WiMAXの7つのデメリット | 契約前に絶対見とけ!

公開日:2018/08/24 更新日:2018/09/05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「WiMAX に契約しようか迷っているけれど、デメリットとかないのかな?HP 見ても、いいことしか書いてないし、、、」

という方に向けて、WiMAX を現在まで約2年間使用しているぼくが、WiMAX のデメリットを包み隠さずお伝えします

ぼくは契約してよかったですが、確かに広告は良いことしか書かれていないですし、人によっては全然満足に使えずに、解約する羽目になり、高額な解約金を請求されてしまうというリスクもありますので、是非この記事を読んでみた上で、検討してみてください!

★9割の方が一緒に読んでいます!!
『【2018年】光回線人気ランキング!超お得な申し込み窓口情報つき』

★11月30日迄!最大35,000円キャッシュバック!
『【2018年】ドコモ光の人気の申し込み窓口はこちら』

★オプション不要で35,000円キャッシュバック&工事費無料
『【2018年】NURO光の人気の申し込み窓口はこちら』

★55,000円キャッシュバック&最短1ヶ月後の受け取り!
『【2018年】auひかりの人気の申し込み窓口はこちら』

★最大81,600円の料金割引&高速Wi-Fiルーター12ヶ月無料!
『【2018年】So-net光の人気の申し込み窓口はこちら』

★最大70,000円の現金キャッシュバックor豪華商品!
『【2018年】フレッツ光の人気の申し込み窓口はこちら』

★月額3,600円!42,000円キャッシュバック!
『【2018年】WiMAXの人気の申し込み窓口はこちら』

モバイルWi-Fi『WiMAX』の5つのデメリット

まずは、モバイルWi-Fi『WiMAX』のデメリットを解説します。

①通信量は、無制限ではない

WiMAX 含めて、モバイルWi-Fi は、すべて通信が無制限ではありません。

以下のどちらかに分類されます。

  1. 一定期間内に○G以上使ったら、一時的に速度制限
  2. 毎月○Gまで

「使い放題」と謳っているプランの多くは前者です。

WiMAX では、現在おおきく2つのプランがあり、使い放題を謳っている『UQ Flat ツープラス ギガ放題』は前者で、『UQ Flat ツープラス』は後者にあたります。

HP を確認してみましょう。下部の赤文字の部分が、通信制限についての記載です。

[出典:https://www.uqwimax.jp]

それぞれ詳しく解説します。

『UQ Flat ツープラス ギガ放題』は、無制限の使い放題ではなく、直近3日間で10GB以上使った場合、翌日の夜の時間帯に速度制限が発生します。以下が、その詳細です。

ぼくは時たま速度制限を食らいますが、速度制限時でもYou Tube や SNS などの使用は、問題ありません。

ただし、映画などの高画質な動画を見る場合は、時々動画が止まるような状態になってしまいます。

10GBの目安については、You Tube の視聴時間でいうと、以下となります。

見ればわかる通り、10GB はそれなりのデータ量なので、一般的な人は3日間では使わないと思います。

ただし、以下のような人は、生活・仕事の支障をきたす可能性があります。

  • 日々、映画などで長時間動画を見る
  • オンラインゲームをよく行う
  • ビデオ会議をよく行う
  • よく大容量コンテンツのダウンロードをする

もちろん、速度制限がかかったとしても、1Mbps は使えますし、制限時間も18時~翌2時の間だけなので、通信のヘビーユーザー以外でしたら、大きくは問題ないでしょう。

 

『UQ Flat ツープラス』の場合、月間7GBを超えてしまうと、最大128kbps の通信制限がかかってしまい、この速度では YouTube すら満足に見ることはできません

また、LTE オプション(au 4G LTE)とは、KDDIが提供する4G の通信エリアの広い通信のことで、月間1,005円の有料オプションにより WiMAX でも使用可能です。

地下・田舎など、WiMAX2+では届かないような場所でも届きます。

現在、3年か4年契約すれば、無料で LTE オプションを使えますが、このプランにはリスクもあります。

LTE 回線の月間の上限は 7GBで、ギガ放題プランの人でも、それを越えると、最大128kbps の通信制限がかかってしまうのです。

つまり、LTE の上限を超えてしまったら、ギガ放題プランであっても、ほとんど通信が使えなくなる状態になってしまいます

 

このように、通信が実際に無制限に使えることはありませんので、注意が必要です。

無制限で通信を使いたい場合には、『光回線』を使うしかありません。

光回線をご検討の方は、以下より申し込むと高額キャッシュバックを受けられるのでオススメです。

2018年人気の申し込み窓口

  • キャッシュバック額が高く簡単に受け取れる
  • 開通工事を早めてくれた
  • 乗り換えることで高くなる場合も教えてくれた

今より料金が高くなる事をちゃんと教えてくれた窓口は初めてでした。

  • 今よりお得に利用したい
  • どの光回線を選んでいいかわからない
  • キャッシュバックを条件なしで受け取りたい
  • どこで申し込もうか悩んでいる

相談も無料なのでぜひ利用してみて下さい。

▼業界NO1!54,000円キャッシュバック▼
オプション強制加入なし!親切な対応も◎
『2018年人気の申し込み窓口はこちら』

 ②通信がつながらないエリアが多い

WiMAX は、全国どこでも使わる訳ではありません。

都心部は基本的に使えますが、田舎の場合、使えないことも多いです。

自分の住所で使えるかどうかは、公式HP のピンポイントエリア判定から調べることが可能です。

下記ページに飛ぶので、ご自身の住所を入れてみましょう。

全国どこでも繋がる訳でもないので、田舎に旅行に行った時などは繋がらなくなることが多々あります

また、地下は基本的につながりません

その他、他の電波と干渉しやすいカフェやオフィスビル・マンションなどでも繋がらなくなることもあります。

HPで紹介されている『最高速度』が出ることはない

ぼくが使っている WiMAX2+(Speed Wi-Fi NEXT WX03)の最速は、下り440Mbps(サーバーからデータを受信する速度)ですが、実際に速度をはかってみると、大体 50~100Mbs くらいです。

以下が、実際に WiMAX を PC やスマホの隣に置いて、はかってみた際のデータです。

※下り=『DOWNLOAD』で、HP を見る時など、サーバーから情報を受ける際の通信速度で、通信を使う際のほとんどが “下り” です。上り(UPLOAD)は、メール送信など、こちらから送る場合です。

【WiMAX計測(PC)】

【WiMAX計測(PC)】 ※別日

【WiMAX計測(スマホ)】

広告に書かれている最高速度は、すべての条件が整った上での速度なので、基本的にはでません(もちろん、他の回線含めて同じ事は言えますが)。

上記の通信速度でも、ネット検索・メール・SNS・YouTube などでしたら支障はありません

以前まで、ワイモバイルのモバイルWi-Fi を使っていましたが、モバイルWi-Fi の中では、WiMAX が断然速いと思います。

光回線と比べてしまうと、サクサク読み込めて、ストレスが少ないのは光回線です。

※回線速度は以下より確認できます。

心配な方は、契約前に無料レンタル『Try WiMAX』に申し込もう!

「契約前に、事前に WiMAX がどのくらい繋がるのか試してみたい」という方にむけて、15日間無料で “お試し” ができる『Try WiMAX』というサービスがあります。

このサービスは、住所がエリア判定で『○(繋がる)』の方のみ利用可能で、実際にどのくらい繋がるのかを試すことができるのです。

一度契約してしまうと、更新月を除いて解約時には高い違約金が発生してしまうので、通信速度が心配な方は、事前レンタルをオススメします。

『Try WiMAX』について、詳しくは、WiMAX のレンタルについてまとめた【WiMAX】[激安短期]&[お試し]レンタル方法まとめをご覧ください。

③更新月に解約しなければ、高額な契約解除料が発生する

契約期間内に解約すると、以下のように高額な違約金が発生します。

2年契約の解約金

3年契約の解約金

4年契約の解約金

契約プロバイダーによって若干の違いがありますが、とにかく1度契約してしまうと、縛りが厳しく最低でも2年間は使わないと、高額な解約金がかかってしまうのです。

解約の際のリスクが怖いという方は、WiMAX のよくある解約理由や解約の手順をまとめたWiMAXの解約・乗り換え方法!更新月以外の解約金に要注意をご覧ください。

 

ちなみに、2年以上使っていれば、機種変更の際の機種代は無料なので、更新月の機種変更がベストです。

さらに、プロバイダーを乗り換えれば、新たにキャッシュバックも受けれます。

WiMAX の乗り換えについて、詳しくは【WiMAX】乗り換えるべき?状況別ベストな方法を解説をご覧ください。

④常に持ち運ぶ必要がある

人によっては気にならないかもしれませんが、WiMAX はモバイルルーターなので、常に持ち運ぶ必要はあります。

あなたはスマホを持っているかと思いますが、それが、常に2つ持つことになるということです。

また、通信を WiMAX だけにしている場合、その充電も常に必要となります。

充電が切れたら、ネットが一切使えなくなってしまいます。

そのため、ぼくはモバイルバッテリーも常にカバンに入れてまして、基本スマホだけの人と比べて荷物が増えるというデメリットがあります。

⑤au 4G LTE が、ほとんど使えない

現在、通常月額1,005円で、月7GBまで使える『au 4G LTE』のオプションですが、現在3年・4年契約であれば、無料で使えます。

こちらは、ハイスピードプラスエリアモードに切り替えることで使えますが、実際には、ハイスピードプラスエリアモードに切り替えた状態で、完全に WiMAX2+ が繋がらなくなって、はじめてau回線に接続されます

そのため、電波が悪くとも、ギリギリ繋がる場合には WiMAX2+ が優先されて、結果的に au回線が全然機能しないことが多いのです。

そのため、完全に手動で au回線を使える訳ではありません。

 

スポンサーリンク

プロバイダーごとの2つのデメリット

次に、『WiMAX』自体ではなく、契約先のプロバイダーのデメリットを解説します。

まず前提条件として、UQ 本体から契約するよりも、キャッシュバックなどを考慮すると、プロバイダー経由で契約した方が安いです。

 

プロバイダーの方が条件が良い理由は、UQ が販路を拡大するにあたり、各プロバイダーへ代理販売してもらう代わりに、条件を譲歩しているからです。

そのため、契約するのであれば、条件がおトクなプロバイダー経由がベストです(契約期間満了できるのであれば、2018年8月現在もっともお得なのは『GMOとくとくBB』です)。

ただし、各プロバイダーにも、デメリットはありますので、その点をご紹介しておきます。

⑥違約金が通常よりも高い

一部のプロバイダーは、解約金が UQ の手数料よりも高いです。

キャッシュバック金額が高いプロバイダーは、違約金がその分高くなる事が多いです。

※通常の違約金(WiMAX2+/2年契約)

  • 1~12ヶ月目:19,000円(税抜)
  • 13~24ヶ月目:14,000円(税抜)
  • 25ヶ月目:0円
  • 26ヶ月目~:9,500円(税抜)

⑴GMOとくとくBB

GMOとくとくBB は、キャッシュバック金額が最大39,500円と、業界No.1のプロバイダーなのでオススメできますが、1ヶ月〜24ヶ月の解約金は、一律で24,800円(税抜)です。

⑵BIGLOBE

『BIGLOBE』は、現在端末代無料のキャンペーンを行っていますが、24ヶ月以内の解約で【残りの月分×800円】が、違約金に上乗せされて請求されます

⑶価格コム経由

価格コム経由でプロバイダー契約すると、[価格.com限定特典]として、通常以上のキャッシュバックを受けれます。

ただし、その分契約期間内の解約による違約金は、通常よりも上乗せされます

違約金は、プロバイダーごとに異なりまして、以下のように、価格コム内の申し込みページに飛ぶ前の画面の[注意事項]から確認可能です。

⑦キャッシュバックを受けれるまでに時間がかかる

キャッシュバック金額は、すぐに受け取れる訳ではなく、数ヶ月先になります。

現在、キャッシュバックキャンペーンをやっているプロバイダーの、受け取りタイミングは以下です。

  • GMOとくとくBB:11ヶ月目(最大39,500円)
  • BIGLOBE:6ヶ月目(15,000円)
  • @nifty:9ヶ月目(30,100円)

 

スポンサーリンク

 

WiMAX の3つのメリット

最後に、モバイルWi-Fi『WiMAX』のメリットについても触れておきます。

①外出先で使用できる

光回線の場合、家でしか通信は繋げませんが、外出先でも通信を繋げられるのは、最大のメリットと言えるでしょう。

②工事が不要で始められる

光回線のように、ケーブルの設置等の工事は不要です。

申し込み後、機器が届けばすぐに使用可能です。

また、光回線の場合、引っ越しの際に、また面倒な手続きや工事が必要となりますが、WiMAX の場合、それらが不要です。

③auユーザーは、セット割引を受けれる(auスマートバリュー mine)

『auスマートバリュー mine』は、携帯キャリアを au で契約している人が、WiMAX に契約すれば、最大毎月1,000円分ケータイ料金が割引されるサービスです。

割引金額は、加入しているパケットプランに応じて変動します。詳しくは、こちらより確認が可能です。

まとめ

今回は、WiMAX のデメリットを中心にまとめましたが、ポケットWi-Fi であれば、通信速度はダントツで WiMAX がNo.1です。

スマホのパケット以外で通信を使う場合、基本的には『WiMAX(モバイルWi-Fi)』か『光回線』の2択になると思います。

どちらも一長一短があるので、それぞれ契約すべき人の特徴をあげておきます。

【WiMAX を契約すべき人】

  • とにかく外出先で通信を使う
  • 日々膨大な通信量は使わない(YouTube見たり、たまに映画見る程度)
  • 初期や引越し時の工事が嫌
  • ケータイキャリアが au

【光回線を契約すべき人】

  • 通信を使うほとんどは自宅(外出先は、スマホの通信で十分)
  • 日々かなりのデータ量を使う
  • 『WiMAX』のエリア適用外の地域に住んでいる
  • モバイルルーターを持ち歩きたくない

光回線をご検討の場合には、高額キャッシュバックを受けられる、以下より相談・お申込みをするのがオススメです!

2018年人気の申し込み窓口

  • キャッシュバック額が高く簡単に受け取れる
  • 開通工事を早めてくれた
  • 乗り換えることで高くなる場合も教えてくれた

今より料金が高くなる事をちゃんと教えてくれた窓口は初めてでした。

  • 今よりお得に利用したい
  • どの光回線を選んでいいかわからない
  • キャッシュバックを条件なしで受け取りたい
  • どこで申し込もうか悩んでいる

相談も無料なのでぜひ利用してみて下さい。

▼業界NO1!54,000円キャッシュバック▼
オプション強制加入なし!親切な対応も◎
『2018年人気の申し込み窓口はこちら』

The following two tabs change content below.

ブログ管理人

なんとか結婚8年目。3人娘とニャンコとワンコが一匹ずついます。本業はライターとWebデザイナー、ディスプレイデザインや不動産系も得意です。 自分が過去に騙された経験を活かして、フレッツ光や光コラボレーションの役立つ情報を記事にしています。疑問・相談などあればLINEからでもコメントでも、何でも気軽にどうぞ。
光回線の相談窓口

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー 役立つ基礎知識

人気の記事一覧

同一カテゴリ内の関連記事

光回線の申込み窓口選びは本当に大切です。

いい加減なところから申込むと『僕みたいに騙されて』せっかくのキャッシュバックが台無しになります。

このブログを通じて皆さんに紹介している窓口は、僕自身が何度もお世話になっていますし、次の理由から自信を持っておすすめできます。


  • 取扱っているネット回線の種類が多い
  • 最短3か月のキャッシュバック受取り
  • キャッシュバックに複雑な条件が無い
  • 僕も利用しているので安心して下さい

また、紹介をした友人からの口コミもあり、本当にたくさんの方からお申込みを頂いています。

親身になって話を聞いてくれるので、他の窓口と比べて頂ければ良さが必ず分かると思います。

フレッツ光・光コラボレーションの新規申込みや転用、光回線選びでお困りなら相談だけでもしてみて下さい。

banar