工事費無料の光回線22社一覧!実質無料キャンペーンに隠された罠も!【2021年6月】

工事費無料の光回線
工事費無料の光回線はどれ?キャンペーンの内容は?など工事費無料の光回線について気になっていませんか。

現在、22社の光回線で工事費無料キャンペーンを実施しています。

通常20,000円程度の工事費を抑えることができるので、これを利用しない手はないでしょう。

ただし工事費無料キャンペーンは、解約時に場合によっては費用がかかってしまうことも・・。キャンペーンに隠された罠を知らなければ、後々高額請求されることにもなりかねません。

そのため、この記事では工事費無料の光回線に関する以下の情報をまとめました。
●工事費無料キャンペーン実施中の光回線は?
●「実質無料」と「完全無料」の違いは?
●工事費無料キャンペーンに隠された罠とは?
この記事を読むことで、工事費無料の光回線がわかるだけでなく、キャンペーン適用後、後々損してしまうリスクを防ぐことができます。是非参考にしてくださいね。

※総額表示義務化に伴い、当サイトは全て「税込み価格」で掲載しています。

【2021年】工事費無料の光回線22社一覧まとめ

ここでは、工事費無料キャンペーンを実施している光回線22社を紹介します。

◆表の見方 [実質無料]工事費の分割額が月々の請求から割り引かれて実質無料になる [完全無料]そもそも工事費がかからず、完全0円
以下の表で、お目当ての光回線が「実質無料」と「完全無料」のどちらなのか一目で確認することができるので、参考にしてくださいね。

表中の光回線名をクリックすれば、それぞれの光回線の工事費について詳しく確認することができます。
光回線完全無料実質無料
ドコモ光
auひかり
ソネット光
プラス
NURO光
nifty光
ビッグローブ光
Asahiネット光
DTI光
TCOM光
スマート光
コミュファ光
eo光
ピカラ光
メガエッグ光
エキサイトMEC光
エキサイト光
フレックス光
Cひかり
FON光
SPEEDIA光
クイック光

ドコモ光の工事費

 戸建てマンション
通常工事費19,800円16,500円
分割回数12~60回払い12~60回払い
特典キャンペーンで
完全無料
キャンペーンで
完全無料
ドコモ光は、キャンペーンによって工事費が「完全無料」になります。通常15,000~18,000円かかる工事費が完全に0円になるということです。

・戸建て:19,800円 ⇒0円
・マンション:16,500円 ⇒0円

とくに条件もなく、途中で解約してしまっても工事費残債は発生しません。

ただし、キャンペーンは不定期に開催されるので、申し込みを検討の際はドコモ光公式サイトを確認しておきましょう。

※詳しい情報が知りたい方はドコモ光の記事をご覧ください。

\ドコモ光の申し込みはこちら/ドコモ光申し込み

auひかりの工事費

auひかりは通常【戸建て41,250円・マンション33,000円】の工事費がかかります。基本的には分割払いとなります。
 戸建てマンション
通常工事費41,250円33,000円
分割回数688円×60回1,375円×24回
特典キャンペーンで
実質無料
キャンペーンで
実質無料
ただし、以下のプロバイダを選ぶと「実質無料」になります。

工事費実質無料になるプロバイダは・・・
・GMOとくとくBB
・au one net
・BIGLOBE
・DTI

戸建ては5年・マンションは2年使うと、毎月の割引で相殺される仕組みです。

ただし、途中解約してしまうと以下の残債がかかることは頭に入れておきましょう。

戸建ての場合・・・
1年で解約すると:33,000円
2年で解約すると:24,750円

マンションの場合・・・
1年で解約すると:16,500円
2年で解約した場合は:0円

※詳しい情報が知りたい方はauひかりの記事をご覧ください。
▼最大61,000円キャッシュバック▼
auひかり×GMOとくとくBB

ソネット光プラスの工事費

 戸建てマンション
通常工事費26,400円
分割回数60回48回
工事費無料キャンペーンで
実質無料
キャンペーンで
実質無料
ソネット光プラスの工事費は、戸建てもマンションも通常26,400円です。

建物によって分割回数が変わり、月々支払っていきますが、利用期間中は工事費と同じ金額が引かれて実質無料になります。

ただし、解約時に工事費が残っている場合は一括で支払う形になります。

例:マンションを2年間で解約した場合
26,400円-(550円×24ヵ月)=13,200円

上の例では解約時に13,200円が発生。戸建てなら60ヶ月、マンションなら48ヶ月以上利用し続けなければ、完全に無料にならないことを知っておいてください。

※詳しい情報が知りたい方はソネット光プラスの記事をご覧ください。
\2021年月額料金が安くてお得/
ソネット光プラス公式サイト

NURO光の工事費

 開通工事費
通常工事費44,000円
分割回数1,467円×30回
工事費無料キャンペーンで
実質無料
※工事費の残債が発生することも
NURO光の工事費は戸建て・マンションともに40,000円です。

本来は、工事費を30回の分割払いで月々支払っていきます。

しかし、キャンペーンによって利用期間中は月々の分割払い料金が割引されるため、工事費は「実質無料」です。

ただし、工事費分割払い期間中に解約する場合は、工事費の残債を一括で支払うことになります。

例:1年で解約した場合
44,000円-(1,467円×12ヶ月)=工事費残債 26,406円

30ヶ月以内に解約してしまうと工事費が完全に無料にはならないので、気をつけてください。

※詳しい情報が知りたい方はNURO光の記事をご覧ください。

\45,000円キャッシュバック/
NURO公式サイト

@nifty光の工事費

 戸建てマンション
通常工事費19,800円16,500円
分割回数30回
工事費無料キャンペーンで
実質無料
キャンペーンで
実質無料
@nifty光では工事費が実質無料になります。工事費は30ヶ月間の分割料金になり、以下のように同じ金額が引かれる形です。

戸建て:19,800円-(660円×30ヶ月)
マンション:16,500円-(550円×30ヶ月)

ただし、解約時に残りの工事費を一括で支払う必要があるので注意しましょう。(例えば、マンションタイプを1年以内に解約した場合、残りの工事費9,000円が発生)

つまり30ヶ月以上利用しないと、工事費が完全に無料にならないということです。

※詳しい情報が知りたい方は@nifty光の記事をご覧ください。
\25,000円キャッシュバック/
@nifty光公式サイト

ビッグローブ光の工事費

 戸建てマンション
通常工事費33,000円29,700円
分割回数40回
工事費無料キャンペーンで
実質無料
キャンペーンで
実質無料
ビッグローブ光の工事費は、戸建て30,000円、マンション27,000円と高いです。

ただ、工事費を分割払いにすると実質無料になります。なぜなら、工事費は40回に分けて支払っていくのですが、同じ金額が引かれていき、結果として全て完済されるからです。

戸建て:33,000円-(825円×40ヶ月)
マンション:29,700円-(743円×40ヶ月)

もし40ヶ月以内に解約すると、工事費の残りを一括で支払うことになります。

例えば、マンションタイプを2年以内に解約した場合、残りの工事費11,888円(29,700円-743円×16ヶ月)が発生するということです。

ビッグローブ光は40ヶ月以上利用しないと完全に無料にならないことを覚えておきましょう。

※詳しい情報が知りたい方はビッグローブ光の記事をご覧ください。
▼2021年1番人気な窓口▼ビッグローブ光を申し込む

Asahiネット光の工事費

 戸建てマンション
通常工事費19,800円16,500円
分割回数一括のみ
工事費無料キャンペーンで
実質無料
キャンペーンで
実質無料
Asahiネット光の工事費は、戸建て19,800円、マンション16,500円の一括払いです。

ただ、Asahiネット光では新規の方向けに「工事費相当額のキャッシュバックキャンペーン」を実施中です。つまり、支払った工事費があとから自分に返ってくるということ。

受け取り方法は、3ヶ月目の15日頃に届くメールから振込先口座を登録するだけです。メールの受信から45日以内に手続きしないと無効になるので忘れないようにしてください。

※詳しい情報が知りたい方はAsahiネット光の記事をご覧ください。
▼2021年最も選ばれている窓口▼Asahiネット光の申し込みはこちら

DTI光の工事費

 戸建てマンション
通常工事費19,800円16,500円
分割回数一括のみ
工事費無料キャンペーンで
実質無料
キャンペーンで
実質無料
DTI光の工事費は、戸建て19,800円、マンション16,500円の一括払いです。

ただ、DTI光では新規の方向けに「最大19,000円の工事費キャッシュバック」を実施しています。工事費の全てが返ってくるわけではありませんが、お得に申し込めるはずです。

【ひかり電話に加入する場合】
戸建て:19,000円
マンション:16,000円
【DTI光のみ申し込む場合】
戸建て:12,000円
マンション:10,000円

受け取り方法は、7ヶ月後に届くメールから振込先口座を登録するだけです。メールの受信から45日以内に手続きしないと無効になるので忘れないようにしてください。

※詳しい情報が知りたい方はDTI光の記事をご覧ください。
▼2021年1番人気な窓口▼DTI光を申し込む

@TCOMヒカリの工事費

 戸建てマンション
通常工事費19,800円16,500円
分割回数660円×30回550円×30回
工事費無料キャンペーンで
実質無料
※工事費の残債が発生することも
キャンペーンで
実質無料
※工事費の残債が発生することも
@TCOMヒカリの工事費は、戸建て19,800円、マンション16,500円です。

工事費を30回の分割払いで月々支払っていきますが、月々払う工事費の金額が割り引かれるため、結果として工事費は「実質無料」になります。

戸建て:19,800円-(660円×30ヶ月)
マンション:16,500円-(550円×30ヶ月)

ただし、工事費分割期間中の解約は工事費の残りを一括で支払わなければいけないので注意しましょう。

例えばマンションタイプを1年で解約すると、残りの工事費分割払い9,900円(残りの18ヶ月×550円)が請求されます。

※詳しい情報が知りたい方はTCOM光の記事をご覧ください。

スマート光の工事費

 戸建てマンション
通常工事費19,800円16,500円
分割回数一括払い一括払い
工事費無料キャンペーンで
完全無料
キャンペーンで
完全無料
スマート光の工事費は、戸建て19,800円、マンションは16,500円です。

しかし、工事費が「完全無料」になるキャンペーンを実施しているため、工事費は0円になります。

・戸建て19,800円 ⇒0円
・マンション16,500円 ⇒0円

「完全無料」のため、解約した際に工事費分割払いの残債がかかる心配もないのがうれしいポイントです。

ただし、キャンペーンはいつ終了してしまうかわからないので、キャンペーンを実施している今のうちに申し込むことをおすすめします。

※詳しい情報が知りたい方はスマート光の記事をご覧ください。

コミュファ光(東海限定)の工事費

 開通工事費
通常工事費27,500円
工事費無料キャンペーンで
完全無料
コミュファ光の工事費は通常27,500円ですが、「完全無料」になるキャンペーンを実施しています。

コミュファ光の工事費は完全に無料のため、どのタイミングで解約しても工事費残債の支払いが一切必要ありません。

さらに、キャンペーンの適用条件も特にないので、コミュファ光を申し込む場合はキャンペーン期間中の申し込みがおすすめです。

※詳しい情報が知りたい方はコミュファ光の記事をご覧ください。

eo光(関西限定)の工事費

 戸建てマンション
通常工事費29,700円0円
分割回数990円×30回一括払い
工事費無料キャンペーンで
実質無料
キャンペーンで
完全無料
eo光の工事費は戸建て29,700円。マンションは完全無料です。

戸建ては、工事費の割引期間30ヶ月を継続利用することで実質無料になります。

ここで注意してほしいのが、割引期間内の解約で工事費の残債が発生するということ。

例:戸建てを1年間で解約した場合
29,700円-(990円×12ヵ月)=17,820円の工事費残債が発生!

またマンションは完全無料なので、どのタイミングで解約しても工事費残債は発生しません。安心してくださいね。

※詳しい情報が知りたい方はeo光の記事をご覧ください。
\eo光のお得な申込み窓口/eo光公式サイト

ピカラ光(四国限定)の工事費

 戸建てマンション
通常工事費27,500円27,500円
分割回数一括払い一括払い
工事費無料キャンペーンで
完全無料
キャンペーンで
完全無料
ピカラ光は工事費が完全無料になる光回線です。

具体的に言うと通常27,500円かかる工事費が一括で無料になるということ。
つまりピカラ光をどのタイミングで解約しても、工事費残債の支払いが必要ありません。

工事費無料の条件も特になく、ピカラ光を申し込むだけで適用可能。四国地方に住んでいる方は是非検討してみてくださいね。

※詳しい情報が知りたい方はピカラ光の記事をご覧ください。

メガエッグ光(中国限定)の工事費

 開通工事費
通常工事費38,500円
分割回数1,100円×35回
工事費無料キャンペーンで
実質無料
※工事費の残債が発生することも
メガエッグ光の工事費は、戸建てもマンションも通常35,000円と高いです。

通常は、工事費を35回の分割払いで月々支払います。

しかし、キャンペーンによって月々の分割払い料金が割り引かれ「実質無料」になっています。

工事費:35,000円-(1,000円×35ヶ月)

ただし、途中で解約する場合は、高額な工事費残債が発生することもあります。

(例)12ヶ月で解約した場合
23ヶ月×1,000円=工事費残債 23,000円

メガエッグ光の工事費分割回数は35ヶ月と長く、35ヶ月以上利用しないと工事費が完全に無料にはならないので注意しましょう。

※詳しい情報が知りたい方はメガエッグ光の記事をご覧ください。

エキサイトMEC光の工事費

 戸建てマンション
通常工事費19,800円16,500円
分割回数一括のみ
工事費無料キャンペーンで
実質無料
キャンペーンで
実質無料
エキサイトMEC光の工事費(戸建て:19,800円、マンション:16,500円)はキャンペーンによって「完全無料」になります。

とくに条件や必要な手続きもなく、途中で解約しても工事費残債は発生しません。

このようにキャンペーンによって工事費が完全無料になるのは珍しいです。エキサイトMEC光は契約期間の縛りがない光回線でもあるので、あわせて検討してみてください。

※詳しい情報が知りたい方はエキサイトMEC光の記事をご覧ください。
▼最安水準の光回線として大人気▼エキサイトMEC光公式サイト

エキサイト光の工事費

 戸建てマンション
通常工事費19,800円16,500円
分割回数一括のみ
工事費無料キャンペーンで
実質無料
キャンペーンで
実質無料
エキサイト光の工事費(戸建て:19,800円、マンション:16,500円)はキャンペーンによって「完全無料」になります。

キャンペーンには条件や手続きもなく、途中で解約しても工事費残債は発生しません。

ちなみに、同じ系列サービスのエキサイトMEC光でも工事費は完全無料になるので、エキサイト光を検討している方はエキサイトMEC光も一緒にチェックしておきましょう。

※詳しい情報が知りたい方はエキサイト光の記事をご覧ください。

フレックス光の工事費

 戸建てマンション
通常工事費19,800円16,500円
分割回数24回18回
工事費無料キャンペーンで
実質無料
※工事費の残債が発生することも
キャンペーンで
実質無料
※工事費の残債が発生することも
フレックス光は、月額料金に加算される工事費分割払い料金が、キャンペーンによって割引され「実質無料」になっています。

戸建て:19,800円-(825円×24ヶ月)
マンション:16,500円-(688円×24ヶ月)

フレックス光の工事費「実質無料」キャンペーンはいつ終了するか未定なので、キャンペーン期間中の申し込みがおすすめです。

ただし解約する際に工事費分割払いの残債が一括で請求される場合もあるので、気をつけましょう。

・12ヶ月で解約した場合
戸建て:12ヶ月×825円=工事費残債 9,900円
マンション:6ヶ月×688円=工事費残債 4,128円

※詳しい情報が知りたい方はフレックス光の記事をご覧ください。

Cひかりの工事費

 開通工事費
通常工事費44,000円
分割回数1,467×30回
工事費無料キャンペーンで
実質無料
※工事費の残債が発生することも
Cひかりの工事費は、戸建て・マンションタイプともに通常44,000円と高いです。

本来は、工事費を30回の分割払いで支払うのですが、利用期間中は分割払いと同じ金額が月々割り引かれるため「実質無料」となります。

工事費:44,000円-(1,467円×30ヶ月)

もし、30ヶ月以内で解約する場合は、工事費の残りの分割払いを一括で支払わなければいけません。

例えば、12ヶ月で解約する場合は、工事費の残債26,406円(18ヶ月×1,467円)を支払うことになります。

そのため、Cひかりは30ヶ月以上利用しないと工事費が完全には無料にならないので、気をつけましょう。

※詳しい情報が知りたい方はCひかりの記事をご覧ください。

\人気No.1の申し込み窓口/
Cひかり公式サイトはこちら

FON光の工事費

 開通工事費
通常工事費44,000円
分割回数1,467×30回
工事費無料キャンペーンで
実質無料
※工事費の残債が発生することも
FON光の工事費は、戸建てもマンションも通常44,000円です。

本来は、工事費の分割払い料金が月額料金に加算され請求されます。

しかし、利用期間中は月々の工事費分割料金が割り引かれて「実質無料」になります。

ただし、30ヶ月以内に解約する場合は工事費の残債が一括で請求されるので注意してください。

・12ヶ月で解約した場合
18ヶ月×1,467円=工事費残債 26,406円

上の例のように、場合によっては解約時に高額な工事費の残債を支払うことになります。

※詳しい情報が知りたい方はFON光の記事をご覧ください。

▼2021年人気の光回線▼FON光の申し込み窓口はこちら

SPEEDIA光の工事費

 戸建てマンション
通常工事費19,800円16,500円
分割回数660円×30回550円×30回
工事費無料キャンペーンで
実質無料
※工事費の残債が発生することも
キャンペーンで
実質無料
※工事費の残債が発生することも
SPEEDIA光の工事費は戸建て19,800円、マンション16,500円です。

しかし、キャンペーンによって、以下のように月々に支払うはずの工事費分割払いが割り引かれ「実質無料」になっています。

戸建て:19,800円-(660円×30ヶ月)
マンション:16,500円-(550円×30ヶ月)

ただし、途中解約すると残りの工事費分割払い料金を一括で支払わなければいけません。

例えば、戸建てタイプを1年で解約する場合、工事費の残債11,880円(18ヶ月×660円)を支払う必要があります。

そのため、戸建てでもマンションでも、30ヶ月以上利用することでようやく工事費が割引きで完済され実質無料となるので、注意しましょう。

※詳しい情報が知りたい方はSPEEDIA光の記事をご覧ください。

クイック光の工事費

 開通工事費
通常工事費26,400円
分割回数1,100円×24回
工事費無料キャンペーンで
実質無料
※工事費の残債が発生することも
クイック光の工事費は、建物によらず戸建て・マンションともに26,400円です。

工事費を24回払いで月々支払いますが、クイック光の利用期間中は月々の工事費分割払いの料金が割り引かれます。

工事費:26,400円-(1,100円×24ヶ月)

逆に、24ヶ月以内に解約すると、工事費の残債が一括で請求されるので注意してください。

例えば、12ヶ月で解約した場合は、工事費分割払いの残債12,000円を支払うことになります。

例:1年で解約した場合
残り12ヶ月分×1,100円=工事費残債13,200円


※詳しい情報が知りたい方はクイック光の記事をご覧ください。

光回線の工事費無料キャンペーンについて

光回線には、工事費無料のキャンペーンを実施している事業者が数多くあります。

工事費無料キャンペーンとは、通常20,000円程度かかる光回線の工事費が無料になる特典。光回線の高額な初期費用を大幅に抑えることが可能です。

ただ気を付けなければならないのが、光回線の工事費無料キャンペーンは、以下の2種類に分かれるということ。
なぜなら、それぞれ割引の仕組みが異なり、場合によっては損してしまうこともあるからです。
・実質無料
・完全無料
それでは、具体的になにが違うのか、詳しく紹介していきます。

実質無料

工事費実質無料というのは、工事費の分割額が月々の請求から割り引かれて実質無料になるということ。
例えば、ソネット光プラスでいうと…

工事費総額26,400円が月々440円づつ60ヶ月間かけて割り引かれる!という仕組みです。
つまり、以下のようにソネット光プラスを60ヶ月間継続利用することで、ようやく工事費が実質無料になります。
言い換えると、60ヶ月間は工事費割引の縛りがあるということです。
▼ソネット光プラス工事費実質無料のイメージ
開通1ヶ月目:26,400円-(440円×1ヶ月)=工事費は残り25,960円
開通12ヶ月目:26,400円-(440円×12ヶ月)=残り21,120円
開通24ヶ月目:26,400円-(440円×24ヶ月)=残り15,840円

開通60ヶ月目:26,400円-(440円×60ヶ月)=0円 工事費が実質無料になる!
そのためこの期間に光回線を解約してしまうと、工事費の残債を支払わなければならないといったデメリットも。
詳しくは後ほど「騙されるな!工事費無料の罠」で紹介するので、よく確認してくださいね。

完全無料

工事費が完全無料の光回線では、名前の通り、完全に無料での開通工事が可能。
具体的にどういうことかというと、工事費が一括で0円になるということです。
つまり実質無料と違い、光回線をいつ解約しても工事費の残債は発生しません。

そのため短期間で光回線を解約する可能性がある人は、工事費が完全無料の光回線を選べば、損することはないです。

ただし工事費が完全無料のキャンペーンを実施している光回線は少数。この後、詳しく紹介していきます。

騙されるな!工事費無料の罠

工事費実質無料の光回線は、割引の仕組み上、注意しなければならないことが多数あります。
▼工事費実質無料の注意点
・途中解約で、工事費の残債が発生する
・契約期間満了でも残債が発生する場合がある
こういった罠に引っかからないよう詳しく解説していくので、参考にしてくださいね。

残債が発生する

工事費実質無料の光回線は、短期間で解約することで、工事費の残債が発生するといった罠があります。

理由は、文頭で紹介した通り。割引の仕組み上、決められた期間は光回線を継続利用しないと、工事費が無料にならないからです。

例:auひかりを12ヶ月で解約した場合…
(工事費総額:41,250円)-(割引額:688円×12ヶ月)=工事費残債33,000円が発生!

このことを頭に入れておかないと、上記の例のようにただ解約するだけで、高額な費用を請求されることになってしまいます。注意してくださいね。

契約期間満了でも残債が発生

工事費実質無料光回線のもう一つの注意点が、契約期間を満了しても工事費残債が発生する場合があるということです。

というのも、以下の表の通り、一部の光回線では更新月と工事費の割引期間にずれがあるからです。
光回線契約期間更新月工事費
割引期間
NURO光2年25ヶ月目1,467円
×30ヶ月
auひかり3年37~38ヶ月目688円
×60ヶ月
ソネット光
プラス
3年37~38ヶ月目550円
×48か月
ビッグローブ光3年37ヶ月目825円
×40ヶ月
つまり、契約期間満了で光回線を解約しても、工事費残債の支払いが必ず必要ということ。
例えば、NURO光の場合… 

更新月の25ヶ月目に解約しても
(工事費総額:44,000)-(割引額:1,467×25ヶ月)=工事費残債7,335円の支払いが必要!

ということになります。

この場合、更新月に解約して工事費残債の支払いをあきらめるか、2回目の更新月まで同じ光回線を使い続けるか、の2択になります。頭に入れておきましょう。

まとめ

工事費無料キャンペーン実施中の光回線は以下の22社になります。
▼工事費無料キャンペーン実施中光回線
ドコモ光/auひかり/ソネット光プラス/NURO光/nifty光/ビッグローブ光/Asahiネット光/DTI光/TCOM光/スマート光/コミュファ光/eo光/ピカラ光/メガエッグ光/エキサイトMEC光/エキサイト光/フレックス光/Cひかり/FON光/SPEEDIA光/クイック光
工事費無料キャンペーンは、0円で光回線の開通工事を実施することが可能。
一見お得な工事費無料キャンペーンですが、以下の点には十分注意してくださいね。

・光回線の途中解約で残債が発生する
・契約期間満了でも工事費残債がかかる光回線もある

人気の記事一覧

インターネットまるわかりガイドの関連記事

役立つ基礎知識の関連記事

ヒカリCOM

TOPへ戻る