auひかりマンションのタイプVの速度は遅い?V16やゲームをする場合の評判も紹介

auひかりをマンションで契約
auひかりマンションタイプVの速度の評判は?遅いって本当?と気になっていませんか。

結論から言うと、auひかりマンションのタイプVでも快適な速度でネットを利用することが可能です。

しかし口コミを確認すると、auひかりマンションのタイプVは速度が遅いという声が一部あるのも事実。

そのためこの記事では、auひかりマンションのタイプVの速度は本当に遅くないのか、徹底的に調査していきます。

・VDSL方式は遅いって本当?
・V16でも遅くない?
・オンラインゲームは快適にできるの?
・タイプGに変更できる?

最後まで読むことで、auひかりマンションタイプVの工事や解約金などについても知ることができます。ぜひ参考にしてくださいね。

結論:auひかりマンションのタイプVでも快適にネットが使える

auひかりマンションのタイプVは、電話線を用いたVDSLという配線方式。最大速度が100Mbpsになるので、auひかりの他の契約タイプよりも速度が遅い傾向にあります。

しかし、auひかりマンションのタイプVは、ネットを快適に使えないのかと言われるとそうではありません。

以下のような人であれば、タイプVでも十分快適にインターネットを使うことができますよ。
▼タイプVで快適にネットが使える人
・SNSやネット閲覧をする人
・テレビでの動画視聴、オンライン会議をする人
・オンラインゲームのヘビーユーザーではない人
それではここから、なぜ上記のような人であればタイプVを問題なく使うことができるのか、詳しく解説していきます。
※2022年1月末まで5,000円増額!※
最大61,000円キャッシュバック

auひかりマンションタイプVの速度が遅いという評判は本当?

上記のように、auひかりマンションタイプVに関する口コミを確認すると「速度が遅い」といったネガティブな投稿が多数見受けられました。

なぜこういった情報が多いのでしょうか?またこれらの情報は真実なのでしょうか?次から解説していきます。

VDSL方式で最大速度100Mbpsだが…

auひかりマンションのタイプVは、VDSL方式の配線設備。
★VDSL方式とは?
電柱からマンションやアパートの共有スペースまでを光ファイバーでつなぎ、共有スペースから各部屋までを電話線でつないでネットを提供する配線設備のこと。
以下表の通り、最大速度100Mbpsなので、他の契約タイプよりも、理論上の速度は遅めになってしまうんです。

【契約タイプ別の最大速度】
契約タイプ最大速度配線設備
タイプV
(都市機構)
下り:100Mbps
上り:~100Mbps
電話線
タイプG
(都市機構G)
下り:664Mbps
上り:166Mbps
電話線
ギガ下り:1,000Mbps
上り:1,000Mbps
光ファイバー
ミニギガ下り:1,000Mbps
上り:1,000Mbps
光ファイバー
タイプF下り:100Mbps
上り:100Mbps
光ファイバー
タイプE下り:100Mbps
上り:100Mbps
LAN
上記の表で確認すると、なんとタイプVはギガタイプの1/10の速度。その分、実測値も遅くなってしまうのは明白でしょう。

しかし、auひかりマンションの契約タイプの中で速度が遅いからと言って、インターネットが快適に使えないわけではありません。続いて見ていきましょう。

SNSや動画視聴などは問題なく利用できる

auひかりマンションタイプVは、最大速度が100Mbpsで他の契約タイプよりも遅い傾向にありますが、インターネットが快適に使えないわけではありません。

以下の表の通り、SNSや動画視聴、オンライン会議などは、大体1~30Mbps程度の実測値があれば、快適に利用することが可能。
利用用途必要な速度
SNS・ネット閲覧1~10Mbps
データ送信10~15Mbps
動画視聴3~25Mbps
オンライン会議
10~30Mbps
auひかりマンションタイプVは、最大速度100Mbpsなので、実測値も60~80Mbps出ることがほとんど。つまり、この程度のネット利用であれば、全く問題なく使うことができるということなんです。

そのため、auひかりの他の契約タイプよりも最大速度が遅いからと言って、落胆しすぎる必要はありません。

実際の口コミを見ても、タイプVで問題なくネットを使えているという声が多く確認できましたよ。

V16でも遅くない?

またauひかりマンションのタイプVは、建物の部屋数に応じて「V16」か「V8」での契約になります。

・auひかり対応が16部屋以上⇒「V16」
・auひかり対応が8部屋以上⇒「V8」

上記の通り「V16」の場合は、マンション内のauひかりユーザーが比較的多くなりやすいと言えます。

光回線の仕組み上、1つの回線に対して利用者が多いと、混雑で通信速度が遅くなりやすい傾向にありますが、「V16」の場合でも、問題なくインターネットを利用することができるのでしょうか?

次から解説していきます。

Ipv6対応で快適に利用できる

結論から言うと、auひかりマンションで「V16」だったとしても、Ipv6で快適にインターネットを利用できるので、安心してください。

Ipv6とは、インターネットの混雑を緩和させて通信をできる接続方式のこと。

接続のキャパが従来の方式よりも数倍広いので、「V16」でマンション内のauひかりユーザーが多かったとしても、安定してネット接続をすることが可能です。

また「V16」に関するTwitterの投稿を確認しても、安定した速度で利用できるという口コミが多数。続いて見ていきましょう。

大体60~80Mbps出ているという声が多い

auひかりマンションの「V16」の実測値はどのくらいなのか、口コミを確認すると、大体の方が60~80Mbpsで利用できているようでした。
もちろんこれらの情報は、利用者の口コミですし、光回線は利用環境によって通信速度が異なるので、「V16」でも確実にこの速度が出るというわけではありません。

しかし、口コミで確認した7~8割のユーザーは、大体60~80Mbpsという方が大半。ほとんどの人が問題なく利用できているのは確かでしょう。

ゲームは快適にプレイできる?

それでは、auひかりマンションタイプVでゲームは快適に利用できるのでしょうか?

口コミを確認すると、賛否両論という結果に。
オンラインゲームを快適に利用するには、以下のように大体50Mbps以上の通信速度と16ms以上のping値が必要。
体感の目安速度Ping値
かなり快適100Mbps以上1~15ms
快適50~100Mbps16~30ms
微妙10~50Mbps31~50ms
遅い10Mbps以下51~100ms
先ほど紹介した通り、auひかりマンションのタイプVは、60~80Mbps出ているユーザーが多いので、オンラインゲームを快適にプレイできている人も多いよう。

しかし、平均的な実質速度が、快適にゲームをできるギリギリのラインであるともいえるので、利用状況によっては、適正速度を下回ってラグが起きてしまうこともあるようです。

アップデートは遅いという意見も

また、auひかりマンションタイプVのオンラインゲームに関する口コミを調べていると、アップデートが遅いという声が目立ちました。
ゲームの種類にもよりますが、例えば大幅なアップデートの際は、40~60GBのデータをダウンロードしなければならない場合も。その場合、早くアップデートを完了させるためには、通信速度100Mbps以上は必要です。

auひかりマンションタイプVで、101Mbps以上の速度を出すことは理論上不可能なので、どうしてもアップロードの速度は遅くなってしまうんです。

そのため、確実にゲームを快適にプレイしたい!アップロードも速く完了させたい!という人は、auひかりマンションタイプVにこだわらず、以下の方法を試してみるのもアリですよ。
▼ゲームを快適に利用したい場合…
・auひかり戸建てタイプが契約できるか確認する
・光コラボの光回線方式(1Gbps)が契約できないか確認する

【結論】タイプVを快適に使えるのはこんな人

ここまで速度に関しての情報を解説してきましたが、結論auひかりマンションのタイプVを快適に使えるのは以下のような人です。
▼auひかりマンションタイプVがおすすめな人
・SNSやネット閲覧をする人
・動画視聴やオンライン会議などでインターネットを使う人
・オンラインゲームのヘビーユーザーではない人
auひかりマンションタイプVは、SNSや動画視聴など通常程度にインターネットを使う人であれば、快適に利用することができます。

しかしオンラインゲームなど大容量の通信を頻繁にする人の場合は、環境や状況によって、遅いと感じてしまう可能性もあるので、注意してくださいね。
※2022年1月末まで5,000円増額!※
最大61,000円キャッシュバック

もし速度が遅い場合はタイプGへ変更できるか確認

もしauひかりマンションタイプVを契約した後に、速度が遅いと感じる場合は、マンションによって「タイプG」に変更できる可能性もあるので、確認してみましょう。

文頭でも少し紹介しましたが、タイプVからタイプGに変更すると、以下のように最大速度が格段にUPします。

・タイプV⇒下り最大100Mbps
・タイプG⇒下り最大664Mbps

元々auひかりのマンションはタイプVを導入している設備が多かったのですが、近年タイプGへ設備変更しているマンションも増加傾向に。

月額料金は変わらず、手数料3,300円のみで手軽に変更できるので、1度確認してみて損はないですよ。

利用者の口コミでも、いつの間にか自宅マンションがタイプG対応になっていたという声や、変更後は速度が格段に上がったという投稿が多く見受けられました。
※auひかりマンションのタイプ確認はこちら

注意:変更できるプロバイダは限られている

もし自宅マンションがタイプGに対応していた場合でも、タイプVから変更できるプロバイダは限られているので、注意しましょう。
▼タイプGに変更できるプロバイダ
au one net/so-net/@nifty

上記以外のプロバイダの場合、一度解約してから申し込みをし直さないと、タイプGへ変更することはできません。

その場合タイプGへ変更するだけで、解約金などの無駄な費用も掛かってしまうということは頭に入れておいてくださいね。

タイプGへの変更方法

タイプVからタイプGへの変更が可能なプロバイダの場合、以下の窓口に連絡して変更手続きを行ってください。
プロバイダ電話窓口
au one net0077-777
【受付時間】9:00~18:00
so-net0120-80-7761
【受付時間】9:00~18:00
@nifty0120-50-2210
【受付時間】9:00 ~ 21:00
申し込み後、タイプG対応の宅内機器が届くので、元々設置されていたものと交換しましょう。

その後すぐにタイプGの回線が利用できるようになりますよ。
※2022年1月末まで5,000円増額!※
最大61,000円キャッシュバック

auひかりマンションタイプVに関するその他の疑問

ここではauひかりマンションのタイプVに関するその他の疑問を紹介します。

・月額料金は?
・レンタルできるホームゲートウェイが限られているって本当?
・工事内容は変わる?
・解約金は高い?

月額料金は?

auひかりマンションタイプVは、「V16」か「V8」かによって月額料金が異なります。
タイプ月額料金
V164,180円
V84,510円
どちらになるかによって、月400円近く月額料金が変わるので、頭に入れておきましょう。

※「V16」になるか「V8」になるかは、マンションの部屋数によって変わるので、自分で選ぶことはできません。

レンタルできるホームゲートウェイが限られているって本当?

auひかりマンションのタイプVでは、「BL900HW」というホームゲートウェイのみレンタルが可能です。
BL900HW
端末
WX06
IPV6対応
最大
速度
最大 450Mbps
サイズ約42×約193×約149mm
接続
台数
10台以下
最大速度は450Mbpsなので、タイプVのポテンシャルを十分活かせるスペックのホームゲートウェイです。

通常、月500円のレンタル料がかかりますが、auスマートバリューに適用させれば無料でレンタルできるので、かなりお得ですよ。

なお、タイプVからタイプGへ変更する場合は「BL1000HW」というよりスペックの高いホームゲートウェイに交換してもらうことも可能。変更手続きの問い合わせの際に、オペレーターに確認してみてくださいね。

工事の内容は変わる?

auひかりマンションタイプVの工事内容は、他のマンションタイプと変わりません。
▼タイプVの工事内容
➀光ファイバーをマンションの共有部分に引き込む
➁マンション棟内の電話線を使い各部屋のモジュラージャックまでLANを接続する
➂LANから宅内機器を接続する
状況によりますが、大体1~2時間程度で工事が完了します。工事には立ち合いが必要なので、予定を空けておいてくださいね。

解約金は高い?

auひかりマンションタイプVの解約金は、Gタイプよりも少し安いです。
 解約金
タイプV7,700円
タイプG10,450円
上記のように2,000円程度安くなるだけなので、そこまで金額が変わるわけではありませんが、解約金が1万円をきるということは覚えておきましょう。

まとめ

auひかりマンションのタイプVは、最大速度100MbpsのVDSL方式なので、他の契約タイプよりも速度が遅い傾向があります。

しかし、インターネットを快適に利用できないのかと言われるとそうではなく、以下のような用途でネットを使う人であれば、十分快適に使うことができますよ。

・SNSやネット閲覧をする人
・テレビでの動画視聴、オンライン会議をする人

一部オンラインゲームなどをする場合は、遅くなってしまうこともあるので、ゲームのヘビーユーザーなどは注意してくださいね。

また利用開始してからどうしても速度が遅いという場合は、マンションによって速度が6倍速い「タイプG」に変更できることもあるので、一度確認してみましょう。

人気の記事一覧

auひかりに関する情報の関連記事

インターネットまるわかりガイドの関連記事

役立つ基礎知識の関連記事

ヒカリCOM

TOPへ戻る