光コラボとは?すぐにわかる光コラボレーションの全情報【2020年9月】

光コラボレーションってなに?光コラボレーションとフレッツ光は違うの?など、光コラボレーションについては不明点が多く困りますよね。

光コラボレーションは、光回線業者とプロバイダが一体となった新しいサービスモデルで、近年主流となりつつあるんです。

ユーザーにとって数々のメリットがある反面、契約する上での注意点もあるので、検討されている方はしっかりと調べることが重要です。

この記事では、光コラボレーションの仕組みやメリット・デメリット、おすすめの光回線など、光コラボレーションについて知っておきたい全情報を紹介しているので是非参考にしてください。

光コラボレーションとは

光コラボレーションとは、NTTが保有している回線を各事業者(ドコモやソフトバンクなど)が借り受け、独自の付加価値を付けた上でサービスを提供するモデルのことです。

回線の品質はそのままで、プラスアルファの価値を得ることができる光コラボレーションは、光回線サービスの仕組みを大きく変え、近年では主流となりつつあります。

NTT回線を利用したサービス

出典:NTT西日本

光コラボレーションは、NTT(フレッツ光)回線を使ってインターネットを提供しています。

回線自体の品質や最大速度などはフレッツ光と変わらないので、安心して利用することが可能です。

ただ、光コラボレーション事業者は、フレッツ光回線を分け合ってサービスを提供しているので、回線が混雑し速度が不安定になる傾向があります。

全国エリア対応

光コラボレーションはフレッツ光の回線を使用しているので、全国エリア対応となります。

また、マンションやアパートなどの集合住宅の場合は、既にフレッツ光を導入している建物も多いので、契約から利用開始までが比較的お手軽なのもメリットの一つです。

対応エリア・物件は、光コラボレーションの公式サイトから簡単に調べることができるので、契約前に確認しておきましょう。

ごく稀に、山間部や一部の建物など、未対応の場合があります。

光コラボレーションとフレッツ光の違い

フレッツ光との違いを表にまとめたのでご確認下さい。
 フレッツ光光コラボ
レーション
使用回線NTT回線NTT回線
光回線契約先NTT光コラボ
事業者
プロバイダ契約先契約プロバイダ
セット割引
フレッツ光を利用する際は、光回線とプロバイダの契約先が異なります。

一方で、光コラボレーションは契約先が一つなので、料金の支払いや問い合わせなどが容易になるでしょう。

また、スマホやガスなど、他の製品とセットで利用することで割引が適用される場合も多いので、総合的にみて光コラボレーションの方がお得といえます。

光コラボレーション一覧

光コラボレーション事業者は数百社あると言われています。

主要な光コラボレーションをまとめたのでご覧ください。
 戸建て
月額
マンション
月額
特徴
ドコモ光5,200円4,000円ドコモスマホ
月額が割引
ソネット光プラス3,080円
3年目~5,580円
2,080円
3年目~4,480円
auスマホ
月額が割引
ソフトバンク光5,200円3,800円ソフトバンク
スマホ月額が割引
BIGLOBE光4,980円3,980円特典が豊富
@nifty光4,600円3,480円オプションが豊富
DTI光4,800円3,600円auスマホ利用で
DTI光月額が割引
各社独自のサービスを展開しているので、選ぶ際に比較することも重要となります。

光コラボレーションのメリット

近年主流となりつつある光コラボレーションには、契約するメリットが数多くあります。
フレッツ光よりもお得にインターネット環境をゲットしたい方は是非検討してください。

料金が安くなる

光コラボレーションは、別途請求されていたプロバイダ利用料が含まれた料金設定となっているので、約1,000円程度は月の固定費を抑えることができます。

フレッツ光と主要光コラボレーションの月額料金を比較したのでご覧ください。

 戸建て月額マンション月額
フレッツ光6,490円4,620円
回線利用料
5,940円
プロバイダ料
550円
回線利用料
4070円
プロバイダ料
550円
ドコモ光5,200円4,000円
ソネット光
プラス
3,080円
3年目~5,580円
2,080円
3年目~4,480円
ソフト
バンク光
5,200円3,800円
@ニフティ光4,600円3,480円
※フレッツ光回線料:フレッツ 光ネクストスーパーハイスピードタイプ 隼(プラン1)の場合
※フレッツ光プロバイダ料:最安プロバイダBB.exciteの場合
料金が安くなることからも、現在フレッツ光を利用している方は光コラボレーションへの切替をおすすめします。

特典が充実している

光コラボレーションは、フレッツ光と比べて、受けられる特典が格段に増えることが多いです。

フレッツ光の場合は、NTTが提供する月額料金割引特典などにとどまっていましたが、光コラボレーションを契約することで、以下それぞれの特典が適用されます。
・光コラボレーション事業者独自特典
・申し込み窓口特典
スマホ月額割引や高額キャッシュバック、工事費無料キャンペーンなど、ユーザーに利益が還元される特典が用意されているので、しっかり確認しましょう。

光コラボレーション事業者特典

光コラボレーションは、契約する会社ならではの特典が適用されます。
・スマホ月額割引 ・その他事業者提供サービスの割引
光回線だけじゃなく、契約する会社ならではのプラスアルファ特典が受けられるところも、光コラボレーションを契約するメリットの一つです。
スマホ月額割引
光コラボレーション特典の中でも、ほとんどの方に利益が還元されるのが「スマホの月額割引」です。

お使いのスマホと光回線をセットで利用することで、毎月のスマホ月額が割り引かれ、トータル支出を大幅に抑えることができます。

スマホセット割が適用される光回線は以下となります。
●ドコモスマホ⇒ドコモ光 ●auスマホ⇒ソネット光プラスBIGLOBE光@nifty光 ●ソフトバンクスマホ⇒ソフトバンク光
それぞれ毎月最大1,000円の割引きが適用されるほか、家族のスマホも割引対象となるので必ず考慮に入れて光回線を選ぶようにしましょう。
事業者提供サービス優待
光コラボレーションは、NTTの回線を借りてサービスを提供しているので、様々な業界の事業者が存在します。

スマホのセット割が主流ですが、ほかにもユニークな特典を用意している光コラボレーションもあるので、自分に合った特典がある光回線を選びましょう。
▼特典例 ・ニチガス光⇒月々のガス料金500円割引 ・アクアクララ光⇒ウォーターサーバー利用料割引 ・ユーネクスト光⇒動画配信サービス「U-NEXT」で利用できるポイント付与

申し込み窓口特典

光回線業者が用意している特典とは別に、申し込み窓口ごとにキャンペーンが適用される場合も多いです。

光コラボレーションを申し込むには、公式サイトまたはネット代理店からの手続きが必要ですが、それぞれ特典内容が異なるのでしっかりと比較しましょう。

申し込み窓口で用意されている特典は、キャッシュバックまたは月額割引がほとんどです。

1万円から10万円とキャッシュバック額には差がありますが、高額の場合は有料オプションに加入させられる場合があるので注意してください。

申し込み窓口や特典適用条件を、しっかりと比較すれば、断然お得にインターネットを利用することができます。

窓口が1つになる

光コラボレーションにすることで、問い合わせ窓口がひとつになります。
フレッツ光の場合は、「光回線業者の窓口・プロバイダの窓口」と2つあり、なにか不具合が起きた場合、問題解決までに時間がかかってしまうようです。
たとえば、上記の口コミのように、Wi-Fiが繋がらないトラブルが起こった場合、原因を究明するには、どちらの窓口にも問い合わせる必要があり、時にはたらい回しにされる場合もあります。

窓口がひとつになることで、そういった問題がなくなり、安心してインターネットを利用することができるようになるのです。

また、これまでは別々だった利用料金の請求元も一緒になるので、料金の支払いについてもわかりやすくなるでしょう。

工事不要の場合がある

フレッツ光から光コラボレーションへ切り替え(転用)、光コラボレーション同士の乗り換え(事業者変更)の場合は工事が不要です。

光コラボレーションの申し込み手続き完了後、Wi-Fiルーターが送付されるので、説明に従い接続設定を行えば、インターネットが利用できるようになります。

工事費もかからず初期費用を抑えることができる上に、開通までの期間が1~2週間ほどと短いのも大きなメリットです。
※通常工事費:15,000円~40,000円程/通常新規開通までの期間:1ヶ月~2ヶ月

ただ、現在光回線を利用しておらず、新規で申し込む場合は、工事が必要になります。

光コラボレーションの注意点

光コラボレーションはメリットが多いので契約をおすすめしますが、デメリットもあるのが実情です。

ここでは、光コラボレーション契約前に知っておきたい注意点を紹介します。

悪質な事業者に注意

光コラボレーション事業者は500社以上ありますが、その中には悪質な事業者も少なからずいるということを覚えておきましょう。

たとえば、しつこい電話勧誘や不要なオプションサービスへの強制加入を斡旋されることがあるようです。

悪質な事業者と契約を結ばないためには、以下を意識することが重要となります。
1. 電話勧誘では契約を結ばない 2. オプションサービス加入は本当に必要かどうかしっかりと考える
「この電話で契約を決定しなければ特典は受けられない」「オプションに加入しないと割高になる」といった言葉には注意が必要です。

人気の光回線は、公式サイトから申し込むのが一番お得な場合が多いですし、オプションに加入しないと割高になる場合はないと言っても過言ではありません。

光コラボレーションに迷った場合は、『光コラボレーションのおすすめ光回線』を参考にしてみてください。

最低利用期間が設定されている

ほとんどの光コラボレーションは、契約期間を設けています。2年縛りや3年縛りなど聞いたことがあるという方もいるのではないでしょうか。

契約期間内に解約した場合、違約金が発生します。

違約金は事業者によって違いますが、10,000円から15,000円が相場でしょう。

光コラボレーションは一度契約をしてしまうと、解約が難しい場合が多いです。

キャッシュバック額や特典だけに釣られて、あまり考えずに契約を結ぶと十分にインターネットを利用できないこともあります。

本当にこの光回線でいいのか、しっかりと考えてから手続きを進めるようにしましょう。

速度が遅い場合がある

光コラボレーションは、フレッツ光の回線を分け合ってサービスを提供しているため、回線が混雑する割合が高くなります。

同時間帯や同エリア内で大勢の人が利用すると回線が混雑し、その分速度も遅くなるという仕組みです。
光回線の速度は回線状況や利用環境に左右されることが多いので、100%速度が速いと言い切れる光回線は存在しないのが実情です。

ただ、v6プラス対応の光回線を契約することで、比較的速度が安定する傾向にあるので参考にしてください。

速度が速いのは独自回線

光回線を選ぶ際、「とにかく速度を重視したい!」という方には光コラボレーションよりも独自回線が良いかもしれません。

独自回線というのは、NTT回線を使わず、独自に回線を保有しサービスを提供している業者のことです。

代表的な独自回線は、『auひかり』『NURO光』などが挙げられます。

回線を独占できるので、混雑する傾向が比較的少なく、安定の速度が期待できるでしょう。

ただ、契約できるエリアや建物が限られているので、契約前には注意が必要です。
auひかりについて詳しく知りたい方はこちら
NURO光について詳しく知りたい方はこちら

プロバイダとの契約に注意

フレッツ光から光コラボレーションへ切り替えるときに注意しなければならないのが、プロバイダとの契約です。

フレッツ光は自由にプロバイダを選ぶことができますが、光コラボレーションはプロバイダが一択という場合も多く、その際はプロバイダを変更しなければなりません。

解約における違約金をフレッツ光から請求されることはありませんが、プロバイダから違約金を請求される場合があるので注意が必要です。
▼プロバイダから違約金を請求される場合の例 これまで:フレッツ光のプロバイダをビッグローブで契約していた これから:ソネット光プラスを契約する
上記の場合、ソネット光プラスのプロバイダは「So-net」一択なので、フレッツ光利用時に契約していたプロバイダ「ビッグローブ」を解約する必要があります。

ビッグローブは、最低利用期間を2年間で設定しているので、2年以内に解約する場合は、違約金10,000円が請求されるということです。

フレッツ光プロバイダの最低利用期間と違約金を表にまとめたので、参考にしてください。
プロバイダ最低利用期間違約金
BB.excite
Asahi Net12ヶ月間2,200円
ビッグローブ24ヶ月間10,000円
WAK WAK24ヶ月間4,950円
OCN24ヶ月間1,200円
Plala24ヶ月間15,000円
So-net24ヶ月間3,000円
DTI24ヶ月間11,000円
@nifty24ヶ月間5,000円
hi-ho24ヶ月間11,000円

光コラボレーションのおすすめ光回線

光コラボレーションを最大限お得に利用するには、ご自身の状況に合わせて光回線を選ぶ必要があります。今お使いのスマホとセットにすることで、大幅に月々の固定費を抑えることができるので、スマホキャリア別におすすめの光コラボレーションを紹介します。

料金面やサービス内容など総合的に高い満足度を誇っている人気の光コラボレーションなので、是非参考にしてください。
ドコモユーザーの方⇒ドコモ光 auユーザーの方⇒ソネット光プラス ソフトバンクユーザーの方⇒ソフトバンク光 楽天モバイルユーザーの方⇒楽天ひかり

ドコモユーザーにおすすめドコモ光

ドコモ光

出典:ドコモ光

ドコモ光はNTTが提供する光コラボレーションのひとつです。

月額料金は、【マンション/4,000円・戸建て/5,200円】となります。

ドコモスマホが毎月最大1,000円割り引かれる「ドコモ光セット割」が適用される光回線はドコモ光だけなので、ドコモユーザーはドコモ光がおすすめです。

また、現在は工事費無料キャンペーンを実施中で、通常15,000円~18,000円かかる工事費が完全無料となるのも大きなメリットとなっています。

工事費無料キャンペーンは期間限定の特典なので、検討している方はお早めに申し込むようにしましょう。

プロバイダはとくとくBBがおすすめ

ドコモ光はプロバイダを24社の中から自由に選ぶことができます。

結論から言うと、総合的にいちばんおすすめのプロバイダは『GMOとくとくBB』です。

GMOとくとくBBは、利用者満足度が96%と高いうえに、v6プラス通信対応の高性能Wi-Fiルーターを無料でレンタルしています。

主要プロバイダ提供のWi-Fiルーター性能を比較しました。
プロバイダWi-Fiルーター最大速度
GMOとくとくBB1733Mbps
ぷらら867Mbps
@nifty
OCN
BIGLOBE
DTI
andline
特に光コラボレーションは、比較的速度が遅くなる場合も多いので、ルーターをしっかりと比較することが重要です。

GMOとくとくBBを選ぶことで、安心して快適にインターネットを利用することができます。

ドコモ光について詳しく知りたい方はこちら

\2020年最も選ばれています/
ドコモ光の大人気窓口
選ばれる理由は・・・
★利用者の96.8%が速度が速いと回答!
★今なら開通工事費18,000円が無料!
★最新Wi-Fiルーター無料レンタル!
★家族全員のスマホが最大1,000円割引
★最大20,000円キャッシュバック中!
★dポイント最大2000ptプレゼント!

今なら開通工事費18,000円が完全無料!キャンペーン期間中の申し込みがお得です!
▼お得な申し込み窓口はこちら!▼ドコモ光申し込み

auユーザーにおすすめソネット光プラス

出典:So-net光プラス

ソネット光プラスはソニーが提供する光コラボレーションのひとつで、プロバイダはSo-net一択です。

auスマホ月額が最大1,000円割り引かれる「auスマートバリュー」が適用されるのでauユーザーの方は月々のトータル支出を抑えることができます。

月額料金は光コラボレーションの中で最安の、【マンション/2,080円・戸建て/3,080円】です。

検討している方は、ソネット光プラス公式サイトから申し込むようにしましょう。

公式サイトからの申し込みのみ、紹介した最安月額料金で利用できるうえに、v6プラス対応の高速Wi-Fiルーターを永年無料で使うことができます。

料金が安いだけでなく、サポートも手厚いので、総合的にみてもソネット光プラスはおすすめの光回線となっています。

ソネット光プラスについて詳しく知りたい方はこちら

\2020年最安光回線/
ソネット光プラスが選ばれています
ソネット光プラスが選ばれる理由
・戸建て3,080円で業界最安!
・マンションもたった2,080円!
・いつでも工事費無料!
・高性能Wi-Fiルーター無料レンタル!
・auスマホが最大1,000円割引!

公式サイトから申し込むだけで月額料金大幅割引!多くの方に選ばれています。
\1番お得な申し込み窓口/ソネット光プラス公式サイト

ソフトバンクユーザーにおすすめソフトバンク光

ソフトバンク光

出典:ソフトバンク光

ソフトバンク光はソフトバンクが提供する光コラボレーションのひとつで、プロバイダはYahoo!BB一択です。

月額料金は、【マンション/3,800円・戸建て/5,200円】と平均的ですが、乗り換えに伴う違約金を最大10万円まで還元するなど、ユーザーにとって大きなメリットのある光回線です。

ソフトバンクとワイモバイルユーザーは、スマホ月額が最大1,000円割り引かれる「おうち割光セット」が適用されるので、月々の支出を抑えることができます。

おすすめ申し込み窓口は正規ネット代理店の『ゼロプラス』です。

ゼロプラスはオプションに加入する必要もなく、簡単に30,000円キャッシュバックがもらえるので安心して手続きができる窓口となっています。

ソフトバンク光について詳しく知りたい方はこちら

\2020年大人気/
速くて安い!ソフトバンク光
●ソフトバンク光が選ばれる理由
★54,000円キャッシュバック!
★マンション月額3,800円!
★戸建て月額5,200円!
★乗り換え時の違約金を満額還元
★Softbankスマホ最大1,000円割引に!

乗り換えなら工事費0円&他社の解約金も満額還元中◎
▼54,000円キャッシュバック▼ソフトバンク光申し込み

楽天モバイルユーザーにおすすめ楽天ひかり

出典:楽天ひかり

楽天ひかりは楽天が提供する光コラボレーションの一つで、楽天モバイルとセットで使うと光回線の月額が1年間無料となる驚きのキャンペーンを開催中です。

ちなみに通常月額も【戸建て/4,800円・マンション/3,800円】と、光回線の相場より少し安い料金設定となっています。

これから楽天モバイルを契約するという方は、スマホ月額も1年間0円となるので、月々の固定費を大幅に抑えることが可能です。

申し込みは「楽天ひかり公式サイト」から行うようにしましょう。

公式サイトから申し込むことで、月額料金が割り引かれるだけでなく、IPv6対応のWi-Fiルーターが無料で貰えます。

楽天モバイルを利用していないという方は、1年間月額料金が2,000円割り引かれる特典が適用されるので、楽天ユーザーでなくてもお得に利用できる光回線です。

楽天ひかりについて書いた記事はこちら

\楽天ユーザーにおすすめ/
楽天ひかりが大人気!

選ばれる理由は・・・
★戸建て月額4,800円で安い!
★マンションも月額3,800円で使える!
★楽天サービスを使えば使うほど楽天ポイントが貯まる!
★IPv6対応で速度が速い

楽天ポイントが貯まりやすい光回線です♪
▼2020年最も選ばれている窓口▼楽天ひかりの申し込みはこちら

光コラボレーションの比較ポイント

光コラボレーションは事業者数が500社を超えるため、最適な光回線を選ぶには以下4つのポイントを比較することが重要です。

・料金・スマホのセット割引・速度・キャンペーン

より快適でお得にインターネットを利用するために必ず確認するようにしましょう。

料金

料金は、お得度に直に関わるものなのでしっかりと比較することをおすすめします。

光コラボレーションの料金相場は以下です。
戸建て料金5,200円
マンション料金4,000円
光回線の品質自体はどの光コラボレーションも変わりません。

表示した価格を基準に検討している光回線が割高か割安かを判断してください。

光回線の月額料金は月々の固定費となるので、ちゃんと比較してより安くお得にインターネットを利用しましょう。

ただ、キャンペーンやその他特典を加味すると、「月額料金は高いけどトータル料金が安い」という光回線もあるので、しっかりと比較することが重要です。

スマホのセット割引

光回線を最大限お得に利用したいのであれば、「スマホのセット割引」が適用されるかどうかを調べるようにしてください。

スマホセット割は、お使いのスマホ月額料金が最大1,000円割り引かれるというものです。

また、契約者本人だけではなく、家族のスマホ月額も割り引かれるので、月々のトータル支出を抑えることができます。
▼スマホセット割適用例 「ドコモ光」と「ドコモスマホ(家族5人)」をセットで使用 ⇒月々最大5,000円割引
楽天ひかりのみ、楽天モバイルとのセット利用で1年間楽天ひかりの月額料金が無料になる特典が適用されます。

スマホセット割が適用されるかされないかで、お得度が大きく変わるので光コラボレーションはお使いのスマホキャリアと合せて選ぶようにしましょう。

キャリア別のスマホセット割適用光コラボレーションは以下です。
スマホキャリア光コラボ
レーション
ドコモドコモ光
ソフトバンクソフトバンク光
auソネット光プラス
BIGLOBE光
@nifty光
楽天モバイル楽天ひかり

速度

光コラボレーションは回線を分け合って使用しているため、速度が遅くなる場合も多くなります。

少しでも快適にインターネットを利用できるよう、「IPv6」に対応している光回線を選ぶようにしましょう。

IPv6に対応している光コラボレーションは以下となります。
 IPv6追加料金
ドコモ光
ソフトバンク光467円/月
BIGLOBE光
So-net光プラス
DTI光
ぷらら光
OCN光500円/月
@nifty光
エキサイト光140円/月
Marubeni光
楽天ひかり

キャンペーン

光コラボレーション各社が実施する主なキャンペーン内容は、「月額割引」「キャッシュバック」「工事費無料」の3つです。

キャンペーンは期間限定の場合もあるので、随時最新情報を調べる必要がありますが、しっかり確認することで、損することなく光回線を契約することができます。

主要な光コラボレーションが実施しているキャンペーンを比較したので是非参考にしてください。
 月額
割引
キャッシュ
バック
工事費
無料
特典
ドコモ光
ソフト
バンク光
So-net光
プラス
楽天
ひかり
BIGLOBE光どちらか選択
DTI光
条件有

新規申込のみ
ぷらら光
OCN光
@nifty光
3年プランのみ
エキ
サイト光

光コラボレーションのよくある疑問

光コラボレーションの転用とは?

フレッツ光から光コラボレーションへの切り替えを「転用」と言います。
転用の場合、原則フレッツ光からの「違約金」「工事費残債」の請求はありません。

また、光コラボレーションへの転用に伴う工事も必要ないので、簡単に手続きを完了することができます。
転用手順▼ STEP1 転用承諾番号の取得 STEP2 光コラボレーション申し込み
転用承諾番号はフレッツ光に問い合わせることで簡単に取得できます。

電話、またはウェブサイトからの取得が可能です。
 電話番号ウェブサイト
NTT東日本0120-140-202こちらから
NTT西日本0120-553-104こちらから
※NTT東日本受付時間
電話【9:00~17:00(年末年始を除く)】
ウェブサイト【8:30~22:00(年末年始を除く)】
※NTT西日本受付時間
電話【9:00~17:00(年末年始を除く)】
ウェブサイト【7:00~25:00】

光コラボレーションの事業者変更とは?

光コラボレーションから光コラボレーションへ切り替えることを『事業者変更』と言います。

解約に伴う違約金を請求される場合はありますが、基本的に工事は必要ないので、初期費用を抑えることが可能です。
事業者変更手順▼ STEP1 事業者変更承諾番号の取得 STEP2 加入オプションの引継ぎ STEP3 光コラボレーション申し込み
事業者変更承諾番号は、契約している光コラボレーション窓口に問い合わせることで取得できます。

取得には発行費3,000円が必要で、新しい光回線を開通した時の最初の月額料金と一緒に支払うことになるので覚えておきましょう。

承諾番号は申請をしてから2~3日後にSMS、またはメールで送られてきます。

主要光コラボレーションの転用手続き窓口をまとめたので、参考にしてください。
 窓口受付時間
ドコモ光0120-800-0009:00~20:00
(年中無休)
ドコモショップ営業時間内
ソネット光
プラス
0120-45-25229:00~18:00
(1/1・2を除く)
マイページ年中無休
ソフト
バンク光
0800-111-200910:00~19:00
(年中無休)
BIGLOBE光0120-907-5059:00~18:00
(年中無休)
@nifty光0570-03-221010:00~19:00
(年中無休)
OCN光0120-50650610:00~19:00
(日祝・年末年始を除く)
ぷらら光050-7560-003310:00~19:00
(年中無休)
DTI光0120-830-50110:00~17:00
(土日祝を除く)
▼事業者変更について詳しく知りたい方はこちら

まとめ

光コラボレーションは、利用者にとって大きなメリットがある反面、注意点もあるのでしっかりと理解した上で申し込むようにしましょう。

フレッツ光を利用している方は、月額料金が安くなるほかよりお得な特典が受けられるようになる場合がほとんどです。

自分に合った光コラボレーションを選んでより快適なインターネット環境をゲットしてくださいね!
So-net光プラス 月額2,080円 超高速ネットが安すぎる!!

人気の記事一覧

光回線に関する情報の関連記事

インターネットまるわかりガイドの関連記事

役立つ基礎知識の関連記事

ヒカリCOM

TOPへ戻る