フレッツ光から光コラボへ転用する時に気を付けたいこと

公開日:2015/10/30 更新日:2017/12/13
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

賛否両論の光コラボレーション。フレッツ光から転用して後悔している人も多いはず。その証拠に、当ブログへもコメントをたくさん頂いています。

ヤマダ電機などの家電量販店で勧誘されて契約した方。はたまた、電話営業や訪問による営業でついつい契約した方。それ、本当に内容を理解したうえでサインしましたか?

料金や速度、いろいろと言いたいこともあるでしょう…。

この記事では、あまり語られることのない、フレッツ光から光コラボに転用する【メリット】と【デメリット】【注意点】を重点的に解説していきます。

既に光コラボをご利用中の方にはあまり参考にならないかもしれませんが、これからフレッツ光の転用や新規契約を考えている方は、ぜひ最後までご覧になってみて下さい。

読み終わった時、『知っておいて良かった』と思ってもらえるよう頑張って書いたのでお楽しみに!

※この記事は2017年10月10日に再編集しました。

光回線を最もお得に申し込める時期について

光回線の申し込みの繁忙期は1月~3月と言われています。

その期間は申し込み者が増えるので企業側もキャッシュバックに力をいれません。

また、1月以降は開通工事が混み合うので数か月待たされることもあります。

企業側がキャッシュバックに最も力を入れるのは繁忙期前の10月~12月です。

開通工事も混み合わないので、光回線の申し込みが最もお得にできる時期だと覚えておきましょう。

僕が利用している窓口はキャッシュバックに定評があり、開通工事の対応もしっかり行ってくれるので、ネットが使えない期間が発生しないか心配な人にも自信をもってオススメできる窓口です。
(12月限定!ソフトバンク光×下記窓口で合計54,000円のキャッシュバックCP開催中)

●今よりお得に利用したい
●どの光回線を選んでいいかわからない
●どこで申し込もうか悩んでいる

という方は相談も無料なのでぜひ利用してみてください。

しつこい営業などもないので本当に信頼できる窓口です。

転用のメリット

基本料金が安くなる

フレッツ光から光コラボに転用することで、基本料金が安くなります。

 戸建てマンション
フレッツ光(東)5,600円4,350円
ソフトバンク光5,200円3,800円
auひかり5,200円3,800円
ドコモ光5,200円4,000円
NURO光4,743円1,900円

4,743円
ぷらら光4,800円3,600円
OCN光5,100円4,700円
So-net光5,200円4,100円
@nifty光4,500円3,400円
BIGLOBE光4,980円3,980円
U-NEXT光5,280円4,210円

※フレッツ光の料金は割引を適用し、プロバイダー料(1,000円)を追加した金額です。

※マンションタイプの料金は割引を適用し、同じマンションに8契約以上見込める場合の料金です。

選ぶプロバイダーによってはもう少し安くなりますが、人気のプロバイダーはだいたいは1,000円を超えるので、基本的には割引を最大限つかってこの料金だと思ってください。

大手の光コラボと比較すると400円の差

ソフトバンク光・auひかり・ドコモ光といった大手の光コラボと比較するとだいたい400円/月の差がありますね。

2年間で計算すると9,600円

この金額の差をどうとらえるかはみなさん次第ですが、僕のような庶民の感覚だと月々400円安くなるのは大きなメリットだと思います。

スマホの料金が安くなる

光コラボに転用する一番のメリットはスマホの料金が安くなることでしょう。

インターネットの契約とスマホの契約をまとめることで月々のスマホの料金から最大2,000円割引されるサービスです。

例:ソフトバンクの場合

ソフトバンク光×ソフトバンクの携帯(スマホ)

例:auの場合

auひかり×auの携帯(スマホ)

対象は一人だけではなく、家族全員がソフトバンクの場合だと全員の携帯代が安くなるのでとってもお得です。

携帯のプランによって割引額がことなりますが

家族4人でソフトバンク光5GBのプランを契約していた場合

〇毎月:1,522円×4人=6,088円
〇2年:1,522円×4人×24ヵ月=146,112円

2年間で146,112円も割引されます。   

どう考えてもお得なので、ネットの回線とスマホを一緒に乗り換えるのが主流になっています。

キャッシュバックがもらえる

フレッツ光から光コラボに転用するとキャッシュバックがもらえます。

申し込む窓口によって金額や受け取りの条件がかわってくるので、申し込み窓口はとっても重要です。

よく最大10万円キャッシュバックと大きく宣伝している業者を見かけますが、注意しましょう。

受け取りの条件がめちゃくちゃ複雑なだけではなく、月々の割引もキャッシュバックの額に含めているケースもあります。

結果的にもらえるキャッシュバックの額は平均以下。

1円でも多くキャッシュバックを受け取りたい気持ちはわかりますが、確実に、複雑な条件なく受け取れる申込み窓口が絶対におすすめです。

ネット上で高額キャッシュバックにつられて申し込んだけど、受け取れなかったという人は本当にたくさんいます。

下記の窓口はキャッシュバックに強く、受け取りにも複雑な条件がない代理店です。

最大4万円のキャッシュバックも魅力ですし、12月限定でソフトバンク光が開催しているキャンペーンと合わせると最大54,000円のキャッシュバックが受け取れます。

複雑な条件などもないのでソフトバンク光を検討している方は間違いなくお得に申し込めるチャンスですし

対応や評判も良いのでどの光回線を選んでいいのか迷われている方、今よりインターネットの料金を安くしたい方は相談してみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク

転用のデメリットや注意点

転用の場合は手続きが少し面倒

ちょっぴり面倒なのが「転用承諾番号」の取得。電話でもインターネットからでも取得はできるけど、ひと手間が面倒です。

参考までに、転用承諾番号はこちらからできます!

電話の場合は17時までなので時間に注意!インターネットであれば東は22時、西は25時迄。

少しでも転用承諾番号の取得をスムーズに行うためにも、手元にフレッツ光のIDひかり電話番号契約者名の情報利用場所の情報転用承諾番号を通知するメールアドレスを準備しておくとGOODですよ♪

事務手数料が発生する

800円~3,000円の手数料が必要です。おまけも値引きもできない部分なので、手続きをしてくれる人へのお礼だと思って割り切りましょう。

この事務手数料、新規契約と転用契約で金額に違いあります。どちらも高くて3,000円。基本的には基本料金と合わせて最初に請求されます。

いきなり料金が高くなったぞ?とは思わず、明細書にて事務手数料の有無を確認してみてください。たぶん、最初だけ料金が高い原因は事務手数料分ですから。

現在利用中のプロバイダ解約による違約金

面倒な複数年縛りのせいで解約時期がむつかしいプロバイダ。100円、200円なら諦められるけど、中には「楽天ブロードバンド」みたいに2年未満の解約は10,000円!というケースも。

他には

  • ASAHIネット:12ヵ月以内で2,000円
  • BB.excite・WAKWAK:24ヵ月以内で6,000円
  • BIGLOBE:24ヵ月以内で5,000円
  • So-net:24ヵ月以内で3,000円
  • DTI・plala:24ヵ月以内で10,000円

いくら光コラボへの転用で安くなると言っても、違約金や事務手数料で得できる分が相殺されちゃうかもしれません。

いつ、どのタイミングなら違約金が無く解約できるのか。カレンダーやスマホのリマインダー機能でしっかりチェックすることがオススメ!

どの会社もそうだけど、「来月なら違約金なしで解約OKですよ!」なんて親切に教えてくれません。みんな顧客を囲うために必死なんですから、注意しておきましょう。

転用後にフレッツ光への再転用は不可

今後はシステムが改善されるかもしれませんが、2016年の10月時点では、フレッツ光から光コラボへの転用は認められていても。光コラボからフレッツ光への転用は認められていません。

どうしてもフレッツ光に戻したいなら、解約してから手数料を払って新規契約をして下さい!

新規事務手数料の他、無派遣工事費の約3,000円は覚悟しておきましょうね!

また、他にも注意点があるのは「ひかり電話」での電話番号の引継ぎ。NTTの電話加入権で取得した番号であれば、光コラボへの転用後に最悪、新規でフレッツ光にしても電話番号を継続して使うことができます。

ひかり電話専用番号で固定電話を利用している方は、その番号でフレッツ光のひかり電話を利用できないことを頭に入れておきましょう。

そのまま光コラボを使い続けるなら、ひかり電話専用番号でも問題ないのでご安心を!

工事費が発生する可能性がある

フレッツ光から光コラボへ転用する場合、基本的には工事費は発生しません。ただし、例外もあります。それは…

  • 配線方式を変える場合
  • 品目変更(可能な速度の変更)

上記の2つです。

配線方式を変える場合とは簡単に言うと、100Mbpsというひと昔前の速度から、1Gbpsという高速でインターネットを使いたい場合の変更です。

マンションタイプで言えば電話線を利用したVDSLというタイプ(100Mbps)やLANケーブルを利用するLAN配線方式(100Mbps)から、共有部分から部屋まで光ファイバーケーブルを引っ張る光配線方式(1Gbps)にしたい場合。

戸建てタイプで言えば100Mbpsから1Gbpsへの品目変更でしょうか。

こちらは必ず発生する費用ではありませんが、そうなるケースもあるよ!という事で覚えておきましょう。

フレッツ光のメンバーズポイントが消滅

みなさんはフレッツ光のポイントを活用して商品に交換されていますよね?もし、まだ一度も商品への交換を行った事がない方は、いますぐにNTTに問い合わせ、ポイントの確認方法を教えてもらって下さい。

どうせショボイ商品なんでしょ?と思う方がいるかもしれませんが、侮れません!僕はお菓子の詰め物だったり、子供服を入れるミニタンスだったり、過去に何度か貰ってうれしい商品と交換させて頂きました。

ただこのフレッツ光のポイント。なにも知らずに光コラボレーションに転用してしまうと完全消滅してしまいます。何年もかけて貯めたポイントがゼロになり、交換できたはずの商品がもらえなくなります。

また、勧誘してくる人は僕が知る限りでは100%この事実を教えてくれません!だって今すぐ契約してほしいんですから、わざわざ「実はいま転用するとフレッツ光のポイントが消滅するけどいいですか?」なんて、契約率を下げる営業トークなんてしてきませんよね?

ほんとうに勿体ないので、光コラボレーションへ転用する前には、フレッツ光のメンバーズポイントを使い切ってからにしましょう。

基本料金が絶対に安くなるわけではない

一般的にはフレッツ光から光コラボレーションに転用することで、プロバイダを含めた料金は安くなります。

例えば戸建てタイプで見た場合のフレッツ光は、仮にプロバイダの料金を1,000円として計算すると…

  • フレッツ光(東):5,700円
  • フレッツ光(西):5,400円

長期割引や選ぶプロバイダによって多少前後はあるけど、だいたいこんな感じです。

それに比べて光コラボレーションはというと

  • ぷらら光:4,800円
  • U-NEXT光:4,980円
  • So-net光:5,100円
  • BIGLOBE光:5,180円
  • ドコモ光:5,200円
  • softbank光:5,200円

となります。これだけ見れば100%安くなる!と言い切れますが、マンションタイプだったり、激安プロバイダを利用している場合には、もしかしたら転用によって基本料金が高くなるケースもあります。

ですので「光コラボ転用=安くなる」という認識はしない方がいいですよ!

インターネット速度が不安定になることがある

回線速度はフレッツ光と同等!そしてベストエフォートで1Gですよ!というのが光コラボレーション。

確かにそうなんですけど、なぜか評判が悪い光コラボ転用後の速度。

ちなみにネットの口コミでもこんな声が…

速くなったという人もいるけど、光コラボレーションに転用することで速度が不安定になるという口コミが後を絶ちません。当ブログの評判記事をご覧になって頂ければわかると思いますが、どの光コラボレーションでも同じように怒りのメッセージがウジャウジャ。

だからと言って全部が悪いわけではありません。ただ、速度が不安定になってしまうという現実があることを、頭の片隅にでも入れておいて下さい。

複数年縛りの契約が再度スタートする

例えば1年間、OCNのプロバイダを使いました。そしてついにOCN光へ転用しました。そのとき、フレッツ光&OCNで2年縛りの長期契約割引を組んでいたとします。

OCN光に転用すると、期間はあと1年!と思いきや、光コラボレーションへ転用したことで、新しく複数年縛りの契約がはじまります。(※中には契約期間なしのプランがある事業者もあるけど、そのぶん料金が高いので注意)

もっと色々なプロバイダを試してみたい!実はちょっとだけ不満がある。という場合には、現在利用中のプロバイダと、希望する光コラボレーションのプロバイダが同じなら、少し冷静に考えたほうがいいですよ。

携帯でも何でもそうだけど、どうして複数年で縛りたがるのか…。もっと消費者に自由に選ばせろ!っていう感じですよね。

サポート窓口の対応が悪い場合もある

僕はフレッツ光のサポート対応は本当に素晴らしいものだと思っています。よほどの事がない限り、サポート窓口に何十分も電話が繋がらない…。ということはありません。対応レベルも関心するばかりです。

緊急の時にすぐに繋がるサポート電話。信頼できる証だし、なにより今後も安心して長く使うことができます。

しかし、信じられないことに30分経っても、何度電話しても繋がらない事が多い光コラボレーション事業者があるのも事実です。
(もしかしたら改善の方向に進んでいるかもしれませんが…。)

緊急時に困らないよう、どの窓口なら電話がスムーズに繋がるのか確認しておきましょう。他に問い合わせ番号が無いか確認することも大切。

そんなに重視されいる方は少ないかもしれませんけど、サポート窓口の対応で契約を決めるのもいいかもしれません。

会社で契約している光コラボレーション。どことは言いませんが…。何分も何度も電話を待たされ、イライラしたのは、ある意味で良い思い出ですね…。

悪質勧誘によるカモにされる可能性が大きい

もっとも注意してほしいのがコレ。電話」や「訪問」勧誘による悪質な契約。とにかく安くなるから!という押しでサインを迫る営業マン。押しに弱い人やインターネットに疎い人なら、ついつい契約しちゃうこともあるはず。

例えばこんな口コミも…(これは極一部に過ぎない。)

最悪なのは遠隔操作による転用承諾番号の取得…。信じれないけど、そういう手口もあるんです。

光コラボへの転用が終わり、気づけば前より料金が高くなってる!希望してないオプションが付いてる…。なんていうことが無いとも言い切れません。

営業による契約をすべて否定しませんが、どのような内容で、どんな代理店なのか?二重、三重にチェックしておくことをオススメします。

「NTTです!」なんて普通に言ってくる営業マンには要注意!名刺をしっかりもらい、場合によってはその場でNTTへ連絡して確かめることくらいした方がいいですよ。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

極論を言えば、大きなメリットもあれば大きなデメリットもあるということ。

少しでもインターネットの料金を節約したいのであれば、光コラボレーションを検討して良し!

評判が気になり、フレッツ光に戻す可能性がありそう…と思うのなら、光コラボへの転用は踏みとどまるべき!

フレッツ光、光コラボ、どちらも同じインターネットです。注意点さえクリアーできるのであれば、個人的にはやっぱり光コラボがオススメです!

不安な面、わからないことが多いインターネットだけど、そんなときは専門の窓口に相談するのが良いと思います。キャッシュバックにも強く、とっても評判が良いので、僕も友人もお世話になっているオススメの窓口です!

また、いい加減な代理店だと申し込みをしても工事の日程が決まらずネットが使えない期間が発生する場合もありますが、こちらは申し込み後の工事対応もしっかり行ってくれたのでとても助かりました。

どれだけ相談しても無料だし親切なので、インターネットの新規契約や転用を考えているなら、ぜひ使ってみてください!

 

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.

ブログ管理人

なんとか結婚8年目。3人娘とニャンコとワンコが一匹ずついます。本業はライターとWebデザイナー、ディスプレイデザインや不動産系も得意です。 自分が過去に騙された経験を活かして、フレッツ光や光コラボレーションの役立つ情報を記事にしています。疑問・相談などあればLINEからでもコメントでも、何でも気軽にどうぞ。
光回線の相談窓口
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー ネット入門

おすすめ記事

NEW 光コラボのキャッシュバック一覧
光コラボのキャッシュバックを窓口別で比較・申込み前に読んでおくべき記事。

おすすめの申込み代理店ランキング
キャッシュバック・対応力・口コミの良い代理店をランキングで紹介している記事。

ソフトバンク光について
最大44,000円のキャッシュバックと、読者から届いた良かった声を紹介している記事。

U-NEXT光について
最大30,000円のキャッシュバックと、割引キャンペーンを紹介している記事。

So-net光について
最大30,000円のキャッシュバックと、auセット割について説明している記事。

iSmartひかりについて
最大40,000円のキャッシュバックと、マンションプランの安さについて解説している記事。

西日本フレッツ光について
最大25,000円キャッシュバックと、長く使うメリットや割引きを重点的に紹介している記事。

@nifty光について
最大20,000円のキャッシュバックと、格安SIMでお得になれる方法をまとめた記事。

OCN光について
最大10,000円のキャッシュバックと、格安SIMとの割引について説明している記事。

auひかりについて
最大20,000円のキャッシュバックと、スマートバリューの詳細や、お得な情報を詰め込んだ記事です。

ドコモ光の評判まとめ
利用者のリアルな声をまとめています。申込みを検討している方に読んでもらいたい記事。

ぷらら光の評判まとめ
個人的に昔は好きなぷららだったけど、光コラボになっての評判が悪い。必ず目を通して頂きたい記事。

お得になる為の記事

申込み前に要確認
高額キャッシュバックのカラクリや申込みのアドバイスなど、必ず読んでおきたい内容の記事。

光回線選びで困ったら
料金・キャッシュバック・割引きサービスを参考に、自分に合った光回線探しが出来るようになる記事。

読者が選んだランキング
このブログを訪れてくれた読者に投票してもらった光回線のランキングの記事。

騙された体験談
窓口選びを間違えると後悔することになるという、僕の実体験を語っている記事。

 

管理人からおすすめ窓口の紹介

光回線の申込み窓口選びは本当に大切です。

いい加減なところから申込むと『僕みたいに騙されて』せっかくのキャッシュバックが台無しになります。

このブログを通じて皆さんに紹介している窓口は、僕自身が何度もお世話になっていますし、次の理由から自信を持っておすすめできます。


  • 取扱っているネット回線の種類が多い
  • 最短3か月のキャッシュバック受取り
  • キャッシュバックに複雑な条件が無い
  • 僕も利用しているので安心して下さい

また、紹介をした友人からの口コミもあり、本当にたくさんの方からお申込みを頂いています。

親身になって話を聞いてくれるので、他の窓口と比べて頂ければ良さが必ず分かると思います。

フレッツ光・光コラボレーションの新規申込みや転用、光回線選びでお困りなら相談だけでもしてみて下さい。

banar

コメント

  1. 匿名 より:

    素人レベルの知識でデメリットが全て記載されておらず最後は自分のすすめる窓口で申し込みを促す広告が・・・あなたのほうが悪徳ですよね。

    1. たくぼー より:

      素人レベルですみません。そうですね、まだまだ勉強不足なので、これからもっと学習し、更に良い情報を提供できるよう頑張らせて頂きます。
      また、おすすめの窓口は、あくまで僕のおすすめであって、他にも良い窓口はたくさんあるでしょう。ですので、ご自身で気になった窓口からお申込みをされれば良いと思います。
      もし何処か良い窓口があれば、是非コメントを下さい!よろしくお願い致します。

コメントを残す

*