円
So-net光au戸建て
3,080円
全国
マンション
2,080円
ソフト
バンク光
ソフト
バンク
戸建て
5,200円
全国
マンション
3,800円
NURO光戸建て
4,743円
一部地域のみ
マンション
4,743円
◆スマホセット割適用のおすすめ光回線 ●ドコモユーザー⇒『ドコモ光』 ●auユーザー⇒『ソネット光プラス』 ●ソフトバンクユーザーで戸建てに住んでいる⇒『NURO光』 ●ソフトバンクユーザーでマンションに住んでいる⇒『ソフトバンク光』

ドコモユーザーはドコモ光

ドコモ光はNTTドコモが提供する光回線で全国エリア対応です。

プロバイダは24社の中から好きな一社を選ぶことができ、月額料金は戸建て5,200円・マンション4,000円となっています。

ドコモスマホの月額が最大1,000円割り引かれる「ドコモ光セット割」が適用光回線は他に無いので、ドコモユーザーが選ぶべき光回線はドコモ光一択でしょう。

ちなみに、以下の条件に当てはまればドコモ光契約者だけでなく、その家族も割引が適用されます。

▼セット割が適用される家族の条件
・ギガホ・ギガライトプランを利用している
・ファミリー割引が適用されている

離れて住んでいても、料金の支払いが別でも最大20回線までなら割引が適用され、それぞれのスマホ料金から割り引かれます。

特にドコモスマホを使っている家族がいるという方にはドコモ光が一番おすすめです。

お得な申し込み窓口

ドコモ光は申し込み時に24社のプロバイダの中から好きなプロバイダを選ぶことができます。

その中でも1番おすすめのプロバイダは、月額料金が安く、v6プラス対応で、2019年顧客満足度1位にも選ばれている「GMOとくとくBB」です。

「ドコモ光×GMOとくとくBB」は、ドコモショップとGMOとくとくBBの公式サイトの両方から申し込めますが、申し込み特典が豊富な「GMOとくとくBB公式サイト」からの手続きをおすすめします。
GMOとくとくBB公式サイトがおすすめ
窓口キャッシュ
バック
オプション受け取り
GMOとくとくBB
公式サイト
5,500円
(最大20,000円)
なし5ヶ月後


ディーナビ5,000円なし1ヶ月
ネットナビ5,000円なし1ヶ月
wiz20,000円なし6ヶ月
ドコモ光
公式サイト
20,000ポイント
なし翌月
GMOとくとくBB公式サイトでは、独自特典として5,500円キャッシュバック(オプション加入で最大20,000円)を実施していて、ドコモ光公式キャンペーンの「工事完全無料特典」と「dポイント2000ptプレゼント特典」と併用する事が出来ます。

さらに、高性能Wi-Fiルーターを無料でレンタルすることができるので、お得に快適なインターネット環境をゲットすることが可能です。

一方で、代理店の場合は口座情報を郵送しなければいけないなど、手続きが複雑であることから受け取り忘れのリスクがぐんと上がってしまいます。

その点、GMOとくとくBBのキャッシュバックはメールでの手続きのみなので、だれでも簡単にキャッシュバックをゲットすることができるのもおすすめする理由の一つです。

ドコモ光について詳しく知りたい方はこちら
\2020年最も選ばれています/
ドコモ光の大人気窓口
選ばれる理由は・・・
★利用者の96.8%が速度が速いと回答!
★今なら開通工事費18,000円が無料!
★最新Wi-Fiルーター無料レンタル!
★家族全員のスマホが最大1,000円割引
★最大20,000円キャッシュバック中!
★dポイント最大2000ptプレゼント!

今なら開通工事費18,000円が完全無料!キャンペーン期間中の申し込みがお得です!
▼お得な申し込み窓口はこちら!▼ドコモ光申し込み

auユーザーはソネット光プラス

ソネット光プラスは、auのスマホ料金が毎月1,000円割引される「auスマートバリュー」が適用でき、全国エリアで使える光回線です。
 戸建てマンション
ソネット光
プラス
月額料金スマートバリュー
適用後実質料金
月額料金スマートバリュー
適用後実質料金
3,080円2,080円2,080円1,080円
ソネット光プラスはauスマートバリューを適用させるための光電話オプション料金(月額500円)がかかりますが、auスマホの月額が最大1,000円割り引かれるため損をすることはありません。

また、ソネット光プラスはほとんどのエリアや建物に対応しているので、契約のハードルが低いことが特徴です。

ソネット光プラスはもともとの月額料金が安く設定されているため、auスマートバリューを適用させることで最安の実質月額で利用することができます。

安い光回線を契約したい全ての方におすすめの光回線ですが、auユーザーの方だと特に安く利用することができるため一番のおすすめインターネット回線です。

・auユーザーの方▶ソネット光プラス

ソフトバンクユーザーで戸建てならNURO光

NURO光は最大速度が2Gbpsと他社回線の2倍のスピードを誇っており、速度に定評のある光回線です。

またソフトバンクのスマホ料金が毎月1,000円割引される「おうち割光セット」が適用されるのでソフトバンクユーザーはよりお得に利用することができます。

ちなみに、NURO光でおうち割を適用させるには、ひかり電話(月額500円)への加入が必須になっているので、忘れずに加入しましょう。

戸建て料金に関してはNURO光の方がソフトバンク光よりも数百円安い上に、契約者全員45,000円キャッシュバックが貰えるため大変お得な光回線です。
 ソフトバンク光NURO光
月額料金戸建てマンション戸建てマンション
5,200円3,800円4,743円4,743円
NURO光の工事費は、月額から工事費分が割引されることで実質無料になるので、初期費用も安く抑えることができます。

ただし、NURO光は提供エリアが限られているため、お住まいの地域で利用できるかどうかをあらかじめご確認ください。

『提供エリアの確認はこちら』
▼NURO光の対象エリア
関東:東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬
東海:愛知 静岡 岐阜 三重
関西:大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良
九州:福岡 佐賀
北海道:札幌のみ
提供エリア外と判定された場合は、ソフトバンク光を契約することで「おうち割光セット」を適用することができます。

NURO光のお得な申し込み窓口

NURO光の申し込み窓口は代理店と公式サイトの2つで、どちらの窓口も4万円前後のキャンペーンを実施しています。

その中でも特におすすめなのは、だれでも簡単に受け取ることができる「公式サイトの45,000円キャッシュバック」です。

公式サイトからの申し込みなら特典申請手続きもweb上で済むため簡単で、6か月後にはキャッシュバックが振り込まれます。

中には高額なキャッシュバックを提示している代理店もありますが、オプション加入が必須だったり、受け取り手続きが複雑(メール+郵送)であったりするなど、悪質な場合も多いです。

その点、NURO光公式サイトからの申し込みだとオプション加入などの条件なしで、最短6か月後に45,000円キャッシュバックが受け取れるので一番おすすめの窓口となっています。

NURO光について詳しく知りたい方はこちら

▼今なら45,000円プレゼント▼NURO光公式キャンペーン窓口

ソフトバンクユーザーでマンションならソフトバンク光

ソフトバンク光は、ソフトバンクのスマホ料金が毎月1,000円割引かれる「おうち割光セット」が適用される光回線です。

マンションの月額料金は、相場よりも比較的安く、NURO光と比較しても1,000円ほど安く設定されています。

マンション月額が安いことはもちろんですが、ソフトバンク光は提供しているマンション数も多いので、ほとんどの方が契約できる点も魅力の一つです。

また、ソフトバンク光は『乗換時の他社違約金を10万円まで還元する』というキャンペーンを行っているので、他社インターネットを利用している方で光回線に乗り換えたいという方には特におすすめのサービスとなっています。

ちなみに、乗り換えの方だと、開通工事費分がキャッシュバックされるので初期費用も安く抑えることが可能です。

ソフトバンク光のお得な申し込み窓口

ソフトバンク光は「公式サイト」「ネット代理店」「ソフトバンクショップ」「家電量販店」から申し込むことができますが、一番のおすすめは独自キャンペーンが充実している「代理店」からの手続きです。

代理店の中でも特におすすめなのは、無条件かつ手続きなしで3万円のキャッシュバックが貰えるゼロプラスです。

ゼロプラスでは、開通から半年後に3万円のキャッシュバックが受け取れる他、以下の公式キャンペーンも利用することが出来ます。

・乗り換え新規でキャッシュバック
・あんしん乗り換えキャンペーン

ゼロプラスよりも高額キャッシュバックがもらえる代理店は沢山ありますが、特典の適用条件に別サービス(ポケットWi-Fiなど)の契約を提示している場合やオプションの加入が必須となっている場合があるので、逆に損をしてしまうことがあります。

また、中にはわざと受取手続きを複雑化(メール+郵送)し、受け取り忘れを狙っている悪質な代理店もあるので、キャッシュバックは金額だけでなく適用条件や受け取り方法などもしっかりと比較して総合的に判断することが重要です。

そういった面からも、3万円のキャッシュバックが、手続き無しでもらえる「ゼロプラス」をおすすめします。

ソフトバンク光について詳しく知りたい方はこちら

\ゼロプラスは3万円キャッシュバック/ソフトバンク光申し込み

安い光回線を選ぶ3つのポイント

安い光回線を選ぶ上で影響してくるのが以下の3つのポイントです。
・月額料金
・特典
・スマホセット割
このポイントを意識するとあなたの状況にあった安い光回線を探し出すことができます。

・とにかく月額料金が安い光回線が良いという方は「月額料金」
・トータル料金が安い光回線が良いという方は「特典」
・スマホの月額も安くできたらいいなという方は「スマホセット割」

重視したいポイントを意識して自分にとってベストな光回線を選びましょう。

月額料金

月額料金の相場があるとはいえ、各光回線によって最大3,000円程の差が出る場合もあります。

また、キャッシュバックなどの特典料金はサービス利用開始後数ヶ月から2年ほどたたないと全額受け取ることができないので、すぐにお得度を感じることは難しいといえます。

月々の支払いを抑えたい方は、キャッシュバックを含めた実質料金よりも月額料金に着目することをおすすめします。

光回線月額の平均は以下です。これを基準に光回線の利用料金を見比べましょう。

光回線各社の月額を比較した結果、最安の月額だったのはSo-net光プラスでした。

特典

月額料金が安いよりも、トータルの支払いを安くしたいという方は、月額料金で比べるのではなく光回線各社の特典を含めた実質料金で比べることをおすすめします。

実際に主要光回線各社の2年実質総額料金を比較したのでご覧ください。

月額料金が最安なのはソネット光プラスでしたが、実質料金が最安なのはauひかりでした。

ご自身がお住まいの地域に対応しているか・速度は速いかなどのプラスアルファ要素も加えながら、理想に近い光回線を選びましょう。

スマホセット割

近年光回線を選ぶポイントとして主流なのが利用しているスマホとセットにして、トータルの支出を抑える「スマホセット割」です。

光回線契約者本人だけでなく、その家族のスマホ代も割り引かれるので大変お得となっています。

楽天ひかりは、楽天モバイルとセットで利用することで1年間楽天ひかりの月額料金が0円となるセット割を展開しているので、楽天ユーザーにおすすめです。

auひかりやNURO光などの独自回線は提供エリアが限られているため、提供エリア外にお住まいの方はご自身の該当エリアが対象の光回線をお選びください。

ただし、auのスマホとセットにできる光回線だとしても、auひかりの特典は受けられない場合がほとんどです。その代わりに独自のキャンペーンを行っている光回線も多いのでしっかりと見比べましょう。

・ドコモユーザーの方は『ドコモ光』
・auユーザーの方は『auひかり』
・ソフトバンクユーザーの方は『ソフトバンク光』
・楽天モバイルユーザーの方は『楽天ひかり』

を選んでおけば間違いありません。

安い光回線に乗り換える時の注意点

現在使用している光回線から今回紹介したような安い光回線に乗り換える際、タイミングを逃すと逆に高くつく場合があるので注意が必要です。

以下の2点を確認してください。
・契約違約金が発生しないか
・工事費残債の支払い義務がないか

損をしないためにも、現在の契約状況をしっかりと確認することが大切です。

契約違約金

光回線は2年~3年の契約期間があるのが一般的です。

契約期間内に解約した場合は契約違約金が発生するので解約時期には注意が必要です。

ちなみに、各光回線には更新月が設定されています。

その期間内に解約すれば違約金は発生しないので、今契約している光回線の更新月を確認しましょう。
▼各回線の更新月確認はこちらから
フレッツ光⇒フレッツ光メンバーズクラブ
ドコモ光⇒My docomo
auひかり⇒My au
ソネット光⇒So-netマイページ
ソフトバンク光⇒My SoftBank
NURO光⇒So-netマイページ
楽天ひかり⇒会員サポート

工事費残債

多くの光回線は工事費実質無料キャンペーンを行っています。その内容としては、工事分割費分を月々の利用料から割り引くというものです。

たとえ契約期間が満了し、更新月に解約したとしても、工事費の残債があれば解約時一括清算となり予期せぬ出費となってしまう可能性があります。

ドコモ光の工事費無料キャンペーンは「完全無料」となっており、月額から割引く形式ではないので解約時の工事費残債については心配いりません。

またソフトバンク光の工事費特典は、月額から割り引く「実質無料型」ですが契約期間である2年で完済できる計算となっているので、契約期間を満了すれば自動的に工事費の返済も完了します。

ちなみに、ソフトバンク光のキャンペーンは「工事費相当額を月額から割り引くパターン」と「工事費分を一括キャッシュバックパターン」の2つから選ぶことができます。

一方で、auひかりは戸建てとマンションで状況が異なります。マンションの場合、契約期間と工事費分割期間が同じなので、更新月に解約すれば工事費の残債が発生することはありません。

注意が必要なのは戸建てを契約している方です。戸建ての契約期間は2年と3年から選べますが、工事費が実質無料になるためには5年間は契約を続けなければいけません。

ソネット光プラス、NURO光も同様です。どちらの回線も契約期間よりも工事費分割期間の方が長く設定されています。

多くの場合、工事費は月額から割り引かれているため、解約時発生する料金としては見落としやすいです。

解約のタイミングをしっかりと設定することで、よりお得に安い光回線へと乗り換えましょう。

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございます。

光回線の料金は建物によって異なり、相場は戸建5,000円・マンション4,500円ですが、中には月額2,000円近くも安く利用できる光回線もあります。

また、最近はセット割を利用するのが主流ですが、セット割が出来る光回線の中でも、自分に合った光回線を契約しましょう。
So-net光プラス 月額2,080円 超高速ネットが安すぎる!!

人気の記事一覧

光回線に関する情報の関連記事

インターネットまるわかりガイドの関連記事

役立つ基礎知識の関連記事

ヒカリCOM

TOPへ戻る