【最新情報】ドコモ光の10ギガとは?1ギガとの違いや申し込み前の注意点

ドコモ光 10ギガの提供がはじまり「自分の住んでいるエリアで契約できるのか」や「1ギガと何が違うのか」が気になっていませんか。

従来の最大速度1ギガをはるかに超える「世界最速の10ギガ」は、提供エリアはごくわずかなものの、既に10ギガサービスが提供されているauひかりやNURO光の評判が良いことから、速度にかなり期待されています。

ただ、1ギガよりも月額料金が1,000円以上高くなり、10ギガ対応のWi-Fiルーターもかなり高額なので、検討している方は慎重に選んでください。

※ドコモ光 10ギガは、2020年4月1日から提供開始となります。(受付は3月23日~)

ドコモ光の10ギガの対応エリア

「ドコモ光 10ギガ」解禁にあたり、提供エリアが発表されました。現時点では「東京都の一部」と「大阪市・名古屋市」で提供開始予定となっています。(2020年3月現在)
東京都の一部エリア大阪市・名古屋市
2020年4月1日~
受付開始:2020年3月23日~
2020年4月13日~
受付開始:2020年4月1日~
東京都で利用できるエリア
大田区・世田谷区・杉並区・練馬区・板橋区・足立区・葛飾区・江戸川区の一部
※エリア拡大次第、順次更新していきます。

また、ドコモ光 10ギガは戸建てでしか対応していません。他の10ギガサービスを提供している光回線(NURO光など)では低層階マンションなら契約できるので、ドコモ光も今後展開していくのではないでしょうか。

ドコモ光の10ギガと1ギガの違いは?

2020年4月より解禁される「10ギガ」と、多くの方が契約している「1ギガ」の以下3つの違いをまとめました。

・月額料金
・最大速度
・対応プロバイダ

月額料金

「10ギガプラン」は戸建てもマンションも「月額6,300円」です。1ギガプランよりも、戸建ては1,000円・マンションは2,000円高くなっています。

ただ、他の10ギガサービスを提供している光回線(auひかり・NURO光)と同水準かつ、マンションでも戸建てでも世界最速の10ギガを利用できることを考慮すると、妥当な料金設定と言えます。

1ギガ10ギガ
5,200円
マンションの場合は4,000円
6,300円
※プロバイダをGMOとくとくBBにした場合の2年契約プランで比較

ちなみに、ドコモ光の他にも、2020年4月からNTT東西が、10ギガプラン(フレッツ 光クロス)の提供を開始しますが、月額料金は6,300円+プロバイダ料金(550円~)となっているので、NTT回線を使用する光回線の中ではドコモ光が1番低価格で利用できるようです。

したがって、1ギガプランよりは高くなってしまうけど、他の光回線(10ギガを提供する光回線)と比較すると、平均的もしくは若干安いという結果となりました。

最大速度

1ギガと10ギガの1番大きな違いは「最大速度」で、単純に最大速度が上下(アップロード・ダウンロード)ともに10倍になります。

まだ提供開始されたわけではないので、実測値や評判は提供され次第紹介させていただきますが、早くも10ギガを提供している光回線(auひかり・NURO光)は、他の最大1ギガの光回線よりも速いと評判であるため、ドコモ光の10ギガも期待して良いのではないでしょうか。

ただ、利用環境やタイミングによって実測値は大きく変わってくるので、必ずしも速いと言えないのが実情です。

参考までに、NURO光とauひかりの口コミを紹介させていただきます。

対応プロバイダ

ドコモ光は、24社のプロバイダから好きなプロバイダを選べるのが特徴ですが、10ギガプランで選べるプロバイダは以下7社となっています。(※2020年3月現在)
10ギガ対応のプロバイダ
ドコモnet・GMOとくとくBB・ぷらら・ANDLINE・hi-ho・BB.excite・AsahiNet
もともとプロバイダとして実績のある「GMOとくとくBB」や「ぷらら」などの大手プロバイダが先行して契約できるので、少なさはとくに気にしなくても大丈夫です。

これからドコモ光を契約する方は、とくに速度の評判が良くて2020年最も選ばれている「GMOとくとくBB」を選べば間違いないでしょう。

現在、10ギガに対応していないプロバイダを利用している方は、10ギガ対応プロバイダへ変更後に、10ギガを申し込むことが可能になります。(※電話で変更可能)

ドコモ光10ギガを利用する際の注意点

10ギガ対応のWi-Fiルーターが必要

10ギガを申し込むだけでは、その速度を体感することはできないので、「10ギガ対応のWi-Fiルーター」を用意してください。

10ギガ対応のWi-Fiルーターは、家電量販店などで自分で買うと5万円くらいするので、ドコモ光から月額500円でレンタルすることをおすすめします。(レンタルなら年間6,000円程度で済みます。)

ただ、1ギガのWi-Fiルーターなら1万円以下で買えたり、プロバイダから無料レンタルもできるため、無理に10ギガを契約する必要もないので慎重に選びましょう。

Wi-Fiルーター

※引用元:ドコモ光公式サイト

また、LANケーブルのカテゴリも10ギガに対応している必要があります。(LANケーブルに記載されている数字がCAT6A〜7AであればOK)

ドコモ光電話は利用できない

10ギガプランでは「ドコモ光電話」が利用できません。ドコモ光の10ギガを利用したい方は、NTT電話に戻す作業(アナログ戻し)が必要になるので、光電話を利用している方は慎重に考えてください。

アナログ戻しをする場合は、NTT東西へ連絡後に簡単な工事が行われます。工事費はだいたい2,000円です。

ドコモ光 10ギガのキャンペーン

新規で「ドコモ光 10ギガ」を契約すると、以下キャンペーンで、トータル7万円以上のdポイントが還元されます。

●工事料相当dポイント18,000pt還元
●2年間毎月dポイント1,600pt還元
●dポイント20,000ptプレゼント

全て、ドコモユーザーかつdポイントクラブ会員になること(無料でなれる)が条件で、条件を満たせば、翌々月に全てまとめてdポイントが付与されます。
3つのdポイントキャンペーンの条件
1.ドコモユーザーであること
2.dアカウントを持っている(無料で作れる)
※ここで貰えるdポイントは、ローソンなどで1ポイント=1円で使えるドコモのポイントで、有効期限は6ヶ月です。

工事料相当dポイント18,000pt還元

10ギガプランの開通には必ず18,000円の工事費がかかります。

請求は一括か分割で必ず発生しますが、開通した翌々月に18,000円分のdポイントが還元されるので、工事費は実質0円になります。

2年間毎月dポイント1,600pt還元

開通日の翌々月から2年間のあいだ、毎月1,600円分のdポイントが付与され、2年間で合計約4万円分のdポイントを受け取ることができます。

dポイント20,000ptプレゼント

dポイントキャンペーンは、ドコモ光を契約すると20,000円分のdポイントがもらえるキャンペーンです。転用や事業者変更の場合は5,000ptとなります。

まとめ

ドコモ光 10ギガの「エリア」や「1ギガとの違い」について紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

速度が速くなるのは嬉しいですが、10ギガ対応のWi-Fiルーターが高額だったり、光電話が使えないなどの注意点もあるので、日常生活で使うレベルでしたら、月額料金の安い1ギガで十分です。

また、今すぐ10ギガを契約したいという方は、すでにサービスが提供されている「auひかり」や「NURO光」を検討してみるものいいですね。

※随時最新情報に更新していきます。

\2020年最も選ばれています/
ドコモ光の大人気窓口

選ばれる理由は・・・
★利用者の96.8%が速度が速いと回答!
★今なら工事費無料!
★最新Wi-Fiルーター無料レンタル!
★家族全員のスマホが最大1,000円割引最大20,000円キャッシュバック中!
★dポイント5,000円プレゼント!

引越しシーズンは工事予約が混むので3月中の今がチャンス◎早め申し込みがおすすめ!
▼最大20,000円キャッシュバック中▼ ドコモ光申し込み
The following two tabs change content below.
光回線おすすめ
ヒカリCOM

TOPへ戻る