縛りなしWiFiの評判を大調査!メリットの裏に潜むデメリットとは?

2019-09-12

縛りなしWiFiは、契約期間の縛りなしでWi-Fiが使えるレンタルサービスです。

月間の通信制限がないモバイルWiFiルーターが利用でき、契約期間がないのでいつでも解約することができます。

しかし評判や口コミを調べると、縛りなしWiFiが抱えるデメリットもいくつか見つかりました。

結論をいうと…
縛りなしWiFiは、他社サービスよりもかなり安く利用できるので超おすすめです。

この記事では、皆さんが後悔しないために知っておくべきメリット・デメリットをすべてまとめたので、ぜひ最後までご覧ください。

縛りなしWiFiとは

縛りなしWiFiは、「株式会社クーペックス」が提供しているモバイルWiFiルーターのレンタルサービスです。

★縛りなしWiFiの特徴3つ
・レンタルだから自分のタイミングで解約できる
・料金がシンプルで分かりやすい
・他の会社よりも安く使える

契約期間の縛りがないので自分の都合が良いタイミングで解約でき、他社よりも安い料金でWiFiを使うことができます。

ここでは、契約期間がない「レンタル」と契約期間がある「購入」のサービスの違いについてまとめました。

まず、モバイルWiFiルーターには持ち運びできるタイプが2種類あり、それぞれ提供会社が異なるので以下をご覧ください。

※持ち運びできるWiFiルーター
●WiMAX
┗UQコミュニケーションズ
●Pocket WiFi
┗ソフトバンク

縛りなしWiFiでは、WiMAXとPocket WiFiのどちらかをレンタルすることができ、「レンタルして月額料金だけを支払う」という契約方法になります。

有名な「GMOとくとくBB」や「Broad WiMAX」といったプロバイダは、「契約期間を決めて端末を購入する」という契約方法です。

以下で、WiMAXの人気プロバイダであるGMOとくとくBBと縛りなしWiFiを比較しました。

 縛りなしWiFiGMOとくとくBB
初期費用0円3,000円
契約期間なし3年
月額料金3,300円/月4,263円/月
解約金なし1年目19,000円
2年目14,000円
3年目9,500円

このように、月額料金以外の料金がかからないのでかなりシンプルで分かりやすいサービスになっています。

これから縛りなしWiFiのメリット・デメリットを一つずつご紹介していくので、申し込むかどうかの判断材料にしてください。

\業界最安級のモバイルWiFi/
縛りなしWiFiが大人気!

選ばれる理由は・・・
★通信制限がないからWiFiが使い放題!
★契約期間なし!いつ解約しても0円!
★初期費用なしで月額3,300円のみ!
★最短翌日発送で2日後から使える!

あまりCMと広告をやっていませんが、ニュースやTwitterで爆発的に評判が広がってたくさんの人に選ばれています!!
▼公式ページから申し込む▼ 縛りなしWiFiの申し込み窓口

縛りなしWiFiが選ばれる3つの理由

縛りなしWiFiは、他社よりも料金面で優れたサービスなのでおすすめです。

★縛りなしWiFiが選ばれる理由
1.業界最安値の月額料金3,300円
2.契約期間の縛りがない
3.毎月どれだけ使っても速度制限がかからない

1.業界最安値の月額3,300円

縛りなしWiFiの料金プランには、「縛りなしプラン」と「縛っちゃうプラン」の2つがあります。

プラン縛りなし縛っちゃう
契約期間なし3年
月額料金3,300円2,800円
機種WiMAX、SoftBankSoftBank
端末代0円1,200円×36回
解約金なし15,000円

縛りなしプランで契約すると、初期費用も解約金もかからないので月額3,300円だけ毎月支払っていけば良いことになります。

この料金の安さとシンプルなサービス内容が人気の理由です。評判や口コミを見ると、満足されている方のツイートをいくつか見つけました。

WiMAXで有名な人気プロバイダのGMOとくとくBBやカシモWiMAX、Broad WiMAXと比べても、毎月200円~1,000円。年間だと、2,400円~12,000円安くなります。

この金額の差をどのように考えるかは人それぞれですが、たった月額3,300円でWiFiが使えるなら一度は申し込んでみる価値があるサービスでしょう。

2.契約期間の縛りがない

なんといっても、縛りなしWiFiのメリットは契約期間の縛りがないことです。

3年契約の縛っちゃうプランで契約すると、縛りなしプランより月額500円安くなります。

しかし、端末代も解約金もかかるのでおすすめしません。

端末代は利用期間中なら支払う必要がありませんが、3年以内に解約してしまうと端末代金の未払い分が解約費用にプラスされてしまいます。

例:縛っちゃうプランを2年で解約した場合
解約金 15,000円
端末代の未払い分 1,200円×12ヶ月=14,400円
解約費用が合計で23,900円かかってしまうんです。

縛りなしWiFiを契約するなら契約期間があるプランではなく、契約期間がない「縛りなしプラン」をおすすめします。

3.毎月どれだけ使っても速度制限がかからない

縛りなしWiFiで提供しているモバイルWi-Fiルーターは、月間の通信制限がないので毎月どれだけ使っても速度制限がかかりません。

同じWiMAXやソフトバンクのPocket WiFiでも、提供会社によっては通信制限を課しているところもあるので大きなメリットです。

しかし、場合によっては速度制限がかかるので注意しましょう。

※速度制限がかかるケース
●WiMAX
┗3日で10GBを越えた場合
●Pocket WiFi
┗1日で3GBを越えた場合

どちらも1日3GB以上使わなければ速度制限がかからないので安心してください。

オンラインゲームをしたり4Kのテレビをネットにつないで動画視聴したりする人以外なら1日3GBも使わないです。

▼公式の窓口はこちら!▼ 縛りなしWiFiの申し込み窓口

縛りなしWiFiの評判から見えたデメリット

口コミや評判からわかった縛りなしWiFiのデメリットをすべて包み隠さずお伝えします。

★縛りなしWiFiのデメリット
1.端末がなかなか届かない
2.発送が遅れた分も一度請求される
3.クーリングオフが使えない
4.ルーターの機種が選べない
5.故障したら弁償代がかかる

1.端末がなかなか届かない

縛りなしWiFiの公式サイトには、WiFi端末の発送について以下のように書かれています。

「最短翌日発送」
お届け先地域により発送遅れる場合がございます。翌日発送対応の締め切りが12時までとなります。

つまり、どんなに遅くなったとしても翌々日には発送されるので、地域によって時間がかかったとしても3日~5日後には端末が届くということですよね。

しかしツイッターの口コミを確認すると、1週間たっても端末が届かないというツイートがたくさん見つかりました。

今の時期は申し込み者が多く、端末の在庫が少なくなっているのかもしれませんが、それは会社側の責任であって私たちユーザーには関係ないことです。

それならそうと、事前に分かるように公式サイトに大々的に書くか「最短翌日発送」という部分を変えてもらいたいところ。

一方で、1週間も待たずに端末が届いたという方もいるので、申し込む時期とタイミングによって違うのでしょう。

2.発送が遅れた分も一度請求される

端末の発送が遅れることについてお話ししましたが、勝手に遅れたぶんの料金も請求されていたという口コミを見つけました。

縛りなしWiFiの支払方法はクレジットカード払いだけなので、遅れたぶんの日割り料金が引き落とされても気づかない方が多いのではないでしょうか。

発送が遅れたぶんの料金だけでなく、申し込みをキャンセルしたのに料金が請求されていたというケースもあります。

このような場合、最初は利用予定だった料金が引き落とされますが、後日に必ず消費者に返金されるので安心してください。

端末の発送が遅れたぶんの料金も、一度引き落とされてから1、2ヶ月経ってから返金されます。

しかし、何も連絡がないまま料金が支払われてしまうと心配になってしましますよね。ほとんどの方が返金されなくて困っているみたいで、消費者センターへの問い合わせが殺到しているみたいです。

3.クーリングオフが使えない

縛りなしWiFiでは、契約後のクーリングオフが使えないです。

後ほど料金プランについて詳しく紹介しますが、契約期間がない「縛りなしプラン」ではクーリングオフを使うことができません。

ほとんどのWiFiレンタル業者に言えることですが、端末が発送されてしまうと契約キャンセルすることができなくなってしまいます。

GMOとくとくBBやBroad WiMAXなどの契約期間があるプロバイダでは、端末が届いてから8日以内であればクーリングオフが可能です。

ただし、端末が発送される前に申し込みをキャンセルすれば、月額料金が一切かかることはありませんよ。

4.ルーターの機種が選べない

ルーターの速度や速度制限についてのツイートもたくさん見つかりました。

縛りなしWiFiはWiMAXとソフトバンクのポケットWiFiを提供している会社ですが、どの端末を利用するか選ぶことができません。

※記載されている速度はルーターの最大速度

機種W04W05603HW502HW
回線WiMAX
WiMAX
SoftBankSoftBank
速度440メガ440メガ612メガ187メガ
通信制限3日で10GB超えると一時的に速度制限1日で3GB超えると当日に速度制限

ルーターによって使っている回線が異なるので、機種によって通信速度と速度制限の条件がまったく違います。

総合的に考えると、ソフトバンクのポケットWiFiよりもWiMAXの方がおすすめです。

★WiMAXがおすすめな理由3つ
・独自のWiMAX2+回線を使っている
・通信速度が安定している
・速度制限がかかりにくい

ソフトバンクのポケットWiFiは、1日で3GB超えると速度制限がかかってしまうので、下の口コミのように評判があまり良くありません。

しかし、口コミを見てみるとWiMAXが届く可能性はかなり低く、ほとんどの利用者がポケットWiFiを使っているみたいです。

5.故障したら弁償代がかかる

モバイルWiFiルーターは、スマホと同じく外に持ち運ぶことが多い精密機器です。故障や水没、紛失や盗難なども十分考えられます。

縛りなしWiFiは契約期間の縛りがありませんが、解約するときは端末を返却しなければなりません。

なので、もし故障・紛失してしまうと…
弁償代として39,800円も請求されるんです。

他社の場合、端末が故障しても解約すれば良いだけなので、最悪でも解約金の19,000円を支払えば大丈夫です。

安心サポートプラン(500円/月)に加入していれば弁償代が10,000円に減額されますが、このプランを利用するには厳しい条件があります。

※安心サポートプランの適用条件
・ルーター契約時のみ加入できる
・契約から半年以上たっている
・半年に一度しか適用されない
・プランの途中解約ができない

一番ネックになるポイントは、プランの途中加入・途中解約ができないこと。

「もしかしたら故障するかもしれない」という理由で、毎月500円を払っていくなんてバカらしくないでしょうか。

年間で6,000円、3年間使ったら18,000円…

解約するまで故障しなかった場合、ただ無意味に払うお金になります。40,000円ほどの高額な弁償代のリスクを背負うべきか、念のために毎月500円を払うべきか、悩みどころですね。

\業界最安級のモバイルWiFi/
縛りなしWiFiが大人気!

選ばれる理由は・・・
★通信制限がないからWiFiが使い放題!
★契約期間なし!いつ解約しても0円!
★初期費用なしで月額3,300円のみ!
★最短翌日発送で2日後から使える!

あまりCMと広告をやっていませんが、ニュースやTwitterで爆発的に評判が広がってたくさんの人に選ばれています!!
▼公式ページから申し込む▼ 縛りなしWiFiの申し込み窓口

本当に縛りなしWiFiで大丈夫?厳選10社のWiFi業者を比較

WiFi業者月額料金契約期間
月間容量
縛りなしWiFi3,300円なし無制限
どんなときもWiFi3,480円2年無制限
NEXT mobile3,490円2年30GB
SPACE Wi-Fi3,680円なし無制限
famifi3,980円なし無制限
カシモ WiMAX4,079円3年無制限
Broad WiMAX4,011円3年無制限
ONE MOBILE4,150円なし20GB
GMOとくとくBB4,263円3年無制限
STAR WiFi4,480円なし無制限

すべてのWiFi業者を比較した結果、縛りなしWiFiがもっとも優れたサービスを提供していました。月額料金が一番安く、契約期間の縛りがなく、月間のデータ容量が無制限です。

ほかのWiFi業者を見てわかるように、契約期間の縛りがあったり、月間のデータ容量に制限があったりしても月額料金はそこまで安くなりません。

縛りなしWiFiとよく比較される「どんなときもWiFi」は月額料金が同じくらい安いですが、2年契約なので更新のタイミングで解約しないと最大19,000円の違約金を支払うことになります。

いつ解約しても大丈夫で月額料金も安いという理由から、縛りなしWiFiが一番人気です。

▼公式の窓口はこちら!▼ 縛りなしWiFiの申し込み窓口

縛りなしWiFiについての豆知識

現在使えるクーポンなし

縛りなしWiFiの公式サイトから申し込みフォームを記入する際に、任意で「クーポンコード」の入力項目があります。

時期によって公式サイトやツイッターなどでクーポンが発行されていますが、現在使えるクーポンはありません。

友人や知人に縛りなしWiFiの契約者がいて、その人から紹介された場合は、クーポンで商品券などの特典がもらえる場合があります。

ですが、ほとんどの方が周りに紹介してくれる人がいないと思うので、今はクーポンがないと考えていいでしょう。

まとめ

以上、縛りなしWiFiのデメリットについてお話ししてきました。

料金を安く済ませられる代わりに、様々なデメリットもあるので注意してください。

ここまで長い文章を読んでいただきありがとうございました。

The following two tabs change content below.

監修者N

ソフトバンク光、auひかり、ドコモ光といった光回線の営業経験を生かして、インターネットの基本的な知識をはじめ、ネット回線の選び方など役立つ情報を紹介しています。 2019年の現在も某ブロードバンド事業者と太いパイプを持ち最新の情報発信に努めています。
光回線の相談窓口

人気の記事一覧

みんなの評判・口コミまとめの関連記事

役立つ基礎知識の関連記事

コメントを残す

*

TOPへ戻る
Menu