WiMAXの解約方法を総まとめ!解約金を0円にするために知っておくべき全知識

2019-07-09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どのインターネットサービスを契約したとしても、必ず気にしないとならないのが「サービスの解約」でしょう。

WiMAXのような月額制の料金体系と契約期間が設けられているサービスには、解約時に高額な解約金が設けられているケースが多いのが現状。

ユーザーにとっては目の上のたんこぶのように鬱陶しく感じてしまいます。

しかもWiMAXを提供しているプロバイダや店舗が多く、UQ WiMAXやカシモWiMAX、So-net WiMAXなどさまざま・・・

WiMAXの契約先によって解約方法が細かいところで違いますが、大まかには3通りの方法しかないので安心してください。

皆さんが確実に一番安く解約できる方法を全てまとめたので、絶対に読んで頂きたい記事になっています。

WiMAXはGMOとくとくBBがおすすめ

★GMOとくとくBBが選ばれる理由
・業界最高額!37,000円キャッシュバック!
・最新の端末が0円!
・2日後には必ず届いて利用できる!
・大手上場企業が運営する1番人気のWiMAX!
・20日以内なら解約金0円!

お試し感覚で申し込んで継続される方が多いのも、サービスが優れている証拠でしょう♪
▼2019年最も選ばれている申込窓口▼
7月限定!最大37,000円キャッシュバック
『WiMAXの人気の申し込み窓口はこちら』

端末到着日から8日以内ならWiMAXをキャンセルできる制度がある

初期契約解除制度の基本情報

WiMAXが家に届いた日から8日以内に利用のキャンセルを申請すれば、解約違約金が一切かかりません。

この制度を「初期契約解除制度」といいます。ちょっと堅苦しい名称ですが、簡単に言えばクーリングオフと同じような制度です。

解約金も月額料金もかかりません。ただ、初期費用として最初に払う契約事務手数料3,000円端末を返却するための送料を負担することになります。

申請書に記入する契約IDは、内装箱の中に入っている申し込み内容の書類に必ず記載されているので確認してみて下さい。

8日を過ぎると、通常通り解約金が発生してしまうので、届いたらちゃんと繋がるかすぐに確かめましょう。

初期契約解除制度は端末セット一式の返却が必須

初期契約解除制度はいかなる場合でも端末セット一式を必ず返却します。

日本郵便のゆうパックだと送料は680円くらいなので、合計3,680円前後かかると把握しておきましょう。

★返却必須な端末セット一式
・端末本体
・内装箱
・SIMカード
・保証書
・取り扱い説明書
・USBケーブル
・電池パック
・初期契約解除書面(端末と一緒に同梱する場合)

初期契約解除制度を適用する場合、どのプロバイダから契約しても必ず届いた状態と同じように返却しなければならないので、包装箱はすぐに捨ててはいけませんよ。丁寧に開封しましょう。

一つでも漏れがあると賠償金を払うことになってしまう可能性があるので注意して下さいね。

各プロバイダの初期契約解除申請方法

プロバイダによって初期契約解除制度の適用方法が異なるので、自分が契約したプロバイダの初期契約解除制度の申請方法を確認してみましょう。

UQ WiMAX

受付方法によって異なるので、まず以下のUQお客様センターに電話で問い合わせして下さい。

【UQお客様センター】
0120-929-818
9:00~21:00(年中無休)

毎日問い合わせや解約の電話を受付ているので、必ず「初期契約解除制度を適用したいです。」と伝えて下さい。もし伝えないと解約と勘違いされる可能性があるからです。

So-net WiMAX

※電話必要なし

So-net WiMAXは、申請書と端末セット一式の郵送先の住所が違うため、別々に郵送しなければならないので少し注意が必要になります。

端末が届いた日から8日以内に、内装箱に同封されている申請書のみを以下の住所に郵送(ポスト投函でも可)して下さい。

【申請書郵送先】
〒060-8564
ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社 So-net札幌事務センター 宛

またはFAX:0570-00-9191(03-5245-4985)で申請書を送ってもOKです。

申請受領のお知らせが来たら、10日以内に以下住所に端末セット一式を郵送して下さい。

【端末郵送先】
〒347-0014
埼玉県加須市川口4-4 NTTロジスコ 埼玉センタ内
So-net契約解除係 宛

他プロバイダより面倒ですが、FAXから初期契約解除申請書を送っても良いのであせらず適用してみましょう。

GMOとくとくBB WiMAX

GMOとくとくBB WiMAXの初期契約解除申請書は公式サイトにも内装箱にも同封されていないので初期契約解除申請書を作成しました。

申請書の用紙・種類形式は問わないとのことなので、この申請書を印刷して端末セット一式と同梱の上、8日以内に郵送して下さい。

申請書記入欄の「サービス名」と「通信料金」は、以下のように記入して下さい。

ギガ放題プランを契約した場合
サービス名:WiMAX 2+ ギガ放題接続サービス/通信料金:4,263円

通常プランを契約した場合
サービス名:WiMAX 2+ 接続サービス/通信料金:3,609円

【申請書と端末郵送先】
〒150-8512
東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー
GMOとくとくBBお客さまセンター 宛

Broad WiMAX

初期契約解除申請書を印刷して端末セット一式を同梱の上、8日以内に郵送して下さい。

【申請書と端末郵送先】
〒141-0022 
東京都品川区東五反田1-2-33-7F 
Broadサポートセンター

BIGLOBE WiMAX

申請書と端末の郵送先が違うので注意しましょう。

BIGLOBE WiMAXの初期契約解除制度はハガキでの申請となるので、以下の必要事項をハガキに書いて8日以内にポストに投函して下さい。

初期契約解除申請書
1.ユーザーID:
2.氏名:
3.住所:
4.契約サービス内容:BIGLOBE WiMAX2+
5.連絡先:
6.契約解除理由:

【申請書郵送先】
〒146-8701 千鳥郵便局 郵便私書箱第 3号
ビッグローブ株式会社 BIGLOBE 登録センター 宛

申請後、初期契約解除完了の報告書が届いたら、2週間以内に端末セット一式を以下の住所に郵送しましょう。

【端末郵送先】
〒277-0834 千葉県柏市松ヶ崎新田字水神前 13-1 ロジポート北柏 501
ビッグローブ株式会社 「WiMAX 2+」返却センター 宛

So-net WiMAXのように申請書の郵送先と端末の郵送先が異なるので面倒ですが、ハガキで申請すれば良いので間違えることはないでしょう。

カシモ WiMAX

※電話必要なし

実際にカシモ WiMAXを契約して、初期契約解除制度を適用してみました。

「公式サイトにある申請書を印刷して、端末一式セットと一緒に郵送して下さい」と記載されていますが、内装箱の中に下記の申請書が最初から入っているので、わざわざ公式サイトの申請書を印刷する必要はありません。

なので、内装箱に同封されている申請書と端末セット一式を同梱の上、8日以内に郵送して下さい。

申請用紙

【申請書と端末の郵送先】
〒130-0014
東京都墨田区亀沢3-3-14-1F
株式会社MEモバイル カシモWiMAX初期契約解除 返送窓口宛

ちなみに、申請書に「ご契約番号」を記入する項目があります。

ご契約番号=契約IDのことで、内装箱に同封されている「ご契約内容のお知らせ」に契約IDが記載されてます。

ご契約内容のお知らせ書類

kから始まる契約IDを記入して下さい。

送料は680円かかり、ゆうパックにて端末を返却しました。

平日は9時~17時、休日は9時~19時です。受付時間があるのでちょっと面倒ですが、16時に配送をお願いして翌日の朝に届きました。

ゆうパック住所記入
最寄りの郵便局で「ゆうパックで郵送したいです」と言えば、この用紙をもらえるので、【申請書と端末の郵送先】の住所と自分の住所を書けばOKです。

後日、初期契約解除制度の確認メールが届くので、確認してみて下さい。

家電量販店のように、直接やり取りするわけではないので、ちゃんと適用されたか不安かもしれませんが、カシモ WiMAXは、ちゃんと確認メールが届くので安心してキャンセルすることができました。

家電量販店で契約した場合の初期契約解除申請方法

ヨドバシカメラやビックカメラなどの家電量販店でWiMAXを契約して、初期契約解除制度を適用したい場合の申請方法を各店舗で聞いてきました。

共通するのは、電話では初期契約解除を申請することはできません。

8日以内に直接契約した店舗に足を運んで申請することになります。

●持っていくもの
・端末一式セット
・免許証・パスポートなどの身分証
・レシート

店舗で申請書を記入するので、契約IDをあらかじめ把握しておいて下さい。

契約IDは、契約内容の書類に記入されています。

また、キャンセル理由なども聞かれるので、思ったよりあまり繋がらなったなどと答えれば大丈夫です。

auショップからWiMAXを契約した場合の初期契約解除申請方法

auショップでWiMAXを契約した場合の、初期契約解除制度も聞いてきました。

電話から申請しても適用することはできません。

8日以内に直接最寄りのauショップに行って初期契約解除申請しましょう。

●持っていくもの
・端末一式セット
・免許証やパスポートなどの身分証明書
・レシート

★WiMAX初期契約解除制度まとめ
・端末が家に届いた日から8日以内に申請すること
・端末セット一式は返却必須
・家電量販店で契約した場合は、直接契約した店舗に行ってキャンセルする
・auショップで契約した場合は、最寄りのauショップに行ってキャンセルする
・契約IDは内装箱の中に入っている申し込み内容の書類に記載されているので要確認

WiMAXを解約違約金0円で解約する確実な方法

更新月に解約すれば解約金はかからない

公式サイトを見て解約方法を探しても、なかなか解約方法の記載ページにたどりつかなくてイライラしてしまいますよね。

更新月以外に解約すると解約金が発生してしまいますなどと言って、遠回しに説明して解約さないようにしてきます。

WiMAXを0円で解約するためには、更新月(解約金のかからない月)に解約しましょう。

もし更新月以外に解約すると、下記の解約金を必ず支払わなければなりません。

【WiMAXの解約金 参考】
0ヶ月目(サービス開始月):19,000円(税込20,520円)
1年目:19,000円(税込20,520円)
2年目:14,000円(税込15,120円)
3年目~:9,500円(税込10,260円)

例えば、1年以内にWiMAXを解約すると税込20,520円の解約金を支払うことになります。

また、2年以内に解約すると上記の表の解約金+キャンペーン違約金が加算されるプロバイダもあります。正直高すぎますよね…!

では、プロバイダや家電量販店で契約した場合の、更新月に解約する方法をさくっとまとめたのでさっそく確認してみましょう。

プロバイダの公式サイトから契約した場合の解約方法

 解約〆切日解約方法電話番号・受付時間
UQ WiMAX月末まで書面または電話0120-929-818
年中無休 9:00~21:00
So-net WiMAX月末までWeb上または電話0120-80-7761
年中無休 9:00~18:00
GMOとくとくBB
WiMAX
20日まで更新月ならWeb上で解約可能
その他電話のみ
0570‐045‐109(有料8.5円/3分)
平日 10:00~19:00
Broad WiMAX25日まで電話050‐5212‐7322
月~土 11:00~18:00
(年末年始は除く)
BIGLOBE WiMAX25日まで書面または電話0120-827-193 (無料)
03-6631-4602 (有料)
年中無休 9:00~18:00
カシモ WiMAX20日
17:00まで
電話03-6693-0480
年中無休 10:00〜19:00
(年末年始除く)

上記表の〆切日を過ぎると当月末には間に合わないので、翌月末の解約扱いとなります。

当然翌月分の月額料金を支払う羽目になるので、解約〆切日の数日前~数週間前に解約しましょう。

プロバイダの公式サイトから契約した場合の更新月に解約する方法をシュミレーションしてみました。

WiMAXを更新月に解約するには

例:2019年4月5日にGMOとくとくBB WiMAXを申し込んで更新月に解約したい場合

G申し込んだ翌日の4月6日にWiMAX端末が到着した場合、サービス開始月(初月)は2019年4月となるので、サービス開始月は4月になり、翌月の5月が利用してから1ヶ月目となるので、更新月は37ヶ月目の2022年5月となります。

更新月のみネット上からでも解約することができるので、公式サイトのマイページ「BBnavi」にログインして解約しましょう。

BBnaviログインの際に必要な会員IDと会員パスワードは、GMOとくとくBBより送付された登録証の「会員情報」に記載されています。

解約〆切日は上記表の通り、毎月20日までで、更新月の前月21日~更新月の20日に解約すればOKですが、請求作成期間中(毎月1日~10日頃)はネット上(BBnavi)からの解約手続きができません。

期間中を除いた2022年4月21日~30日、5月11日~20日までに解約すれば解約金は0円です。

BBnaviログインしたら、トップメニューの『サービス・オプションの削除・解約』をクリック⇒全てのサービスの解約の、画面最下部の『解約』ボタンをクリックすれば完了です。

1日~10日頃の請求作成期間中に解約したい場合は、更新月でもネット上から解約することはできないので、0570‐045‐109(有料8.5円/3分)に電話で問い合わせて解約しましょう。

解約手続きを行った後、解約月の翌月までに必ず「SIMカード」をGMOとくとくBBに返却しましょう。もし返却しないとSIM賠償金として3,000円が請求されます。

他プロバイダは端末もSIMカードも返却する必要はありませんが、GMOとくとくBB WiMAXはSIMカードのみ返却必須なので最後まで気を抜いてはいけませんよ!

もし解約〆切日・更新月を逃してしまった場合

1日過ぎてしまって2022年5月21日に解約した場合、更新月と〆切日を過ぎてしまったことになるので、解約金9,500円と翌月分の月額料金を支払わなければなりません。

3年目以降の月額料金は4,263円なので、1日過ぎてしまっただけで解約金と月額料金合わせて18,026円(税込19,468円)支払うことになります。

更新月だけに気を取られていて、”何日まで”に解約するか把握していなかったため、更新月を逃してしまった口コミのようになってしまうということです!

ちなみに、最初の更新月(37ヶ月目)を逃すと自動更新されるので次の更新月は3年後になるため、最初の更新月に解約することをおすすめします。

スケジュール帳やカレンダーなどにあらかじめ記入しておきましょう。

家電量販店でWiMAXを契約した場合の解約方法

 解約〆切日解約方法電話番号・受付時間
ヨドバシカメラ
(ワイヤレスゲート WiMAX)
月末電話0570-025879
03-6702-0076
年中無休 10:00~18:00
ビックカメラ、ソフマップ、コジマ
(BIC WiMAX)
電話または
書面封筒貼付用紙を郵送
0120-99-5151
042-310-3710
年中無休 9:00~21:00
ヤマダ電機
(YAMADA WiMAX)
電話0120-810-666
年中無休 10:00~19:00
エディオン、100満ボルト
(エディオンネット)
Web上または電話0120-71-2133
年中無休 9:00~19:00
(年末年始を除く)
ケーズデンキ
(KT WiMAX)
20日書面を郵送またはFAXFAX 03-5657-6731
TEL 0120-980-886
年中無休 10:00~20:00

上記表の〆切日を過ぎると当月末には間に合わないので、翌月末の解約扱いとなります。

家電量販店からWiMAXを契約した場合、ケーズデンキ以外は月末に解約すればOKなので月末の数週間前に解約手続きを行ってください。

サービス開始月の翌月を1ヶ月目とし、37ヶ月目が更新月となります。

例えば、2019年9月にヨドバシカメラでWiMAXを3年契約した場合、サービス開始月(初月)は2019年9月となり、その翌月10月が1ヶ月目となるので、更新月は37ヶ月目の2022年10月となります。

契約した店頭に直接行っても解約することはできないので注意して下さい。

電話または書面からの解約手続きとなり、解約の際は端末もSIMカードも返却する必要はありません。

auショップでWiMAXを契約した場合の解約方法

直接auショップに足を運んで解約しましょう

●持っていくもの
・免許証やパスポートなど本人確認書類
・印鑑
・WiMAX契約書

端末は買い取りになるので、持っていく必要はありません。

土日のauショップは非常に混雑するので、なるべく開店と同時に入れるようにするとスムーズに解約することができます。

店舗によって異なりますが営業時間は10:00~19:00です。

解約違約金の負担額を減らす方法2つ

更新月に解約しようと思っていた人も、事情により更新月に解約することができなかった人もいると思います。

口コミのようにあまりにも速度が遅いため使い物にならないと感じ、更新月の前にWiMAXを解約して高い解約金を支払った人もたくさんいるでしょう。

実は、その解約金の負担額を減らすことができますよ!

他社の解約金を負担してくれるBroad WiMAXの乗り換えるか、高額キャッシュバックを実施しているGMOとくとくBB WiMAXに新規契約して、解約金をなかったことにしましょう。

1.解約違約金を最大19,000円負担してくれるプロバイダに乗り換える

「Broad WiMAX」の「乗り換えキャンペーン」を適用させましょう。

現在使っているまたは、使っていたWiMAXの解約金を最大19,000円まで負担してくれます。

例えばこんな人はBroad WiMAXに乗り換えるのがおすすめです。
・解約金を負担したくない人
・更新月に解約することをつい忘れてしまった人
・事情により更新月に解約することができなかった人
・現在使っているWiMAXを解約したいけど解約金が高額すぎて困っている人

乗り換えキャンペーンの申し込みの流れ

1.公式サイトの【オペレーターに電話で相談する】のお問い合わせフォームから、電話での折り返し予約を行う
2.予約した時間にBroad WiMAXから折り返しの電話が届く
3.オペレーターの説明通りに専用フォームから申し込み、違約金の領収書を提出する
4.申込み後の翌々月末に、指定した口座に現金が振り込まれる

WiMAXのプロバイダはネットから申し込みすることができるのが普通ですが、Broad WiMAXの乗り換えキャンペーンを適用させるには、電話からの申し込みが必須となります。

現金が振り込まれるのは、翌々月末なのでちょっと遅いですが、解約違約金を負担してくれる独自のキャンペーンを実施しているのでおすすめします。

実際に乗り換えキャンペーンを適用させた人の口コミ

キャンペーンってちゃんと適用されているのか不安になりますが、口コミの通り連絡が必ず届くそうです。

また、公式では翌々月末に指定した口座に現金が振り込まれるのですが、口コミだと翌月末に帰ってくるそうで対応も早くてありがたいですし、せっかく契約するなら丁寧な対応をしてくれるプロバイダを選びたいですよね。

Broad WiMAXはWiMAXの中でも人気のあるプロバイダなので、評判は比較的多いため情報を得やすいです。

乗り換えキャンペーンの情報に関してはまだまだ少ないですが、安心して契約できそうですね。

2.高額キャッシュバック特典を実施しているプロバイダに新規契約する

「GMOとくとくBB WiMAX」の「最大37,100円キャッシュバックキャンペーン」を適用させましょう。

例えばこんな人はGMOとくとくBB WiMAXに新規契約することがおすすめです。
・更新月に解約する前に途中解約して、高額解約違約金を支払うことになってしまった人
・高額キャッシュバックを受け取りたい人

WiMAXの中でも一番高額なキャッシュバックキャンペーンを実施しています。

高額キャッシュバックキャンペーン特典の申し込みの流れ

1.最大37,100円キャッシュバックキャンペーン特設サイトから申し込む
2.希望する端末を選ぶ
3.希望のサービスプランを選ぶ
 ⇒月間データ通信量上限なしの「ギガ放題プラン」がおすすめです
4.オプション2つ強制加入必須なので以下のオプションに加入する
 ⇒安心サポート:最大2ヶ月間無料
 ⇒Wi-Fi(公衆無線LAN)接続オプション:最大2ヶ月間無料
 ※端末が届いたら、忘れないうちにネットからオプション解約して下さい
5.WiMAX端末の発送方法は即日発送(無料)を選ぶ

選ぶ端末機種によって、キャッシュバック額は異なります。

最新機種「W06」を選ぶと、32,050円になりますが、十分高額なキャッシュバックを受け取れるので、解約金を賄うことができますよ。

実際にキャッシュバックキャンペーンを適用させた人の口コミ

とにかく、キャッシュバックの受け取り方法が難しいとの評判で、あらゆる手段を講じてトラップが作られていると想像してください。

なぜなら、普段使っているメールにはキャッシュバックの案内は届きません。

契約時に作成した普段使わないメールに案内が届き、大量のメルマガの中から案内メールを探し出さなければなりません。

公式サイトには11ヶ月目にメールが届くという簡単な説明しか記載されていないので、11ヶ月目なんて忘れてしまいますし、何日にメールが届くかは契約してみないと分かりません。

絶対に高額キャッシュバックを受け取りたい人や、チャレンジャーの人は、適用してみましょう。

口コミの方のように、受け取れれば達成感を味わうことができるかもしれません。

対策方法として、あらかじめカレンダーに記入しておくか、普段使っているメールアドレスに通知が届くように転送設定しておくことをおすすめします。

WiMAXはGMOとくとくBBがおすすめ

★GMOとくとくBBが選ばれる理由
・業界最高額!37,000円キャッシュバック!
・最新の端末が0円!
・2日後には必ず届いて利用できる!
・大手上場企業が運営する1番人気のWiMAX!
・20日以内なら解約金0円!

お試し感覚で申し込んで継続される方が多いのも、サービスが優れている証拠でしょう♪
▼2019年最も選ばれている申込窓口▼
7月限定!最大37,000円キャッシュバック
『WiMAXの人気の申し込み窓口はこちら』

まとめ

★WiMAXを解約金0円で解約する方法
・端末が届いた日から8日以内にキャンセルする(初期契約解除制度)
・更新月に解約する
・高額キャッシュバックなどお得なキャンペーンを実施しているプロバイダに新規契約する

解約金や契約縛りは、簡単に解約させないために必ずあるものです。

口頭で伝えた通り大まかには上記の3通りの方法で各々に合った解約手続きを行ってください。

自分の契約プランや更新月を知っておくのはとても大切なことなので、今一度見直してみてはいかがでしょうか。

自分には関係ないので気にしなかったという人は、今からでも自分の契約プランと更新月を確認しておきましょう。

The following two tabs change content below.

監修者N

ソフトバンク光、auひかり、ドコモ光といった光回線の営業経験を生かして、インターネットの基本的な知識をはじめ、ネット回線の選び方など役立つ情報を紹介しています。 2019年の現在も某ブロードバンド事業者と太いパイプを持ち最新の情報発信に努めています。
光回線の相談窓口

 

コメントを残す

*

TOPへ戻る
Menu