dカード GOLDの「iD」とは?クレジットカード払いとの違いやメリットを解説

dカード GOLDに搭載されている「iD」ってどんな機能なんだろう、メリットはあるのかな、と思っている方に向けてdカード GOLDのiDについて徹底解説します。

iD機能が搭載されているdカード GOLDでは「iD払い」をすることができ、クレジットカード払いと違って読み取り機にかざすだけで支払いが完了するので、サインを書いたり暗証番号を入力する手間を省けます。

そしてdカード GOLDでiD払いをすると、特約店でポイントが最大6倍貯まるといったメリットもあるので、この記事では通常のクレジットカード払いとの違いやメリットについて詳しくまとめました。

dカード GOLDに搭載されているiDについて徹底解説しているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

dカード GOLDのiDとは

iDとはNTTドコモが運営する後払い方式の電子マネーのことで、専用の読み取り機にかざすだけで支払いができるうえに、dカード GOLDならdポイントが100円につき1ポイント貯まります。

カードの右上にある「iD」のマークが、iD払いに対応している目印になります。

電子マネーといえば、SuicaやPASMOのようにチャージ方式のものが多いですが、iDはチャージがいらないので残高を気にする必要がありません。

iDで支払った分はdカード GOLDの請求に反映されるため、毎月15日締めの翌月10日払いです。

スマホで利用できる

iDをスマホに紐づけておくと、カードを持ち歩かなくてもスマホ一台で買い物ができるようになります。

Androidならおサイフケータイで、iPhoneならApple payでiDの登録をすることが可能です。

登録方法を簡単に説明すると、Androidの場合は「iDアプリ」をダウンロードして、「iD対応のクレジットカードで登録する」からカードを選らんで登録できます。

iPhoneの場合は「Walletアプリ」の中の「カードを追加する」でカードを登録すればOKです。

dカード GOLDのiD払いとクレジットカード払いの違い

dカード GOLDには支払い方法が2つあり、1つは「iD払い」もう1つは「クレジットカード払い」です。ここからはiD払いの特徴をクレジットカード払いと比較しながら紹介していきます。

使える店舗が違う

iD払いとクレジットカード払いでは利用できる店舗が異なります。

クレジットカード払いはカード会社と契約している加盟店(VISA/Mastercard)で利用することができ、iD払いは専用の読み取り機を設置している店舗で利用することができます。

取り扱い店舗数でいうとやはりクレジットカードの方が多くなりますが、2019年12月の段階でiDが使える店舗は日本全国に約106.4万ほどあるといわれています。iDはキャッシュレスサービスの先駆けで歴史もあるので、主要の店舗はほとんど取り扱っているといっても良いでしょう。

さらに詳しく知りたい方はこちらをご確認ください。

使用方法が違う

使用方法に関しては「iD払い」の方が少しだけ便利になるので、どちらも対応している店舗であれば積極的にiDを利用していくことをおすすめします。

店舗は読み取り機にかざすだけ

iDを店舗で利用する場合は専用の読み取り機に「iD付きのdカード GOLD」または「iD登録したスマホ」をかざすだけで完了です。クレジットカードの場合はカード情報を読み込んだ後サインか暗証番号の入力が必要になりますが、この手間を省くことができます。

スマホにiDを登録する方法は、このあと紹介していきます。

ネットショップは入力不要

iDをネットショップで利用する場合は、決済画面でクレジットカード番号を入力する手間を省くことができます。

使い方は、支払い方法の選択画面で「iD」を選択し、注文内容を確認すると自動的に「iDアプリ」が起動するので「実行」を押せば完了です。一定金額を超える場合は暗証番号の入力が必要になりますが、番号を入力するためにいちいち財布からカードを取り出す手間からは解放されます。

まだ対応しているお店が少ないのは残念ですが、Amazonで使えるのは大きいですね。
iDが使えるネットショップ
Amazon/アットゲームズ/さくら観光/NEOWING など

dカード GOLDのiDのメリット

特約店で使うとポイント最大6倍

iDは通常、街のお店でもネットショッピングでも1%(100円=1ポイント)がもらえますが、特約店と呼ばれるお店で利用すると最大で6倍のdポイントをもらうことができます。

特約店の対象は「dカード GOLD」と「iD」共通の場合が多いのでどちらを使っても同じなのですが、どちらか一方しか対象にならないお店では、支払い方法を使い分けた方がよりポイントが貯まりやすくなります。
iD特約店 ※十徳グループは2020年3月31日で特約店契約を終了
オリックスレンタカー(6%)/ タワーレコード(3%)/ 紀伊國屋書店(2%)/ 洋服の青山(2%)/ THE SUIT COMPANY(2%)/ 十徳グループ(4%)/ ビッグエコー(4%)/さわやか無線タクシー(2%)

特約店以外はd払いがおすすめ

d払いは通常、街のお店だと0.5%(200円=1ポイント)、ネットショッピングだと1%(100円=1ポイント)がもらえます。

さらに支払い方法をクレジットカード、すなわち「dカード GOLD」に設定することで、dカード GOLDの決済ポイント1%(100円=1ポイント)が加算され、最大で1.5~2%がもらえることになるので特約店以外はd払いで支払うのがおすすめです。

利用限度額が高い

iDの限度額はdカード GOLDの限度額と共通なので、申し込み状況によりますが最大で300万円まで利用することができます。

「iDで利用した分」と「dカード GOLDで利用した分」を合わせた請求になるので、iDを使いすぎて限度額に達してしまった場合、その月はdカード GOLDも使えなくなります。その逆も同じです。

交通系電子マネーであるSuicaやPASMOは限度額が2万円、nanaco(ナナコ)やWAON(ワオン)は限度額が5万円なので、比べてみても圧倒的に利用限度額が高く使い勝手の良い電子マネーだといえます。

dカード GOLDのiDキャッシュバックキャンペーン

今dカード GOLDに入会すると最大で15,000円のiDキャッシュバックを受けることができるキャンペーンを実施中です。

現在はiDキャッシュバックをもらえるキャンペーンは終了していますが、最大18,000円分のdポイント(期間・用途限定)をもらえるキャンペーンを実施しています。

年会費以上分のポイントがもらえますし、1ポイント=1円として普段の買い物に利用できるのでとてもお得なキャンペーンです。

下のボタンから公式サイトに飛べるので、確認してみてください。

\2020年大人気/
dカード GOLDがおすすめ!

dカード GOLDはメリット多数!
★ドコモのスマホ代1,000円(税抜)ごとに100ポイント貯まる!
★ショッピングでの支払い料金 100円(税込)ごとに1ポイント貯まる!
★家族カードが1枚目無料
今なら!入会&各種設定&エントリー&利用でdポイント(期間・用途限定)を最大13,000ポイント【2020年9月30日まで限定で!】18,000ポイントプレゼント!申込みはお早めに!
▼最短5分で審査完了▼dカード GOLDを申し込む

dカード GOLDのiDに関するよくある質問

機種変更や故障したら?

スマホにiDの設定をして利用している場合、機種変更時にはiDを再設定する必要があります。そうすれば新しい機種に切り替わっても、故障で代替機を使うことになっても、引き続き同じように利用することができます。

再設定には「iDの情報を預ける作業」と「iDの情報を受け取る作業」が発生しますが、とても簡単です。

事前に預けるのを忘れてしまったり、突然の故障で一連の操作がおこなえなくなってしまった場合は、dカード ゴールドデスクに連絡しすれば対応してもらえます。
iDの情報を預ける
1. iDアプリを起動し「機種変更」を選択
2. 受け取る際に必要なパスワードを指定し「手続きを行う」を選択
3. 注意事項を確認し「はい」を選択
4. 完了

 

iDの情報を受け取る
1. iDアプリを起動し「機種変更前から「iD」をご利用の方」を選択
2.「iD対応のクレジットカードで登録する」を選択
3.「カード会社を選択してください」を選択
4. 登録するカード「dカード」を選択
5. 機種変更時に表示されたアクセスコードと暗証番号を入力し「登録する」を選択
6. 完了

紛失や盗難にあったら?

iDはサインや暗証番号の入力が必要ない便利な方法ですが、裏を返せば悪用しやすいともいえます。

万が一、紛失や盗難にあってしまってもiDで利用した分もクレジットカード補償の対象になるので、気付いた時点ですぐにdカード ゴールドデスクへ連絡しましょう。
dカード ゴールドデスク
ドコモ携帯から:(局番なし)*9010(無料)
一般電話から:0120-700-360(無料)
受付時間:午前10:00~午後8:00(年中無休)

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。

iDはお店に設置された専用の読み取り機にかざすだけで支払いが完了し、スマホで利用することもできるので非常に便利です。

特約店を利用してより多くのdポイントを貯めたり、高額のキャッシュバックを受けるためにも積極的に取り入れていくことをおすすめします。
So-net光プラス 月額2,080円 超高速ネットが安すぎる!!
ヒカリCOM

TOPへ戻る