光回線で一番安いのはどこ?10社ランキングで徹底解説【11月最新版】

2019-11-05

光回線の料金体系はうんざりするくらい複雑で、どこが安いのか全く分からなくて困っているという人の声をよく聞きます。

そんな悩みをお持ちの方のために、光回線でかかる費用をすべて考慮したうえで、最も重要だとわかった月額料金を比較して安い順にランキング形式でまとめました。
エリア安い光回線トップ3
全国
So-net光
関西
eo光
中国
メガエッグ
戸建てとマンション両方の月額料金を比較した結果、どちらも上記の光回線が安値ランキングのトップ3に入っていたので、お住まいの地域ごとに3社から選ぶのがおすすめです。

また、ただ単に安いだけでなく、エリアや速度、スマホのセット割なども比較して紹介しています。契約前に知っておきたい光回線の費用についても解説しているのであわせて最後までご覧になっていってください。

安い光回線は月4,000円以下!安値ランキングTop10

光回線の月額料金を以下で比較し、戸建て・アパート別で安い順にランキングしました。

 戸建てマンション
1位eo光
(3,953円)
So-net光
(2,980円)
2位So-net光
(3,980円)
メガエッグ光
(3,200円)
3位メガエッグ光
(4,200円)
eo光
(3,274円)
4位ピカラ光
(4,400円)
ピカラ光
(3,700円)
5位BBIQ光
(4,667円)
BBIQ光
(3,767円)
6位NURO光
(4,743円)
auひかり
(3,800円)
7位ビッグローブ光
(4,980円)
ソフトバンク光
(3,800円)
8位auひかり
(5,100円)
コミュファ光
(3,980円)
9位ソフトバンク光
(5,200円)
ビッグローブ光
(3,980円)
10位ドコモ光
(5,200円)
ドコモ光
(4,000円)

月額料金が最安の光回線は、戸建てはeo光、マンションはSo-net光という結果になっています。なので、安い光回線を契約すれば4,000円以下で利用できるとういことです。

上のランキングを見ると、eo光やメガエッグ光、ピカラ光、BBIQ光などの地方回線が上位にきているのが分かります。地方回線はエリアを限定してサービスを提供しているので、比較的安い料金で利用可能です。

逆にドコモ光やauひかり、ソフトバンク光などの大手キャリアは他社よりも高くなっていますが、速度やスマホのセット割なども一緒に比較して最安の光回線を選びましょう。

とにかく安い光回線はSo-net光

★So-net光がとにかく安い理由
auのセット割が適用される光回線
・大幅割引きで月額料金が一番安い
・Wi-Fiルーターを無料レンタルできる
So-net光をもっと知りたい方はこちら
So-net光は先ほどのランキングでお話ししたように、全ての光回線の中でも最安といえる月額料金になっています。

auひかりと同じくauスマホのセット割が適用されるのでauユーザーはもちろんですが、大手キャリア以外のスマホを使っている人にも一番おすすめできる光回線です。

また、auユーザーなら高性能なWi-Fiルーターを無料でレンタルできるので自前で購入する必要がありません。

唯一のデメリットは公式でキャッシュバックがもらえないことですが、そのぶん月額料金が安くなっているので全く気にする必要がないでしょう。

▼So-net光の人気No.1窓口▼
so-net光申し込みサイト

住んでいる地域で安い光回線

関西地方はeo光

★eo光が安い理由
auのセット割が適用される地方回線
最安級の月額料金で利用できる
・Wi-Fiルーターのレンタル料金が安い
・新規申し込みで1万円分の商品券がもらえる
eo光をもっと知りたい方はこちら
eo光は関西エリアのみで提供されている光回線ですが、光回線の中で最も利用者の満足度が高い光回線として大人気です。(※ICT総研の調査報告書を参照)

人気の理由は、戸建てでもマンションでも月額料金がかなり安いことが挙げられます。auユーザーならスマホ料金も安くなり、Wi-Fiルーターを1年間無料でレンタルできて1年を過ぎても毎月96円で利用できるんです。

今なら公式で1万円分の商品券がもらえるので、月額料金が安いだけでなくキャッシュバックも貰えてお得に申し込めますよ。

▼eo光の人気No.1窓口▼
eo光の申し込み窓口

中国地方はメガエッグ光

★メガエッグ光が安い理由
auのセット割が適用される地方回線
・シンプルに月額料金が安い
2万円のキャッシュバックがもらえる
メガエッグ光をもっと知りたい方はこちら
メガエッグ光は中国地方限定でサービスを提供している光回線です。auユーザーはスマホ料金が割引されて、毎月のインターネット料金も安く抑えられます。

月額料金の安さランキングでは、戸建てタイプでもマンションタイプでもトップ3に入るくらい安い光回線なのでかなりおすすめです。

下記の窓口から申し込めば、2万円の高額キャッシュバックをもらうことができます。
\メガエッグ光の人気No.1窓口/
『メガエッグ光に申し込む』

四国地方はピカラ光

★ピカラ光が安い理由
auのセット割が適用される地方回線
・シンプルに月額料金が安い
・開通月の月額料金が0円
・auスマホとセットで無線LAN利用料0円
25,000円キャッシュバックがもらえる
ピカラ光をもっと知りたい方はこちら
ピカラ光は四国限定でサービスを提供している光回線です。月額料金が安いインターネットとしてたくさんの方に人気があります。

auユーザーなら、スマホのセット割が受けられるだけでなく、電話サービス加入で使えるホームゲートウェイの無線LAN機能が無料で使えてかなりおすすめです。

今ならピカラ光に申し込むことで、下記代理店から25,000円のキャッシュバックがもらえて更にお得になります。
\ピカラ光の人気No.1窓口/
『ピカラ光に申し込む』

九州地方はBBIQ光

★BBIQ光が安い理由
auのセット割が適用される地方回線
・Wi-Fiルーターを無料レンタルできる
2万円分のキャッシュバックがもらえる
BBIQ光をもっと知りたい方はこちら
BBIQ光は九州エリアで提供されている光回線で、地方回線としては珍しく高額キャッシュバックを実施しています。

auスマホとセットでスマホ料金が割引されて、電話オプションと同時申し込みでWi-Fiルーターを無料でレンタルできるんです。

一番お得な申し込み窓口は代理店の「NEXT」で、1万円分の商品券プレゼントと現金キャッシュバックで実質2万円のお金が戻ってきてかなりお得になります。
\BBIQ光の人気No.1窓口/
『BBIQ光に申し込む』

安くて速い光回線はNURO光

★NURO光が安くて速い理由
ソフトバンクのセット割が適用される光回線
戸建ての月額料金が圧倒的に安い
・世界最速!最大2ギガの超高速インターネット
・Wi-Fiルーターが標準装備で0円
・公式で35,000円キャッシュバックがもらえる
NURO光をもっと知りたい方はこちら
NURO光は関東・関西・東海・九州(福岡・佐賀)で提供されている光回線です。それ以外の地域にお住まいの方はNURO光を契約できないので他の光回線を検討しましょう。

ソフトバンク光と同じく「おうち割」が適用されて、スマホ料金が安くなるというのが大きなメリット。他社よりも月額料金が安いだけでなく、Wi-Fiルーターのレンタル料も月額料金に含まれています。

他社の光回線は最大1ギガのインターネット速度が限界ですが、NURO光は2倍の速度で利用できるので圧倒的に速いです。

公式キャンペーンでは、複雑な条件なしで35,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施しています。代理店ではなく公式でこれほどの高額キャッシュバックをしてくれるのはかなり珍しいのでおすすめです。

▼NURO光の人気No.1窓口▼
nuro申込み

スマホ料金が安くなる光回線

ドコモ光

★ドコモ光が安い理由
ドコモのセット割が適用される唯一の光回線
・高性能Wi-Fiルーターを無料レンタルできる
・最大2万円の高額キャッシュバックがもらえる
ドコモ光をもっと知りたい方はこちら
ドコモ光は全国的にサービスを展開している光回線なので、対応しているエリアを気にする必要がありません。

プロバイダによって高性能なWi-Fiルーターを無料レンタルでき、さらにv6プラスという高速通信が使い放題という最も優れた光回線。

ドコモ光はどこから申し込んでも同じキャンペーンが適用されるので、窓口によって違うのはキャッシュバックのみになります。

一番おすすめな申し込み窓口は、プロバイダとして実績があり2019年1番人気の「GMOとくとくBB」です。

ネット単体だと5,500円しか還元されませんが、映像サービスを同時契約すると最大2万円の現金キャッシュバックがもらえます。

▼ドコモ光の人気No.1窓口▼
ドコモ光の申し込みサイト

ソフトバンク光

★ソフトバンク光が安い理由
ソフトバンクのセット割が適用される光回線
マンションの月額料金がNURO光より安い
・電話オプション加入でWi-Fiルーター利用料0円
3万円のキャッシュバックがもらえる
ソフトバンク光をもっと知りたい方はこちら
ソフトバンク光は、戸建ての場合はNURO光よりも月額料金が高くなってしまいますが、マンションの場合は料金が安くなります。

なぜならNURO光はマンションタイプでも契約できますが、今のところ対応しているアパートやマンションが少ないので戸建てタイプの契約になってしまうからです。

ソフトバンク光は一緒に住んでいる家族全員のスマホ代が1,000円安くなるだけでなく、遠くに住んでいる祖父母のソフトバンクスマホも割引きの対象になります。

また、固定電話に加入すればWi-Fiルーターを無料で利用できるので、わざわざ自前で購入する必要がありません。人気代理店の「ゼロプラス」から申し込めば、3万円分のキャッシュバックがもらるのでお得です。

▼ソフトバンク光の人気No.1窓口▼
ソフトバンク光の申し込み窓口

auひかり

★auひかりが安い理由
auのセット割が適用される光回線
・電話サービス加入で無線LAN利用料0円
5万円のキャッシュバックがもらえる
・au Walletポイントが貯まってお得
auひかりをもっと知りたい方はこちら
auひかりは今のところ、滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・福井県・岐阜県・愛知県・静岡県・三重県・沖縄県が対象外エリアです。

auユーザーはSo-net光や地方回線(eo光、メガエッグ光、ピカラ光、BBIQ光)などauのセット割が適用される光回線が多いので、最もお得な光回線を選びましょう。

auひかりの他社にはないメリットとして、auのスマホ料金と請求が一つにまとめられること、au Walletポイントが貯められることが挙げられるのでおすすめです。

▼auひかりの人気No.1窓口▼
auひかりの申し込み窓口

安い光回線の契約前に知っておきたい費用について

光回線を契約する際の初期費用

光回線を契約する際にかかる費用は以下の3つです。

●契約事務手数料(約3,000円)
●初期工事費(一括払い/分割払い)

契約事務手数料はどの光回線に申し込んでも最初に手数料としてかかってきます。初月の月額料金と一緒に請求される費用なので覚えておいてください。

また、初期工事費は光回線の工事をおこなうのに必要になる料金です。ただし、現在は乗り換えで工事不要になったりキャンペーンで工事費無料になったりすることが多いので、絶対に必要な費用ではありません。

光回線で毎月支払っていく費用

光回線を利用する際にかかる月額料金には以下3つの料金が必ず含まれています。

●光回線の回線使用料
●プロバイダ利用料

プロバイダは光回線をインターネットに接続するために必要不可欠なので、ほとんどの光回線ではプロバイダとセットの月額料金としてサービスを提供しています。

また、上記の費用とは別途でオプションサービスに加入した場合の費用がかかるかもしれません。Wi-Fiルーターをレンタルしたり電話サービスを利用したりする場合は、月額料金にプラスして費用が加算されます。

光回線を解約する際の費用

光回線の利用料金だけではなく、解約したときの費用も考えなければなりません。

●解約違約金
●撤去工事費

光回線では契約期間が決まっていることが多く、契約更新のタイミングで解約しないと違約金が発生します。

2年契約の場合は24ヶ月後、3年契約の場合は36ヶ月後に更新月がやってくるので、それ以外のタイミングで解約した場合は相場として9,500円ほどの解約違約金が発生します。

撤去工事費は、光回線のサービスを解約した時に配線やコンセントを業者に撤去してもらう費用です。撤去工事を希望しない限り必要ない費用ですが、auひかりの戸建てタイプは撤去工事が強制なので注意してください。

まとめ

ここまで、安い光回線を契約するために比較したい料金をもとに、皆さんにとって最安のインターネットをご紹介してきました。

当記事で紹介している厳選7社の光回線からご自身の状況に合ったものを選べば、必ず毎月のインターネット料金を安くできます。

安くて快適な光回線を見つけるために、この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。
The following two tabs change content below.
光回線おすすめ
ヒカリCOM

TOPへ戻る