どんなときもWiFiが繋がらない!通信障害などの改善策を解説

『どんなときもWiFiが繋がらない…』そんなときは端末のアイコンが点滅していないか確かめてください。

アイコンが点滅している場合、端末を再起動して、しばらく待っていれば繋がるようになることが多いです。

この方法で症状がよくならない方は、電波が届かないエリアだったり、スマホやパソコンを同時にたくさん繋げていたり、Wi-Fiルーター以外のトラブルが原因です。

2020年7月現在、インターネットが繋がりにくい状況が続いています。詳しい原因や対策が知りたい方は7月の通信障害に関する情報を参考にしてください。

現在は、通信障害が復旧する見込みがなく、月間25ギガまでの使用制限がかけられているため、早くネットを使いたい人は他のポケットWiFiへの乗り換えも一緒に検討しましょう。

どんなときもWiFiが繋がらない原因と改善策

どんなときもWiFiが繋がらない場合、自分の通信状況を把握し的確に対応することが大事です。

WiFiアイコン&電波アイコンが点滅している方は、点灯の意味を確認しておきましょう。
▼ランプの点灯・点滅の意味
ランプ状態意味
WiFiアイコン点滅接続中
点灯接続可能
消灯接続なし
電波アイコン点滅電波を掴んでいない
補足をすると、WiFiアイコンの点滅の意味は“使えるネット回線を探してる段階”を表しています。

電波アイコンの点滅の意味は、“使えるネット回線を探知したけど見つからず諦めてしまった状態”を表しています。

アイコンが点滅していない方は、現在の電波状況を確認してみましょう。電源ボタンを軽く押すとバッテリー残量が表示され、3秒後に現在の電波状況が表示されます。

電波状況の目安
電波状況の目安
● ● ● ● 非常に強い
● ● ● やや強い
● ● やや弱い
● 弱い
これらの症状であれば、当ページでご紹介している方法を試していただければ十分改善の余地があります。原因と改善策について詳しく解説しますので確認していきましょう。

1.急に繋がらなくなった

どんなときもWiFiの口コミを見てて1番多いのが「急に繋がらなくなった」ケースです。
どんなときもWiFiは自動で最適なネット回線をわりあててくれる機能はありますが、通信速度が低下した際に自動で切り替えてくれる機能はなく、自分で再起動して対応するしかありません。

公式サイトでも、原因が分からない場合の改善策として再起動やリセットが推奨されていますので、まずはこの方法からお試しください。

再起動&リセット方法

 再起動方法
電源ボタンを18秒長押し。それでも電波状況が改善しない場合、時間を10分ほど置いて端末のリセットをお試しください。

 リセット方法
電源ボタンの上の“小さな丸いボタンを5秒以上長押し”すると端末の設定がリセットできます。

サポートに復旧を依頼

 遠隔操作で復旧
再起動やリセットをおこなっても通信状況が改善しない場合、サポートの方に遠隔操作でネットを繋げてもらうこともできます。もちろん海外利用時も対応してもらえるとのこと。

▼遠隔操作の復旧依頼はこちら TEL:0120-048-277 対応時間:AM11:00~PM18:00 月~土(年始年末を除く)
 サポート窓口に相談
公式サイトのサポート窓口では「電波が圏外になる場所ある」「波状況が改善できない」などの相談に乗ってくれる専用の窓口が用意されています。

2.通信障害が起きている

WiFiのアイコンはすべて点灯しているのに速度がでない、または再起動しても症状が変わらない場合は通信障害が起きているかもしれません。

最新の通信障害に関する情報は、どんなときもWiFiの お客様ページのお知らせ を見れば分かりますが、もし情報がない場合はツイッターを活用してリアルタイムの口コミを見ると現在の状況が把握しやすいです。

改善策としては、とにかく復旧を待つしか方法はありませんが、以下の口コミのように何度も再起動を繰り返すと、一時的に症状が改善することがあるようです。
改善の見込みがあるだけで確実な方法ではありませんが、復旧まで待てない方は試す価値ありです。

2020年7月の通信障害について

どんなときもWiFiは、2020年3月から7月現在までインターネットが繋がりにくい状況が続いています。

公式サイトの情報では、利用者が急増した影響で業者の対応が遅れているとのことです。

7月時点で復旧の見込みがなく、完全無制限だった上限が月間25ギガまでに制限されています。

すぐにサービスが改善される可能性はないので、すぐにネット環境が必要な方は他社サービスへの乗り換えをおすすめします。

公式サイトでは違約金無料で解約を受け付けています。サポートへの連絡は、電話が混雑して繋がりにくいので[お客様専用ページ]のお問い合わせフォームを活用するとスムーズです。

3.電波が届かないエリアでつかっている

どんなときもWiFiは、携帯キャリアと同じネット回線を使っているので使えるエリアが広いですが、利用エリアによって電波が繋がらなくなることがあります。

考えられる原因は2つ。ひとつ目はサービスエリア外、ふたつ目は障害物が邪魔で電波が届いていないケースです。

改善策として、障害物がない開けた場所に移動する、建物内であれば窓際に移動すると電波状況が改善し快適につかえるようになります。

4.同時に6台以上つなげている

どんなときもWiFIの同時接続台数の上限は5台までですので6台以上は接続できません。現在の接続台数を確認する場合は管理ページのクライアントをご覧ください。

管理ページへのログイン方法は、どんなときもWiFiを使っている状態で「192.168.43.1」にアクセスし、ログイン画面でIDとパスワードに「admin」を入力するとログインできます。

同時接続数の確認
端末の説明書にはパフォーマンスが保証されるのは2台までとの注意書きがありますので、頻繁に通信をおこなう端末を同時に3台以上つかうと通信速度が低下してしまう恐れがあります。

接続台数が5台未満にもかかわらず通信速度が改善されない場合、同時接続数を減らし対策してください。

5.通信制限がかけられている

どんなときもWiFiはデータ容量無制限なので、制限を気にすることなくインターネットし放題のポケットWiFiですが、他の利用者に影響を及ぼす大容量の通信をおこなってしまうと、384Kbpsの通信制限をかけると公式サイトに注意書きがあります。

利用者の口コミを見る限りでは、1日で100ギガ以上つかった方もいれば、短時間に3ギガのファイルをダウンロードして制限がかけられた方もいます。

大容量通信の具体的な例えはなかったので、サポートに問い合わせたところ「利用者数や時間帯のタイミングによって変動するのではっきり言えない」とのことでした。

通信制限時の解除タイミングについての目安はなく状況を見て判断されるので、今できる改善策は“ただ待つ”以外にありません。

auとdocomoは繋がらない?

どんなときもWiFiは携帯3社(ドコモ・ソフトバンク・au)のネット回線を自動で割り当ててるのに、「ソフトバンクの電波しか使えない」との口コミがたくさんあったので調査した結果、ソフトバンクの電波が優先されて使われてることが分かりました。
サポート窓口に事実確認をとったところ、「ソフトバンクのネット回線が使えるエリアが広いので繋がりやすいかもしれない」との解答をいただきました。

曖昧な回答でしたので、総務省が発表している携帯キャリアごとの基地局数を調べた結果、ドコモの基地局数がもっとも多い結果となり、サポートの回答が的外れであることが判明したのです。
・ドコモ⇒229,777
・ソフトバンク⇒159,663
・au⇒164,427
対応エリアの広さが原因じゃならば、他に考えられるのはネット回線の自動切り替え機能です。

そこでどんなときもWiFiと同じ機能をもつ他社サービスについて調べた結果、ソフトバンクの電波しか入らないとの口コミがたくさん見つかりました。

つまり、ソフトバンクのネット回線しか繋がらない原因は、携帯3社のネット回線を自動で切り替えてくれる機能“クラウドSIM”にあるということです。

実際に利用している私の体験談としては、1番見かけるのはソフトバンクで、その他はたまに見かける程度です。auとdocomoが使えないわけではありません。

まとめ

どんなときもWiFiが繋がらない場合に、試すべき解決策をご紹介させていただきましたが、いかがだったでしょうか。

この記事で紹介している方法で解決しないならば、端末が壊れている可能性が1番高いので、新しい端末に交換した方がよいでしょう。補償オプションに加入していれば18,000円の端末代は無料です。

もし補償オプションに加入していない場合は、他のポケットWiFiへの乗り換えをおすすめします。

この記事で解説した解決策が少しでも皆さまのお役に立てれば幸いです。
The following two tabs change content below.
光回線おすすめ
ヒカリCOM