【WiMAX】乗り換えるべき?状況別ベストな方法を解説

公開日:2018/08/21 更新日:2018/09/05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、「WiMAX の乗り換え」を検討している方に向けて、そのメリットやデメリット、オススメの乗り換え方法などをまとめました。

主に、以下のような方向けの記事となっています。

  1. WiMAX を使っていて、今後も継続していくが、プロバイダの乗り換えを検討中の方
  2. 他社モバイルWi-Fi から、WiMAX への乗り換えを検討中の方
  3. 光回線から、WiMAX への乗り換えを検討中の方

※クリック頂けますと、該当箇所へ飛びます。

★9割の方が一緒に読んでいます!!
『【2018年】光回線人気ランキング!超お得な申し込み窓口情報つき』

★11月30日迄!最大35,000円キャッシュバック!
『【2018年】ドコモ光の人気の申し込み窓口はこちら』

★オプション不要で35,000円キャッシュバック&工事費無料
『【2018年】NURO光の人気の申し込み窓口はこちら』

★55,000円キャッシュバック&最短1ヶ月後の受け取り!
『【2018年】auひかりの人気の申し込み窓口はこちら』

★最大81,600円の料金割引&高速Wi-Fiルーター12ヶ月無料!
『【2018年】So-net光の人気の申し込み窓口はこちら』

★最大70,000円の現金キャッシュバックor豪華商品!
『【2018年】フレッツ光の人気の申し込み窓口はこちら』

★月額3,600円!42,000円キャッシュバック!
『【2018年】WiMAXの人気の申し込み窓口はこちら』

WiMAX のプロバイダーを乗り換える

ここでは、「WiMAXは、継続して使うけれど、プロバイダーを他社に乗り換えようか迷ってる」という人向けに、プロバイダ乗り換えのメリット・デメリットやオススメのプロバイダを紹介します。

メリット①:改めてキャッシュバックを受けれる

現状と異なるプロバイダへの乗り換えであれば、改めてキャッシュバックが受けられます。

注意点としては、キャッシュバックの受け取りは、契約から12ヶ月後という点です。

また、過去に1度契約しているプロバイダの場合、受け取れない場合があります。

キャッシュバック金額の高いプロバイダーランキング

以下で、高額キャッシュバックを受けれる、トップ2のプロバイダをご紹介します。

1位:GMOとくとくBB

『GMOとくとくBB』経由で申し込めば、機種ごとに金額は異なりますが、最大43,000円のキャッシュバックを受けられます。

[出典:https://gmobb.jp/wimax/]

キャッシュバックは、申し込みから12ヶ月後となりますので、それまでは契約を継続する必要があります。

GMOとくとくBB のメリットは、キャッシュバック金額の高さだけではありません。

本来『WiMAX』では、クーリングオフのような制度がないので、1度契約したらキャンセルはできませんが、 GMOとくとくBB は契約から20日間のキャンセルを認めています。

キャンセル条件として、エリア確認の際に『○』、つまり、本来「繋がる」と判定された地域に住む人限定なのでお気をつけください。

『WiMAX』の通信速度に不安があり、事前に試してみたい人には良いサービスですね。

ただし、キャッシュバック金額が高い分、解約違約金は、1ヶ月目~24ヶ月目まで一律で24,800円(税抜)と、他社よりも高い点はデメリットです。

2位:BIGLOBE

BIGLOBE では、30,000円のキャッシュバックを受けられます。

支払われるタイミングは12ヶ月目となり、そのまでは使用し続ける必要があります。

また、GMO 同様に、キャッシュバックが高い分、解約違約金は通常よりも少しだけ高くなっています

[出典:https://join.biglobe.ne.jp/mobile/wimax/campaign.html]

メリット②:月額料金が安くなる

WiMAX2+ の申込者であれば、みな『UQ Flatツープラス おトク割』という、25ヶ月目まで月額500円割引のプランが適用されています

そして、現在も『UQ Flatツープラス おトク割』は続いているので、3年契約であれば・37ヶ月間割引、4年契約であれば・49ヶ月間割引が適用されます。

つまり、おトク割が適用されるのは、更新月の1ヶ月前までなので、更新月で乗り換えるべきですし、更新月をすぎてしまっても、その以降の乗り換えで、月額料金は500円やすくなるのです。

メリット③:最新の端末にグレードアップする

WiMAX は毎年新機種がリリースされるので、通信速度や通信時間などの基本スペックを上げる事ができます

また、端末は消耗品なので、バッテリーの寿命は徐々に短くなってしまいます

WiMAX では『リチウムイオンバッテリー』という軽量のバッテリーを使っています。

小型でありながら、一度充電すると、長時間持つのが特徴ですが、バッテリーも消耗品なので、徐々に容量と性能が低下していきます。

毎日充電した場合の寿命の目安は2年間前後なので、バッテリーを一新するためにも、乗り換えをオススメします。以下、公式HP内でも同様の説明があります。

なお、電池パックの交換は、UQ のアクセサリーショップから購入可能で、価格は以下です。

  • WX04電池パック:3,402円(税込)
  • WX03電池パック:3,186円(税込)

買うくらいなら、乗り換えてしまった方がコスト的にもおトクですね…。

 

また、2012年までのお申し込みの方は『旧WiMAX』として、現在の通信速度はかなり遅いので、最新の WIMAX2+ にすることでかなり通信速度が早くなります。

機種にかんしては、2018年8月現在最新機種の『W05』がもっともオススメです。

デメリット①:更新月以外は解約金が発生する

現在、販売されている『WiMAX2+』の場合には、以下のように解約金が発生します。

  • 1~12ヶ月目:19,000円(税抜)
  • 13~24ヶ月目:14,000円(税抜)
  • 25ヶ月目:0円
  • 26ヶ月目~:9,500円(税抜)

契約内容やプロバイダごとに一部異なる事がありますが、“更新月” 以外での解約は違約金がかかる点は変わりません。

3年契約の場合には38ヶ月目が、4年契約の場合には50ヶ月目が更新月となります。

解約金のルールや詳細につきましては、WiMAXの解約・乗り換え方法!更新月以外の解約金に要注意をご覧ください。

 

スポンサーリンク

他社モバイルWi-Fi から WiMAX へ乗り換える

次に、「他のモバイル Wi-Fi から WiMAX への乗り換えを検討している」という方向けに、各キャリアのモバイルWi-Fi を比較してみたいと思います。

結論からお伝えすると、モバイルWi-Fi 単体であれば、『UQ WiMAX』がベストです。​

モバイルWi-Fi一覧 使い放題 実質月額料金 最大速度
UQ wimax ○(速度制限あり) 4,380円 758Mbps
Y!mobile ○(速度制限あり) 4,885円 612Mbps
au(wimax 2+) ○(速度制限あり) 4,964円 758Mbps
docomo × 3,800円 375Mbps
Softbank × 9,830円 612Mbps

基本的に、docomo と Softbank が販売しているモバイルWi-Fiは、コストが高い割に、機能性はよくありません。

また、au回線を使う場合には、WiMAX の端末を使った有料プランとなります。

そのため、モバイルルーターであれば、『WiMAX』か『ワイモバイル』のどちらの人がほとんどです。

 

ぼくは、ワイモバイルを2年間使い、その後乗り換えて、WiMAX2+ を2年以上使っています。

キャッシュバック金額や月々の割引がを考慮すれば、月額の料金はワイモバイルも WiMAX もさほど変わりませんが、通信の速さは圧倒的に WiMAX の方が優れています

そのため、モバイルWi-Fi 単体の乗り換えを検討している人は、ぼくのように WiMAX に乗り換えるのがベストです!

KDDI の au 回線は、WiMAX で使用可能

大手3大キャリアの回線は、高い分、通信速度は早く・安定していて、地下鉄などのモバイルWi-Fi がつながりにくい場所でも使えます。

「モバイルWi-Fi がほしいけど、地下鉄などでも、通信を使いたい」という人は、WiMAX で『au 4G LTE(ハイスピードプラスエリアモード)』という KDDI の回線を使用するのがオススメです。

[出典:https://www.uqwimax.jp/]

ハイスピードプラスエリアモードとは、下り最大440Mbps のWiMAX 2+と、エリアが広い au 4G LTE  を利用できるモードです。

WiMAX2+ は、地下・地方・ビルなどで繋がらなくなることが多いですが、au回線の場合、基本的にどこでもサクサク使えます。

そのため、WiMAX の数少ないストレスのひとつの「場所によっては繋がらない」という問題を、au回線を使えれば解決できるのです。

 

ただし、切り替えは自動なので、WiMAX2+ がつながらなくなってはじめて、au 回線に切り替わります。

そのため、薄く WiMAX2+ で繋がるようなところでは、au回線になる訳でもなく、通信は遅いままです。

 

月間7GBしか使えませんが、地下鉄などでモバイルルーターが使えない時のみ『ハイスピードプラスエリアモード』にするのが良いでしょう。

通常、『ハイスピードプラスエリアモード』を使った月は、1005円かかりますが、現在WiMAXで、3年か4年契約をすれば、無料で7GB au回線が毎月使えます

そのため、WiMAX を継続で乗り換えを検討している方で、au回線も使いたい方は、新たに3年か4年のプランにして、無料でau回線を使えるようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

光回線から WiMAX に乗り換える

最後に、光回線から WiMAX への乗り換えを検討している方に向けて、両者のメリット・デメリットを解説します。

メリット①:外出時に通信を使用できる

モバイルWi-Fi と光回線の大きな違いのひとつは、外出時に使えるかどうかですね。

『WiMAX』に乗り換えることで、家以外でも通信を使用することが可能となります。

メリット②:キャッシュバックが受けれる

こちらは、1章とご説明しましたメリット①:改めてキャッシュバックを受けれると同じ内容となります。

乗り換え先のプロバイダーが、『GMOとくとくBB』であれば、最大43,000円・『BIGLOBE』であれば、30,000円のキャッシュバックを約1年後に受けられます。

メリット③:工事不要ではじめられる

WiMAX のようなモバイルWi-Fiを始める場合は、最短ネット申込のみで可能です。

光回線のように工事などは必要ないので、非常にはじめれやすいです。

ただし、光回線を解約する場合には、撤去工事が必要となり、その費用がかかるケースもありますので、その点も検討する上で考慮すべきです。

メリット④:引越しの手続きが不要

光回線の場合、引越しする度に、面倒な手続きが発生しますが、モバイルWi-Fi は固定回線ではないので、引っ越す場合でも手続きが一切必要なくなります

デメリット①:回線速度が落ちる

  • 光回線:約1,000Mbps
  • WiMAX2+:400~500Mbps

回線速度を比較すると、上記のように約2倍も光回線の方が速いことがわかりますね。

そのため、以下のような通信量が多い方は、WiMAX に乗り換えた場合に、ストレスがかかることが多いので、あまりオススメしません。

  • 通信を使って、映画など動画をよく見る人
  • 頻繁にオンラインゲームをする人
  • ビデオ会議などが多い人

デメリット②:月額料金が高くなる

プラン 月額料金(マンション) 月額料金(戸建)
UQ WiMAX(ギガ放題) 4,380円 4,380円
フレッツ光 4,800円 6,100円
ソフトバンク光 2,800円 4,200円

※ソフトバンク光の料金は、他社サービスからの乗り換えを前提としています。(乗り換えによるキャッシュバックで、【最大24,000円】=【月額料金から1,000円×24ヶ月割引】が適用)

契約内容によって一概には言えませんが、光回線の方が、月額料金が安くなるケースが多いです。

逆に、『WiMAX』から『光回線』の乗り換えを検討している方は、最大54,000円のキャッシュバックが受けられる以下より検討することをオススメします!

2018年人気の申し込み窓口

  • キャッシュバック額が高く簡単に受け取れる
  • 開通工事を早めてくれた
  • 乗り換えることで高くなる場合も教えてくれた

今より料金が高くなる事をちゃんと教えてくれた窓口は初めてでした。

  • 今よりお得に利用したい
  • どの光回線を選んでいいかわからない
  • キャッシュバックを条件なしで受け取りたい
  • どこで申し込もうか悩んでいる

相談も無料なのでぜひ利用してみて下さい。

▼業界NO1!54,000円キャッシュバック▼
オプション強制加入なし!親切な対応も◎
『2018年人気の申し込み窓口はこちら』

デメリット③:家族みんなで使いづらくなる

家族持ちなど、複数人で暮らしていて、みんな通信を使うという場合、光回線から WiMAX へ乗り換えない方がいいと思います。

理由は、WiMAX の最大のメリットは、持ち運びが可能な点ですが、結局ひとりが外出してしまったら、家で他の人が使えなくなるためです。

また、家でひとつの WiMAX を使う場合、通信は分散されてしまうので、通信速度はかなり落ちます。

そのため、家族みんなで通信を使う人は、光回線が合っていると思います。

まとめ

①WiMAX でプロバイダーの、乗り換え検討してる場合には
更新月で乗り換えた方が良い!
オススメなプロバイダーは、キャッシュバック金額の高い『GMOとくとくBB』

②他社モバイルWi-Fi から WiMAX へ乗り換えを検討してる場合には
コスト面・機能面からしてベストな『WiMAX』に乗り換えるべき!

③光回線から『WiMAX』へ乗り換えを検討している場合には
外出先で使用したいなどの理由があれば、乗り換えはアリだが、通信速度は落ちるので要注意!

The following two tabs change content below.

ブログ管理人

なんとか結婚8年目。3人娘とニャンコとワンコが一匹ずついます。本業はライターとWebデザイナー、ディスプレイデザインや不動産系も得意です。 自分が過去に騙された経験を活かして、フレッツ光や光コラボレーションの役立つ情報を記事にしています。疑問・相談などあればLINEからでもコメントでも、何でも気軽にどうぞ。
光回線の相談窓口

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー 役立つ基礎知識

人気の記事一覧

同一カテゴリ内の関連記事

光回線の申込み窓口選びは本当に大切です。

いい加減なところから申込むと『僕みたいに騙されて』せっかくのキャッシュバックが台無しになります。

このブログを通じて皆さんに紹介している窓口は、僕自身が何度もお世話になっていますし、次の理由から自信を持っておすすめできます。


  • 取扱っているネット回線の種類が多い
  • 最短3か月のキャッシュバック受取り
  • キャッシュバックに複雑な条件が無い
  • 僕も利用しているので安心して下さい

また、紹介をした友人からの口コミもあり、本当にたくさんの方からお申込みを頂いています。

親身になって話を聞いてくれるので、他の窓口と比べて頂ければ良さが必ず分かると思います。

フレッツ光・光コラボレーションの新規申込みや転用、光回線選びでお困りなら相談だけでもしてみて下さい。

banar