ドコモ光のIPv6とは?v6プラス対応のおすすめプロバイダを紹介!

ドコモ光はIPv6に対応!と書かれれているのをネットでよく見かけますが、どんなメリットがあるのかよくわからないですよね?

さらにv6プラスやv6エクスプレスなど同じような言葉もあって、違いがよくわかりません。

実はIPv6に対応していると通信速度が速くなるので、光回線を選ぶときの重要なポイントになっています。

ドコモ光の場合はプロバイダによってIPv6が利用できるかどうかに違いがあるので、契約する時に注意が必要です。

この記事では対応しているプロバイダの紹介だけでなく、契約中の方にも役立つ、IPv6の申込みや確認方法も紹介しています。

ドコモ光のIPv6・v6プラスとは?

IPv6は家の光回線からネットへ繋ぐための接続方法のことで、ネットの速度や繋がりやすさと関係があります。

ネットの接続方法はIPv4(旧方式)とIPv6(新方式)の2つに分かれていて、IPv6の方が速度が速い接続方式になっています。

IPv4とIPv6の違い ・IPv4→速度が遅い ・IPv6→IPv4より速度が速くなりやすい
道路で例えるとIPv4は道路が狭いのでネットの混雑が起こりやすく、IPv6は道路が広いので混雑することなくネットに繋がるイメージです。 そのため快適にネットを使うためにはIPv6に対応している光回線を選ぶことがとても重要になってきます。 さらに追加料金を支払わないとIPv6が使えないという回線もありますので、無料で利用できるかどうかも大切なポイントです。 ドコモ光の場合はIPv6を無料で利用することができるので、他の回線よりも手軽に高速でネットを使えるようになります。

v6プラスとは

IPv6はさらに3つの種類に分かれていて、同じIPv6でもどの接続方式を採用しているかによって速度が違いがでてきます。 

IPv6の種類 PPPoE IPv6:速度はほとんど変わらない IPoE IPv6:一部のサイトでのみ速度改善される v6プラス:全般的に速度が速くなりやすい
そのためIPv6に対応していればどの回線でもいいというわけではなく、1番速度が出やすいv6プラスでネットが使えることを重視する必要があります。 ドコモ光の場合はプロバイダによって接続方式が違うので、v6プラスが使えるものを選ぶことが大切です。 v6プラスに対応しているプロバイダであるかを確認してから、ドコモ光を申し込むようにしましょう。

ドコモ光のIPv6に対応しているプロバイダ

 v6プラス対応申し込みWi-Fiルーター
ドコモnet不要なし
ぷらら不要
GMO不要
@nifty不要
@Tcom不要なし
BIGLOBE不要
DTI
必要
andline必要
タイガースドットコム必要なし
hi-ho必要
SIS必要
OCN必要
ic-net必要
チャンプルネット必要なし
ドコモ光のプロバイダは全部で24社あり、v6プラスに対応しているのは表に書いてある14社です。

この中でおすすめなプロバイダは以下の4つで、特にGMOとくとくBBは人気なプロバイダとなっています。
おすすめなプロバイダ ・GMOとくとくBB ・nifty ・ぷらら ・BIGLOBE おすすめな理由 ・v6プラスの利用手続きが不要である ・IPv6対応のWi-Fiルーターを無料レンタルできる
通常であればv6プラスでドコモ光を利用するための利用手続きと、IPv6対応のWi-Fiルーターを用意する必要があります。
・v6プラスの利用手続き 電話やネットでv6プラスの利用手続きを済ませる必要があり、利用できるまで1~2週間かかります。手続きを完了させないとv6プラスでネットを使うことはできません。 ・IPv6対応のWi-Fiルーターの準備 IPv6対応のWi-Fiルーターを用意しないと高速でネットを利用することができません。自分で購入する場合5,000円~10,000円以上の費用が必要です。
そのため申込み不要でWi-Fiルーターを無料レンタルできるプロバイダを選ぶことで、余計な手間や費用をかけることなく、簡単にv6プラスでネットを使うことができるようになります。

おすすめはGMOとくとくBB

v6プラスに対応しているプロバイダの中でおすすめなのはGMOとくとくBBです。

おすすめな理由 ・v6プラスを利用するための手続きが不要 ・無料レンタルできるWi-Fiルーターの性能がいい ・キャッシュバックがもらえる
v6プラスの手続きが不要なのはもちろんですが、無料レンタルできるWi-Fiルーターの性能がダントツです。
プロバイダメーカー
型番
価格最大速度
GMOBUFFALO製
WXR-
1750DHP2
14,300円5GHz帯
1,300Mbps

2.4GHz帯
450Mbps
NEC製
Aterm
WG1900HP2
オープン
価格
5GHz帯
1,300Mbps

2.4GHz帯
600Mbps
ELECOM製
WRC-2533GST2
17,970円5GHz帯
1,733Mbps

2.4GHz帯
800Mbps
ぷららIODATA
WN-PL1167EX01
5,980円5GHz帯
⇒867Mbps

2.4GHz帯
⇒300Mbps
@niftyELECOM製
WRC-1167GST2H
8,970円5GHz帯
⇒867Mbps

2.4GHz帯
⇒300Mbps
BIGLOBENEC製
Aterm
WG1200HP3
オープン
価格
5GHz帯
⇒867Mbps

2.4GHz帯
⇒300Mbps
v6プラスに対応しているだけでも速度は速いのですが、高性能なWi-Fiルーターを使うことでさら快適にネットを利用することができます。

せっかくv6プラスでネットを利用するのであれば、Wi-Fiルーターの機能にもこだわってみましょう。

また速度以外にもおすすめできるポイントがあり、新規で申し込むみをすると最大で20,000円のキャッシュバックを受け取るチャンスもあります。

v6プラス対応で、申し込みも不要、高性能なWi-FiルーターをレンタルできるのはGMOとくとくBBだけなので、速度にこだわるのであればおすすめです。

ドコモ光のIPv6の確認・申し込み方法

現在ドコモ光を契約中の人で速度が遅いと感じている場合はIPv6の申込みをしていないか、そもそも対応していないプロバイダと契約している可能性があります。

まずは自分が利用している回線がIPv6に対応しているかどうかを確認してみましょう。

IPv6になっていなければ手続きをして、対応していないプロバイダだった場合は切り替えをすることをおすすめします。

そもそも自分のプロバイダがわからない場合はドコモから送られてくる料金明細から確認してください。

IPv6の確認方法

自分がIPv6になっているかどうかを確認するために、ドコモ光に接続したパソコンやスマホで下記のサイトにアクセスしてみましょう。

アクセスすれば自動的にIPv6の判別をしてくれます。

IPv6の確認方法

こちらのサイトではv6プラスになっているかどうかも確認することができるので、気になる方は調べてみてください。

IPv6申し込み方法

IPv6の申し込みをしていなかった方はプロバイダへ連絡して、手続きをしましょう。

プロバイダによって申し込み方法は違いますが、基本的には電話かネットでの手続きができます。

例としてDTIというプロバイダの申込み方法を紹介します。

IPv6の申込み方法(DTIの場合) 1.DTIの専用ページにアクセス 2.「IPv6(IPoE)接続」の右にある「申し込み」をクリック 3.同意事項のチェックボックス(3箇所)にチェック 4.利用希望日を選択 5.申し込み完了 6.利用可能になるとメールが届く 7.IPv6利用開始(申込みから1~2週間後)

ドコモ光のIPv6を利用できないプランについて

ドコモ光にはいくつか契約プランがありますが、タイプCと単独プランを契約する場合はIPv6が使えない場合があるので注意してください。

▼タイプC
こちらのプランはケーブルテレビの回線を使ってネットを利用するプランですが、IPv6は対応していません。

そのため他のプランよりも速度が遅くなる可能性があるので、快適にネットを利用するのであればタイプA、タイプBといった光回線でネットを利用できるプランから選びましょう。

▼単独プラン
通常であればドコモ光とプロバイダをセットで申し込むのが基本ですが、単独プランは自分で直接プロバイダ契約します。

そのため単独プランで契約する場合は申し込み先のプロバイダがIPv6に対応しているのかを確認してから申し込みをしましょう。

契約先のプロバイダへ問い合わせをすれば、対応しているかどうかを教えてくれます。

まとめ

光回線を契約する時はIPv6に対応しているかどうか、さらにv6プラスで利用できるかどうか?を確認することが大切です。

ドコモ光はIPv6に対応していますが、v6プラスに対応していないプロバイダもあります。

GMOとくとくBBやぷららといった、申し込み不要でv6プラスが利用できるプロバイダへ申込みをしてみましょう。
The following two tabs change content below.
光回線おすすめ
ヒカリCOM

TOPへ戻る