DTI with ドコモ光を契約すべき理由とは?気になる速度も解説

ドコモ光とプロバイダ(DTI)がセットになった「DTI with ドコモ光」本当に申し込むべきか悩んでいませんか。

DTI with ドコモ光は、最大20,000円キャッシュバック、Wi-Fiルーターを無料レンタルできる、IPv6対応など比較的サービスが充実している人気なプロバイダになっています。

この記事では実際に利用している人の評判や他のプロバイダと比較して「お得なプロバイダなのか?」「速度は遅くならないのか?」など、契約前の疑問を全て解消していきます。

結論からいうと、DTI with ドコモ光は料金、サービスなど総合的に優秀なので、プロバイダ選びで迷っている人は検討してみてください。

DTI with ドコモ光とは?

dti with ドコモ光は、ドコモ光とプロバイダのDTIがセットになったインターネット回線です。

他のプロバイダと同様に、ドコモスマホが最大1,000円安くなるセット割などのドコモ光の特典がうけられます。

DTI光との違いは?

DTIが提供するDTI光と、DTI with ドコモ光は以下4つが大きく違います。

・月額料金
・キャンペーン
・工事費
・セット割
 DTI光DTI with ドコモ光
月額料金戸建て:4,800円
マンション:3,600円
戸建て:5,200円
マンション:4,000円
キャンペーン最大19,000円
キャッシュバック
最大20,000円
キャッシュバック
工事費18,000円無料
セット割auセット割で
DTI光の料金最大1,200円割引
ドコモスマホ
最大1,000円割引
ドコモユーザーが契約すべきなのは、ドコモスマホとのセット割が利用できる「DTI with ドコモ光」なので、慎重に申し込んでくださいね。

DTI with ドコモ光を契約すべき理由

DTI with ドコモを契約すべき以下3つの理由を紹介します。

・タイプAだから料金が安い
・Wi-Fiルーター無料レンタル実施中
・最大20,000円キャッシュバック

タイプAだから料金が安い

ドコモはプロバイダが24社あり、プロバイダによって月額料金が安いタイプAか200円高いタイプBに振り分けられます。
プロバイダ戸建てマンション
タイプADTI with ドコモ光5,200円4,000円
タイプBOCNなど5,400円4,200円
dti with ドコモ光は、戸建て5,200円・マンション4,000円のタイプAの月額料金です。

タイプAもタイプBも回線品質は同じなので、dti with ドコモ光は、タイプBと同じ品質を安く利用できるプロバイダになります。

最大20,000円キャッシュバック

dtiの公式サイトから申し込むと通常10,000円、オプション加入で高水準の最大20,000円キャッシュバックが受け取れます。
■ひかりTV for docomoとDAZN for docomoへ同時お申し込みの場合
⇒20,000円キャッシュバック
■ スカパー!へ同時お申し込みの場合
⇒15,000円キャッシュバック
■DTI with ドコモ光のみお申込みの場合
⇒10,000円キャッシュバック
キャッシュバックを実施でしているのは24社中以下の5社のみです。
プロバイダ通常
キャッシュバック
オプション加時の
キャッシュバック
申請時期
DTI10,000円20,000円6ヶ月後
GMO
とくとくBB
5,500円20,000円5ヶ月後
@nifty20,000円12ヶ月後
ぷらら15,000円5ヶ月後
他20社なしなし-
dtiよりもキャッシュバック額が高額だったり、早く受け取れるプロバイダがあるので、絶対にdtiがお得な訳ではありませんが、最大20,000円キャッシュバックが6ヶ月後に受け取れるdtiは比較的おすすめです。
DTI with ドコモ光の受け取り方法
1.ドコモ光の開通月の翌々月に楽天銀行株式会社「メルマネマスペイメントサービス」からメールが届く。
2.「メルマネマスペイメントサービス」にキャッシュバックの振り込み先を登録する
3.登録された口座へキャッシュバックが振り込まれる

Wi-Fiルーター無料レンタル実施中

速度の速いIPV6を利用するにはIPV6に対応したWi-Fiルーターが必要です。DTIは契約後に手続きをすればIPV6対応の高性能なWi-Fiルーターを無料でレンタルすることが出来ます。

Wi-Fiルータの無料レンタルを実施しているプロバイダはたったの4社で、DTIで貸し出しているWi-Fiルーターは、ぷららや@niftyと同じ最大867MbpsのWi-Fiルーターになります。

ただ、DTIのWi-Fiルーターに関する口コミをみると性能面において評判が悪いようなので、気になる方は最大1,733メガで最も性能が優れているGMOとくとくBBを利用すれば間違いないでしょう。

おまけ:その他サービスも◎

DTI with ドコモ光は、メールアドレスを10つまで作成することができ、DTI with ドコモ光を契約している間はずっと無料で使えます。

また、DTI with ドコモ光に申し込むとマカフィーというセキュリティソフトが最大12ヶ月間無料で利用でき、それ以降も毎月500円(税抜)を支払えば継続して使うことができます。

DTI with ドコモ光の速度を検証

IPv6接続で高速通信?

DTI with ドコモ光は、次世代高速通信の「IPv6接続サービス」が利用できます。利用者の多い時間帯でも混雑しやすいポイントを回避できるのが特徴です。

DTI with ドコモ光の公式サイトでは利用者の速度を公開していて、平均300メガ以上でることがわかります。


※有線接続でIPV6利用している場合

速度が遅いという口コミも・・

以下のように「DTI with ドコモ光は遅い」という口コミが多くありましたが、共通しているのは夜にネットが遅くなるということ。

これはDTI with ドコモ光に限らず他のプロバイダでも、夜になるとネットの利用者が増えて回線が混雑し、速度が遅くなる傾向にあります。

利用環境やエリアによって速度は変わってくるので、それを理解したうえで申し込みましょう。
常に速度が遅い理由は以下が考えられるので、Wi-Fiルーターを交換するか、公式サイトからレンタルすることをおすすめします。

・Wi-FiルーターがIPV6に対応していない
・Wi-Fiルーターの故障

\2020年選ばれているのは/
ドコモ光GMOとくとくBB

選ばれる理由は・・・
★利用者の96.8%が速度が速いと回答!
★プロバイダが大手GMOだから安心!
★2019年プロバイダ満足度NO.1超高性能Wi-Fiルーター無料レンタル!

GMOとくとくBBはドコモ光で最も選ばれている大手プロバイダ!利用者満足度1位にも選ばれています!
▼最大20,000円キャッシュバック▼ドコモ光申し込み

DTI with ドコモ光の申し込み方法

ドコモ光×の申し込みから開通までは約1~2ヶ月です。

申し込みから開通まで
1.公式サイトから申し込む
2.工事が行われる

DTI with ドコモ光公式サイトから申し込む

DTI with ドコモ光公式サイトから申し込んで以下の情報を入力しましょう。

・契約内容
・連絡希望日
・転用承諾番号または事業者変更承諾番号

現在フレッツ光や光コラボを利用している方は、申し込みフォームに前に「転用承諾番号」または「事業者変更承諾番号」の入力画面があるので、先に以下の窓口から承諾番号を取得しておきましょう。
●現在フレッツ光を利用している方(転用)
NTT東日本:0120-140-202
NTT西日本:0120-553-104
●光コラボを利用している方(事業者変更)
各回線へ問い合わせが必要

※Wi-Fiルーターレンタルのオプションは、契約後に申し込みページから申し込みましょう。

工事が行われる

ドコモ光サービスセンターへ連絡して工事日の日程を決めます。工事日はだいたい申し込みから1~2ヶ月後となります。

ドコモ光サービスセンター
電話番号:0120-766-156(無料)
受付時間:午前10時~午後8時(年中無休)

工事日当日は1時間程度の立ち合のもと以下の工事が行われます。

工事の内容
①電柱から光ファイバーケーブルを引き込む
②光コンセントの設置
③Wi-Fiルーターの設置

まとめ

DTI with ドコモ光について最後までご覧いただきありがとうございます。

DTI with ドコモ光はドコモ光のプロバイダの中でも、月額料金が安くて最大20,000円キャッシュバックがもらえるなどオススメなプロバイダであることは間違いありません。

速度に関しては遅いという口コミが多数ありましたが、ipv6対応のWi-Fiルーターを利用すれば速くなりやすいので、速度が不安な方はWi-Fiルーター無料レンタルを利用してみましょう。

これから申し込む方は、最大20,000円キャッシュバックの公式サイトからの申し込みがおすすめです。
The following two tabs change content below.
光回線おすすめ

人気の記事一覧

ドコモ光に関する情報の関連記事

役立つ基礎知識の関連記事

ヒカリCOM