NTT西日本 | フレッツ光ネクスト隼の見やすい料金表

公開日:2015/08/14 更新日:2018/04/16
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NTT西日本のフレッツ光と、光コラボ各事業者の料金を比較しやすいように、月額から年間、そして10年間利用時の金額を表にしてみました。

料金表はNTT西日本のホームページを見れば載っていますが、こうした年間比較表の掲載はありませんので、ご興味のある方は参考にして下さい。

NTT西日本 – フレッツ光ネクスト隼 戸建タイプの月額~年間合計

戸建てタイプの料金表

 基本料金と
プロバイダ料金
1,000円
光もっとWi-FiWest/平均月額/平均
1年目6,4000350-2506,500
2年目6,400-1,100350-2505,400
3年目6,400-1,290350-2505,210
4年目6,400-1,390350-2505,110
5年目6,400-1,490350-2505,010
平均金額5,446

更新月以外の解約違約金

1年目 ⇒ 10,000円
2年目 ⇒ 5,000円
3年目 ⇒ 30,000円
4年目 ⇒ 20,000円
5年目 ⇒ 10,000円
6年目 ⇒ 30,000円
7年目 ⇒ 20,000円
8年目 ⇒ 10,000円
9年目 ⇒ 10,000円
10年目 ⇒ 10,000円

割引き料金の注意事項

光もっと割は10ヵ月目からの適応

ポイントの有効期限

表の中の「West」とは「CLUB NTT-Westのポイント」のことを指します。1pt=1円で計算して表へ反映。
当該ポイントを獲得した年度の翌々々年度の4月末までとなります。

 

スポンサーリンク

NTT西日本 – フレッツ光ネクスト隼 マンションタイプの月額~年間合計

マンションタイプの料金表

 基本+プロバイダ
OCN(1,000円)
光もっと無線LANWest/平均月額/平均年額/平均
1年目4,700円0円350円-170円4,880円58,560円
2年目4,700円-450円350円-170円4,430円53,160円
3年目4,700円-620円350円-170円4,260円51,120円
4年目4,700円-670円350円-170円4,210円50,520円
5年目4,700円-720円350円-170円4,160円49,920円
平均金額4,388円52,656円

更新月以外の解約違約金

1年目 ⇒ 7,000円
2年目 ⇒ 3,500円
3年目 ⇒ 10,500円
4年目 ⇒ 7,000円
5年目 ⇒ 3,500円
6年目 ⇒ 10,500円
7年目 ⇒ 7,000円
8年目 ⇒ 3,500円
9年目 ⇒ 3,500円
10年目 ⇒ 3,500円

割引き料金の注意事項

光もっと割は10ヵ月目からの適応

ポイントの有効期限

表の中の「West」とは「CLUB NTT-Westのポイント」のことを指します。1pt=1円で計算して表へ反映。
当該ポイントを獲得した年度の翌々々年度の4月末までとなります。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

戸建ての料金比較一覧

戸建て-新規月/平均年/平均
(東)フレッツ光5,51466,168
(西)フレッツ光5,44665,352
auひかり5,41064,925
ドコモ光5,60067,200
ソフトバンク光5,20062,400
OCN光5,10061,200
ニフティ光4,72056,400

マンションの料金比較一覧

マンション-新規月/平均年/平均
(東)フレッツ光4,29051,480
(西)フレッツ光4,38852,656
auひかり4,51054,120
ドコモ光4,40052,800
ソフトバンク光3,80045,600
OCN光3,70044,400
ニフティ光3,84846,176

料金比較表の条件

※西日本フレッツ光の違約金は平均で計算しています。

人によって適用キャンペーンが違ったり、プロバイダの好みがあったりするので、上記の価格表はあくまで一例です。
スマホとのセット割や、専用SIMデータ割などの適用があれば、本価格表から更に割引いた金額となります。

本記事の西日本フレッツ光で比較対象にしている料金について

  • プロバイダパックを利用して、月々500円をプロバイダの料金としている。
  • 光もっと2割の適応を前提としている。
  • NTT-Westのゴールド会員を加入として、ポイントを金銭に換算して計算している。
  • マンションタイプはプラン1を元に金額を算出している。

以上の条件で月額~年間の利用料金を計算しています。

念入りに計算したつもりですが、間違えている可能性もありますので、再度ご自身でご確認頂けると助かります。

適応基準等、細かい面で分からないことをNTT西日本に聞こうとしたのですが、僕の住んでいる地域が東日本の為、問い合わせが不可能だと言われてしまいました。曖昧な点、分からない事は直接NTT西日本へ問い合わせてみて下さい。

▼当サイトで申し込み者が急増中▼
※インターネットの乗り換えより超お得!
『今すぐ絶対にやるべき!月々の電気代を2,000円以上安くする方法』

 

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.

ブログ管理人

なんとか結婚8年目。3人娘とニャンコとワンコが一匹ずついます。本業はライターとWebデザイナー、ディスプレイデザインや不動産系も得意です。 自分が過去に騙された経験を活かして、フレッツ光や光コラボレーションの役立つ情報を記事にしています。疑問・相談などあればLINEからでもコメントでも、何でも気軽にどうぞ。
光回線の相談窓口

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー 料金比較

おすすめ記事

NEW 光コラボのキャッシュバック一覧
光コラボのキャッシュバックを窓口別で比較・申込み前に読んでおくべき記事。

おすすめの申込み代理店ランキング
キャッシュバック・対応力・口コミの良い代理店をランキングで紹介している記事。

ソフトバンク光について
最大44,000円のキャッシュバックと、読者から届いた良かった声を紹介している記事。

U-NEXT光について
最大30,000円のキャッシュバックと、割引キャンペーンを紹介している記事。

So-net光について
最大30,000円のキャッシュバックと、auセット割について説明している記事。

iSmartひかりについて
最大40,000円のキャッシュバックと、マンションプランの安さについて解説している記事。

西日本フレッツ光について
最大25,000円キャッシュバックと、長く使うメリットや割引きを重点的に紹介している記事。

@nifty光について
最大20,000円のキャッシュバックと、格安SIMでお得になれる方法をまとめた記事。

OCN光について
最大10,000円のキャッシュバックと、格安SIMとの割引について説明している記事。

auひかりについて
最大20,000円のキャッシュバックと、スマートバリューの詳細や、お得な情報を詰め込んだ記事です。

ドコモ光の評判まとめ
利用者のリアルな声をまとめています。申込みを検討している方に読んでもらいたい記事。

ぷらら光の評判まとめ
個人的に昔は好きなぷららだったけど、光コラボになっての評判が悪い。必ず目を通して頂きたい記事。

お得になる為の記事

申込み前に要確認
高額キャッシュバックのカラクリや申込みのアドバイスなど、必ず読んでおきたい内容の記事。

光回線選びで困ったら
料金・キャッシュバック・割引きサービスを参考に、自分に合った光回線探しが出来るようになる記事。

読者が選んだランキング
このブログを訪れてくれた読者に投票してもらった光回線のランキングの記事。

騙された体験談
窓口選びを間違えると後悔することになるという、僕の実体験を語っている記事。

 

管理人からおすすめ窓口の紹介

光回線の申込み窓口選びは本当に大切です。

いい加減なところから申込むと『僕みたいに騙されて』せっかくのキャッシュバックが台無しになります。

このブログを通じて皆さんに紹介している窓口は、僕自身が何度もお世話になっていますし、次の理由から自信を持っておすすめできます。


  • 取扱っているネット回線の種類が多い
  • 最短3か月のキャッシュバック受取り
  • キャッシュバックに複雑な条件が無い
  • 僕も利用しているので安心して下さい

また、紹介をした友人からの口コミもあり、本当にたくさんの方からお申込みを頂いています。

親身になって話を聞いてくれるので、他の窓口と比べて頂ければ良さが必ず分かると思います。

フレッツ光・光コラボレーションの新規申込みや転用、光回線選びでお困りなら相談だけでもしてみて下さい。

banar

コメント

  1. はるっぴ より:

    お聞きします。
    家族で携帯をソフトバンクで契約しています
    iPhone1台、ガラケー1台、アンドロイド2台です。ソフトバンク光にした方がいいか、迷っています。でも、設定などが苦手でいまのままのフレッツ西日本がいいのかどうか…
    いい方法を教えてください。

    1. たくぼー より:

      ソフトバンクで4台の携帯電話契約。それだけあればプランによりますが、毎月最低でも1台につき、500円でも割引が受けられると想定します。つまり、500×4=2000円が毎月の割引額。
      料金面で言えば、毎月2000円以上割引が受けれるのであれば、ソフトバンク光の方が得です。
      しかし、光もっともっと割の適応があれば、5年利用すれば3910円が基本料金となり、これにプロバイダ(1000円と想定)して4910円。
      ———–
      ソフトバンク光
      5200+500=5700
      割引き
      2000円
      合計
      5700-2000=3700円
      ———–
      NTT西日本フレッツ光 光もっと割・5年利用時想定
      4910円
      スマホ割引き無し
      ———–
      両方を比べた時の差額は1200円で、ソフトバンク光の方が安いです。
      なら、フレッツ光を使うメリットは?グループ割があること。けど、それでも最大割引は600円。そう考えても、まだソフトバンク光の方が毎月600円安い。
      ———–
      つまり、携帯を3台以上使っているなら、ソフトバンク光の方がほぼ確実に安いです。
      ただし、何かあった時の対応など、それはフレッツ光に比べたら断然劣ります。インターネットの速度に関しても遅くなるかもしれないし速くなるかもしれない。それはどうなるか分かりません。
      もし今のまま不満が無ければ、無理にソフトバンク光に転用する必要は無いかと思いますけど、どうしても料金を下げたい!と思うなら転用するのが良いと思います。変なオプション契約をすると、下手すれば料金が上がってしまいますので、オプションや携帯の料金プラン変更など変えないのは絶対条件。
      また、転用によって3000円の料金が発生するので、予め頭の中に入れておいて下さい。
      ※注意※フレッツ 光ネクスト以外を現在契約しているなら、転用の工事費用が発生すると思います。

コメントを残す

*