幻のプロバイダ?auひかり×GMOとくとくBBを暴いていく!

2019-11-01

auひかりのプロバイダは7社ありますが、以前は『GMOとくとくBB』があったというのをご存知ですか?

現在は新規受付を終了してしまっていますが、どのようなサービスを提供していたのか気になりますよね。

この記事ではauひかりのプロバイダ『GMOとくとくBB』の中身を紐解いていきます。

GMOとくとくBBの内容は過去の内容となってしまいますが、今契約するならどのプロバイダにするかを決めるポイントも紹介しているのでぜひ最後までご覧ください。

auひかり×GMOとくとくBBとは?

『GMOとくとくBB』は現在では主にドコモ光のプロバイダとして人気を集めています。

その『GMOとくとくBB』が以前(正確な時期は不明)はauひかりのプロバイダとして契約出来ていました。

公式ページはまだ残っていますが、現在は新規受付を終了しています。

ドコモ光のプロバイダの中で1番人気の『GMOとくとくBB』。auひかりのプロバイダとして復活する日も近いかもしれません。

auひかりでGMOとくとくBBを使うメリット

残念ながら、現在『GMOとくとくBB』はauひかりのプロバイダとして契約できませんが、参考程度に過去行っていた特典を紹介していきます。

auひかり×GMOは月額料金が割引される

auひかり×GMOとくとくBBでは、キャッシュバックを行っていませんでした。

その代わり、かなりお得な月額料金割引を行っていたようです。
戸建て割引前の
月額料金
割引後の
月額料金
割引額
ずっとギガ得
プラン(3年契約)
1年目:5,100円4,350円750円
2年目:5,000円4,250円
3年目:4,900円4,150円
ギガ得
プラン(2年契約)
5,200円4,450円
戸建ての場合、公式サイトやauショップから申し込むよりも毎月750円安く使えていました。

1年間で約1万円割引になると考えると、かなりお得ですよね。
マンション割引前の
月額料金
割引後の
月額料金
割引額
タイプV8
(タイプV16)
3,700円
(3,400円)
2,450円
(2,150円)
1,250円
タイプE8
(タイプE16)
3,700円
(3,400円)
2,450円
(2,150円)
マンションギガ4,050円2,800円

※タイプVとタイプW⇒最高通信速度100M
※マンションギガ⇒最高通信速度1G(1000M)

マンションの場合は毎月1,250円も割引になっていました。

ただし、現在よりも契約出来るマンションプランが少なかったようなので、契約出来る人はかなり限られていたのではないかと思います。

マンションのネット代が2,000円代って、結構安いですよね。他の光回線では月額料金割引を行っているところはあまりありません。

この割引を受けるための特別な条件などもないので、かなり申込みしやすいといえます。

さらに、戸建てでの契約の場合は『auひかり電話(500円/月)』が30ヶ月間無料になるという特典もありました。

auひかり×GMOは初期費用がかからない

auひかり×GMOとくとくBBの公式サイトには以下のような記載がありました。

継続利用を前提に事務手数料3,000円(税抜)を無料にしております。
お申込みから1ヶ月以内にご解約される場合は、事務手数料3,000円(税抜)がかかります。

引用:GMOとくとくBB公式サイト

つまり、1ヶ月以上使えば本来かかるはずの事務手数料3,000円が0円になるということです。

光回線を契約すると何かと費用がかかるものですが、少しでも費用の負担が減るというのは嬉しいですよね。

しかも、1ヶ月以上使えばOKというゆるすぎる条件だったというのにも驚きです(笑)

auひかり×GMOとくとくBBは他にも、『初月は月額料金無料』『auスマートバリュー登録で無線LANのレンタル料(500円/月)が無料』など、かなり利用者に優しいサービスを行っていました。

総合的にみたところ、auひかりのGMOとくとくBBは、月額料金割引がお得で利用しやすいプロバイダということが分かりました。

現在auひかりを契約するときのおすすめプロバイダ

現在auひかりのプロバイダとして契約できるのはau one net、So-net、ビッグローブ、@nifty、@TCOM、DTI、AsahiNetの7社です。

正直言ってプロバイダによって大きく違うことはそこまでないので、プロバイダ選びに迷ったら『月額料金を安くしたいのか』「キャッシュバックが欲しいのか』で決めると良いでしょう。

月額料金を安くしたいならSo-net

実は、auひかりは申込んだ場所によって受けられるキャンペーンやキャッシュバックが違うんです。

auショップや家電量販店、ネットなど様々ある申込み窓口の中でも、月額料金を安くしたいと考えている方は『So-netの公式サイト』からauひかりを申し込むことをおすすめします。

各プロバイダの公式サイトから申し込んだ場合の月額料金は以下の通りです。
プロバイダ月額料金
So-net戸建て:3,680円
マンション:2,280円
au one net戸建て:5,100円
マンション:3,800円
ビッグローブ
戸建て:5,600円
マンション:3,800円
@nifty戸建て:5,600円
マンション:2,250円
AsahiNet戸建て:5,500円
マンション:3,800円
@TCOM戸建て:5,600円
マンション:3,800円
DTI戸建て:5,100円
マンション:3,800円
So-netはキャッシュバックを行っていない代わりに大幅な月額料金割引を行っているので、他のプロバイダを使うよりも安く利用できます。

ただし、何度も言いますが月額料金が割引になるのは、So-netの公式サイトからauひかりを申し込んだ場合のみです。

auショップやauひかり公式サイトからの申込みでは安くならないので注意しましょう。

キャッシュバックが欲しいならビッグローブかSo-net

とにかくお得にキャッシュバックを貰いたいと考えている方は、ネット代理店からの申込みをおすすめします。

この記事内で紹介しているauひかり代理店『NNコミュニケーションズ』は最大52,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。

そのための条件はプロバイダをビッグローブかSo-netにすること。

それ以外は特に強制オプションなどもなく、安心して申し込めます。

\2019年1番選ばれている/
auひかりの人気窓口

☑世界最速通信10ギガ対応
☑インターネット使い放題
☑今なら50,000円キャッシュバック!
高速Wi-Fiルーターもらえる!
☑auユーザーは毎月2,000円割引
☑他社での違約金満額還元で安心!
☑KDDIから5年連続表彰されている!

▼24時間いつでも申込みOK▼ auひかり申し込み

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ドコモ光でのGMOとくとくBBの人気から考えるとauひかりのプロバイダとして復活する可能性があります。

この記事では何か動きがあり次第、情報を更新していきます。

GMOとくとくBBの今後の動きから目が離せませんね!
The following two tabs change content below.
光回線おすすめ

人気の記事一覧

auひかりに関する情報の関連記事

インターネットまるわかりガイドの関連記事

役立つ基礎知識の関連記事

ヒカリCOM

TOPへ戻る