TSUTAYA光が本当におすすめできない理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TSUTAYAさんにケンカを売るようなタイトルをつけてしまいました。

しかし、ただインパクトがあるタイトルをつけたかったわけではありません。

他の光コラボと比較してもお世辞にも良いとはいえないTSUTAYA光。

ホームページをみても情報量が少ないですが、ここでは僕がおすすめできない4つの理由を他の光コラボと比較しながら説明していきたいと思います。

TSUTAYA光がおすすめできない4つの理由

何度調べてもやっぱりおすすめできません。他の光コラボと比較しながら説明していきたいと思います。

1.プロバイダー料金が別でかかる

光コラボレーションがフレッツ光より安くなるのはプロバイダーがセットになっているからです。

金額も1,000円安くなり、フレッツ光の時は今までプロバイダーと別々だった請求も一緒になったのでわかりやすいです。

TSUTAYA光の料金をご覧ください。

建物基本料金さんねん割割引後
戸建て5,200円-700円4,500円
マンション
(4世帯以上)
4,050円-300円3,750円
マンション
(8世帯以上)
3,450円-300円3,150円
マンション
(16世帯以上)
3,300円-300円3,000円

上記にプロバイダー料が加算されるので、さんねん割を利用したとしても戸建ての場合、5,500円かかります。

2年契約が一般的なのに3年利用しても他の光コラボより高いし、他の光コラボは3年利用すると更に安くなります。

プロバイダーを安いものにすれば料金は抑えられるけど、どう比較してもやっぱり高いといわざる負えません。

他の光コラボとの料金比較

 戸建てマンション
TSUTAYA光5,500円4,750円
ソフトバンク光5,200円3,800円
auひかり5,200円3,800円
ドコモ光5,200円4,000円
フレッツ光5,650円4,000円

プロバイダー料として1,000円プラスした金額になります。

他の光コラボは割引サービスも充実しつつ、上記の金額で利用できます。

マンションの場合は4世帯以上が加入条件のマンションミニプランで計算しましたが、ずば抜けて高いですね。

他の光コラボと比べると利用者が少ないTSUTAYA光なので、マンションの方は上記の金額を想定しておきましょう。

2.スマホとのセット割り引きがない

光コラボレーションのメリットと言えば、スマホとのセット割引きでしょう。

最大2,000円割引されます。

〇ソフトバンク光⇒おうち割り
〇auひかり⇒auセット

すべてを紹介するときりがないので代表的な2社を例としてあげましたが、多くの光コラボ事業者がスマホとのセット割引をしています。

TSUTAYA光にはスマホとのセット割りがありません。

地方の光コラボでもスマホとの割引が受けられるので出遅れているとしか言えないでしょう。

3.工事費の割引がない

お客の取り合いから多くの光コラボで工事費を実質無料のサービスを行っています。

ここではauひかりを例に説明します。

auひかりは工事費が37,500円かかります。

この工事費を30ヶ月(回)の分割払いで実質無料にします。

どういう事かというと・・

37,500÷30ヶ月=1,250円

毎月1,250円が割引されて実質無料で使えます。

30ヶ月auひかりを使い続けないといけませんが、それでも工事費が無料になるのはメリットです。

TSUTAYA光には工事費の割引きがありません。

戸建て18,000円、マンションは15,000円が必ずかかります。

4.問い合わせが有料

ネットが繋がらない、料金プランについて聞きたい、オプションについて確認したい。などなど

困った時に助けてくれるのがカスタマーセンターです。

どこの光コラボレーションでも電話が繋がらない、電話越しで何十分も待たされた。たらい回しにされた、などの口コミが多いですが、フリーダイヤルだから許されているようなもの。

TSUTAYA光の問い合わせはナビダイヤルです

電話代がかかっているのに、電話越しで何十分も待たされたり、たらい回しにされたらどう思うでしょうか?

どんなに仏のような人でも怒りが爆発するに違いないですし、お金が本当にもったいないですよね。

 

スポンサーリンク

3年以内の解約で違約金が14,000円発生

はっきりいってあんまりお得でもないのに、3年未満に解約すると14,000円の違約金がかかります。

基本料金も高いし、スマホのセット割もない。それなのに、他の光コラボと同じくらいの違約金はしっかり発生。

僕が偉そうに言うのもどうかと思うけど、正直もうすこし利用者目線というか、他の光コラボと比較してからサービスを提供するべきだと思います。

 

スポンサーリンク

 

メリットは無料で映画が見れるだけ

TSUTAYA光の最大のメリットは無料で映画が見放題なところです。

本業のレンタルDVDに特化したサービスですが、今は動画サイトでも無料でみれますし、月額1,000円払えば映画もアニメもなんでも見放題のサービスなんてたくさんあります。

うれしい人もいるかもしれませんが、正直、他の光コラボと比較するとメリットとしては弱い気がします。

まとめ

以上、TSUTAYA光のまとめでした。

公式サイトも情報が少ないし、ツイッターにもほとんど口コミがありませんでした。

それほど利用者が少ないのかわかりませんが、TSUTAYAが提供している子供向けのTONEモバイルが素晴らしいだけに、ちょっとがっかりする光コラボレーションだと思いました。

 

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.

ブログ管理人

なんとか結婚8年目。3人娘とニャンコとワンコが一匹ずついます。本業はライターとWebデザイナー、ディスプレイデザインや不動産系も得意です。 自分が過去に騙された経験を活かして、フレッツ光や光コラボレーションの役立つ情報を記事にしています。疑問・相談などあればLINEからでもコメントでも、何でも気軽にどうぞ。
光回線の相談窓口
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー 役立つ基礎知識

おすすめ記事

NEW 光コラボのキャッシュバック一覧
光コラボのキャッシュバックを窓口別で比較・申込み前に読んでおくべき記事。

ソフトバンク光について
最大30,000円のキャッシュバックと、読者から届いた良かった声を紹介している記事。

U-NEXT光について
最大30,000円のキャッシュバックと、割引キャンペーンを紹介している記事。

So-net光について
最大30,000円のキャッシュバックと、auセット割について説明している記事。

iSmartひかりについて
最大40,000円のキャッシュバックと、マンションプランの安さについて解説している記事。

西日本フレッツ光について
最大25,000円キャッシュバックと、長く使うメリットや割引きを重点的に紹介している記事。

@nifty光について
最大20,000円のキャッシュバックと、格安SIMでお得になれる方法をまとめた記事。

OCN光について
最大10,000円のキャッシュバックと、格安SIMとの割引について説明している記事。

auひかりについて
最大20,000円のキャッシュバックと、スマートバリューの詳細や、お得な情報を詰め込んだ記事です。

ドコモ光の評判まとめ
利用者のリアルな声をまとめています。申込みを検討している方に読んでもらいたい記事。

ぷらら光の評判まとめ
個人的に昔は好きなぷららだったけど、光コラボになっての評判が悪い。必ず目を通して頂きたい記事。

お得になる為の記事

申込み前に要確認
高額キャッシュバックのカラクリや申込みのアドバイスなど、必ず読んでおきたい内容の記事。

光回線選びで困ったら
料金・キャッシュバック・割引きサービスを参考に、自分に合った光回線探しが出来るようになる記事。

読者が選んだランキング
このブログを訪れてくれた読者に投票してもらった光回線のランキングの記事。

騙された体験談
窓口選びを間違えると後悔することになるという、僕の実体験を語っている記事。

 

管理人からおすすめ窓口の紹介

光回線の申込み窓口選びは本当に大切です。

いい加減なところから申込むと『僕みたいに騙されて』せっかくのキャッシュバックが台無しになります。

このブログを通じて皆さんに紹介している窓口は、僕自身が何度もお世話になっていますし、次の理由から自信を持っておすすめできます。


  • 取扱っているネット回線の種類が多い
  • 最短3か月のキャッシュバック受取り
  • キャッシュバックに複雑な条件が無い
  • 僕も利用しているので安心して下さい

また、紹介をした友人からの口コミもあり、本当にたくさんの方からお申込みを頂いています。

親身になって話を聞いてくれるので、他の窓口と比べて頂ければ良さが必ず分かると思います。

フレッツ光・光コラボレーションの新規申込みや転用、光回線選びでお困りなら相談だけでもしてみて下さい。

banar

コメントを残す

*