【2020年2月】auひかり×GMOとくとくBBが最もお得な理由

auひかりは8社のプロバイダの中から好きなプロバイダを選べるのでかなり人気の光回線ですが、そんなauひかりのプロバイダに最近新登場した『GMOとくとくBB』について詳しく紹介していきます。

結論から言うと、auひかりのプロバイダ選びに迷っているのであればGMOとくとくBBにすることをおすすめします。

GMOとくとくBBはキャッシュバックや月額料金割引などのキャンペーンがどこよりも高額で速度も安定のプロバイダです。

この記事では、GMOとくとくBBのキャンペーンを他の窓口と比較してどのくらいお得なのか、どうしてお得なのかということについて抜かりなく解説していきます。

確実に高額キャッシュバックを受け取れる方法も紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

auひかりのGMOとくとくBBはどんなプロバイダ?

GMOとくとくBBはGMOインターネットグループが2009年から提供しているプロバイダサービスです。

auひかりのプロバイダとして加入したのは2019年11月15日からとまだ日が浅いのですが、ドコモ光のプロバイダとしては人気No.1という実績があり、サービスの内容は他のauひかりプロバイダに劣りません。

契約数130万件人気の大手プロバイダなだけあって速度も十分満足して使っている方が多いようです。

また、キャッシュバックキャンペーンがどのプロバイダよりも充実しているので2020年auひかりのプロバイダを選ぶなら間違いなくGMOとくとくBBがおすすめです。

現在、GMOとくとくBBは2つのキャンペーンを行っていて、好きな方を選ぶことができます。

特典①61,000円キャッシュバック
特典②30,000円キャッシュバック+月額料金割引

プロバイダによって速度やサービス内容が大きく異なることはないので、auひかりのプロバイダは『キャッシュバックキャンペーンが1番お得なところ』から申し込むのがベストです。

GMOとくとくBB以外のauひかりプロバイダはこちらの記事からご覧いただけます。

auひかりでGMOとくとくBBを選ぶべき3つの理由

ここからはauひかりの8つのプロバイダ全てを比較して、なぜ「GMOとくとくBB」が最もお得なのかということについて紹介していきます。

キャッシュバックが高額

申込み窓口キャッシュバック







GMO
とくとくBB
61,000円
BIGLOBE50,000円
DTI38,000円
@nifty30,000円
au one net10,000円
So-netなし
AsahiNetなし
TCOMなし
auひかり公式サイト10,000円
ネット
代理店
NEXT52,000円
フルコミット60,000円

※GMOとくとくBBは特典①のキャッシュバックで比較しています。

auひかりのプロバイダ8社の中で最もキャッシュバックが高額なのがGMOとくとくBBでした。ちなみにこのキャッシュバックはauひかりの公式キャンペーン「違約金負担30,000円」を抜いた金額で比較しています。

イメージ的にauひかりの公式サイトからの申込みがお得そうですが、他の窓口と比較すると、キャッシュバック額10,000円はかなり少ないですし、プロバイダもau one netというauのプロバイダにしなければならないのでおすすめしません。

auひかりのプロバイダとしてGMOとくとくBBが参入してくるまでは、ネット代理店のキャッシュバックが1番高額だったのですが、現在はGMOとくとくBBの公式サイトから申し込んだ場合のキャッシュバックが圧倒的にお得になっています。

キャッシュバック内容

契約内容キャッシュバック額
ネット+電話61,000円
ネットのみ51,000円
契約期間
縛りなしプラン
10,000円
GMOとくとくBBのキャッシュバックは「ネット+光電話(500円/月)」を申込むと61,000円もらえます。

ネットだけの申込みだと10,000円減額されますが、GMOとくとくBBから申し込むと月額料金に光電話の料金も含まれているので、申込みの時点で光電話もつけておいた方がお得になります。

特典②の30,000円キャッシュバックの方は光電話を申込まなくても、満額受け取れます。

他の窓口だと戸建てとマンションでキャッシュバック額が違う場合がありますが、GMOとくとくBBはどちらでも61,000円もらえるのでお得です。

10万円以上のかなり高額なキャッシュバックを提示している窓口もありますが、必要のないオプションに加入させられたり、友人を○人紹介するなどという実現不可能な条件を出されたりするので危険です。

その点、GMOとくとくBBのキャッシュバック条件は特になく、光電話を申込む人は多くもらえるというだけなのでだれでも無理なくキャッシュバックがもらえます。

光電話はauスマートバリューを受けるために必要なので申し込んでおいた方がお得になります。GMOとくとくBBから申し込んだ場合は、光電話の料金込みの月額料金になっているので実質無料で利用することができますよ。

実質月額料金が1番安い

auひかりプロバイダ8社とおまけでauひかり公式サイトとネット代理店のキャンペーン全てを比較し、月額料金に換算して「実質月額料金」を比較しました。

窓口特典実質月額料金
(戸建て)
実質月額料金
(マンション)







GMO
とくとくBB
61,000円
キャッシュバック
3,247円1,225円
30,000円
キャッシュバック
+
月額料金割引
3,138円1,366円
So-net月額料金割引3,486円2,137円
BIGLOBE50,000円
キャッシュバック
3,566円2,287円
月額料金割引
(12ヶ月間)
4,847円2,568円
DTI38,000円
キャッシュバック
3,944円2,744円
@nifty30,000円
キャッシュバック
4,167円2,967円
au one net10,000円
キャッシュバック
4,722円3,522円
AsahiNetなし4,900円~3,800円
TCOMなし4,900円~3,800円
auひかり公式サイト10,000円
キャッシュバック
4,722円3,522円
ネット
代理店
NEXT52,000円
キャッシュバック
3,983円2,412円
フルコミット60,000円
キャッシュバック
3,761円3,329円
auひかりの本来の月額料金は戸建てが5,100円、マンションが3,800円なのでキャンペーンを利用することで月額料金がかなり安くなります。

GMOとくとくBBはどちらのキャンペーンを選んだとしても最も実質月額料金が安くなります。特に、戸建ての場合は特典②のキャッシュバック+月額料金、マンションの場合は特典①のキャッシュバックを選ぶと最安でauひかりが使えます。

GMOとくとくBBの実質月額料金と特典がないプロバイダの実質月額料金を比較してみると、2,500円以上の差が出てしまいます。プロバイダ選びを間違えてしまうとかなりの損をしてしまうので注意しましょう。

3年間トータルで考えてお得に使いたいと考えている方は、実質月額料金の安いGMOとくとくBBをおすすめします。

月額料金割引があるプロバイダの中でも1番安い

auひかりのプロバイダの中でも月額料金割引のある「GMOとくとくBB」「So-net」「BIGLOBE」の3つでさらに比較していきます。

GMOとくとくBBは特典②の月額料金割引+30,000円キャッシュバックで比較しています。

※全て戸建てタイプの月額料金で比較

 割引後の
月額料金
 キャンペーン・工事費など
を含めた実質月額料金
GMO
とくとくBB
4,000円
3,138円
So-net3,500円3,486円
BIGLOBE3,500円4,847円
この3つのプロバイダの実際に支払う金額は、GMOとくとくBBが4,000円、So-netとBIGLOBEが3,500円です。(BIGLOBEは12ヶ月間のみ)単純に割引後の月額料金を比較してみるとSo-netやBIGLOBEの方が安いです。

ですが、GMOとくとくBBは月額料金割引にプラスして30,000円のキャッシュバックがあるので、このキャッシュバックを月額料金に換算すると1番安くなります。

auひかりの2つのキャッシュバックキャンペーンの詳細はこちらの記事をご覧ください。

速度が速い

大手プロバイダのGMOとくとくBBはドコモ光でかなり人気ですが、その理由として、速度が100Mbpsを下回ったら100円相当のポイントがもらえる、平均速度を公式ページで公開しているという点にあります。

ドコモ光での速度なのでauひかりの実測値とは違いますが、全国平均で下り307Mbpsが出ています。auひかりではまだ契約者が少ないので平均速度は公開されていませんが、ドコモ光でこれだけの速度が出ているのであれば安心して使えるプロバイダということがわかります。

参考程度にドコモ光のプロバイダとしてのGMOとくとくBBの評判を見ていきましょう。
ドコモ光では『GMOとくとくBB』の速度の評判はとてもよく、みなさん快適な速度でインターネットを楽しんでいるようです。

これだけ速度の評判がいいとauひかりでの『GMOとくとくBB』の速度も期待してしまいますよね。

また、auひかりはIPv6という高速通信に対応していて、GMOとくとくBBでも利用することができます。

IPv6を利用することによって、速度が遅くなりやすいマンションなどでも比較的快適な通信速度が出るようになります。

こうした速度に関するサービスの良さから、2019年度のオリコン調査では顧客満足度1位のプロバイダに輝きました。

2020年選ばれているのは
\auひかり×GMO/

選べる2つのお得なキャンペーン実施中!
●工事費込みで実質1,225円~auひかりが使えるのはGMOとくとくBBだけ!
●2019年『お客様満足度No.1』のプロバイダ!
●auユーザーはスマホ代が1,000円割引!

auひかりのGMOとくとくBBのお得なキャッシュバックはネット申込みの方限定!

「高額キャッシュバック」か「月額料金割引+キャッシュバック」どちらを選んでも必ずお得になります!それぞれ窓口が違うので注意してください。

※2,3月は工事の予約が取りにくいので、早めの申込みをおすすめします。

▼GMOとくとくBB公式サイト▼

auひかり×GMOとくとくBBの申込みの注意点

とてもお得なGMOとくとくBBのキャッシュバックですが、注意点が2つあるのでそれぞれ解説してきます。

キャッシュバック受取りが2回に分かれている

GMOとくとくBBのキャッシュバックで気を付けなければならないのが受取り方法です。

まずは簡単にauひかり×GMOとくとくBBの申込みからキャッシュバック受け取りまでの流れをご紹介します。

①GMOとくとくBBのサイトからauひかりを申込む

②申込み月から11ヶ月目と23か月目に基本メールアドレス(GMO登録時に作ったメールアドレス)宛に『キャッシュバック特典の振込に関するご指定口座確認のご案内メール』が届く

③メールに従ってキャッシュバック振込希望口座の登録をする

④口座登録をした翌月末日に指定の口座にキャッシュバックが振り込まれる

この11ヶ月目と23ヶ月目に届くメールを見逃して手続きを忘れてしまうと、キャッシュバックを貰い損ねてしまうので注意が必要です。事前にカレンダーに書き込んで置いたり、リマインダーを上手く使いましょう。

ちなみに、BIGLOBEやネット代理店などの高額キャッシュバックも同じように受取り手続きが2回に分かれているので、特別GMOとくとくBBが面倒だというわけではありません。

GMOとくとくBBのキャッシュバックの申請は少し手間ですが、忘れずに手続きをすれば確実に受け取れるのでお得です。

GMOとくとくBB公式サイトからしか申し込めない

auひかりの8社あるプロバイダのうち、GMOとくとくBB以外のプロバイダはどこからでも申し込めますが、GMOとくとくBBは今のところ『GMOとくとくBBの公式サイト』からしか申し込めません。

auひかりの公式サイトから申し込もうと思っても、そもそも選択肢なのかにGMOとくとくBBがない状況になっています。

今まで紹介してきたキャッシュバックや月額料金割引はGMOとくとくBBの公式サイトから申し込んだ方限定の特典となっています。家電量販店やその他ネットの窓口からの申込みでは受けられないので注意しましょう。

2020年選ばれているのは
\auひかり×GMO/

選べる2つのお得なキャンペーン実施中!
●工事費込みで実質1,225円~auひかりが使えるのはGMOとくとくBBだけ!
●2019年『お客様満足度No.1』のプロバイダ!
●auユーザーはスマホ代が1,000円割引!

auひかりのGMOとくとくBBのお得なキャッシュバックはネット申込みの方限定!

「高額キャッシュバック」か「月額料金割引+キャッシュバック」どちらを選んでも必ずお得になります!それぞれ窓口が違うので注意してください。

※2,3月は工事の予約が取りにくいので、早めの申込みをおすすめします。

▼GMOとくとくBB公式サイト▼

まとめ

ここまで読んでいただきありがとうございました。

auひかりの新しいプロバイダ『GMOとくとくBB』の魅力を少しでも感じていただけていたら幸いです。

auひかりは光回線の中でも特にキャッシュバック競争が激しいので、しっかり選ばないと悪質な申し込み窓口に引っかかってしまう危険性が潜んでいます。

この記事で紹介している窓口は『GMOとくとくBB』の公式サイトなので安心して申し込めます。

少しでも損をする方が少なくなるように、もし周りにauひかりを検討している方がいればこの記事をすすめてみてもらえると嬉しいです。
The following two tabs change content below.
光回線おすすめ

人気の記事一覧

auひかりに関する情報の関連記事

インターネットまるわかりガイドの関連記事

役立つ基礎知識の関連記事

ヒカリCOM

TOPへ戻る