光回線の新規申込みならNTT西日本のフレッツ光もオススメ

2019-03-18

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

光回線と言えば、光コラボレーションばかりが注目されてきてるけど、まだまだ忘れちゃいけないのが『フレッツ光』の存在です。特に西日本フレッツ光は、割引サービスを上手に活用出来れば、かなり安い料金で光回線インターネットを使うことができます。

長期利用前提の割引が主だけど、そんなにコロコロと契約を解除したり新規で申込んだりする方は殆どいないでしょう。これから光回線のご利用を考えている方は、光コラボレーションを検討する前に、フレッツ光から検討してみては如何でしょうか?

※最近記事の更新情報
キャッシュバックやオプション料金など、更に詳しいNTT日本フレッツ光の情報は『見直しちゃった!NTT西日本フレッツ光のキャンペーンが凄い』を参考にしてみて下さい。
★9割の方が一緒に読んでいます!!『【2019年4月】光回線人気ランキング!超お得な申し込み窓口情報つき』
★工事費無料!最大25,000円キャッシュバック!『【2019年4月】ドコモ光の人気の申し込み窓口はこちら』
★オプション不要で35,000円キャッシュバック&工事費無料『【2019年4月】NURO光の人気の申し込み窓口はこちら』
★50,000円キャッシュバック&最短1ヶ月後の受け取り!『【2019年4月】auひかりの人気の申し込み窓口はこちら』
★最大81,600円の料金割引&高速Wi-Fiルーター12ヶ月無料!『【2019年4月】So-net光の人気の申し込み窓口はこちら』
★最大70,000円の現金キャッシュバックor豪華商品!『【2019年4月】フレッツ光の人気の申し込み窓口はこちら』
★最大54,000円!オプション不要キャッシュバック!『【2019年4月】ソフトバンクエアーの人気の申し込み窓口はこちら』
【2019年】ソフトバンク光がおすすめ

●料金が安い
●キャッシュバックが高額
●違約金を10万円まで負担してくれる
●携帯料金が最大2,000円安くなる
●工事費が実質無料

ビッグチャンス到来!! ※3月期間限定! 下記窓口限定!ソフトバンク光54,000円キャッシュバック開催中!
僕が利用している窓口の特長 ・キャッシュバックが高く簡単に受け取れる ・開通工事を早めてくれた ・乗り換えることで高くなる場合も教えてくれた ・3分で今の料金と比較した見積もりを出してくれた
今より料金が高くなる事をちゃんと教えてくれた窓口は初めてでした。 開通工事の対応もしっかり行ってくれるので、ネットが使えない期間も発生しません。
こんな方におすすめ! ・今よりお得に利用したい ・どの光回線を選んでいいかわからない ・キャッシュバックを条件なしで受け取りたい ・どこで申し込もうか悩んでいる
相談も無料なのでぜひ利用してみてください。 しつこい営業もないので本当に信頼できる窓口です。

Web光もっと2割なら基本料が3810円

メリットばかりじゃないけど、Web光もっと2割のサービス適用なら、ファミリーハイスピード隼の基本料金が1~6年目までは3,810円(プロバイダ料は別)という破格で利用可能です。こちらは西日本フレッツ光の公式ページからのWeb限定受付となります。

料金の安いプロバイダパックを合わせて契約することで、無線LAN込みでも月額4,500円以下に抑える事ができるでしょう。

料金の確認
契約のタイプによって料金が変わってきます。詳しくはNTT西日本フレッツ光の公式ページの『Web光もっと2割対象サービスの月額利用料・解約金等』をご確認下さい。

忘れちゃいけないデメリット

契約期間と違約金

料金が安くなる半面、デメリットもそこそこ大きいのが難点です。一番のネックは『契約期間』で、最初は2年間となり、その後は自動更新で3年間が契約している限りずっと続きます。また、契約期間内に解約した場合に払う違約金も高く、最高で30,000円と超高額な設定には驚き…。

予め長期利用が見込めるなら絶対におすすめな『Web光もっと2割』だけど、もしかしたら今後違う光回線へ…という方にはハッキリとおすすめする事はできません。

申込みは新規限定

フレッツ光をご利用中の方は申込みが出来ません。『初めてフレッツ光を利用する方』に限って適用できるのがWeb光もっと2割。もし、途中から割引を適用されたいのであれば、割引率こそ下がるけど、光もっと2割を利用すると良いでしょう。

 

スポンサーリンク

途中申込みが出来るのが光もっと2割

Web光もっと2割光もっと2割の違いは申込みの適用時期。

  • Web光もっと2割 ⇒ 新規受付&Web限定
  • 光もっと2割 ⇒ 途中からでも申込み可能

名前が似てるので『Web』という文字が頭についているかどうかの違いで判断して下さい。

割引き率が非常に高いのが特徴で、こちらもWebもっともっと同様、契約期間の縛りがあり、デメリットがあるけど、基本料金の割引が1000円オーバーという超破格の割引となっています。新規受付限定のWebもっともっと割に比べたら申込みから5年間は負けるけど、6年目以降は同額の割引なので長期利用が確定しているなら、途中からでも申込みを考えるべきです。

料金の確認
契約のタイプによって料金が変わってきます。詳しくはNTT西日本フレッツ光の公式ページの『光もっと2割対象サービスの月額利用料・解約金等』をご確認下さい。

デメリットはWebもっと2割と同様

メリットが大きな割引だけど、その分のデメリットも大きく、内容としてはWebもっと2割と同様となっているので割愛。詳しくは上記、Webもっと2割で説明しているデメリットをご覧下さい。

 

スポンサーリンク

 

グループ割の活用で大幅値引き

盲点とも言うべき割引サービスなのが『グループ割』で、こちらは家族以外の方と同時に割引が受けられるスペシャルサービスなんです。なんとビックリ!一緒に住んでいるわけでもない友達とグループ申込みで割引を受けることができます。

良く聞くのは一緒に住んでいる家族などの『家族割』と言われるサービスでしょう。しかし西日本フレッツ光なら、友達同士でも割引対象となる大盤振る舞い!

1回線につき300円で、最大3回線までグループの申込みができます。

プロバイダパックの活用

本記事の冒頭でもちょこっと登場した『プロバイダパック』。これは契約期間の約束することで通常よりも安い料金でプロバイダを使うことができるという、フレッツ光特有のサービスになっています。

通常の契約期間は2年間。もし期間内に解約する場合には違約金が発生するので、それがデメリットとなります。

例えば月額1000円のニフティが、14ヶ月無料サービスを展開、他にもキャッシュバック等、各プロバイダによって様々な特典が用意されています。料金、特典内容は戸建て・マンションタイプによって違いますので、興味のある方は『フレッツ光の対応プロバイダー』よりご確認下さい。

また、この特典はプロバイダーの乗換えでも対応してくれます。「そろそろプロバイダーを変えたいなぁ~…」と思ったら、料金は確実に安くなりますので、前向きに検討してもいいでしょう。

まとめ

『Webもっと2割』『もっと2割』『グループ割』『プロバイダパック(※西日本ではwith フレッツと呼ぶのが正しいのかも?)』を上手に活用することで、光コラボレーション同等、もしかしたらそれ以上に安くインターネット生活を楽しむことができます。

東日本でも割引サービスは色々ありますけど、西日本のフレッツ光には敵いません。

割引きサービスを適用すれば、大幅な値引きでインターネットの料金が安くなるのは間違いありません。しかし、光もっと2割の契約期間の約束によって生じる、解約違約金の高さ(最大30,000円)がネックです。

違約金の高さ以外に大きなデメリットは無いと言っても過言ではありません。光コラボレーションとは違い、光回線トラブル時の対応は全てNTT西日本が行ってくれます。光回線における知識、対応等の経験力は圧倒的なので、安心です。

光コラボレーションが始まって以来、転用を勧めるサイトは多いですけど、NTT西日本フレッツ光なら僕は検討してもいいんじゃないかな?と思います。

The following two tabs change content below.

ブログ管理人

なんとか結婚8年目。3人娘とニャンコとワンコが一匹ずついます。本業はライターとWebデザイナー、ディスプレイデザインや不動産系も得意です。 自分が過去に騙された経験を活かして、フレッツ光や光コラボレーションの役立つ情報を記事にしています。疑問・相談などあればコメントでも、何でも気軽にどうぞ。
光回線の相談窓口

 

人気の記事一覧

同一カテゴリ内の関連記事

光回線の申込み窓口選びは本当に大切です。

いい加減なところから申込むと『僕みたいに騙されて』せっかくのキャッシュバックが台無しになります。

このブログを通じて皆さんに紹介している窓口は、僕自身が何度もお世話になっていますし、次の理由から自信を持っておすすめできます。
  • 取扱っているネット回線の種類が多い
  • 最短3か月のキャッシュバック受取り
  • キャッシュバックに複雑な条件が無い
  • 僕も利用しているので安心して下さい

また、紹介をした友人からの口コミもあり、本当にたくさんの方からお申込みを頂いています。

親身になって話を聞いてくれるので、他の窓口と比べて頂ければ良さが必ず分かると思います。

フレッツ光・光コラボレーションの新規申込みや転用、光回線選びでお困りなら相談だけでもしてみて下さい。
banar

コメントを残す

*

TOPへ戻る
Menu