auひかりのプロバイダを比較【2020年7月】選ぶべきおすすめプロバイダ

auひかりのプロバイダはどれがおすすめ?どうやって選べばよいの?とプロバイダについて気になっていませんか。

auひかりには8社のプロバイダがあります。通信速度はどれも同じですが、月額料金・キャッシュバック額・工事費が大きく変わります。

8社すべてを比較した結論、月額料金が比較的安くて高額キャッシュバックも受け取れる「GMOとくとくBB」が総合的におすすめです。

この記事では、auひかりのプロバイダで悩んでいる方へ、以下の4つを紹介します。

●auひかりのプロバイダの比較ポイント
●auひかりのおすすめプロバイダ
●auひかりの申し込み方法
●auひかりのプロバイダに関する疑問

これからauひかりを申し込む方にとって役に立つ情報となっているので、ぜひ参考にしてくださいね。

auひかりのプロバイダとは?

プロバイダは光回線とおうちのインターネットを繋ぐ役割をしてくれる事業者のことです。auひかりでは以下の8社からプロバイダを選ぶことができます。
auひかりのプロバイダ
GMOとくとくBB、So-net、BIGLOBE、@nifty、@TCOM、DTI、Asahiネット、au one net

auひかりのプロバイダの比較ポイント

auひかりのプロバイダを選ぶ際は、以下3つの比較ポイントに着目しましょう。これらを抑えることで最もお得にauひかりが利用できます。

●月額料金
●キャッシュバック額
●工事費

1.月額料金

auひかりの月額料金は、通常だと戸建て5,100円・マンション3,800円です。

割引キャンペーンを実施しているプロバイダから申し込むと、通常よりも100円~1,500円安くすることが出来るので、月額料金比較は非常に重要となります。

2020年6月現在で、月額料金が安くなるプロバイダは、以下の4社になります。
プロバイダ戸建てマンション
So-net3,480円1,980円
GMOとくとくBB4,000円2,600円
Asahiネット4,850円2,550円
@nifty4,975円2,550円
サービス内容や回線品質は変わらないので、月額料金の安さをメインに考えてお得なプロバイダを契約することが重要です。

auひかり電話の月額料金

auひかり電話とはauひかりが提供する光電話サービスです。

プロバイダからキャッシュバックを受け取りたい方、auスマホとのセット割「auスマートバリュー」を適用させたい方は、auひかり電話への加入が条件となっているので、この料金もかなり重要です。

通常月額500円のところ、割引キャンペーンを実施しているプロバイダから申込むと24ヶ月~60ヶ月間無料で利用できます。auひかり電話を利用する方は割引期間も考慮してプロバイダを選びましょう。

2020年6月現在で、auひかり電話の利用料金が割引されるプロバイダは以下の6社です。
プロバイダ戸建てマンション
GMOとくとくBB36ヶ月無料24ヶ月無料
So-net60ヶ月無料通常料金
BIGLOBE60ヶ月無料通常料金
@TCOM60ヶ月無料通常料金
Asahiネット30ヶ月無料通常料金
意外と見落としがちですが、毎月500円するものなので、プロバイダ比較の際はauひかり電話の料金も考慮してくださいね。

5G/10Gプランの高速サービス利用料

auひかりは戸建てだと最大速度が5G/10Gになるプランが利用できます。5G/10Gプランは通常料金にプラスして「高速サービス利用料」が加算されます。

プロバイダによって高速サービス利用料が変わるので、5G・10Gプランを利用する方は高速サービス利用料も含めた料金も重要になります。
プロバイダ戸建て5G10G
So-net3,480円+500円+1,280円
GMOとくとくBB4,000円+0円+780円
@nifty4,975円+0円+780円
@TCOM5,100円+0円+780円
BIGLOBE5,100円+0円+780円
DTI5,100円+500円+1,280円
au one net5,100円+0円+780円
Asahiネット4,850円未提供未提供
5G/10Gを利用する予定の方は、月額料金+高速サービス利用料も考慮して選びましょう。

ちなみに、37ヶ月目からはどのプロバイダも共通して、5Gは+500円、10Gは+1,280円となります。

2.キャッシュバック

プロバイダの公式サイトから申し込むと、各プロバイダが独自で実施しているキャッシュバックキャンペーンが受け取れます。

例えば、BIGLOBEの公式サイトでは以下のように50,000円キャッシュバックを実施しています。

キャッシュバック※引用元:BIGLOBE公式サイト

全てのプロバイダでBIGLOBEのような高額キャッシュバックを実施しているわけではないので、比較してよりお得な窓口でプロバイダで申し込むことが、お得に利用するためのポイントとなります。

プロバイダのキャッシュバックは、auの公式で開催している「auひかり 新スタートサポート」などのキャンペーンと併用可能です。

3.工事費

auひかりは通常だと以下の工事費がかかりますが、割引を実施しているプロバイダで申込むと「実質無料」もしくは「一定期間無料」となります。
通常工事費
戸建て:37,500円(625円×60ヶ月)
マンション:30,000円(1,250円×24ヶ月)
2020年6月現在で、開通工事費の割引を実施しているプロバイダは以下の4社になります。
プロバイダ戸建てマンション
GMOとくとくBB実質無料実質無料
au one net実質無料実質無料
So-net一定期間無料
625円×36ヶ月無料
実質無料
BIGLOBE通常料金実質無料
auひかりの開通工事費は他社光回線と比べるとかなり高額なので、実質無料で利用できるプロバイダを選ぶことも重要なポイントです。

オプション

auひかりはプロバイダによってオプション内容が若干変わります。

これらはauひかりを利用する上では重要ではありませんが、プロバイダのメールアドレスを使いたい方や、セキュリティソフトを利用したい方は以下も考慮してプロバイダを選んでください。
プロバイダアドレス数セキュ
リティ
サポート
GMO
とくとくBB
15個500円
1年無料
au one net5個300円
初月無料
500円
2ヶ月無料
BIGLOBE5個380円
2ヶ月無料
475円
2ヶ月無料
So-net4個500円
1年無料
300円
1年無料
@nifty1個500円
初月無料
500円
初月無料
AsahiNet6個500円
1年無料
500円
TCOM1個490円
2ヶ月無料
500円
初月無料
DTI1個
メールアドレスは、プロバイダによって保有できる数が大きく変わりますが、最近は無料のメールアドレスはいくらでも作れるのでとくに重要ではありません。

通信速度は変わらない

auひかりはどのプロバイダでも通信速度や回線品質は変わりません。

どのプロバイダでも最大1Gbpsで、IPv6という高速通信が利用できます。

\2020年満足度No,1/
auひかり×GMOとくとくBB

auひかり×GMOが選ばれる理由
●戸建て4,000円で業界最安級!
●マンションも2,600円で安い!
●独自回線だから高速通信
●auスマホが最大1,000円割引
最大20,000円キャッシュバック中!

auスマホが割引きされるだけでなく高額キャッシュバックも貰えるのでauユーザーに1番選ばれている光回線です。

▼2020年最も選ばれている窓口▼

auひかりでおすすめなプロバイダ

上記で紹介した選び方を基に、auひかりのおすすめプロバイダを紹介します。
プロバイダ月額料金
(戸建て)
キャッシュ
バック
工事費
GMO
とくとくBB
4,000円最大20,000円実質無料
So-net3,480円なし36ヶ月
無料
BIGLOBE5,100円50,000円通常
@nifty4,975円30,000円通常
DTI5,100円38,000円通常
au one net5,100円なし実質無料
Asahiネット4,850円なし通常
@TCOM5,100円なし通常
重視するポイントによっておすすめプロバイダは変わるので、総合的におすすめなGMOとくとくBBと、月額料金が安いプロバイダ・キャッシュバックが高額なプロバイダも紹介します。

月額料金・キャッシュバック・工事費のトータルでおすすめ▶GMOとくとくBB
月額料金が最安▶So-net
キャッシュバックが高額▶BIGLOBE

GMOとくとくBBがおすすめ

auひかりのプロバイダ8社を比較した結論からいうと、以下の理由から「GMOとくとくBB」が総合的におすすめです。

・月額料金が安い(戸建て4,000円・マンション2,600円)
・最大20,000円キャッシュバック実施中
・工事費が実質無料になる

他社光回線との比較も交えて「GMOとくとくBB」のおすすめ理由を紹介します。

GMOとくとくBBについて詳しくはauひかりGMOとくとくBBについてをご覧ください。

月額料金が安い

2020年6月現在、GMOとくとくBBの公式サイトから申し込むと、割引キャンペーンによって戸建て4,000円マンション2,600円で利用できます。
プロバイダ戸建てマンション
So-net3,480円1,980円
GMOとくとくBB4,000円2,600円
Asahiネット4,850円2,550円
@nifty4,975円2,550円
@TCOM5,100円2,550円
BIGLOBE5,100円3,800円
DTI5,100円3,800円
au one net5,100円3,800円
このように、GMOとくとくBBは通常よりも約1,000円安く、割引を実施しているプロバイダの中でも比較的安いです。

また、開通工事費も毎月の割引によって実質無料になるので、GMOとくとくBBは総合的に考えても安いプロバイダと言えます。
auひかり電話の料金も無料
GMOとくとくBBから申し込むと、月額500円するauひかり電話の料金が、戸建ては36ヶ月間・マンションは24ヶ月間無料になります。

戸建てだと60ヶ月無料のプロバイダもありますが、マンションで無料になるのはGMOとくとくBBだけです。

キャッシュバックが高額

GMOとくとくBBの公式サイトから申し込むと、auひかり公式キャンペーンと併用して、最大20,000円キャッシュバックが受け取れます。
プロバイダキャッシュバック受取り
BIGLOBE50,000円11ヶ月目
24ヶ月目
DTI38,000円13ヶ月目
GMOとくとくBB最大20,000円11ヶ月目
23ヶ月目
@nifty30,000円12ヶ月目
24ヶ月目
@TCOM なし-
So-netなし-
Asahiネットなし-
au one netなし-
キャッシュバック額だけで見ると50,000円キャッシュバックを実施しているBIGLOBEがお得ですが、GMOとくとくBBは20,000円キャッシュバックに加えて月額料金割引も受けられます。

工事費実質無料

GMOとくとくBBの公式サイトから申し込むと、開通工事費が毎月の割引によって実質無料になります。
プロバイダ戸建てマンション
GMOとくとくBB実質無料実質無料
au one net実質無料実質無料
So-net36ヶ月無料
625円×37~60ヶ月
実質無料
BIGLOBE通常料金実質無料
@nifty625円×60ヶ月1,250円×24ヶ月
@TCOM625円×60ヶ月1,250円×24ヶ月
DTI625円×60ヶ月1,250円×24ヶ月
Asahiネット625円×60ヶ月1,250円×24ヶ月
戸建てもマンションもどちらも無料になるプロバイダは、au one netとGMOとくとくBBぐらいです。

利用者満足度が高い

GMOとくとくBB利用者満足度

GMOとくとくBBはauひかりのプロバイダとしては後発ですが、ドコモ光やWiMAXなど多くのプロバイダ実績のある会社になります。

2019年お客様満足度1位に選ばれるだけあって、利用者の評判を見ても満足して利用している方が多いです。

\2020年満足度No,1/
auひかり×GMOとくとくBB

auひかり×GMOが選ばれる理由
●戸建て4,000円で業界最安級!
●マンションも2,600円で安い!
●独自回線だから高速通信
●auスマホが最大1,000円割引
最大20,000円キャッシュバック中!

auスマホが割引きされるだけでなく高額キャッシュバックも貰えるのでauユーザーに1番選ばれている光回線です。

▼2020年最も選ばれている窓口▼

So-net

「So-net」は、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が提供するプロバイダです。

月額料金が安い

So-netは、割引キャンペーンによって戸建て3,480円・マンション1,980円で利用できます。8社のプロバイダの中で月額料金が最も安くなるのが特徴です。
プロバイダ月額料金
(戸建て)
マンション
So-net3,480円1,980円
GMO
とくとくBB
4,000円2,600円
BIGLOBE5,100円3,800円
@nifty4,975円2,550円
DTI5,100円3,800円
au one net5,100円3,800円
Asahiネット4,850円2,550円
@TCOM5,100円2,550円
月額料金が安い分、キャッシュバックが無く、マンションだと光電話の料金が有料になります。

auひかり×So-netについて詳しくはこちらをご覧ください。

BIGLOBE

「BIGLOBE」は、BIGLOBE株式会社が提供するプロバイダです。

キャッシュバックが高額

BIGLOBEは、割引キャンペーンを実施していない分、最高額の50,000円キャッシュバックが受け取れるというのが最大の特徴です。

オプション加入などの条件不要でここまで高額キャッシュバックが貰えるのは、他社光回線でもなかなか珍しいので、高額キャッシュバックを受け取りたい方にとってBIGLOBEは非常におすすめです。

受取りは11ヶ月目と24ヶ月目に分かれているので、それぞれの対象月に送られる案内メールから手続きをしましょう。

通信速度に関しても、口コミを見る限り快適に利用している方が多いので安心してください。

auひかり×BIGLOBEについて詳しくはこちらをご覧ください。

auひかりの申し込みの流れ

最もおすすめなプロバイダ「GMOとくとくBB」の、申し込みからキャッシュバック受取りの流れまでを紹介します。

GMOとくとくBBの申し込みの流れ
1.GMOとくとくBBの公式サイトから申し込む
2.開通工事が行われる
3.キャッシュバックを受け取る

GMOとくとくBBの公式サイトから申し込む

2020年6月現在、GMOとくとくBBが申し込めるのは、このページで紹介している「GMOとくとくBBの公式サイト」だけです。

GMOとくとくBBの公式サイトへ飛び、以下の情報を入力するだけで契約完了となります。

・住所
・契約情報
・契約プラン(通常プランは以下画像①)
・オプション

2万円キャッシュバックとauスマートバリューを受ける方は、24ヶ月間無料のauひかり電話オプション(※②)へ加入しましょう。

GMOとくとくBB公式サイト
※引用元:公式サイト

キャッシュバックを受け取る

auひかりのキャッシュバックは、受け取り手続きが「11ヶ月目」と「23ヶ月目」の2回に分かれています。

①開通から「11ヶ月目」「23ヶ月目」にGMOとくとくBBのマイページにメールが届く
②届いたメールに従ってキャッシュバック振込希望口座の登録をする
③口座登録をした翌月末日に指定の口座にキャッシュバックが振り込まれる

このように、2回に分かれているので手続き忘れには注意する必要がありますが、メールに従って振込口座を登録するだけなので受け取り自体は非常に簡単です。

auひかりのプロバイダに関するよくある疑問

auひかりのプロバイダに関するよくある以下2つの疑問を紹介します。

●プロバイダは乗り換え(変更)できる?
●auひかりの解約はプロバイダで手続きが必要?

プロバイダは乗り換え(変更)できる?

auひかり契約後、プロバイダの乗り換えや変更はできません。

どうしても乗り換えたい場合は、一度auひかりを解約して別のプロバイダで再契約するという方法しかありません。

更新月以外で再契約する場合は解約違約金や、撤去工事費の残債などは発生するので、正直おすすめ出来ません。
プラン契約
期間
解約金撤去
工事費
戸建てずっと
ギガ得プラン
3年15,000円28,800円
ギガ得プラン
2年9,500円
マンションお得プランA
2年7,000円
そのため、これから申し込む方は先ほど紹介したプロバイダの選び方を参考に、比較的良い条件のプロバイダを探して申し込みましょう。

auひかりの解約はプロバイダで手続きが必要?

auひかりの解約する際は、契約しているプロバイダで手続きをする必要があります。以下のプロバイダの窓口で解約手続きをすればauひかりは自動的に解約となります。
プロバイダ窓口受付時間
au one net0077-70689:00~20:00
So-net0120-80-77619:00~18:00
web解約窓口24時間
Asahi Net0120-577-10810:00~17:00
web解約窓口24時間
DTI0570-00474010:00~17:00
web解約窓口24時間
BIGLOBE0120-86-09629:00~18:00
@nifty0570-03-221010:00~19:00
@Tcom0120-80563310:00~18:00
GMOとくとくBB0570-045-10910:00~19:00
リンククラブ03-5778-388110:00~19:00
SmartLINE0120-954-04611:00~17:00
エディオンネット0120-71-21339:00~19:00
メガ・エッグ0120-505-89810:00~19:00
auひかりを途中解約時に発生する解約違約金などは、どのプロバイダでも同じなので詳しくはauひかりの解約金についてをご覧ください。

まとめ

auひかりのプロバイダについて最後までご覧いただきありがとうございます。

auひかりのプロバイダは8社あり、それぞれ月額料金やキャッシュバック額などが大きく変わるので、比較して総合的にお得なプロバイダを契約することが重要です。

中でも2020年6月の最もおすすめなプロバイダは以下3つの理由から「GMOとくとくBB」になります。

●月額料金が安い(戸建て4,000円・マンション2,600円)
●20,000円キャッシュバック実施中
●工事費が実質無料になる

auひかり契約後にプロバイダの変更はできないので、この記事をしっかり読んでお得なプロバイダで契約することが大切です。
The following two tabs change content below.
光回線おすすめ

人気の記事一覧

auひかりに関する情報の関連記事

インターネットまるわかりガイドの関連記事

役立つ基礎知識の関連記事

ヒカリCOM