ドコモのホームルーター「home 5G」が新登場!料金・速度・制限を全まとめ

ドコモのホームルーター「home 5G」
NTTドコモの2021年夏の新商品として発表されたホームルーター「home 5G」。

ドコモのホームルーターは2021年8月下旬からの提供開始に先立って、料金プランや5G対応の通信速度、データ容量制限など一部の情報が解禁され、ドコモユーザー以外の方にも大変注目されている新サービスです。

そこで今回、すでに発表されている情報をもとに以下の内容を詳しくご紹介します。

・ドコモホームルーターの料金は?
・5G対応だけど本当に速度は速いの?
・ホームルーターの対応エリアは?
・データ容量が無制限って本当?

この記事を読めば、ドコモのホームルーターを契約するメリットだけでなく、事前に確認しておくべき注意点も全て分かります。

ドコモのホームルーターがお得そう!と安易に飛びつく前に、必ずご一読ください。

ドコモホームルーターのサービス概要

まず、ドコモのホームルーターに関するサービス概要からご説明します。

もともとドコモの固定回線といえば光回線の「ドコモ光」が一択でしたが、昨今のテレワークやおうち時間の増加に伴い、コンセントに挿すだけで使える据え置き型のホームルーターが独自に開発されました。

ドコモ携帯を持っていなくても契約できることから以下の人向けといえます。
★ドコモのホームルーターはこんな人向け
・引っ越し先ですぐにネットを使いたい
・古いアパートで光回線の工事ができない
・単身世帯で手軽にネットを始めたい
また、コンセントに挿すだけと聞くと似たサービスとして「ソフトバンクエアー」を思い浮かべる方も多いはず。他にも現在、WiMAXのホームルーターが提供されています。

なので以降では、他社ホームルーターとの違いも解説していくのでご覧ください。

ドコモホームルーターの料金プラン

ドコモのホームルーターは「月額料金」と「端末価格」が利用料金になります。

ぞれぞれ詳しく見ていきましょう。

月額料金

 ホームルータードコモ光
月額料金4,950円4,400円
工事費16,500円
※実質0円
ドコモホームルーターの月額料金は4,950円とシンプルな価格設定になっています。

同じ固定回線である「ドコモ光」と比較したところ、ホームルーターの方が月額料金が高いです。しかも2021年6月現在、ドコモ光では工事費無料キャンペーンを実施中のため、総合的に見ても高くなってしまうんです。

たしかに理論上ではドコモ光より通信速度に優れていますし、工事不要で手軽に使えることを考えると、ホームルーターの方が高くなるのは仕方ないかもしれません。

さらに端末代も追加でかかってくるので、料金面を重視する方は今一度ホームルーターを契約するか考え直してください。

他社ホームルーターとの比較は?

しかしドコモ光を契約できない方、安心してください。他社のホームルーターと比較した結論、ドコモのホームルーターの月額料金は他社とほとんど変わりません。
サービス月額料金割引適用後
ドコモ(home 5G)4,950円未定
SoftBank Air5,368円12ヶ月間
4,180円
WiMAX HOME4,818円25ヶ月間
4,268円
割引キャンペーンはまだ未定ですが、ホームルーターの月額料金は5,000円前後。

先ほどドコモ光と比較したように、どのホームルーターも光回線より月額料金が高い傾向にあります。よって、ドコモのホームルーターだけが高いわけではありません。

むしろホームルーターの先駆けである「ソフトバンクエアー」より月額料金が安いので、ドコモの方が一歩有利といえます。

端末代はまだ未定

2021年6月現在、ドコモホームルーターの端末代の価格はまだ未定となっています。

あくまで推測となりますが、ソフトバンクエアーと同じように5~6万円前後の端末代を分割購入で支払っていく可能性が高いです。

※参考(他社ホームルーターの端末代)
SoftBank Air:59,400円(1,650円×36回)
WiMAX HOME:0円

一方WiMAX HOMEの端末代は0円なので、ドコモホームルーターの端末代によっては契約を考え直した方が良いかもしれません。

さて、料金についてはここまでにして、ここからはメリットと注意点を見ていきます。

ドコモのホームルーターのメリット

それでは、ドコモのホームルーターのメリットを3つ解説していきます。

・速度に特化した端末スペック
・ドコモ携帯が最大1,100円割引
・契約期間の縛りがない

必ず目を通しておいてください。

速度に特化した端末スペック

ドコモホームルーターの最大の魅力は、今までにない速度に特化した端末スペックです。

今後テレワークだけでなく自宅でネット動画を観たり、ゲームしたりする機会がふえれば、ホームルーターで安定した速度が出るかどうかは1番気になるポイントでしょう。

これから詳しく紹介していきますが、現在分かっているホームルーター端末「home 5G HR01」のスペック一覧は以下のとおりです。
home 5G HR01の端末スペック
製造元シャープ
通信速度5G:最大4.2Gbps
4G:最大1.7Gbps
無線LAN規格11a/b/g/n/ac/ax
同時接続台数Wi-Fi:64台
有線LAN:1台
サイズ未定
重量未定

5Gの高速通信に対応

まず、ドコモのホームルーター端末は高速通信の5Gに対応しています。

5G対応エリアの場合、通信速度はなんと最大4.2Gbps。同じ固定回線のドコモ光は最大1Gbpsのため、光回線よりも理論上は速い速度で利用できるということです。

home 5G

また、類似サービスのソフトバンクエアーは5Gに対応しておらず最大速度は962Mbps(0.962Gbps)にとどまります。つまり、5G対応はドコモとWiMAX HOMEの2つだけです。

ただ『ドコモのホームルーターの注意点』で説明しますが、5Gの対応エリアはまだ狭いため今後のエリア拡大に期待してください。

最新のWi-Fi 6(11ax)に対応

たとえ5Gのエリア以外でも、ドコモのホームルーターは速い傾向にあります。

なぜなら、最新規格のWi-Fi 6に対応しているからです。Wi-Fi 6とは、別名「IEEE 802.11ax」とも呼ばれ、通信速度が最大9.6Gbpsまで出るとされる無線LAN規格のこと。
新名称規格名最大通信速度
Wi-Fi 6IEEE 802.11ax9.6Gbps
Wi-Fi 5 IEEE 802.11ac6.9Gbps
Wi-Fi 4IEEE 802.11n600Mbps
例えばiPhoneであれば、「iPhone 11」以降に発売された機種がWi-Fi 6に対応しているので、通信速度の改善が期待できます。

他にもWi-Fi 6に対応している端末を使っている方は、ドコモのホームルーターで比較的快適に利用できると思ってください。

結論|光回線の代わりになるか?

では、ドコモのホームルーターは光回線の代わりになるのか?結論、現時点では光回線の方が速度面では安定しています。

理論上の数値だけで見れば、たしかにドコモホームルーターの方が通信速度の最大値が優れているものの、やはり無線でつながっていることで安定性に欠けてしまいます。

とくに壁などの障害物に弱く、窓からの距離によってはつながりにくい場合も。

実際に使ってみないと分かりませんが、5Gエリアもまだ拡大予定の段階なので、提供開始後すぐに契約するのでなく、少し評判など様子を見てから契約するのも一つの手です。

ドコモ携帯が最大1,100円割引

ドコモのギガプランを契約中の方は、ホームルーターとセットで毎月最大1,100円割引の「home 5G セット割」が適用されます。ドコモ光のセット割と似た割引サービスです。

ただし、ahamoは適用外になるので注意しましょう。プラン別の割引額は以下のとおり。

home 5G セット割

ホームルーターの契約者以外でも、ドコモのギガプランを使う家族も最大20回線まで割引きが適用されます。つまり、家族が多ければ多いほどお得になるということ。

一緒に住んでいる家族だけでなく、離れて暮らしている親戚も割引対象です。

home 5G セット割の適用範囲

割引額はドコモ光のセット割と変わりませんが、ホームルーターの中ではドコモのスマホとセットでお得になる唯一のサービスです。

よって、ソフトバンクユーザーならSoftBank Airが選ばれているように、ドコモユーザーならドコモのホームルーターが選ばれる時代がやってくると考えられます。

※「home 5G セット割」は「ドコモ光 セット割」との併用ができません。

契約期間の縛りがない

最後に、契約期間の縛りがいないことがドコモホームルーターのメリットです。

契約期間の縛りがないということは、つまり、いつ解約しても違約金が発生しないということ。通常、光回線にもホームルーターにも2年や3年の契約期間が設けられています。

しかし、安心するのは早いです。まだ詳細は発表されていませんが、たとえ契約期間の縛りがなくても、途中解約すると端末代金の残債を一括で支払う可能性が高いからです。

それでも、普通なら2万円近くの違約金を支払う必要がないのは大きなメリットでしょう。

ドコモのホームルーターの注意点

ここまでメリットを紹介してきましたが、続いては注意点について見ていきましょう。

ドコモのホームルーターはまだ提供開始されていないサービスなので、慎重に考えてから実際に申し込むかどうか判断すべきです。

5Gエリアは今後拡大予定

ドコモのホームルーターは「高速通信の5G対応」と大々的に宣伝していますが、実際のところ対応エリアは非常に狭いです。

ドコモ公式サイトでエリア確認した結果、以下の図のように5Gに対応しているのは東京首都圏の中でも赤色の一部地域のみでした。(2021年5月16日時点の対応状況)

5Gエリア

現時点だと大半の人が利用できない状況ですが、ドコモの発表では今後人口カバー率を2022年3月末には55%、2023年3月末には約70%、2024年末には約80%まで拡大していく予定です。

さらに、ドコモは他のキャリアよりも5G導入のための設備投資に力を入れています。

1年後には都心を中心に5Gの利用が可能になるので、様子を見てからドコモのホームルーターを契約するのも一つの手です。

3日間使いすぎると通信制限

ドコモのホームルーターはネット使い放題を売り文句にしていますが、よく見ると…

「当日を含む直近3日間のデータ利用量が特に多いお客さまは、それ以外のお客さまと比べて通信が遅くなることがあります。」との記載があります。

具体的な数値で書かれていないので、どれくらい使ったら「大量通信」に当てはまるのか曖昧になっているのが気になるところ。

さらに、同じネット使い放題を掲げているホームルーターのソフトバンクエアーを例として考えても、ネットワークが混雑して速度制限がかかるケースが頻繁にあります。
よって、ネットが使い放題という謳い文句をカンタンに鵜呑みにしてはいけません。

ドコモのホームルーターが提供されたとしても、契約すべきか慎重に検討すべきです。

登録住所以外では使えない

ドコモのホームルーターは登録住所以外だと使えないので注意しましょう。

たとえば出張先のホテルや車内に持って行きたい人もいると思いますが、自宅以外で使うとドコモから警告を受けてしまうんです。

引っ越しの場合は、WEBから住所変更すれば引っ越し先でも利用できます。自宅以外の住所にも変更できますが、あまりにも引っ越しの回数が多すぎると、やはりドコモから警告を受けて最悪の場合は強制解約になります。

コンセントに挿すだけで使える便利なサービスですが、自宅以外では使えないと頭に入れておいてください。

ドコモホームルーターのよくある疑問

ここからは、ドコモホームルーターのよくある疑問について紹介します。

・「home 5G パック」は必要?
・同時に接続できる台数は?

気になる項目があればチェックしてください。

「home 5G パック」は必要?

ちなみに「home 5G パック」は必要なのか?結論、申し込む必要はありません。

home 5G パックとは、『ケータイ補償サービス』と『ネットワークセキュリティ』が通常935円/月のところ、セット購入で770円/月になったオプションパックのことです。

ケータイ補償サービス⇒故障・水濡れなどあらゆるトラブルの補償サービス
ネットワークセキュリティ⇒パソコン向けのセキュリティ対策ソフト

万が一のために加入しておくのは自由ですが、サービス内容を見るかぎり絶対に必要なわけではないので、わざわざ申し込む必要はないでしょう。

同時に接続できる台数は?

ドコモのホームルーターは同時に最大65台のデバイスと接続できます。

無線(Wi-Fi)接続なら64台、有線接続なら1台です。デスクトップやテレビは有線でつないで、スマホやノートPCは無線でつなぐと良いでしょう。

まとめ

ここまでドコモのホームルーターについてメリットと注意点を紹介してきました。

結論、ドコモのホームルーターは通信速度に特化した今までにないホームルーターな上に、ドコモ携帯が毎月最大1,100円割引きされるなどのメリットがあります。

ただし、5Gの対応エリアや通信制限の詳しい内容など、今後に期待したいポイントも見つかりました。

ドコモのホームルーターを検討している方は、必ず契約前に当記事を参考にしてください。

人気の記事一覧

インターネットまるわかりガイドの関連記事

役立つ基礎知識の関連記事

ヒカリCOM

TOPへ戻る