危険!ヨドバシカメラのWiMAX(ワイヤレスゲート)を契約してはいけない理由

2019-04-08

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヨドバシカメラは全国的に展開している家電量販店であり、「ワイヤレスゲート」と呼ばれるヨドバシ限定のWiMAXを取り扱っています。

僕が口コミや評判を調べた結果、ヨドバシカメラでWiMAXを契約すると損する!ことが分かりました。

この記事では、ヨドバシカメラのWiMAXの評判だけでなく、他社キャンペーンとの比較や解約方法などもまとめています。

ヨドバシカメラでWiMAXを契約する前に必ず読んでください!

ヨドバシカメラのWiMAX(ワイヤレスゲート)を契約してはいけない理由

では、なぜヨドバシカメラのWiMAXを契約してはいけないのかをご説明します。

ヨドバシカメラでWiMAXを契約する危険3つ
1.プロバイダよりも毎月の料金が高い
2.WiMAXについて間違った情報を教えられる
3.解約手続きを店舗で対応してくれない

上記は、ヨドバシカメラのWiMAXに限らず家電量販店全体で直面する可能性が高い危険です。

家電量販店でWiMAXを契約しようと考えている人は、必ず目を通しておいてください。

1.プロバイダよりも料金が高額

家電量販店の全てに言えることですが、ネット契約のプロバイダよりも料金が高額です。

プロバイダとは?
家電量販店がWiMAXを店舗で販売している一方、プロバイダはネットのみで販売しています。店舗の人件費がかかっていない分、UQ WiMAX公式よりも安く利用することが可能です。

ヨドバシカメラでもネットでWiMAXを契約することが可能ですが、料金は店舗と全く変わりません。

むしろ、店舗独自に実施しているキャンペーンも適用されなくなってしまうので損してしまいます。

 ヨドバシカメラプロバイダ
月額料金4,380円4,263円
キャンペーン同時購入商品を1万円値引き32,100円キャッシュバック
3年間負担額146,312円120,060円

※プロバイダはGMOとくとくBBのキャンペーンを適用しています。
※上記のキャンペーンは端末機種に「WX05」を選択した場合です。

ヨドバシカメラで契約すると26,000円も損するんです!

家電量販店のほとんどは、キャンペーンとして「同時に購入した家電製品の値引き」を行っています。

例:同日にWiMAXと掃除機(3万円)を購入
掃除機 3万円-1万円=2万円

ヨドバシカメラの値引きキャンペーンの金額は、選ぶ端末機種によって違いました。

※端末機種ごとの値引き額
HUAWEI最新機種「W06」
┗キャンペーンなし
NEC最新機種「WX05」
┗10,000円値引き
HUAWEI「W05」
┗15,000円値引き

モバイルルーターの場合、ヨドバシカメラではNEC最新機種の「WX05」をお勧めしていました。

「WX05」がおすすめの理由
・ハイパワー対応で繋がりやすい
・最新機種でキャンペーンが適用される

NECの端末にはハイパワー機能が搭載されているため、広い範囲で安定した通信速度が出ます。

そのぶん最大速度が他の端末機種より少し遅くなっていますが、それでも十分快適な速度で利用可能です。

しかし、プロバイダでも「WX05」の端末機種を提供してるところが大半なので安心してください。

2.間違った情報を教えられる

家電量販店に行ったことがある人はご存知だと思いますが、大きな店舗に行くとかなりゴリゴリ営業をかけられます。

もちろん店員さんも仕事で営業しているのは理解できますが、店員さんによっては嘘を教えられる場合が多いので注意しましょう。

実際に僕がヨドバシカメラに行った時の体験談をお話しします。

プロバイダは料金が安いけど通信速度を遅くしている!?

プロバイダで契約する場合と家電量販店で契約する場合の違いを聞いてみたところ、

「プロバイダは料金が安いぶん、大人の事情でルーターの内部をいじって通信速度を遅くしている」と言われました。

しかし、ネットや公式サイト、プロバイダに問い合わせてもそのような情報は載っていなかったです。

たしかにプロバイダで契約すると通信速度が遅くなるという説があります。

しかし、速度には体感で分かるほどの差はありませんし、本当に遅くなるかどうかの検証も行われていません。

基本的にプロバイダで契約しても家電量販店で契約しても、同じ端末機種であれば速度も性能も全く変わらないです。

YouTubeを47時間見ると速度制限がかかる!?

WiMAX2+のギガ放題プランは、データ量が無制限で使えるプランです。

しかし一つ例外として、前日までの3日間で10GBを超えると速度制限がかかります。

どれぐらいWiMAXを使うと10GBを超えるのかを店員さんに聞いたところ、「YouTubeを47時間見ないと10GBにならない」と言われました。

しかし、UQ WiMAXの公式サイトで確認すると若干の誤認を含んでいました。

UQコミュニケーションズの調査結果は以下の通りです。

内容画質データ量10GB
YouTube
(5分間)
超高画質113MB7時間
高画質(HD)60MB13時間
標準画質17.5MB47時間
低画質10MB83時間

基本的にYouTubeはスマホでもPCでも、画質を自分で設定しない限り高画質の状態で自動的に再生されます。

つまり店員さんが言っていた47時間とは、通常よりも画質を低く設定した場合のことです。

なので本当であれば「YouTube動画を13時間」と言うのが正しいのですが、あえてデメリットになるようなことは言わない姿勢が垣間見えますよね。

全然使ってないのに速度制限に引っかかってしまったという人の口コミが非常に多かったので参考までに。

どの店舗よりもお得なキャンペーン実施中!?

ヨドバシカメラでは、「新生活応援キャンペーン」と題してWiMAXの宣伝を積極的に行っています。

キャンペーンは、WiMAXと同時購入の商品を最大15,000円値引きしてくれる内容です。

店員さんには、「どこの店舗よりもお得なキャンペーンを実施している」と言われました。

しかし僕は事前にビックカメラに行っていたので分かりましたが、キャンペーン内容はヨドバシカメラと全く同じだったのです!

「ビックカメラさんとかは値引き額が1万円ぐらだけど、うちは5,000円も上乗せしますよ!」と平然と嘘を言われましたね(笑)

僕が契約を渋っていると、「せっかく話をさせて頂いたので、さらに5,000円上乗せで20,000円の値引きだったらどうでしょう?僕も上に交渉した結果これが限界です!」と。

店員さんの頑張りに思わず契約しそうになってしまいましたが、さすがに「すみません、考えます」の一点張りで何とか逃げ切れました。

店員さんの営業トークに惑わされず、本当にお得になる窓口で申し込みましょう。

3.解約手続きが店舗でできない

家電量販店で契約するメリットとして、契約後のアフターケアが受けられることが挙げられます。

例えば、ルーターが故障したり不具合が起きたりした時に、契約先の店舗に持っていくだけで診断可能です。

ネットで契約した場合はauショップで相談できますが、診断となると一度メーカーの方に送らないといけません。

メーカーに送って診断してもらうこと自体は無料でやってくれますが、ルーターが返ってくるまで2~3週間かかります。

ルーターに不具合が起きた時にすぐにでも対応してもらいたいという人は家電量販店での契約がお勧めです。

しかし、解約手続きは店舗では対応してくれません!

以前は店舗でも解約手続きが可能でしたが、様々なトラブルが発生したので解約手続きは契約者本人が電話で行う決まりになったみたいです。

ネットで契約しても家電量販店で契約しても、どっちみち解約手続きは電話になってしまうことを覚えておきましょう。

 

スポンサーリンク

家電量販店とプロバイダを比較!おすすめの申し込み窓口はGMOとくとくBB

家電量販店のキャンペーン比較

まずは、ヨドバシカメラ以外の家電量販店のキャンペーンをご紹介します。

家電量販店は、どの店舗もUQ WiMAXと同じサービスを実施しているので月額料金は全く変わりません。

店舗名取り扱いWiMAXキャンペーン
ヨドバシカメラワイヤレスゲート WiMAX最大15,000円値引き
ビックカメラBIC WiMAX最大15,000円値引き
ヤマダ電機YAMADA air mobile WiMAX 10,000円現金キャッシュバック
PCデポPCDEPOT WiMAX最大20,000円値引き

※選ぶ端末機種によってキャンペーンの値引き額が異なります。

どの店舗も同じようなキャンペーンを実施していますね。

家電量販店で契約すると月額料金が高くなってしまうので、ネットのプロバイダから申し込む方がお得ですよ。

プロバイダの料金を比較

ネットで契約できる人気の申し込み窓口の料金とキャンペーンを比較しました。

申し込み窓口月額料金キャッシュバック3年間の費用
UQ公式4,380円10,000円※143,312円
GMOとくとくBB4,263円32,100円
121,368円
@nifty WiMAX4,350円30,100円126,500円
Broad WiMAX3,611円×129,996円
So-net WiMAX3,620円×130,320円
BIGLOBE WiMAX4,416円15,000円134,280円

※UQ公式は、最新機種「W06」を選ぶとキャンペーンが適用されません。

人気プロバイダの中でも、GMOとくとくBBが一番安く利用することができます。

なので、僕のオススメするプロバイダはGMOとくとくBBです!

GMOとくとくBBはWiMAX業界No.1のキャッシュバック額を誇っています。

なので、お得な現金キャッシュバックが欲しい人にはGMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンがお勧めです。

しかし、GMOとくとくBBのキャッシュバックには注意点もあります。

GMOとくとくBBキャッシュバックの注意点2つ
・キャッシュバックの受け取りが1年後
・申請手続きを忘れてしまってキャッシュバックを貰い損ねてしまう可能性が高い

キャッシュバックの受け取り忘れが怖い人は、GMOとくとくBBの月額料金割引キャンペーンがお勧めです。

【割引キャンペーンの比較】

申し込み窓口月額料金キャッシュバック3年間の費用
GMOとくとくBB3,480円5,000円117,660円
Broad WiMAX3,611円×129,996円
So-net WiMAX3,620円×130,320円

キャッシュバックキャンペーンと同じように、他社よりもお得な割引キャンペーンを実施していますよ!

GMOとくとくBBの割引キャンペーンについて詳しく知りたい人は、公式ページを参考にしてください。(GMOとくとくBB公式サイトはこちら)

WiMAXはGMOとくとくBBがおすすめ

2019年4月現在※WiMAXを申し込むなら下記窓口が間違いなくお得です!

●最短即日配送!
●送料無料!
●端末代0円!
●32,000円キャッシュバック!
●20日以内ならキャンセルOK!

GMOとくとくBBは大手インターネット企業GMOが運営するプロバイダーです。

ドコモ光だけではなくWiMAXでも人気のあるプロバイダです。
▼32,000円キャッシュバック▼
月額料金3,609円から利用可能!
『WiMAXの人気の申し込み窓口はこちら』
The following two tabs change content below.

ブログ管理人

なんとか結婚8年目。3人娘とニャンコとワンコが一匹ずついます。本業はライターとWebデザイナー、ディスプレイデザインや不動産系も得意です。 自分が過去に騙された経験を活かして、フレッツ光や光コラボレーションの役立つ情報を記事にしています。疑問・相談などあればコメントでも、何でも気軽にどうぞ。
光回線の相談窓口

 

人気の記事一覧

同一カテゴリ内の関連記事

同一カテゴリ内の関連記事

同一カテゴリ内の関連記事

光回線の申込み窓口選びは本当に大切です。

いい加減なところから申込むと『僕みたいに騙されて』せっかくのキャッシュバックが台無しになります。

このブログを通じて皆さんに紹介している窓口は、僕自身が何度もお世話になっていますし、次の理由から自信を持っておすすめできます。
  • 取扱っているネット回線の種類が多い
  • 最短3か月のキャッシュバック受取り
  • キャッシュバックに複雑な条件が無い
  • 僕も利用しているので安心して下さい

また、紹介をした友人からの口コミもあり、本当にたくさんの方からお申込みを頂いています。

親身になって話を聞いてくれるので、他の窓口と比べて頂ければ良さが必ず分かると思います。

フレッツ光・光コラボレーションの新規申込みや転用、光回線選びでお困りなら相談だけでもしてみて下さい。
banar

コメントを残す

*

TOPへ戻る
Menu