ドコモ光のセット割でいくら安くなる?スマホプラン別の割引額や条件

ドコモ光セット割は、ドコモユーザーがスマホもネットも安く利用できるお得な割引サービスです。

2019年6月からドコモの新料金プランが始まり、セット割の内容や適用条件、割引期間などがかなり変わりました。

この記事では、複雑でわかりにくい新旧プランのドコモ光セット割について、カンタンに優しくご紹介します。

ドコモショップやサポートセンターで聞いた信頼できる最新情報ばかりなので、参考にしていただけると幸いです。

ドコモ光セット割の基本情報

ドコモ光セット割とは

ドコモ光セット割を簡単に言うと、ドコモのスマホとネットを一緒に利用することで割引きされるサービス。

ドコモスマホとドコモ光をセットにすることを「ペア回線」といい、ドコモユーザーがペア回線にするメリットはかなり大きいです。

※ドコモのペア回線にするメリット2つ ・スマホ料金が割引きされて安くなる ・dポイントが貯まってお得に使える
セット割を適用すると、ドコモ光の料金ではなくスマホ料金から割引きされます。 新プランと旧プランで割引額や割引内容が全く異なるので、のちほど2つに分けて詳しくお話ししていきます。

割引期間は基本的にずっと

ドコモ光セット割の割引期間は、基本的にペア回線になっている間ずっとです。

ペア回線となって両方の課金が始まる翌月からの適用です。(フレッツ光からドコモ光に転用する場合は翌々月から適用)

スマホ料金やドコモ光の料金が日割りでの請求になる場合は、セット割の割引額も日割りになります。

例外として、ガラケーの旧プランを利用している方は、ドコモ光期間限定割引が適用されて一年しか割引きされないので注意しましょう。

同一名義しか適用されない

ドコモスマホ契約者とドコモ光契約者の名義が同じ場合しか適用されません。

この適用条件は、新プランも旧プランも同じ。

ダメな例:ドコモスマホを持っていない父親をドコモ光の契約者にする ⇒家族の誰かがドコモスマホを契約していたとしても割引きされなくなってしまうんです。
上記の例では、ドコモスマホを持っている方をドコモ光の契約者にして、支払い先を父親名義にする方が賢明でしょう。 ただし、最初の契約事務手数料3,000円は契約者のドコモスマホ料金と一緒に請求されてしまうので父親の支払いにはなりません。 そのほかにも、ドコモ光セット割の適用条件がいくつかあるので後ほど詳しくお話ししますね。

申し込み方法

基本的に、ドコモ光セット割は手続きなしで自動的に割引きが適用されます。

ただし、家電量販店で契約する場合はセット割が適用されないことがあるので注意しましょう。

※家電量販店で契約した場合 ◯:ドコモのスマホを契約中で、家電量販店でドコモ光を新規契約 ◯:ドコモ光とドコモのスマホを同時に新規契約 ×:ドコモ光だけを契約中、家電量販店でドコモのスマホを契約
現在ドコモ光を契約中で、これから家電量販店でドコモスマホを購入される方はドコモショップか電話での手続きが必要です。
ドコモインフォメーションセンター 0120-800-000 (9:00~20:00 年中無休) ドコモの携帯電話から場合 局番なし 151(無料)
スマホのプランを変更するだけであれば、自動的にプランに合った割引額が適用されるので安心してください。

\スマホ料金10%安くなる/
dカード GOLDが大人気

dカード GOLDが選ばれる理由
★毎月のスマホ代10%安くなる!
★スマホの故障や紛失保証10万円!
★家族カード1枚無料!
★ETCカード年会費0円!
★海外旅行保険1億円
10%還元で年間1万ポイント貯まるかも!
さらに!ご入会&エントリー&ご利用で最大15,000円プレゼント
▼最短5分で審査完了▼dカード GOLD申し込み窓口

新プラン×ドコモ光セット割の適用条件

まずは新プランのドコモ光セット割についてご紹介します。

ギガホ・ギガライトの割引額は最大1,000円/月

新プランのギガホ・ギガライトに加入すると、スマホ料金から一人あたり毎月500円か1,000円割引きされます。

プランごとの割引額は以下の通り。
新料金プラン容量ドコモ光セット割
ギガホ30GBまで1,000円
ギガライト~7GB1,000円
~5GB1,000円
~3GB500円
~1GB
旧プランとの大きな違いは、ドコモ光契約者一人だけでなくドコモユーザーの家族全員が割引きの対象になること。

上記のプランごとの割引額に応じて、持ち主のスマホ料金から毎月割引きされていきます。

ただし、ギガライトの1GB未満のプランに加入されている方は割引きの対象外です。

また、プロバイダがセットになっていない「ドコモ光ミニ」を契約する場合は、割引額が少なくなってしまうので注意しましょう。

※ドコモ光ミニのセット割 「ギガホ」「ギガライト(3GB超~7G)」 ┗500円/月 「ギガライト(1GB超~3GB)」 ┗200円/月

ファミリー割引グループが適用される

ドコモスマホを家族で契約する場合、「ファミリー割引」のグループを全員で組むことになります。(法人契約の場合は「ビジネス通話割引」)

グループ内であれば、代表者がドコモ光を契約することで全員のスマホが割引きされるんです。

ファミリー割引のグループは、代表者から三親等までの家族を入れることができます。

ドコモが定める三親等とは? ⇒グループの代表者から見て、ひい祖父母、ひ孫とその配偶者、甥姪とその配偶者、叔父叔母とその配偶者まで
以下の図でみると分かりやすいですが、遠くに住んでいる祖父母や曾祖父母、または孫やひ孫までクループに入れることができますよ。

三親等内に入る家族の図式

全国どこでもスマホ20回線までグループに入れることができ、スマホ料金の支払いは別々で構いません。

ファミリー割引グループは、他の割引サービスでも必要になってくるので覚えておきましょう。

みんなドコモ割など他サービスと併用できる

ドコモ光セット割は、他のお得な割引サービスとも併用することができます。

※新プランの主な割引サービス ・みんなドコモ割 ・ずっとドコモ特典 ・はじめてスマホ割 ・スマホおかえしプログラム
他の割引サービスでは、組み合わせによって同時に利用できないものもありますが、ドコモ光セット割は全て併用可能。 そもそもドコモのスマホと光をペア回線にしないと適用されない唯一のサービスなので、今後新しいサービスが始まっても併用できないことはないでしょう。 ドコモは他社キャリアよりも「家族で利用する」「長期的に利用する」の2つを軸にしたサービスやキャンペーンが多いです。 これらのサービスを利用することで、よりスマホ料金が安くなったりdポイントが貯まったりして大変お得に利用できますよ。

ギガライト×ドコモ光で超お得

スマホとドコモ光をセットにする場合、どのプランが一番お得になるのか気になっている方が多いでしょう。

結論を言うと、ギガライトとドコモ光の組み合わせが一番おすすです。

おすすめの理由は以下の2つ ・ギガライトの「~5GB」「~7GB」はギガホの割引額と同じだから ・家に光回線を引いてる場合、必要なスマホの通信容量は3GB~5GBGBぐらいだから
まずはプランごとの料金を確認してください。
プラン容量月額料金
ギガホ30GBまで5,980円
ギガライト~7GB4,980円
~5GB3,980円
~3GB2,980円
~1GB1,980円
プランごとの割引額はすでに紹介しましたが、「ギガホ」と「ギガライトの3GB超と7GB」は割引額が同じ最大の1,000円/月となっています。

つまり、ギガライトの「~5GB」「~7GB」にすることでスマホ料金を抑えつつ、最大限の割引額を適用させることが可能です。

スマホ料金はギガホと比べて1,000円、2,000円の差しかありませんが、家にWi-Fi環境があるなら30GBもデータ容量は必要ないでしょう。

一般的に、自宅に光回線を引いてる場合は部屋で動画を観たりゲームすると思うので、大体3GB~5GBしか使いません。

余裕を持って7GBとしても、一人あたり毎月1,000円…年間で12,000円も安くできるのでお得ですよ。

旧プラン×ドコモ光セット割の適用条件

次に旧プランのドコモ光セット割についてご紹介します。

パケットパックの割引額は最大3,500円/月

旧プランの割引額は、最大で「ウルトラシェアパック100」が3,500円/月、最小で「ベーシックパック(~1GB)」が100円/月です。

パケットパックによって、家族でシェアする場合と一人で利用する場合があるので割引額が異なります。

【家族でデータ容量をシェアしている場合】
パケット容量割引額
ウルトラシェアパック100GB-3,500円
50GB-2,900円
30GB-2,500円
ベーシックシェアパック~30GB-1,800円
~15GB-1,800円
~10GB-1,200円
~5GB-800円
家族でデータ容量をシェアしている場合、一人あたりの割引額は月に700円~900円です。

例:ウルトラシェアパック30を家族3人でシェア 1人あたりのデータ量⇒10GB/月 1人あたりの割引額⇒833円/月
【一人でデータ容量を使っている場合】
パケット容量割引額
ウルトラデータLLパック30GB-1,600円
ウルトラデータLパック20GB-1,400円
ベーシックパック~20GB-800円
~5GB-800円
~3GB-200円
~1GB-100円
一人の場合は、最大1,600円/月割引。

また、ガラケーを使っている場合は「ケータイパック(2GB)」に加入しているはずです。

その場合は、ドコモ光セット割ではなく「ドコモ光期間限定割引」が適用され、最大1年間100~500円/月割引きされます。

割引対象は代表者一人のみ

旧プランでは、スマホ料金の割引対象になるのは代表者の一人だけです。

代表者とは、ドコモスマホとドコモ光の契約者(主回線)のこと。

例えば、父親を代表者にしてシェアパックに入っている場合は代表者以外のスマホ料金が割引きされません。

例)家族3人でウルトラシェアパック30を契約 父:主回線⇒スマホ料金から2,500円/月割引 母:子回線⇒割引なし 子:子回線⇒割引なし
スマホ料金の支払い先は別々にすることができますが、ドコモ光セット割の割引きは別々にできないことを覚えておきましょう。

ずっとドコモ割プラス・ドコモwithと併用できる

「ずっとドコモ割プラス」と「docomo with」は旧プランで適用されるドコモスマホのお得な割引サービスです。

「ずっとドコモ割プラス」  ┗ドコモの利用期間や獲得dポイントに応じて、スマホ料金から毎月割引きされるサービス 「docomo with」  ┗対応機種の購入でスマホの通信料から毎月1,500円割引きされるサービス
同様にスマホ料金から割引きされるサービスですが、両方ともセット割と併用することができます。 ずっとドコモ割プラスの最大2,500円、docomo withの1,500円、ドコモ光セット割の最大3,500円の割引額をあわせると… なんと、最大で7,500円/月も割引きされるんです。 旧プランへの申し込みはすでに終了してしまいましたが、現在のスマホプランを確認してお得に利用しましょう。

ドコモ光セット割の新旧プラン比較

現在スマホの旧プランを利用されている方で、ドコモ光の契約と同時に新プランに変更しようと考えている方も多いでしょう。

ここでは、ドコモ光セット割を含めた新旧プランの料金を比較していきます。

以下で比較するのは、「家族3人」「一人あたり月間5GB使用」「ドコモ歴15年」の場合です。

※旧プランは「ベーシックシェアパック(~15GB)」、新プランは「ギガライト(~5GB)」を適用
 新プラン旧プラン
基本料金4,980円×3980円×3
ISP料金300円×3
パケットパック12,000円
シェアオプション500円×2
ずっとドコモ割
プラス
▲1,200円
みんなドコモ割▲1,000円×3
ドコモ光セット割▲1,000円×3▲1,800円
合計8,940円13,840円
一人当たり2,980円4,613円
新プランの方がドコモ光セット割でかなり安くなるんです。

しかし、上記の場合は対象機種によって割引きされる「月々サポート」と「docomo with」が適用されていません。

現在の利用中のプランでどちらかのサポートサービスが適用されている場合は以下の比較もご覧ください。

【月々サポートが適用されている場合】

※新機種「iPhone XR」を購入した場合
 新プラン旧プラン
月々サポート
(iPhone XR)
▲2,275円×3
合計8,940円7,015円
一人当たり2,980円2,338円
月々サポートの割引額によっては旧プランの方が安くなるので、月々サポートの割引期間が終わるまでプラン変更しなくていいでしょう。

【docomo withが適用されている場合】
 新プラン旧プラン
docomo with▲1,500円×3
合計8,940円9,340円
一人当たり2,980円3,113円
旧プランで家族3人ともdocomo withが適用されている場合は、そこまで料金は変わりません。

旧プランを続けても新プランに変更してもどちらでも良いと思います。

\スマホ料金10%安くなる/
dカード GOLDが大人気

dカード GOLDが選ばれる理由
★毎月のスマホ代10%安くなる!
★スマホの故障や紛失保証10万円!
★家族カード1枚無料!
★ETCカード年会費0円!
★海外旅行保険1億円
10%還元で年間1万ポイント貯まるかも!
さらに!ご入会&エントリー&ご利用で最大15,000円プレゼント
▼最短5分で審査完了▼dカード GOLD申し込み窓口

ドコモ光セット割のQ&A

ここまでドコモ光セット割について詳しく話してきましたが、他の疑問点や不明点についてQ&A形式でお答えしていきます。

家族内に新旧プランが両方いる場合はどうなる?

家族に新旧プラン両方の加入者がいる場合は、旧プランの加入者をドコモ光の契約者にするとお得になります。

なぜなら、旧プランの場合はドコモ光契約者が旧プランの加入者でないと割引きが適用されないからです。

一方、新プランの場合はドコモ光契約者が新プランの加入者でなくても割引きが適用されます。

なので、旧プランの加入者をドコモ光の契約者にすることで、新旧プラン両方の割引きが適用されるということです。

家族でドコモ光を2回線以上契約したらどうなる?

同じファミリー割引グループ内で2回線以上ドコモ光を契約すると「光複数割」が適用されます。

光複数割とは、ドコモ光契約者それぞれのスマホ料金から毎月300円割引きされるサービスです。

1回線あたり300円/月しか割引きされませんが、少しでもスマホ料金が安くなるので活用しましょう。

法人契約の場合は?

ドコモ光セット割は、家族だけでなく会社の社員同士でも適用されます。

個人契約の場合は「ファミリー割引」のグループを組んでいましたが、法人契約の場合は「ビジネス通話割引」のグループです。

最大20回線分のスマホの料金が割引きされるので、社員20人のスマホをセット割で毎月安くすることができます。

割引額や適用条件は、すでに紹介した家族の場合と同じですよ。

スマホか光を解約した場合は?

契約者のドコモスマホまたはドコモ光を解約した場合はすぐにセット割が終了します。

契約者のスマホだけ解約したいという場合は、まずはドコモ光契約者の名義を変更しないといけません。

「My docomo」やドコモショップで名義変更の手続きができます。

まとめ

ここまで長い文章を読んでいただきありがとうございます。

ドコモユーザーはセット割を利用してスマホ料金を安くすることができるので、あなたの状況に合わせて一番お得に活用しましょう。
The following two tabs change content below.
光回線おすすめ
ヒカリCOM

TOPへ戻る