ドコモ光の事業者変更とは?乗り換える方法や費用、注意点も徹底解説!

「ドコモ光は事業者変更で乗り換えができる?」「どんな手続きが必要なの?」といったことが気になっていませんか。

ドコモ光は事業者変更によって開通工事が不要になるため、手軽に乗り換えができるようになります。

特に事業者変更の手続きでは、契約中の光回線へ連絡をして「承諾番号」を取得することが重要なポイントなので、チェックしてください。

この記事では事業者変更を利用してドコモ光へ乗り換えをするための、条件や手順、費用などを解説していきます。

ドコモ光の事業者変更とは?

事業者変更でドコモ光へ乗り換えるメリットや条件を紹介していきます。

工事不要で乗り換えができる

事業者変更は光コラボ同士の乗り換えであれば、工事をしなくても乗り換えができる方法です。

事業者変更が始まる前までは、乗り換えをする度に開通工事をする必要がありました。工事の立ち合いや高額な工事費が発生するため、光回線の乗り換えは大変なものでしたが、事業者変更によってハードルが低くなりました。

特にドコモのスマホを利用していて、ソフトバンク光やソネット光プラスといった回線を契約している人は、スマホのセット割ができるドコモ光への事業者変更を利用して乗り換えをしてみましょう。

ドコモスマホとドコモ光のセット割によって、自分や家族のスマホも一緒に最大1,000円の割引を受けることができます。フレッツ光を契約している人は「転用」と呼ばれる方法になりますが、手順や工事が不要である点は事業者変更と同じです。

事業者変更の条件

事業者変更でドコモ光へ乗り換えをするためには、契約している光回線が「光コラボ」であることが条件です。

▼光コラボの例
・ソフトバンク光
・So-net光プラス
・ぷらら光
・OCN光
・BIGLOBE光
・nifty光
・楽天ひかり
上記のような光回線は同じ回線を使ってサービスを提供しているので、事業者変更を利用することで工事をしなくても乗り換えができるようになっています。

利用中の光回線へ問い合わせをすれば光コラボであるかどうかを教えてくれるので、事業者変更をする前に確認しておきましょう。

auひかりやNURO光、eo光といった回線は独自の回線でサービスを提供しているため、事業者変更をすることができません。ドコモ光へ乗り換えをする時は工事が必要となりますので注意してください。
●事業者変更ができない光回線
auひかり / NURO光 など
●ケーブルテレビが提供している光回線
J:COM など
●電力会社が提供している光回線
eo光 / コミファ光 / BBIQ光 / ピカラ光 / メガエッグ光 など

\2020年実績NO.1/
ドコモ光×GMOの大人気窓口

選ばれる理由は・・・
★ドコモ光で満足度NO1のプロバイダはGMO!
★利用者の96.8%が速度が速いと回答!
★最新Wi-Fiルーターの無料レンタル
★家族全員のスマホが最大1,000円割引最大20,000円キャッシュバック中!
★dポイント最大20,000ptプレゼント!

今ならdポイント20,000円分貰える!キャンペーン期間中の申し込みがお得です!
▼最大20,000円キャッシュバック中▼ドコモ光申し込み

ドコモ光の事業者変更の手順

それでは実際に事業者変更を利用してドコモ光へ乗り換えをする方法を紹介していきます。

事業者変更は4つのステップに分かれていていて、最短8日でドコモ光へ乗り換えをすることができます。
▼事業者変更の流れ
1.事業者変更承諾番号の取得
2.オプションの引継ぎ
3.ドコモ光へ申し込む
4.切り替え

1.事業者変更承諾番号を取得する

事業者変更をするためにはドコモ光へ申し込みをする前に「事業者変更承諾番号」を取得する必要があります。

契約している光回線へ連絡して「事業者変更承諾番号」を発行して欲しいと伝えれば、2~3日後には番号を受け取ることができます。事業者変更承諾番号を取得するタイミングで、契約中の回線の解約手続きも同時に行うので覚えておきましょう。

事業者変更承諾番号とは?

事業者変更承諾番号とは、事業者変更をする時に必要になる10桁の番号です。SMSまたはメールで送られてくるので、間違えて消さないように注意しましょう。

事業者変更のSMS

事業者変更承諾番号は発行された日から15日以内という有効期限が決められています。

期限が切れた場合は再発行をしてもらうこともできますが、3,000円の発行手数料をもう一度支払うことになるので注意してください。

事業者変更承諾番号をもらったら、早めにドコモ光の申し込みを済ませましょう。

2.オプションの引継ぎ手続き

光電話やフレッツ光テレビなどのサービスをドコモ光でも継続して使う場合は引継ぎ手続きが必要です。

事業者変更承諾番号を取得したあとに下記へ連絡をして、「情報開示承諾手続き」を行います。
▼連絡先
【NTT東日本】東日本開示承諾受付センター
[電話] 0120-112335

【NTT西日本】光番号ご案内センター
[電話] 0800-200105<※住んでいる地域で連絡先がわかれているの注意してください。

契約中の回線からドコモ光へ、光電話の電話番号や契約者情報を渡す必要があるため、「情報開示承諾手続き」を済ませておかなければなりません。

特にひかり電話を利用している人はオプション引継ぎの手続きをしないと電話番号が引き継げないので忘れずに手続きをしましょう。

3.ドコモ光へ申し込む

事業者変更承諾番号を取得したらドコモ光へ申し込みをしていきます。

ドコモ光はドコモショップ、家電量販店、ネットなどで申込みをすることができ、中でもプロバイダサイトからの手続きがおすすめです。

20,000円ほどのキャッシュバックと、ドコモ光の公式キャンペーンであるdポイントを両方受け取ることができるため、プロバイダサイトでの申し込みを検討してみるといいでしょう。

申し込み手続きの際にドコモ光への切り替え日を選択することができ、最短で8日後に設定をすることも可能となっています。

プロバイダを選ぶ

ドコモ光ではプロバイダを自由に選ぶことができます。契約している回線のプロバイダを継続利用することができ、メールアドレスや会員IDもそのまま使い続けることができます。

@niftyやぷららなど大手のプロバイダなどを利用している人は継続利用するのもアリです。ただし、引き継ぐプランによっては通常より月額料金が高くなることがあるので注意しましょう。

例えば、ソフトバンク光のプロバイダであるyahoo!BBを引き継ぐと、「単独プラン」というプランになり、通常よりも1,000円ほど料金が高くなってしまいます。

そのような場合は別のプロバイダへ切り替えを検討してみるのもいいでしょう。
GMOとくとくBBがおすすめ
ドコモ光のプロバイダの中でおすすめなのがGMOとくとくBBです。

最大20,000円のキャッシュバックを受け取れるだでなく、Wi-Fiルーターの無料レンタルでき、v6プラスにも対応しているため、他のプロバイダよりも通信速度が速くなる傾向があります。

ドコモ光のプロバイダの中で満足度No1に選ばれる実績のある、人気なプロバイダなので、事業者変更をするときにGMOとくとくBBの切り替えも検討してみてください。

4.切り替え日

切り替え日の当日になると自動的にドコモ光に切り替えが行われます。

切り替え日の当日にやることは基本的には何もありませんが、プロバイダを変更した人やWi-Fiルーターを取り換える人は初期設定が櫃ようとなります。

また契約中の光回線で速度が速くなるIPv6を利用していた人は、ドコモ光でIPv6が使えるようになるまで1週間ほど時間がかかるので注意しましょう。

後日、契約先の光回線から申し込み書の控えが届きますので失くさないように保管してください。

\2020年実績NO.1/
ドコモ光×GMOの大人気窓口

選ばれる理由は・・・
★ドコモ光で満足度NO1のプロバイダはGMO!
★利用者の96.8%が速度が速いと回答!
★最新Wi-Fiルーターの無料レンタル
★家族全員のスマホが最大1,000円割引最大20,000円キャッシュバック中!
★dポイント最大20,000ptプレゼント!

今ならdポイント20,000円分貰える!キャンペーン期間中の申し込みがお得です!
▼最大20,000円キャッシュバック中▼ドコモ光申し込み

ドコモ光の事業者変更で発生する費用

事業者変更をしてドコモ光へ乗り換えるための費用について紹介していきます。

事業者変更するときに必要な初期費用と、契約している回線の違約金が主な費用となっています。

初期費用

ドコモ光へ乗り換えをするときに発生するための初期費用は下記の2つで、合計で6,000円ほどの費用が発生します。

▼ドコモ光×事業者変更で発生する初期費用
1.事業者変更承諾番号の発行費(3,000円)
2.ドコモ光の事務手数料(3,000円)

契約している回線の解約金

事業者変更をする際は契約している回線の解約金と工事費の残債が発生する場合があるので注意してください。解約金と工事費の残債はドコモ光へ切り替えが終わったあとに、一括請求されます。

解約金や工事費の残債は契約している会員ページ、または電話にて確認することができますので、ドコモ光へ乗り換える前に把握しておくといいでしょう。

更新期間にドコモ光へ切り替えをした場合は解約金は発生しません。

ドコモ光で事業者変更する時の注意点

ドコモ光10Gプランに事業者変更はできない

ドコモ光では最大速度10G(通常1G)の速度でネットが使えるサービスが始まりました。ただし、事業者変更ができるのは最大速度1Gの通常プランだけで、10Gプランへ乗り換えをするときは工事が必要となるので注意してください。

切り替えタイミング

事業者変更では契約している回線の利用料金は日割りになることはなく、1か月の料金が請求されます。

分かりやすい例として、僕のソフトバンク光の請求書をご覧ください。

9月1日にソフトバンク光からドコモ光へ事業者変更を切り替え、利用した日数は1日ですが、契約は月末まで有効なので1ヵ月分の月額料金が請求されてます。

事業者変更時の月額料金

月始めを指定したのは心機一転のためでしたが、結果的に使っていない分の料金も支払うことになってしまいました。

切り替え日は月末に設定しておくと、契約中の回線の利用料金も無駄にならなくて済みます。

セット割の適用を確認する

ドコモ光のスマホのセット割は事業者変更が完了した月の翌月から割引が始まります。特に手続きは必要なく自動的に割引が適用されるので、My docomoなどで確認してみてください。

ドコモスマホをこれから契約する場合は「ファミリー割引」という、スマホの割引サービスに加入する必要があります。「ファミリー割引」はドコモショップや電話にて加入することができますので、手続きをしておきましょう。

おまけ:ドコモ光から他社へ事業者変更したいときは?

ドコモ光から他社回線へ事業者変更をする場合はドコモショップか、下記の窓口へ問い合わせをして、事業者変更承諾番号を受け取りましょう。

ドコモ光サービスセンター

ドコモの携帯電話からの場合
15715(無料)

一般電話などからの場合
0120-766-156(無料)

受付時間
⇒午前10時~午後8時(年中無休)

また解約金9,500円と工事費の残債が発生することもあるので注意してください。

まとめ

事業者変更によって工事をすることなくドコモ光へ乗り換えをすることができるようになりました。

ドコモスマホを利用している人はこの機会にセット割ができるドコモ光へ乗り換えを検討してみてください。
The following two tabs change content below.
光回線おすすめ

人気の記事一覧

ドコモ光に関する情報の関連記事

役立つ基礎知識の関連記事

ヒカリCOM