徹底比較!WiMAXホームルーターVSモバイルルーター/光回線

公開日:2018/08/30 更新日:2018/11/08
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「WiMAX のホームルーターってなに?」
  • 「ホームルーターは、モバイルルーターとどこが違うの?」
  • 「ホームルーターは、光回線とどこが違うの?」

今回は、このような疑問にお答えします。

この記事を読んで頂ければ、WiMAX のホームルーターの概要が理解でき、【今の自分が契約すべき通信回線は何なのか】がハッキリとわかるはずです!

WiMAX ホームルーターの基本情報

[出典:https://www.uqwimax.jp/products/wimax/home_l01/]

WiMAX のホームルーター(Speed Wi-Fi HOME L01/L01s)とは、UQ が提供している、自宅用の無線LANルーターです。

コンセントにささないと起動しないので、モバイルルーターのように持ち運びはできません

その分、電力の出力は強く、家族など複数人が使う様に設計されています

2018年8月現在は、L01(旧型)と L01s(最新型)の2つから選べます。

製造メーカーは、中国企業の HUAWEI(ファーウェイ)です。

WiMAX ホームルーターの料金

もっとも人気な、使い放題プランのギガ放題(3日で10GB以上の使用で速度制限はあり)の料金は、月額4,380円です。

契約期間は、2年か3年のどちらかです。

3年のプランに契約すると、最大初回の3ヶ月のみ3,696円で使えたり、月額1,005円かかる 4G の au回線が、無料で使えるようになります。

機器(Speed Wi-Fi HOME L01/L01s)の本体代は、4年契約で800円/2年,3年契約で3,800円です。

※本体代の通常価格は 20,000円ですが、以前より提供価格は上記の金額となっていて、通常価格に戻る予定はございません。

契約期間内で、解約しても本体代の支払い戻しはありませんが、違約金が発生します。

 

また、レンタル業者を使うことで、短期でホームルーターをレンタルすることも可能です。

レンタルについて、詳しくは、【WiMAX】[激安短期]&[お試し]レンタル方法まとめをご覧ください。

持ち運びはできない

基本的に持ち運びはできませんが、厳密に言えば、コンセントが使えて、WiMAX がつながるエリアであれば、自宅以外でも使用は可能です。

ただし、機器はポケットサイズではないですし、コンセントから抜いた瞬間使えなくなるので、外出先で使いたい人は、バッテリーを使った『モバイルルーター』を選びましょう

WiMAX ホームルーターの速度

開通工事不要で、下り最大440Mbps の通信速度です。

私は、同じく下り最大440Mbps の『Speed Wi-Fi NEXT WX03』というモバイルルーターを実際に使っているので、実際の速度感もお伝えします。

地下や電波が干渉するような場所以外であれば、ネットサーフィン・動画干渉など、問題なく楽しめます。

自宅であれば、他の電波との干渉も少ないと思うので、動画・ネット検索他、メールや SNS などでしたらストレスなく使用できるでしょう。

ただし、3日間10GB以上で発生する速度制限状態になると、動画が思うように見れなくなってしまいます。

 

ちなみに、光回線は、下り最大1,000Mpbs 前後なので、ホームルーターの約倍の回線速度です。

そのため、サクサクとネットを繋げたい方であれば、光回線を選びべきです。

発売中の『L01s』と『L01』は、ほとんど同じ

『L01』と『L01s』の違いは、内部SIMの大きさのみで、スペックに一切違いはありません(前者が Nano SIM で、後者が Micro SIM)。

そのため、どちらを買っても変わらないので、在庫がある方を選べば良いでしょう。

似ている商品は『Softbank Air』

[出典:https://www.softbank.jp/ybb/air/]

自宅のコンセントでつなぐタイプのホームルーターは、UQ WiMAX の他に、ソフトバンクが提供している『SoftBank Air』があります。

通信速度と基本料金を比べてみると、WiMAX の方が良いと言えます。

WiMAXホームルーター SoftBank Air
最大通信速度 440Mbps 261Mbps
月額基本料金 4,380円 4,880円

ただし、携帯キャリアが SoftBank の人は、セット割引があるので、WiMAX よりも安くなる可能性があります。

WiMAX は、auユーザーであれば、セット割引が適応されます。

また、本体代は有料で、『購入』『レンタル』の2パターンの支払い方法があります

購入の場合、本体価格の58,320円を、毎月分割する形をとりますが、『月月割 』により全額割引となるので、契約満了できれば、実質無料で使えます。

契約期間中の解約すると、違約金9,500円に加えて、残りの本体代も支払う事となります。

『レンタル』の場合、月々の本体代は、一律で490円です。

速度制限あり

また、どちらも速度制限があります。

WiMAX は3日間で10GB 以上で翌日の夜制限がかかります。

SoftBank Air は、はっきりとした基準はなく、動画閲覧・高画質画像閲覧時に、突然制限を受けたりします。

特に回線が混み合う夜の時間帯に、制限を受けることが多く、以下の様にユーザーの不満も口コミから確認することができます。

契約前にエリア内限定で “お試しレンタル” できる

UQは「契約前に WiMAX がどのくらい繋がるのか試してみたい」という方にむけて、15日間無料で “お試し” ができる『Try WiMAX』というサービスを行っています。

このサービスは、住所がエリア判定で『○(WiMAX が繋がる地域)』の方のみ利用可能で、実際にどのくらい繋がるのかを試すことができるのです。

一度契約してしまうと、更新月を除いて解約時には高い違約金が発生してしまうので、通信速度が心配な方は、事前レンタルをオススメします。

『Try WiMAX』について、詳しくは、WiMAX のレンタルについてまとめた【WiMAX】[激安短期]&[お試し]レンタル方法まとめをご覧ください。

 

スポンサーリンク

【比較①】ホームルーター VS モバイルルーター

それでは、WiMAX のモバイルルーターとホームルーターの違いを比較していきます。

最大通信速度 758Mbps 440Mbps 440Mbps
au 4G LTEオプション
月額料金(使い放題) 4,380円 4,380円 4,380円
持ち運び ×
電源 内臓バッテリー 内臓バッテリー コンセント

料金比較

ホームルーターとモバイルルーターの料金体系は、まったく同じとなります。

最大通信速度比較

  • モバイルルーター(W05):758Mbps
  • ホームルーター:440Mbps

上記のように、モバイルルーターの方が速いです。

通信範囲比較

モバイルルーターは、家で使う場合でも、一人暮らしのワンルームで使うような設計になっているため、部屋をまたいだりした場合、かなり繋がりは悪くなります。

一方で、ホームルーターは、モバイルルーターと異なり、大型の一軒家でも家全体に通信が届くようになっています。

理由は以下の2つです。

  • モバイルルーターは『内臓バッテリー』から電力を供給しているが、ホームルーターは『コンセント』から直接電力を供給しているから
  • ホームルーターには『高性能アンテナ』が付いているから

結果、電波を飛ばす力は、ホームルーターが圧倒的に優れているのです。

モバイルルーター単体では、通信範囲は10m程度で、アダプタに繋いで20m程度、一方で、ホームルーターは50m~60mは届くので、一軒家でも十分すぎる通信範囲の広さですね。

 

また、一軒家などの場合、障害となる壁がいくつもあり、それらを反射しながら届ける訳ですが、その度に電波は弱くなるので、強力な電波の出力数が必要なのです。

電波を飛ばす出力数をあげようとすればするほど、電気を消費するので、小型で長時間のバッテリーを売りにしているモバイルルーターでは、その点を重視できない訳ですね。

もちろん、一人暮らしの方など、基本ひとりで使うような方は、モバイルルーターで全く問題はありません。

同時接続数比較

モバイルルーターの場合、複数台につなげばつなぐほど、通信料が分散されるので、繋がりは悪くなってしまいます。

一方で、ホームルーターは電波の出力数が強力なので、複数人で使っても速度が落ちることはありません(最大42台まで接続)。

その他:ホームルーターを使って他の機器の充電が可能

ホームルーターには『USBポート』があるのに対して、モバイルルーターにはありません。

USBケーブルをホームルーターの USBポートにさすことで、他機器の充電ができます。

 [ホームルーター VS モバイルルーター]まとめ

どちらかで悩んでいる人は、基本的にモバイルルーターがオススメです。

理由は、同じ価格帯で、通信速度はモバイルルーターの方が勝る上に、外でも使えるからです。

ただし、家族がいたりと、家で複数人で使いたい人であれば、ホームルーターの方が良いと言えますが、その条件であれば、光回線の方が絶対に良いです。

その理由については、次の章でお伝えします。

 

スポンサーリンク

 

【比較②】ホームルーター VS 光回線

同じ、家に固定するタイプのホームルーターと光回線ですが、先に触れた通り、光回線がオススメです。

理由は、通信速度とコスト面において、光回線が勝っているからです。

それでは、細かい部分まで両者を徹底比較したいと思います。

通信速度比較

  • 光回線:約1,000Mbps
  • ホームルーター:最大440Mbps

上記の通り、WiMAXホームルーターは、最大速度でも、光回線の2分の1程度です。

先ほど触れた電力の出力数は、いわば “電力の安定具合” です。

通信速度は、その名の通り電力の速さなので、どれだけサクサクとネットを使えるかに関わってきます。

私は WiMAXのモバイルルーターを使っていますが、SNS、インターネット検索、YouTube 程度でしたら、そこまでストレスはありません。

ただし、以下のような人は、通信速度で、読み込み時間が大きく変わってきます。

  • 日々、映画などで長時間動画を見る
  • オンラインゲームをよく行う
  • ビデオ会議をよく行う
  • よく大容量コンテンツのダウンロードをする

つまり、上記のような方であれば、絶対的に光回線の方が合っていると言えます。

 

しかも、WiMAX の『ギガ放題』は、正確には使い放題ではありません

3日間で10GB以上使った場合、翌日の夜の時間に速度制限を食らってしまいます。

10GB はそれなりのデータ量ではありますが、複数人で使えば、簡単に超えてしまうでしょう。

一方で、光回線は、純粋に使い放題で、制限はありません

また、au 4G LTE 回線オプション(2年契約であれば1,005円/月、3,4年契約であれば無料)は、ハイスピードプラスエリアモードにすることで、WiMAX2+ が繋がらない時のみ接続されますが、au回線の上限は7Gでそれを超えてしまうと128kbpsまで制限されてしまい、その月は使い物にならなくなるので要注意です。

「通信料が使い放題に見えて、実はそうではない」といった点を含めて、契約前に知っておくべき WiMAX のデメリットについては、WiMAXの7つのデメリット | 契約前に絶対見とけ!をご覧ください。

まとめると、通信の機能性については、光回線が圧勝と言えます。

料金比較

プラン 月額料金(マンション) 月額料金(戸建)
UQ WiMAX(ギガ放題) 4,380円 4,380円
フレッツ光 4,800円 6,100円
ソフトバンク光 2,800円 4,200円

※ソフトバンク光の料金は、他社サービスからの乗り換えを前提としています。(乗り換えによるキャッシュバックで、【最大24,000円】=【月額料金から1,000円×24ヶ月割引】が適用)

マンションか戸建によってかで異なりますが、特にマンション住まいの場合には、光回線を選んだ方が月額料金が安くなると言えます。

そのため、コスト面から見ても、光回線の方が優れているのです。

光回線を検討の方は、高額キャッシュバックを受けられる以下より、相談・お申込みをするのがオススメです。

2018年人気の申し込み窓口

  • キャッシュバック額が高く簡単に受け取れる
  • 開通工事を早めてくれた
  • 乗り換えることで高くなる場合も教えてくれた

今より料金が高くなる事をちゃんと教えてくれた窓口は初めてでした。

  • 今よりお得に利用したい
  • どの光回線を選んでいいかわからない
  • キャッシュバックを条件なしで受け取りたい
  • どこで申し込もうか悩んでいる

相談も無料なのでぜひ利用してみて下さい。

▼業界NO1!54,000円キャッシュバック▼
オプション強制加入なし!親切な対応も◎
『2018年人気の申し込み窓口はこちら』

つまり、純粋にホームルーターと光回線を比較した場合、もっとも重要視すべき機能性とコスト面から、オススメなのは光回線となります。

ただし、一部、光回線にはないホームルーターのメリットもありますので、その点を紹介します。

開通・設定のプロセス比較

WiMAX のホームルーターであれば、購入したその日から使用可能です。

光回線の場合、開通まで2週間前後かかってしまうので、開通までに時間がかからない点は、魅力のひとつと言えます。

 

また、一部のマンションを除いて、光回線は開通にあたり工事が必要となります。

具体的に工事とは何をするかと言うと、専用のモデム(通信装置)を設置して、それをLANケーブルで近くの電柱まで固定します。

時間は30分~1時間ですが、立会いが必要となります。

土日は、予約が混み合い、予約が先になってしまうと開通までに時間がかかってしまう訳です。

その点、ホームルーターは、機器をコンセントにつなげるだけなので、それらの手間が一切ないのです。

 

そして、引越しの際に、光回線ではその都度工事などの手続きが必要ですが、ホームルーターの場合、その必要はありません。

配線(有線)比較

光回線は、長いLANケーブルを家の中にひかなくてはなりません

一方で、ホームルーターは、30cmほどのケーブルをコンセントにつなげるのみで使えます。

プロバイダ契約比較

光回線の場合、回線を提供している大元の会社との直契約はできず、基本的にプロバイダ契約が必須となります。

一方で、WiMAX は本体である UQ と直接契約が可能です。

ただし、コストを抑えたい方であれば、WiMAXもプロバイダ契約した方が、キャッシュバックを考慮した実質金額は安くなります

オススメは、キャッシュバック金額の高い『GMOトクトクBB(プロバイダ)』です。

デザイン比較

【WiMAX ホームルーター】

 

【光回線】

[出典:http://ybb.softbank.jp/support/sbhikari/connect/]

光回線のモデムよりも WiMAXホームルーターの方が、スタイリッシュで、かっこいいデザインだと言えます。

インテリアと並べても、雰囲気を悪くしたりはしませんね。

また、WiMAXホームルーターは、寝室に置いたとしても『消灯モード』があるので、ライトが点滅したままで、眠りを邪魔することはありません。

その他:WiMAXホームルーターは、auのセット割引が受けれる

WiMAX は、KDDIと提携しているので、au携帯のユーザーが、WiMAX のホームルーターを契約すれば、セット割引の『auスマートバリュー mine』を受けれます

最大で毎月1,000円分ケータイ料金が割引されます。

割引金額は、加入しているパケットプランに応じて変動します。詳しくは、こちらより確認が可能です。

 [ホームルーター VS 光回線]まとめ

もっとも重視すべき回線速度・コスト面が、光回線の方が優れているので、基本的には光回線を選ぶべきです。

ただし、以下の様な方は、WiMAX ホームルーターを検討するのもアリです。

  • すぐに開通できる自宅用ルーターを探している
  • 契約キャリアがauなので、WiMAXのセット割引を受けたい
  • 配線を部屋に敷きたくない
  • WiMAX ホームルーターのデザイン性が好き
  • よく引っ越す
  • 光回線が届かなくて、WiMAX は繋がる場所に住んでいる

個人的には、上記のメリット程度でしたら、工事の手間はかかりますが、光回線の方が絶対良い気がしますね(笑)

光回線を検討している方は、以下へご相談ください。

2018年人気の申し込み窓口

  • キャッシュバック額が高く簡単に受け取れる
  • 開通工事を早めてくれた
  • 乗り換えることで高くなる場合も教えてくれた

今より料金が高くなる事をちゃんと教えてくれた窓口は初めてでした。

  • 今よりお得に利用したい
  • どの光回線を選んでいいかわからない
  • キャッシュバックを条件なしで受け取りたい
  • どこで申し込もうか悩んでいる

相談も無料なのでぜひ利用してみて下さい。

▼業界NO1!54,000円キャッシュバック▼
オプション強制加入なし!親切な対応も◎
『2018年人気の申し込み窓口はこちら』

まとめ

今回の内容をまとめます。

①モバイルルーターかホームルーターを迷ってる方は、

持ち運びができて、機能性が優れているモバイルルーターを選ぶべき!

②家で固定のルーターを探している、家族みんなで使いたい方は、

通信速度・コスト面で圧倒的にまさる光回線を選ぶべき!
ただし、すぐに開通が必要な人や、配線をスッキリされて・部屋のデザインを重視したい人などの一部の人のみ、ホームルーターを選ぶのもアリ。

The following two tabs change content below.

ブログ管理人

なんとか結婚8年目。3人娘とニャンコとワンコが一匹ずついます。本業はライターとWebデザイナー、ディスプレイデザインや不動産系も得意です。 自分が過去に騙された経験を活かして、フレッツ光や光コラボレーションの役立つ情報を記事にしています。疑問・相談などあればLINEからでもコメントでも、何でも気軽にどうぞ。
光回線の相談窓口

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー 役立つ基礎知識

人気の記事一覧

同一カテゴリ内の関連記事

光回線の申込み窓口選びは本当に大切です。

いい加減なところから申込むと『僕みたいに騙されて』せっかくのキャッシュバックが台無しになります。

このブログを通じて皆さんに紹介している窓口は、僕自身が何度もお世話になっていますし、次の理由から自信を持っておすすめできます。


  • 取扱っているネット回線の種類が多い
  • 最短3か月のキャッシュバック受取り
  • キャッシュバックに複雑な条件が無い
  • 僕も利用しているので安心して下さい

また、紹介をした友人からの口コミもあり、本当にたくさんの方からお申込みを頂いています。

親身になって話を聞いてくれるので、他の窓口と比べて頂ければ良さが必ず分かると思います。

フレッツ光・光コラボレーションの新規申込みや転用、光回線選びでお困りなら相談だけでもしてみて下さい。

banar