dカードプリペイドのメリットを解説!チャージ・支払い方法まとめ

dカードプリペイドってどんなカードなんだろう、使い方を知りたい、と思っていますか?

dカードプリペイドとはお金やdポイントをチャージして使えるプリペイドカードのことで、支払いに応じてdポイントを貯めることもできます。

またMaster cardとiDが搭載されているため、加盟店が多かったり支払いが簡単になったりというメリットがあります。

そしてdカードプリペイドなら、本来dポイントが貯まらない場面でも貯めることができるので、方法をまとめました。

この記事では、dカードプリペイドのメリットや支払い方法、チャージ方法、そして利用する前に知っておくべき注意点も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

dカードプリペイドの基本情報

基本情報
年会費無料
申し込み条件12歳以上で
dアカウントを持っている
dポイントの還元率0.5%
(200円ごとに1P貯まる)
有効期限発行から5年間
加盟店iD/Master card加盟店
上限残高30万円
支払い方法iD払い
クレジットカード払い
Apple pay 等
公式サイトdカードプリペイド公式サイト
dカードプリペイドとは、お金やdポイントをチャージして使える、ドコモのプリペイドカードのことです。

国際ブランドであるMaster cardが搭載されているため、チャージしておけば日本のみでなく海外でも使えます。

そしてiD機能も搭載されているため、カードを端末にかざすだけで支払えたり、Apple payなどと連携させておけばスマホをかざすだけで支払うこともできます。

年会費無料で発行できて、dカードプリペイドで支払った料金に応じてdポイントも貯まるので、手軽にdポイントを貯めたり使ったりしたいという人にピッタリなカードです。

ただ、dカードプリペイドを使うには「dポイントクラブ」から利用登録が必要となるので、カードを入手したら必ず利用登録を完了させておきましょう。

申し込みはWEBから

申し込み方法はWEB申し込みのみです。

申し込み条件は12歳以上且つdアカウントを持っていることで、ドコモのスマホや光回線を利用していなくても申し込むことができますし、審査も必要ありません。

申し込みの手順はdカードプリペイド公式サイトの「今すぐ申し込む」からdアカウントでログインをして、必要事項を入力すれば完了です。申し込みが完了してから1週間~10日程で発送されます。

dカードプリペイドのメリット

dポイントがお得に貯まる

dポイントが貯まることに関する2つのメリットを紹介します。

d払いでお得に貯まる

1つ目のメリットは、d払いの際にお得にポイントを貯めれるということ。

d払いとは、スマホアプリでバーコードを表示させて読み取ってもらって支払うことができたり、ネットショップでも支払い時に利用できる決済方法で、支払い料金に応じてdポイントが貯まります。支払いにdポイントを充てることもできるのですが、その分の料金にdポイントは付与されません。

しかしdカードプリペイドでd払いすれば利用料金全額分のdポイントを貯めることができます。

というのも、dカードプリペイドへdポイントや現金を使ってチャージすると、全部ひっくるめて『dカードプリペイドの残高金額』として認識されるため、現金でチャージしようがdポイントでチャージしようが関係がなくなるからです。

d払いで支払ってdポイントを貯めるまでの流れをまとめました。
dカードプリペイドに現金やdポイントでチャージをする

d払いの支払い方法をdカードプリペイドにする

【dポイントを利用する】のチェックを外してd払いをする

特約店でお得に貯まる

2つ目のメリットは、dポイントの特約店でdカードやdカード GOLDと同じようにdポイントをお得に貯められるというメリットです。

dカードプリペイドは普段の買い物でdポイントを貯められるのに加え、一部対象外になる店舗もありますが、dポイント特約店ならもっとお得にdポイントを貯めることができます。特にお得な加盟店を3つまとめました。
ローソン
ローソンは特約店の中でも『特にお得になるお店』に指定されているため、お得に買い物をすることができます。仕組みをまとめました。
①dカードプリペイドで決済することで支払いが3%OFFになる

 

②dカードプリペイドで決済すると200円ごとに1ポイント貯まる

 

③dカードプリペイドの提示で100円ごとに1ポイント貯まる

①はdポイントが貯まるわけではありませんが、その場で支払いを安くすることができます。

ローソンは他のお店と比べて特にお得に買い物ができるので、dポイントを貯めている人はなるべくローソンを利用しましょう。

加盟店が多い

貯まったdポイントはコンビニやネットショッピングサイトなど様々な場面で使えますが、加盟店は限られているため、使えるかどうか調べる手間がかかります。

こういった悩みを解消するのがdカードプリペイドです。dカードプリペイドはdポイントでチャージすることができて、iD加盟店とMaster card加盟店で利用できます。

特にMaster card加盟店は海外の店舗を含めて5,290万店とクレジットカード業界の中で最も加盟店が多いため、dカードプリペイドがあればdポイントの使い道に困ることはほとんどないでしょう。

Amazonや楽天市場でもdポイントが使える

ここまでで解説したようにdカードプリペイドは、本来dポイントでの支払いができない場面でdポイントを使うための手段となるので、Amazonや楽天市場でのdポイントの利用が可能になります。

Amazonで利用する方法は、まずAmazonのアカウントにdカードプリペイドの情報を追加します。カード会社はMaster cardを選択して、カード番号や名義を入力すればOKです。

あとは買い物の決済の時に、設定したdカードプリペイドを選択して支払うだけ。

楽天市場で利用する方法も、まず楽天のアカウントにdカードプリペイドの情報を設定する必要があり、支払い時にdカードプリペイドを選択すればOKです。

dカードプリペイドでの支払い方法

dカードプリペイドを使って支払う方法について詳しくまとめました。

iD加盟店で支払う方法

iD加盟店では、dカードプリペイドを使ってiD払いができます。支払いの時に「iD払いで」と伝え、端末にdカードプリペイドをタッチすれば支払い完了です。

またApple payにも対応しているため、dカードプリペイドを登録しておけばスマホを端末にタッチすることで支払いが完了します。

Master card加盟店で支払う方法

Master card加盟店では、カード支払いができます。支払いの時に「Master cardで」と伝え、dカードプリペイドを渡せば支払い完了です。

支払い回数を聞かれる場合があるので、1回払いを指定しましょう。

インターネットショッピングで支払う方法

Master cardに対応しているインターネットショップで、クレジットカードとして支払い可能です。買い物の合計金額を支払う画面で、支払い方法をクレジットカードに設定して、カード番号と有効期限、3桁のセキュリティコード、カード名義を入力します。

カード名義は全員固定で「PREPAID MEMBER」となっているため、自分の名前ではなく「PREPAID MEMBER」と入力しましょう。姓と名を分けて入力する場合は姓が「PREPAID」で名が「MEMBER」です。カタカナで入力する場合は「プリペイドメンバー」と入力すればOK。

支払い回数は1回払いを選び、本人認証でマイページで事前登録したパスワードを入力すれば支払い完了です。

dカードプリペイドのチャージ方法

dカードプリペイドにお金やdポイントをチャージする方法は3つあり、チャージしておける上限金額は30万円、1日にチャージできる上限金額も30万円です。

ちなみに一度チャージが完了すると取り消すことはできないので気をつけましょう。

ローソンでチャージする

ローソンでは現金を使って1回につき1,000円から最大49,000円まで、1円単位でチャージ可能です。

方法は、まずレジにdカードプリペイドを持って行ってチャージ金額を伝えます。そして現金で料金を支払えばチャージ完了です。

ローソンだけでなく、ローソンストア100とナチュラルローソンもdカードプリペイドのチャージに対応しています。

マイページからチャージする

dカードプリペイドのマイページ上では、様々な支払い方法で1回につき500円から最大5万円まで、1円単位でチャージ可能です。

方法は、マイページにdアカウントを使ってログインをして、支払い方法とチャージ金額を入力し【確定】を選択します。入力内容の確認と必要事項の入力すれば、チャージ完了です。

【dポイント/電話料金合算/dカード/クレジットカード/インターネットバンキング】から自分の好きな方法でチャージできるので、それぞれ簡単に説明します。

dポイントでチャージする

dポイントは1P=1円としてdカードプリペイドへチャージ可能です。チャージできるのは『dポイント』と『dポイント(期間・用途限定)』の2種類あるうちの通常の『dポイント』の方で、1ヵ月間でチャージできるdポイントの上限は1万ポイントまでと決まっています。

チャージしたdポイントやdポイントの残高については、dポイントクラブから確認できます。

電話料金合算でチャージする

毎月のスマホや携帯料金の引き落としの際に、一緒にdカードプリペイドへのチャージ金額を引き落とす方法です。

この支払い方法ができるのはドコモのスマホや携帯を利用していて、電話料金をdカードによるクレジットカード払いに設定をしている、または口座振替で支払っている人となっています。

dカードでチャージする

dカードまたはDCMXを使ってチャージする方法です。

この支払い方法ができるのはspモードの契約があるドコモのスマホや携帯を利用している人で、電話番号がマイページにログインをした際に使ったdアカウントに紐づいている必要があります。

ちなみに通常であればdカードは利用金額に応じてdポイントが貯まりますが、チャージした分の料金にはdポイントが貯まらないので覚えておきましょう。

クレジットカードでチャージする

VisaカードまたはMaster cardを使ってチャージできる方法です。

VJA・オムニカード協会加盟各社発行のVisaカードまたはMaster cardの場合手数料は無料ですが、その他のVisaカードまたはMaster cardでの支払いの場合税込み204円の手数料がかかってしまいます。

そして利用時にはそれぞれクレジットカードの認証が必要となり、Visaの場合「Visa Secure」、Master cardの場合「Mastercard SecureCode」を使って認証可能です。

インターネットバンキングでチャージする

インターネットバンキングとはオンライン上で登録できる銀行のようなもので、銀行口座残高からdカードプリペイドへチャージすることができます。手数料は税込み204円です。

事前に、みずほ銀行/三菱UFJ銀行/三井住友銀行/ゆうちょ銀行をはじめとした対象の銀行で、インターネットバンキングへの登録を済ませる必要があります。

セブン銀行のATMでチャージする

セブン銀行のATMでは、現金で1回につき1,000円から1,000円単位でのチャージが可能です。

方法は、セブン銀行のATMにdカードプリペイドを挿入して【ご入金】ボタンから希望金額を入金します。金額を確認してカードと明細票を受け取ればチャージ完了となります。

dカードプリペイドの注意点

利用できない場面がある

dカードプリペイドはクレジットカードとは仕組みが違っているため、一部のサービスでは利用できないことがあります。

例えばホテルのような、チェックインの時にdカードプリペイドを提示したときと、チェックアウトの時で料金が変わるような場面です。なぜなら宿泊料金分はdカードプリペイドにチャージしてあったとしても、ルームサービスの料金分はチャージされていなければ、支払うことはできないからです。

また、ネットショッピングの中でも月額料金制のサービスや継続契約制のサービスへの支払いにも利用できません。この場合の理由も同じで、途中でチャージ金額が足りなくなってしまう可能性があるからです。

その他にもガソリンスタンドでの支払いや高速道路通行料金での支払い、そして他のプリペイドカードや電子マネーなどの購入やチャージには利用でないので注意してください。

カード名義が決められている

dカードプリペイドのカード名義は決められているので、ネットショッピングの際には注意が必要です。

というのも、dカードプリペイドのカード名義は自分の名前ではなく「PREPAID MEMBER」と決められているため、ネットショッピングのカード情報を登録する際の名義欄も「PREPAID MEMBER」と入力する必要があるんです。

間違えて自分の名前を入力しても、購入手続きができないので注意しましょう。

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

dカードプリペイドがあれば、dポイントをもっと簡単に使うことができますし、dポイントをお得に貯めることも可能です。

dポイントを貯めたり使ったりしている人は、1枚持っておくことをおすすめします。
The following two tabs change content below.
光回線おすすめ
ヒカリCOM