光ギガからドコモ光へ乗り換える4つのメリット!工事が不要な理由とは?

2019-10-10

光ギガからドコモ光へ乗り換えを検討している人は、今がチャンスです。

2019年7月から始まった事業者変更によって、開通工事をすることなくドコモ光へ乗り換えることができるようになりました。

ドコモ光へ乗り換えをすれば、月額料金が安くなり、速度も速くなるので、得することばかりです。

さらにセット割でドコモのスマホも安くなるので、ドコモユーザーなら今すぐ切り替えることをおすすめします。

この記事では乗り換え方法やドコモ光のメリット、おすすめ窓口を紹介しているので参考にしてください。

事業者変更で開通工事が不要

光ギガからドコモ光へ乗り換える時は、開通工事は必要ありません。

2019年の7月から「事業者変更」ができるようになったことで、フレッツ回線同士での乗り換えであれば、工事をしなくても切り替えができるようになりました。

面倒な工事の立ち合いや、高額な工事費がなくなったので、他の回線に申し込むよりも簡単・お得に乗り換えをすることができます。

乗り換えのハードルがぐっと低くなったので、光ギガを契約中の人はドコモ光への乗り換えがおすすめです。

▼事業者変更とは フレッツ光回線を利用した光コラボを契約中の人が他の光コラボの回線に移行する場合、工事不要で乗り換えができるようになることです。2019年7月1日から事業者変更が開始されるようになりました。

光ギガからドコモ光へ乗り換える方法

光ギガからドコモ光へ乗り換えるための、大まかな手順は下記のようになっています。

乗り換え手順 1.事業者変更承諾番号の取得 2.オプションの引継ぎ 3.ドコモ光へ申し込む 4.切り替え
今回は光回線の乗り換えではなく「事業者変更」という扱いになるため、通常とは違う手順が必要になりますが、難しい手続きはないので気軽に切り替えをしていきましょう。 「事業者変更」によって乗り換えをする場合、早ければ1週間、遅くても1ヶ月以内には光ギガからドコモ光へ切り替えることができます。

1.事業者変更承諾番号を取得する

「事業者変更」で光ギガからドコモ光へ乗り換える場合は、最初に「事業者変更承諾番号」という番号を取得しなければなりません。

ドコモ光へ申し込む時に「事業者変更承諾番号」を伝えることで、工事なしで乗り換えができるようになります。

光ギガへ問い合わせをして発行手続きをすれば、2~3日後にメール、またはSMSで番号が送られてきますので、削除しないように注意しましょう。

問い合わせ先 0570-064-120 受付時間:10:00~18:00 (年末年始を除く)
番号の取得と同時に光ギガの解約手続きも行うことになりますが、ドコモ光が使えるようになるまでは利用し続けることができるので安心してください。

2.オプションの引継ぎ手続き

下記のオプションを利用中の人は事業者変更承諾番号を取得したあとに引継ぎ手続きが必要です。

引き継ぎ手続きが必要なオプション ・ひかり電話 ・リモートサポートサービス ・フレッツ・テレビ伝送サービス ・24時間出張修理オプション
オプションは引き継ぎをする時に、契約者の名前や住所など契約状況を乗り換え先へ開示されることになります。 そのため下記へ連絡をして、「情報開示承諾手続き」というものを行うことで、オプションをそのまま引き継ぐことができるようになります。
▼連絡先 【NTT東日本】東日本開示承諾受付センター [電話] 0120-112335 【NTT西日本】光番号ご案内センター [電話] 0800-200105 ※住んでいる地域で連絡先がわかれているの注意してください。
特にひかり電話を利用している人はオプション引継ぎの手続きをしないと、電話番号が引き継げないので必ず手続きを忘れないようにしましょう。

3.ドコモ光へ申し込む

事業者変更承諾番号を取得したら、ドコモショップ、家電量販店、ネットなど、好きな窓口でドコモ光の申込みをしていきます。

申し込み手続きの最後に、ギガ光からドコモ光へ切り替える日にちを決めていきますので、都合のいい日を選んでください。

数日後にドコモから開通案内が届きますので、忘れずに確認しておきましょう。

4.切り替え日

切り替え日の当日になればギガ光からドコモ光への切り替えが自動的に行われ、完了した時点でギガ光も解約となります。

当日にやることは基本的に何もありませんが、プロバイダを変更した人やWi-Fiルーターを取り換える人は初期設定が必要ですので、忘れないようにしてください。

後日ドコモから申し込み書の控えが届きますので、保管しておきましょう。

乗り換えの注意点

乗り換え時の注意点をいくつか紹介します。

▼事業者変更承諾番号は期限がある
事業者変更承諾番号は15日の期限があるので、その間にドコモ光への申込みを済ませておく必要があります。

切り替えを終わらせるのではなく、申し込みを完了させるだけなので、番号を受け取ったら早めに手続きをしておきましょう。

期限が切れた場合は再発行することができますので安心してください。

▼事業者変更承諾番号は即日発効できない
基本的には事業者変更承諾番号は即日発効できないので、ドコモ光の申込みを予定している数日前に番号の取得を済ませておく必要があります。

\2019年最も選ばれています/
ドコモ光の大人気窓口

選ばれる理由は・・・
★利用者の97%が速度が速いと回答!
★制限なしネット使い放題!
★今なら工事費0円で始められる!
★最新Wi-Fiルータープレゼント!
★家族全員のスマホが1,000円割引!
★最高額25,000円キャッシュバック!

ドコモ光なら超高速インターネットが使い放題◎
工事費0円キャンペーン実施中の今がお得です!
▼25,000円キャッシュバック中▼ ドコモ光申し込み

乗り換えで必要な費用

光ギガからドコモ光へ乗り換えるときに発生する必要な費用は下記のようになります。

必要な費用 ・光ギガの解約金(9,975円) ・光ギガの工事費の残債(最大24,000円) ・事業者変更取得番号の発行費(3,000円) ・ドコモ光の契約事務手数料(3,000円)
ギガ光の更新期間に解約する場合や、工事費の残債がない人は事業者変更承諾番号の発行費用と、ドコモ光の契約事務手数料のみです。 事業者変更承諾番号の費用と、ドコモ光の事務手数料は切り替えが終わった翌月に、ドコモから請求が来るので覚えておきましょう。

光ギガの解約金

光ギガを解約した場合9,975円の費用が発生しますが、契約から25ヶ月目、26ヶ月目の更新期間であれば解約金を支払うことなく無料で解約できます。

また、長とくプランを契約している人は時期によって解約金が変わるので注意しましょう。

長とくプランの解約金 契約から24ヶ月目以内:11,000円 契約から25ヶ月目以降:9,975円
自分がどのプランを利用しているのか、更新期間はいつなのか、などは光ギガの会員ページから調べることができるので、不安な人は確認することをおすすめします。

光ギガの工事費の残債

光ギガの工事費24,000円の工事費を分割で支払っている場合、残債を一括で支払うことになります。

光ギガは初月3,000円を支払ったあとは、残りの21,000円を(875円×24回)という形で支払いをしているため、残りの月数分の金額が請求されます。

例)契約から16ヶ月目で解約する場合 21,000円-(875×15回)=7,875円

ドコモ光に乗り換えるメリット

ドコモスマホが安くなる

ドコモスマホとドコモ光をセットで申し込むと、ドコモのスマホ代が安くなるセット割を利用することができます。

割引金額は契約しているスマホプランによって違いますが、最大1,000円の割引を受けることが可能です。
プラン割引額
ギガホ1,000円
ギガライト7ギガ未満1,000円
5ギガ未満1,000円
3ギガ未満500円
1ギガ未満なし
さらに家族のスマホも割引の対象となるので、スマホの契約者が多いほど、どんどんお得になってきます。

スマホ代が割引されない光ギガを契約しているのは勿体ないので、ドコモスマホを利用している方は早めに乗り換えすることをおすすめします。

速度が速くなる

光ギガとドコモ光の通信速度は最大1Gでどちらも同じですが、ネットの接続方法に違いがあり、結果的にドコモ光の方が速度が出やすくなっています。

ネットの接続方法はIPv4(旧方式)とIPv6(新方式)の2つに分かれていて、IPv6の方が速度が速い接続方式になっています。

▼接続方法の違い 光ギガ→IPv4(速度が遅い) ドコモ光→IPv6→(速度が速い)
ドコモ光へ乗り換えることでネットが速くなるので、光ギガの速度が遅くて困っている人にはおすすめです。

月額料金が安くなる

月額料金も安くなり、スマホのセット割と合わせるとかなりお得にネットが使えるようになります。

 戸建てマンション
光ギガ5,300円4,200円
ドコモ光5,200円4,000円
ドコモ光は光ギガと同じように、プロバイダ、セキュリティなどの料金も込みなのでサービスの内容は変わりません。

むしろ、Wi-Fiルーターの無料レンタルや、キャッシュバックなど、光ギガにはないサービスも受けられるのでドコモ光の方が満足度は高くなるはずです。

プロバイダが選べる

ドコモ光では25社のプロバイダの中から好きなものを選ぶことができるのもメリットです。

光ギガのプロバイダであるhi-hoをそのまま引き継ぐこともできるので、メールアドレスや会員情報をそのまま利用することもできます。

ただし、他のプロバイダへ申込みをすれば、キャッシュバックやWi-Fiルーターを無料レンタルできるので、hi-hoにこだわりがないのであれば変更してしまいましょう。

おすすめはGMOとくとくBBで、高額キャッシュバックと高機能のWi-Fiルーターをレンタルできるのでおすすめです。

ドコモ光のおすすめな申込み窓口

ドコモ光はドコモショップ、家電量販店、公式ページ、ネット代理店など様々な場所で申し込みをすることができます。

この中でもおすすめなのがプロバイダの公式ページから申し込みで、ほかの窓口より多くキャッシュバックを受け取ることができるのがメリットです。

今なら工事不要で、さらにキャッシュバックがもらえてしまうので、乗り換えないのは非常に勿体ないです。

GMOとくとくBBは契約者が多くて人気なプロバイダですので、事業者変更承諾番号を取得したらこちらから申し込みをしてみてください。
▼25,000円貰える窓口はこちら▼
ドコモ光の申し込みサイト

まとめ

光ギガを契約中の人であればドコモ光へ乗り換えた方が、ネット代もスマホ代も安くできるのでおすすめです。

2019年の7月から事業者変更が始まり、工事が不要になったので、乗り換えの手間や費用が少なくなっています。

手軽に乗り換えができるチャンスを利用して、お得にネットが利用できるドコモへ切り替えてしまいましょう。
The following two tabs change content below.

監修者N

ソフトバンク光、auひかり、ドコモ光といった光回線の営業経験を生かして、インターネットの基本的な知識をはじめ、ネット回線の選び方など役立つ情報を紹介しています。 2019年の現在も某ブロードバンド事業者と太いパイプを持ち最新の情報発信に努めています。
光回線の相談窓口

人気の記事一覧

ドコモ光に関する情報の関連記事

役立つ基礎知識の関連記事

TOPへ戻る
Menu