【2020年3月】1番安い光回線!ランキング&状況別で安い回線を紹介

安い光回線を契約したいけど「どの光回線を選べば良いのか分からない」という方も多いでしょう。

光回線の相場はだいたい5,000円前後ですが、割引キャンペーンを実施している光回線なら、同じ品質なのに他の光回線よりも数千円安く利用できるので光回線選びは超重要です。

結論から言うと、2020年3月の1番安い光回線は、月額1,980円から利用できるソネット光ですが、最近はスマホとセットでトータル料金を安くするのも主流なので、この記事では「建物別で安い光回線」「スマホとセットで安い光回線」の2軸で光回線を紹介していきます。

光回線の料金相場は?(戸建て・マンション別)

光回線の相場は建物によって異なり、「戸建ては5,000円」「マンションやアパートは4,500円」です。

マンションやアパートの場合は1つの回線を契約者みんなで分け合うため、戸建てよりも月額料金が約1,500円ほど安く設定されています。

ただ、光回線によっては月額料金割引で安くなるので、相場は目安程度に考えて下さい。

戸建ての相場

戸建ての相場は約5,000円で、大手光回線の月額料金をみてもだいたい5,000円前後となっています。
戸建ての月額料金
フレッツ光
(プロバイダはBBecxite)
5,250円
ドコモ光5,200円
ソフトバンク光5,200円
ソネット光5,980円
auひかり5,100円
NURO光4743円
スマホのセット割を利用する場合は、別途オプション料金がかかったりしますが、それでもだいたい月額6,000円未満で利用できます。

また、フレッツ光はプロバイダによって料金が異なり、上記は最安プロバイダ(BBcxite)を契約した場合の月額料金です。他のプロバイダだと最大5,700円になることもあります。

マンションやアパートの相場

マンションやアパートの相場はだいたい4,500円です。

大手光回線の月額料金をみてみると1,000円前後の開きがありますが、だいたい5,000円以下で利用できるようになっています。
マンションの月額料金
フレッツ光
(プロバイダはBBecite)
4,850円
ドコモ光4,000円
ソフトバンク光3,800円
ソネット光4,980円
auひかり5,000円
NURO光4743円
セット割を利用する場合は、別途オプション料金がかかったりしますが、それでもだいたい5,500円未満で利用できます。

フレッツ光はプロバイダによって料金が異なり、上記は最安プロバイダ(BBcxite)を契約した場合の料金なので、他のプロバイダを契約した場合は最大5,200円になります。

月額料金が安い光回線ランキング

主流の光回線は、だいたい相場前後に設定されているのでそこまで大きく変わりませんが、割引で安く利用できる光回線もあります。

また、建物や状況によっても安い光回線は変わってくるので、自分の状況に合わせた安い光回線を見つける事が重要です。

相場は「戸建ては5,000円」「マンションやアパートは4,500円」ですが、安い光回線なら相場よりも2,000円近く安く利用することも可能になります。
 戸建てマンション
1位ソネット光
2,980円
ソネット光
1,980円
2位auひかり
4,000円
auひかり
2,600円
3位enひかり・@スマート光
約4,300円
enひかり・@スマート光
約3,300円
マンションも戸建ても1番安いのは「ソネット光」という結果になりましたが、一人暮らしの場合は光回線ではなくモバイルWi-Fiという選択肢もあるので、気になる方はチェックしてください。

1位:ソネット光

ソネット光は、月額料金割引キャンペーンで通常よりも3,000円安くなるため「マンション1,980円」「戸建て2,980円」で、相場よりもだいたい2,000円くらい安く利用できます。

ソネット光のように、月額料金割引を実施している光回線は少なく、実施していたとしてもソネット光よりも月額料金が安くなる光回線はないので、とにかく安い光回線をお探しの方にはソネット光がおすすめです。

だからといって、他の光回線だと損するわけではありません。例えば、auひかりだと月額料金割引とキャッシュバックが併用できるので、実質料金に換算するとソネット光よりも安くなったりします。

そのため、ソネット光は月額料金の安さを1番に考える人にとって最安の光回線です。

ソネット光のお得な申し込み窓口

ソネット光は、公式サイトと代理店で申し込めますが、申し込み窓口によってキャンペーン総額は10,000~84,000円まで大きく開きがあります。
  キャンペーン内容オプション
加入
受け取り

公式サイト2年間3,000円割引
(総額84,000円)
なし-


BIGUP45,000円以下から1つ
くらしのお守りワイド
So-net安心サポート
U-NEXT for So-net
7ヶ月後
Moon&Sun74,000円なし7ヶ月後
ライフサポート45,000円なし5ヶ月後
株式会社
GrandNetwork
35,000円なし12ヶ月後
フルコミット
株式会社
10,000円なし12ヶ月後
株式会社
ネットナビ
10,000円光電話や光テレビなど4つ12ヶ月後
代理店では「キャッシュバック」となっていますが、この記事で紹介した料金(マンション月額1,980円・戸建て月額2,980円)で利用できるのは、「公式サイト」だけなので、公式サイトでの申し込みがおすすめです。
公式サイト
ソネット光の公式サイトは2年間3,000円割引になる月額料金割引キャンペーンを実施しています。この割引は公式サイトで申し込んだ場合のみ適用される割引なので、他の窓口で申し込むと通常料金(戸建て5,980円・マンション4,980円)になります。

他の窓口のキャッシュバックの中には、「オプション加入無しで5ヶ月後に45,000円キャッシュバック」といった条件が良さそうな窓口もありますが、公式サイトは総額84,000円割引であるため断然公式サイトがお得になります。

さらに、代理店のキャッシュバックは、受け取りが2ヶ月後と7ヶ月後に分かれていたり、オプション加入が条件になっているので受け取り条件面でも公式サイトがおすすめです。

したがって、総額84,000円割引が受けられる公式サイトがおすめになります。

\2020年最安光回線/
ソネット光が選ばれています

ソネット光が選ばれる理由
・戸建て2,980円で業界最安!
・マンションもたった1,980円
・今なら工事費無料
・高性能Wi-Fiルーター無料レンタル!
・auスマホが最大1,000円割引


※引っ越しシーズンは工事が混み合うので3月がチャンス◎早めの申し込みも可能です!

\1番お得な申し込み窓口/

2位:auひかり

auひかりは、GMOとくとくBBの公式サイトで申し込むと「マンション2,600円」「戸建て4,000円」になるので、相場よりも1,000円ちょっと安く利用出来ます。

auひかりはこの安さにもかかわらず、3万円キャッシュバックがあるので、ちゃんと受け取ることが出来れば、3年間の総額が1番安い光回線になります。

その為、安さもキャッシュバックも両取りして、総額をお得にしたい方にはauひかりがおすすめです。

ただ、マンション2,600円・戸建て4,000円で利用出来て3万円キャッシュバックも貰える窓口は、「GMOとくとくBBの公式サイト」だけなので、慎重に申し込みましょう。

※11ヶ月目と23か月目にweb手続きが必要で、忘れてしまうとキャッシュバックが貰えないので注意しましょう。

auひかりのお得な申し込み窓口

auひかりは店舗とネットで申し込めますが、キャッシュバックだけでなく月額料金割引も充実している「プロバイダサイト」がおすすめです。

プロバイダサイトで申し込むとだいたい5万円前後のキャンペーン総額が受け取れますが、その中でも1番選ばれている窓口「GMOとくとくBB」がおすすめです。

この記事で紹介した料金(マンション月額2,600円・戸建て月額2,980円)で利用できるのは「GMOとくとくBB」だけなので、GMOとくとくBBについて紹介します。
GMOとくとくBB公式サイト
GMOとくとくBB公式サイトでは2種類のキャンペーン(キャッシュバックのみ・キャッシュバック+月額料金割引)を実施しています。

どちらも、実質月額料金は変わりませんが、3万円キャッシュバック+月額料金割引を実施しているキャンペーンを選べば、マンション月額2,600円・戸建て月額4,000円で利用することができるのでおすすめです。

\2020年満足度No,1/
auひかり×GMOとくとくBB

auひかり×GMOが選ばれる理由
●戸建て4,000円で業界最安級!
●マンションも2,600円で安い!
●独自回線だから高速通信
●auスマホが最大1,000円割引
30,000円キャッシュバック中!

※引っ越しシーズンは工事が混み合うので3月がチャンス◎早めの申し込みも可能です!

▼2020年最も選ばれている窓口▼

3位:enひかり・@スマート光

「enひかり」と「@スマート光」は、どちらも「マンション3,300円」「戸建て4,300円」で、相場よりも1,000円弱安い光回線です。

2社とも割引ではなく、もともとの基本料金が安い光回線で安いため、5年以上の長いスパンで考えたら、最初の数年間しか割引されない光回線(ソネット光など)よりもお得に利用していくことが出来ます。

ただ、ソネット光のように飛びぬけて安いわけではなく、キャッシュバックもないので、この2社はシンプルに月額料金が安い光回線を使いたい方向けです。

また、通常2~3年の契約期間がありますが、enひかりは契約期間が無いので、契約期間に縛られたくないという方に選ばれています。

\月額料金安い&契約期間なし/

一人暮らしならモバイルWi-Fiも

モバイルWi-Fiは「工事不要」で「外でも使える」持ち運び式のWi-Fiです。

料金相場はだいたい3,500円で、光回線のマンションやアパートタイプの相場よりチョイ安いくらいです。

最近では、光回線と同じくらいの最大速度がでる光回線もあるので(GMO WiMAXの場合は867メガ)、一人暮らしの方はモバイルWi-Fiでも事が足りるかもしれません。

\2020年最も人気のモバイルWiFi/

スマホとセットで安い光回線

ほとんどの光回線で、スマホ料金が毎月-1,000円割引になる「セット割」が利用できます。

セット割は家族も適用されるので、家族で同じスマホを利用している人が多ければ多いほど、お得に利用していくことが出来ます。

ここでは、3大キャリア(ドコモ・ソフトバンク・au)ごとにセット割が利用できる光回線と、その中で特に安い光回線をマンションと戸建て別で紹介します。
光回線セット割
対象スマホ
料金
エリア
ドコモ光ドコモ戸建て
5,000円
全国
マンション
4,000円
ソフト
バンク光
ソフト
バンク
戸建て
5,200円
全国
マンション
3,800円
NURO光戸建て
4,734円
一部地域のみ
マンション
4,737円
au
ひかり
au戸建て
4,000円
一部地域のみ
マンション
2,600円
So-net光戸建て
2,980円
全国
マンション
1,980円

ドコモユーザーはドコモ光

ドコモ光はNTTドコモが提供する光回線。24社の中から好きなプロバイダが選べるのが特徴で、月額料金は戸建て5,200円・マンション4,000円と平均的です。

ドコモスマホとセット割ができる光回線は他に無いので、ドコモユーザーが選ぶべき光回線はドコモ光一択になります。

セット割を利用すると、ドコモのスマホ料金が毎月1,000円割引になります。

さらに、以下の条件に当てはまれば家族も適用されるので、家族にドコモスマホを使っている方は特にドコモ光がおすすめです。

セット割が適用される家族の条件
・ギガホ・ギガライトプランを利用している
・ファミリー割引が適用されている

ドコモ光のお得な申し込み窓口

ドコモ光は申し込み時に自分でプロバイダが選べるので、プロバイダを選んだうえで、申し込み窓口を決めましょう。

ちなみに、プロバイダで1番おすすめなのは、月額料金が安く、v6プラス対応で、2019年顧客満足度1位にも選ばれている「GMOとくとくBB」です。

その「ドコモ光×GMOとくとくBB」は、店舗とネットで申し込めますが、どの窓口もだいたいキャッシュバック額は1万円前後なので、シンプルに1番選ばれているGMOとくとくBBから申し込みましょう。
GMOとくとくBB公式サイト
窓口キャッシュ
バック
オプション受け取り
GMOとくとくBB
公式サイト
5,500円なし5ヶ月後


ディーナビ5,000円なし1ヶ月
ネットナビ5,000円なし1ヶ月
wiz20,000円なし6ヶ月
ドコモ光
公式サイト
20,000ポイント
なし翌月
GMOとくとくBB公式サイトでは、5,500円キャッシュバックを実施していて、以下の公式キャンペーンと併用する事が出来ます。

・工事費無料キャンペーン
・dポイント5,000ポイントプレゼント

キャッシュバック額(5,500円)だけを見ると平均より少し少ないように感じますが、受け取り手続きがweb上でだけ出来るため、代理店よりも受け取りやすいです。

代理店では、メールで口座登録後に書類の郵送が必要で少し複雑である為、受け取れなくないリスクがぐんと上がってしまいます。

ドコモ光の公式サイトは、現金キャッシュバックではなく、ドコモユーザー限定のdポイントプレゼントですが、GMOとくとくBB公式サイトよりも金額的には大きいので、より多く貰いたい方はドコモ光の公式サイトでも良いでしょう。

ただ、1番選ばれている窓口は、5,500円キャッシュバックが開通から5ヶ月後に受け取れる「GMOとくとくBB公式サイト」です。

\2020年最も選ばれています/
ドコモ光の大人気窓口

選ばれる理由は・・・
★利用者の96.8%が速度が速いと回答!
★今なら工事費無料!
★最新Wi-Fiルーター無料レンタル!
★家族全員のスマホが最大1,000円割引最大20,000円キャッシュバック中!
★dポイント5,000円プレゼント!

引越しシーズンは工事予約が混むので3月中の今がチャンス◎早め申し込みがおすすめ!
▼最大20,000円キャッシュバック中▼ ドコモ光申し込み

ソフトバンクのセット割が利用できる光回線

ソフトバンクのスマホ料金が毎月-1,000円安くなる「おうち割光セット」が利用できる光回線は「ソフトバンク光」と「NURO光」です。

この2社はサービス内容が若干違うので、一概にどちらが良いかは言えませんが、料金をポイントに選ぶなら「戸建てはNURO光、マンションはソフトバンク光」がおすすめです。なぜなら、月額料金もキャッシュバックを含めた実質料金も安いからです。
 ソフトバンク光NURO光
月額料金5,200円4,743円
実質料金3,950円2,868円
キャッシュバック30,000円45,000円
工事費24,000円無料
※実質料金=月額料金からキャッシュバック額を差し引いた金額

ただ、NURO光は対応しているエリアや建物が少ないので、もし契約できなかったら、ソフトバンク光になるかもしれないことを頭に入れておいてください。

戸建てならNURO光

NURO光は世界最速2ギガで、ソフトバンクのスマホ料金が毎月1,000円割引される「おうち割光セット」が適用できる光回線です。

月額料金はソフトバンク光よりも数百円安いくらいですが、全員45,000円キャッシュバックが貰えるため、実質料金でみると1,000円以上安くなっています。

さらに、ソフトバンク光は工事費24,000円を2年間かけて分割で支払っていかなければなりませんが、NURO光は割引で無料になるので、工事費も含めた2年間の総額は5万円くらい安いです。

※NURO光でおうち割を適用させるには、ひかり電話(月額500円)への加入が必須になっているので、忘れずに加入してください。
NURO光のお得な申し込み窓口
NURO光の申し込み窓口は代理店と公式サイトの2つで、どちらの窓口も4万円前後のキャンペーンを実施しています。

その中でも特におすすめなのは、NURO光で1番選ばれている「公式サイト」の45,000円キャッシュバックです。
申し込み窓口キャンペーン
総額
2年間の
実質費用
申請
時期
手続き




キャッシュバック45,000円80,832円2ヶ月半後メール
ワンコイン23,000円102,832円-なし
1年間1,980円割引30,000円95,832円-なし
PS4プレゼント43,000円82,832円1ヶ月後メール


価格com41,370円84,462円11ヶ月後
23ヶ月後
35ヶ月後
メール
ライフサポート
株式会社
36,000円89,832円6ヶ月以降FAX
+
メール
ブロードバンド
サービス
56,000円212,872円2ヶ月後郵送
Life Bank40,000円109,832円12ヶ月後メール
+
郵送
アウン
カンパニー
35,000円90,832円1ヶ月後電話
全ての窓口の中で最高額の45,000円のキャッシュバックが受け取れて、手続きもweb上で簡単で、2ヶ月半後にキャッシュバックが振り込まれます。

公式サイトでは他にも、3ヶ月間500円で使えたり、1年間1,980円で使えるキャンペーンを実施していますが、キャンペーン総額も実質費用で考えても45,000円キャッシュバックがお得です。

代理店の中には、キャッシュバックが高額な代理店もありますが、オプション加入が必須だったり、受け取り手続きが複雑(メール+郵送)に設定されています。

そのため、オプション加入などの条件なしで、メール手続きだけで、2ヶ月半後に45,000円キャッシュバックが受け取れる公式サイトがおすすめです。

\速くて安い光回線/
NURO光が選ばれています

●世界最速最大2ギガの通信速度!
●2ヵ月後に45,000円キャッシュバック!
●月額料金ずっと激安4,743円!
●マンションなら月額1,900円~!
●Wi-Fiルーター無料レンタル!
●工事費実質無料

引越しシーズンは工事予約が混むので3月中の今がチャンス◎早め申し込みがおすすめ!◎
▼今なら45,000円プレゼント▼NURO光の申し込み窓口

マンション・アパートならソフトバンク光

ソフトバンク光は、ソフトバンクのスマホ料金が毎月1,000円割引される「おうち割光セット」が適用できる光回線です。

月額料金は、相場よりも比較的安く、NURO光と比較しても1,000円ほど安く設定されています。

ただ、キャッシュバックがNURO光よりも少ないため、実質料金で見るとそこまで大差ないのが現状。さらにNURO光は工事費が無料ですが、ソフトバンク光は24,000円が2年間かけて分割で請求される(1000円×24ヶ月)ので、工事費も含めた2年間の総額だと3万円くらい高くなってしまいます。

それでも、マンションの方にソフトバンク光をお勧めする理由は、NURO光よりも対応しているエリアや建物が多いため、ソフトバンク光よりもグンと契約できる可能性が高いからです。
ソフトバンク光のお得な申し込み窓口
ソフトバンク光は店舗とネットで申込めますが、申し込み窓口独自のキャンペーンが1番充実している「代理店」では平均3万円のキャッシュバックが貰えます。

家電量販店でもキャッシュバックはありますが、ほとんどの場合で代理店よりも少なく(1万円ほど)、全ての窓口で実施しているわけではないので、代理店の方がおすすめです。

代理店の中でも特におすすめなのは、無条件かつ手続きなしで3万円キャッシュバックが貰えるゼロプラスです。
窓口キャッシュ
バック額
戸建て
実質料金
マンション
実質料金
ゼロプラス30,000円3,950円2,550円
デジタルサポート
合同会社
21,000円4,325円2,707円
BIGUP株式会社34,000円4,940円3,540円
STORY80,000円5,347円3,947円
Life Bank70,000円5,763円4,363円
Wiz70,000円6,163円4,763円
株式会社
エフプレイン
100,000円8,830円4,763円
ブロード
バンドナビ
50,000円10,387円8,987円
ゼロプラスでは、開通から半年後に3万円キャッシュバックが受け取れ、以下の公式キャンペーンも利用することが出来ます。

・乗り換え新規でキャッシュバック
・新生活応援キャンペーン
・あんしん乗り換えキャンペーン

ゼロプラスよりも高額キャッシュバックがもらえる代理店は沢山ありますが、オプションに加入した場合のみ高額になるというケースが多いため、実質料金に換算するとゼロプラスの方がお得になるのです。

また、中には手続きが複雑(メール+郵送)に設定されているケースもあるため、受け取れないリスクが少し高いです。

そのため、3万円キャッシュバックが、手続き無しでもらえるゼロプラスをおすすめしています。

\最大54,000円キャッシュバック/
ソフトバンク光が大人気

選ばれる理由
・全員54,000円キャッシュバック
・他社解約金10万円まで大還元
・マンション月額3,800円!
・戸建て月額5,200円で安い!
・全員54,000円キャッシュバック!
・乗り換え工事費0円
54,000円もらえるのは今だけ!引っ越しシーズンの3月中がチャンス◎

▼54,000円キャッシュバック▼

auのセット割が利用できる光回線

auスマホが毎月1,000円安くなる「auスマートバリュー」が利用できる光回線は10社以上あり、全部を比較するのは難しいので、安い2社「auひかり」と「ソネット光」を抜粋して紹介します。

月額料金と実質料金のどちらを見るかによって、料金の安さが違うので、一概にどっちが安いとは言えません。

ただ、auひかりは、auスマートバリューを適用させるために加入しなければならない光電話オプションが無料で、キャッシュバックを含めた実質料金がソネット光よりも安くなるので、auひかりのほうが条件的に良いと言えます。
 戸建てマンション
月額料金実質料金月額料金実質料金
ソネット光2,980円2,980円1,980円1,980円
au光4,000円2,750円2,600円1,350円

戸建てならauひかり

auひかりはKDDIが提供するau独自の光回線で、auスマホが毎月1,000円安くなる「auスマートバリュー」が利用できます。

月額料金だけでみるとソネット光のほうが安いですが、auひかりは3万円キャッシュバックが貰えるため、実質料金でみるとauひかりの方が数百円安くなります。

さらに、どちらもauスマートバリューを適用させるには光電話オプション(月額500円)への加入が条件ですが、auひかりは無料になるので、オプション料金を含めた2年間のトータルで考えると15,000円くらい安く利用できます。

そのため、戸建てに住んでいるauユーザーはauひかりがおすすめです。ただ、以下エリアは対象外なので当てはまる方は注意してください。

非対応エリア
滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、福井県、岐阜県、愛知県、静岡県、三重県、沖縄県
\auひかりの申し込みはこちら/

マンション・アパートならソネット光

ソネット光は、auのスマホ料金が毎月1,000円割引される「auスマートバリュー」が適用でき、全国エリアで使える光回線です。

月額料金はauひかりよりも安いですが、実質料金はキャッシュバックがあるauひかりよりも数百円高くなります。

さらに、ソネット光はauスマートバリューを適用させるための光電話オプション料金(月額500円)がかかるので、2年間のトータル料金で見てもauひかりよりも高くなってしまいます。

それでも、マンションの方にソネット光をおすすめするのは、auひかりよりも対応しているエリアや建物が多くて契約しやすく、相場よりかは断然安いからです。

\ソネット光の申し込みはこちら/

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございます。

光回線の料金は建物によって異なり、相場は戸建5,000円・マンション4,500円ですが、中には月額2,000円近くも安く利用できる光回線もあります。

また、最近はセット割を利用するのが主流ですが、セット割が出来る光回線の中でも、自分に合った光回線を契約しましょう。
The following two tabs change content below.
光回線おすすめ

人気の記事一覧

光回線に関する情報の関連記事

インターネットまるわかりガイドの関連記事

役立つ基礎知識の関連記事

ヒカリCOM

TOPへ戻る