auひかりの工事とは?工事内容や工事費が無料になる窓口も徹底解説!

auひかりの開通工事について、「どんなことをするのか?」「費用はいくらなのか?」といったことが気になりますよね。

この記事ではauひかりの工事内容や開通までの流れについて紹介していきます。

特に戸建の場合は開通まで時間がかかる、撤去工事費が必要になるといった注意点もありますので確認しておきましょう。

また、auひかりは申し込み窓口によって工事費に違いがあり、中でも費用が無料になるGMOとくとくBBから申し込むのがおすすめです。

その他にもauひかりに役立つ情報を紹介していきますので、参考にしてください。

auひかりの工事内容

auひかりの工事は戸建とマンションによって内容が違うので、それぞれ紹介していきます。工事については作業員の人が全てやってくれるので、内容に関してはざっくりと把握しておく程度で大丈夫です。

作業の時間は2時間ほどで、工事には立ち合いが必要となっています。

戸建の工事内容

工事の内容

戸建の場合は電柱に通っている光回線を家の中まで引き込む作業をしていきます。エアコンダクトや電話線の隙間から回線を通していく作業をしていくのですが、通路がない場合は壁に直径1㎝ほどの穴を空けることもあるようです。

次に家の中での作業となり、光コンセントを設置をしていきます。電話線などのモジュラージャックを外して新しく付け替けえます。

最後光コンセントから配線された光回線を作業員が設置したONUへ接続すれば工事完了です。
ただし、Wi-Fiルーターの設置は自分でやる必要があります。ソネット光プラスの場合はWi-Fiルーターをレンタルすることができるので、家に届いたルーターを設定することでWi-Fiが使えるようになります。

設定はWi-Fiルーターに同封されている説明書に沿ってやれば簡単にできますので、初めて光回線を利用する人でも問題ありません。

マンション・アパートの工事内容

auひかりのマンションにはいくつか契約できるタイプがありますが、工事の内容は同じです。

auひかりのマンションやアパートで工事をする場合、回線の引き込みが終わっていることが多いため、戸建のように電柱から光回線を引き込むような作業は少ないです。

マンションの配線

光回線を新しく契約する場合はMDFから自分の部屋まで回線を引っ張ってくる作業が必要で、マンションの工事の中で1番メインな作業内容となっています。

自分の部屋までの配線が完了すれば、あとは戸建てと同じように光コンセントの設置やONUとの接続をすれば工事完了となります。

ONU・Wi-Fiルーターは自分で設定する

ONUやWi-Fiルーターの設定は自分で行う必要があります。

開通工事をする前に、申し込み案内とWi-Fiルーターが届きます。開通案内はauひかりを利用するためのパスワードやIDが記載されているのでが終わるまで保管しておきましょう。

Wi-Fiルーターについては、申し込みした後に送られてくる資料に設定方法が書いてあるので確認してください。

auひかりの工事費

auひかりの工事費について紹介していきます。

auひかりの工事費は分割支払いのみ

auひかりの工事費は戸建て、マンションそれぞれ下記のようになっていて、支払いは分割払いのみとなります。

▼auひかりの工事費
戸建て:37,500円(625円×60ヶ月)
マンション:30,000円(1,250円×24ヶ月)
※土日、祝日に工事をする場合は追加で3,000円が必要になります。

またauひかりを途中で解約すると、工事費の残債が一括で請求されてしまいます。特に戸建プランの場合、3年間の契約期間まで利用して解約したとしても、違約金は無料になりますが、15,000円以上の工事費の残債が発生するので注意してください。

例)戸建契約で、3年で解約した場合
625円×24ヶ月(未払い分)=15,000円が一括で請求される形となります。

工事費が無料になる窓口

auひかりでは工事費が実質無料になるプロバイダがあります。工事費が無料になるのは下記の4社のプロバイダとなっていて、他のプロバイダを契約すると工事費を全額支払うことになるので注意してください。

プロバイダ戸建てマンション
GMOとくとくBB実質無料実質無料
au one net実質無料実質無料
So-net一定期間無料
625円×36ヶ月無料
実質無料
BIGLOBE通常料金実質無料
4社のプロバイダのキャンペーンによって、分割で支払う工事費が毎月割引される形となり、マンションなら2年間、戸建なら5年間auひかりを利用することで工事費が実質無料になります。

ただし、So-netの戸建プランの場合は36か月間だけ無料になり、残りの24ヶ月(15,000円)は支払う必要があるので覚えておきましょう。またBIGLOBEの場合は戸建ては無料になりません。

そのためマンションタイプであれば、どのプロバイダを選んでも工事費は無料になりますが、戸建プランであればGMOとくとくBB、au one netの2社から選びましょう。

特にGMOとくとくBBはキャッシュバックや月額料金割引などの特典を受けることもできるので、マンションタイプ、戸建タイプの両方でおすすめなプロバイダとなっています。

\2020年人気No.1/
auひかり×GMOの窓口

●au回線だから高速通信可能
●GMOは満足度No.1プロバイダ!
●マンション月額2,600円~で最安級!
●戸建て月額4,000円~の激安!
●または最大61,000円キャッシュバック
●auスマホの料金最大1,000円割引

auスマホが割引きされるだけでなく高額キャッシュバックも貰えるのでauユーザーに1番選ばれている光回線です。


▼2つのキャンペーンから選ぶ▼

他の窓口の工事費は?

代理店や家電量販店で申込みをした場合も工事費が無料になるケースもあります。

例えば「アシタクリエイト」というネット代理店だと、プロバイダをBIGLOBEにするとauひかりの工事費が無料にすることができます。

ただし、光電話とセットでの申し込みが条件で、さらに受け取れるキャッシュバック額も少ないです。

さきほど紹介した通り、GMOとくとくBBの公式サイトからの申し込みをした場合は条件はありませんし、キャッシュバックも多いのでおすすめとなっています。

ちなみに、家電量販店ではキャッシュバックは用意されていますが、工事費が無料になるキャンペーンなどは用意されていないケースが多いので注意が必要です。

建物別:auひかりの工事の注意点

auひかりには注意点があるので、戸建とマンションに分けて紹介していきます。

戸建の注意点

戸建の注意点は下記の2つです。

・開通まで時間がかかる
・撤去工事費が発生する

開通まで時間がかかる

戸建の場合は工事日の予約が3~5週間先になる場合が多く、開通までに時間がかかることがあるので注意してください。

例えば、5月1日に申し込みをした場合だと、工事日を予約できるのは5月22日以降、遅ければ6月にならないと予約できないことがあります。

戸建の場合は回線を通すための設備や経路の調査に時間がかかるケースが多いようです。

マンションの場合は建物に回線を引きこむための設備が入っていることがあり、調査が早く終わるため、戸建よりも早く予約を取れる傾向にあります。
引っ越シーズンはさらに時間がかかる

3~4月などの引っ越しシーズンはauひかりの申し込み者が増えるので、狙った日に工事日の予約が取れないことが多いです。

申し込みをした日から1~2ヶ月後にならないと、工事日が空いてないこともあるようなので、引っ越しを機にauひかりを契約す人は早めに申し込みをしておきましょう。引っ越し先の住所だけでもわかっておけば、申し込みをすることは可能です。

撤去工事費が発生する

auひかりホームという戸建プランに契約している場合、auひかりを解約すると必ず撤去工事が発生し、もう一度立ち合いが必要になるので覚えておいてください。

さらに撤去工事費28,800円がかかるため、解約のタイミングによっては解約金、工事費の残債、撤去工事費の3つを一括で支払うことになるので注意しておきましょう。

他の光回線で撤去工事をすることはほとんどありませんが、auひかりは独自の回線を利用しているため、戸建の場合は必ず撤去工事が必要となります。

マンションの注意点

マンションの注意点は下記の2つです。

・工事ができない建物がある
・工事の許可が必要になることがある

工事ができない建物がある

auひかりはマンションに専用の設備がないと工事をすることができません。専用の設備がない場合はauひかりを利用することができません。

戸建プランでの申し込みであれば工事をすることもできるようですが、建物に穴を空けたり費用が高くなったりすることがあるので注意してください。

So-net光、BIGLOBE光といった他の回線を検討してみるのもいいでしょう。

工事の許可が必要になることがある

auひかりの工事をする際に、マンションのオーナーや不動産の許可が必要となることがあります。

工事の許可が必要になるかどうかについては、申し込みをするときにauが教えてくれます。許可がもらえない場合は工事ができなくなるので覚えておきましょう。

その他の注意点

事業者変更・転用はできない

光コラボと呼ばれる回線同士の乗り換えであれば、工事をしなくても切り替えをすることができます。ただ、auひかりは光コラボではなく独自の回線となっており、他社回線から乗り換えをする場合でも必ず工事が必要になるので覚えておきましょう。

auひかりから他社の回線へ乗り換える時も同様です。

光コラボを契約中であれば転用や事業者変更によって工事をしなくても乗り換えをすることができるので、auひかりと同じスマートバリューが使える、So-net光プラスやBIGLOBE光などを検討してみるのいいでしょう。

工事日は半日空けておく

工事日の当日になると作業員から電話がかかってきます。作業員が到着したら、工事に関する細かい説明を受けたあと、実際に開通までの作業を行ってもらいましょう。

最後に自分でONUやルーターの設定をすれば、auひかりを利用することができるようになります。(月額料金も発生します。)

また、工事日は半日以上あけておくことをおすすめします。工事日は9時~12時のように時間帯だけは決まっていますが、何時から工事が始まるのかについては当日にならないとわからないからです。

極端な例ではありますが、12時から工事が始まると14時くらいまで立ち合いが必要になることもありますので、当日はスケジュールに余裕を持たせておきましょう。

auひかりの開通までの流れ

auひかりの開通までの流れは下記のようになっていて、マンションなら1~2週間、戸建なら1ヶ月ほどで開通することができます。

▼工事までの流れ
1.エリアの確認
2.申し込み
3.工事日の予約
4.機器・開通案内が届く
5.開通工事

1.エリアの確認

auひかりは契約ができないエリアがありますので、申し込み前に確認をしておく必要があります。auひかり提供エリアの確認はこちら

下記のようなエリアに住んでいる方はauひかりを契約することができないので、他の回線を検討してみましょう。

▼auひかりエリア外の地域
滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県福井県、岐阜県、愛知県、静岡県 三重県、沖縄県

auひかりがエリア外だった場合はこちらを参考にしてください。

2.申し込み

auひかりのエリア確認が終わったら、申し込みをしていきましょう。auひかりは申し込み先によって工事費やキャッシュバックなどのキャンペーン内容に違いがあります。

特にGMOとくとくBBは工事費無料が無料になり、さらにキャッシュバックも受け取れる人気な申し込み窓口となっています。

auひかりを申し込むときはGMOとくとくBBからの手続きを検討してみましょう。

3.工事日の予約

申し込みが完了したら、住んでいる建物でauひかりの工事ができるかどうかを調査してくれます。調査結果は申し込みから1~2週間後に電話で教えてくれますので、確認してください。

auひかりの工事ができる建物であれば、工事日の予約をしていきます。午前(9:00~12:00)もしくは午後 (13:00~17:00)の2つの時間帯から選ぶことができますので好きな時間帯を選びましょう。

\2020年人気No.1/
auひかり×GMOの窓口

●au回線だから高速通信可能
●GMOは満足度No.1プロバイダ!
●マンション月額2,600円~で最安級!
●戸建て月額4,000円~の激安!
●または最大61,000円キャッシュバック
●auスマホの料金最大1,000円割引

auスマホが割引きされるだけでなく高額キャッシュバックも貰えるのでauユーザーに1番選ばれている光回線です。


▼2つのキャンペーンから選ぶ▼

auひかりの工事に関するよくある疑問

工事が不要な建物がある?

auひかりでのマンションによっては工事をしなくてもauひかりを利用できるケースもあります。申し込みをする時に工事が不要かどうかを教えてくれます。

工事が不要だった場合はauから送られてくるルーターを設置するだけで、ネットを使うことができるようになります。

逆に、住んでいるエリアや建物によってはauひかりの工事ができないこともあるので注意してください。

ONUの設置場所は決めておく必要がある?

ONUやWi-Fiルーターは基本的にコンセントや電話線のモジュラージャックの近くに設置されます。マンションの場合は光コンセントやモジュラージャックの位置が決まっているため、設置を決めておく必要はほとんどありません。

戸建の場合は光コンセントの位置も自分で決められることが多いので、ONUやWi-Fiルーターを置いても邪魔にならない所に設置するといいでしょう。もちろん、作業員とも相談できますので、わからない場合は決めてもらうのもアリです。

工事日は変更・キャンセルできる?

auひかりの工事日はあとでも変更・キャンセルをすることができます。

▼auひかりお客様センター
電話番号 157(au携帯から)
0077-7-111(一般電話から)
年中無休で、案内可能時間は9:00-20:00です。

工事日の前日までに連絡をすれば、日程を変更することができます。キャンセルも無料でできるので、工事日について何か相談したいことがあればauひかりお客様センターに問い合わせをしてみてください。

まとめ

auひかりは契約するプロバイダによって工事費に違いがあります。特に工事費が無料で、キャッシュバックも受け取りができるGMOとくとくBBがおすすめです。

戸建の場合は解約すると撤去工事費が発生してしまうので、注意してください。
The following two tabs change content below.
光回線おすすめ

人気の記事一覧

auひかりに関する情報の関連記事

インターネットまるわかりガイドの関連記事

役立つ基礎知識の関連記事

ヒカリCOM