とにかく面倒!NSSホールディングスのキャッシュバックまとめ

2019-03-18

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

光回線の代理店はどこも似たようなものだと思っていませんか?

代理店によってキャッシュバック金額、条件、手続きの手間は全然違います!

申し込んでから「あれ?思ったよりめんどくさい……」とならないためにも、事前に代理店の特徴を知っておくことはとても大事!

今回はソフトバンク光の代理店、NSSホールディングスについてまとめました!

公式+3万円キャッシュバック!

【ソフトバンク光のおすすめポイント】
●他社違約金を10万円まで負担
回線撤去工事費も負担!
●工事費24,000円が実質無料
●スマホとセットで最大2,000円割引
●何度引越しても引越し費用0円
●フレッツ光から乗り換えもすぐ出来る

ソフトバンク光の代理店はたくさんありますが、優良な代理店というのはなかなかありません。

僕が利用した下記の窓口はみなさんにもおすすめ出来るので紹介します。
<僕が利用した窓口の特長>
キャッシュバック3万円が簡単に受け取れる
・開通工事を早めてくれた
・乗り換えることで高くなる場合も教えてくれた
・3分で今の料金と比較した見積もりを出してくれた

 
今よりお得に光回線を利用したいけど、どれを選んでいいのかわからないという方でも無料相談を行っているので気軽に問い合わせが出来ます。

しつこい営業などもないので、安心して申し込める窓口です。  

NSSホールディングスで実施中のキャンペーン

キャンペーン期間

2017年12月18日まで

キャッシュバック金額

NSSホールディングスのキャッシュバック額は、紹介人数によって大きく変動します。

紹介人数とそれに応じた金額は以下の通り。

申込完了/紹介者1名→12,000円
申込完了/紹介者2名→24,000円
申込完了/紹介者3名→40,000円
申込完了/紹介者4名→77,700円

最高金額の77,700円を受け取るためには自分以外に4人紹介し、その全員がソフトバンク光の開通をしなければいけません。

5人が同時にソフトバンク光に申し込むという状況はそうありませんしかなりハードルは高いですが、その分成功すればかなりお得でしょう。

ただ、キャッシュバックを山分けするとなると4人集めても1人あたり15,540円になってしまいますけどね。

誰も紹介できなければ0円!

ちなみに、誰も紹介できなければキャッシュバックは1円ももらえません。

紹介ありきのキャンペーンのようですが、だったらその旨をわかりやすく表記してほしいものですね。

キャンペーン適用条件

・キャンペーン期間内にソフトバンクを新規で申し込む
・NSSホールディングスのサイト(webフォームまたは電話)から申し込む
・申込から60日以内に開通(利用開始)をする
・該当サービスの支払方法の登録をする
・ソフトバンク光開通後、申込受付日から10ヶ月後にwebフォームから申請をする
・キャッシュバック申請書の受け取りから30日以内にFAXで返送をする

至って普通の条件もありますが、中にはちょっと面倒なものも。

もちろん途中で解約をしてしまうとキャンペーン対象外となってしまいます。

NSSホールディングスのキャッシュバック受け取りの流れ

開通し、支払方法の登録まで完了したらいよいよキャッシュバック手続きです!

キャッシュバック受け取りまでの流れを詳しく説明していきます。

キャンペーンコード発行申請書を返送

まずキャンペーンコード発行申請書というものが送られてくるので、それを同封の封筒で返送します。

キャンペーンコードそのものがなかったり、あったとしてもホームページ上に記載がある代理店がほとんどですが、NSSホールディングスではまずキャンペーンコードをもらう手続きからしなければいけないようです。

申請書を送ると、専用のキャンペーンコードがSMSで送られてきます。

このコードは再発行できないので、控えておくかSMSを保護するなどして紛失しないように気を付けましょう。

キャッシュバック申請手続きができるのは10ヶ月後

申込月を含む10ヶ月目の1日から末日までの間に、自分からキャッシュバックの申請手続きをしなければなりません。

手続き内容としては、まず上記の期間中にwebフォームからキャッシュバック申請書とアンケート用紙の発行を申請します。

ここでもまず書類を申請するところからなんですね。

ちなみに申請期間を過ぎてしまうとキャンペーン対象外となり、キャッシュバックが無効になってしまうので要注意!

14日以内にアンケート用紙を返送

続いて、14日以内に指定のアンケート用紙を返送します。

これはwebで申請してから14日以内に投函ということなので、くれぐれも出し損ねることのないように気を付けましょう。

キャッシュバック申請書を30日以内に返送

webフォームで申請して届いたキャッシュバック申請書は、30日以内に返送しなければなりません。

この際、必ずSMSで送られてきたキャンペーンコードを忘れずに記入してください。

利用確認の翌々月に振り込み

書類での手続きが終わり利用継続状況の確認が済むと、翌々月に指定口座へキャッシュバックが振り込まれます。

手続きがスムーズにできるかどうかにもよりますが、実際にキャッシュバックを受け取れるのは申し込みから1年は先になります。

NSSホールディングスのメリット・デメリット

メリットはやはりキャッシュバック金額が高いことですね。

条件をクリアできるのであれば、このキャッシュバック額は確かに大きなメリットです。

しかし、なんと言っても手続きが面倒。

NSSホールディングスのキャッシュバック手続きでは、キャンペーンコード発行申請書、指定アンケート用紙、キャッシュバック申請書の3つの書類を返送しなければいけません。

電話一本でキャッシュバック手続きが完了してしまう代理店もあることを考えると、この手間は非常に大きなデメリットと言えるでしょう。

また、一人で申し込むとキャッシュバックがもらえないのも非常に残念なポイントですね。

管理人おすすめの窓口

僕が利用している『ひかり回線受付センター』という窓口はキャッシュバックに定評があり、開通工事の対応もしっかり行ってくれるので、ネットが使えない期間が発生しないか心配な人にも自信をもってオススメできます。

高額のキャッシュバックを宣伝しているところは複雑な条件や、不要なオプションの強制加入が発生するので結果的に受け取り額が相場以下というところがほとんどです。

また、代理店の多くは光コラボの種類が限られています、ひかり回線受付センターは200社以上の光コラボやプロバイダから最安値を案内してくれます。

もし自分でそれだけ大量の回線の中から最適なものを選ぼうと思ったら、面倒な作業になりますよね。

複数の光コラボを取り扱っている代理店もありますが、それよりも多くの回線から選んでくれるので、今より1,000円でも安くしたい…という要望に応えてくれる代理店です。

(期間限定!ソフトバンク光×下記窓口で合計54,000円のキャッシュバックCP開催中)

●今よりお得に利用したい
●どの光回線を選んでいいかわからない
●どこで申し込もうか悩んでいる

という方は相談も無料なのでぜひ利用してみてください。

しつこい営業などもないので本当に信頼できる窓口です。
▼業界No.1!54,000円キャッシュバック▼
オプション強制加入なし!親切な対応も◎
『2019年人気の申し込み窓口はこちら』

まとめ

ではまとめとして、NSSホールディングスでの申し込みが向いている人と向いていない人をまとめてみましょう。

◆向いている人
・高額キャッシュバックのためなら面倒な手続きもいとわない
・周囲にソフトバンク光を申し込みたい人がたくさんいる
・最悪キャッシュバックを受け取れなくてもいい

◆向いていない人
・面倒なことが苦手な人
・忘れっぽい人
・一人でソフトバンク光を申し込もうと考えている

という感じでしょうか。

条件の複雑さや手続きの手間を考えると正直あまりおすすめできませんが、高額キャッシュバックのためならそんなの屁でもないぜ!という方はぜひチャレンジしてみてください。

★9割の方が一緒に読んでいます!!『【2019年】光回線人気ランキング!超お得な申し込み窓口情報つき』
★工事費無料!最大25,000円キャッシュバック!『【2019年】ドコモ光の人気の申し込み窓口はこちら』
★最大54,000円!オプション不要キャッシュバック!『【2019年】ソフトバンク光の人気の申し込み窓口はこちら』
★オプション不要で35,000円キャッシュバック&工事費無料『【2019年】NURO光の人気の申し込み窓口はこちら』
★50,000円キャッシュバック&最短1ヶ月後の受け取り!『【2019年】auひかりの人気の申し込み窓口はこちら』
★最大81,600円の料金割引&高速Wi-Fiルーター12ヶ月無料!『【2019年】So-net光の人気の申し込み窓口はこちら』
★業界最安値!契約期間の縛り無し&いつでも解約金0円!『【2019年】enひかりの人気の申し込み窓口はこちら』
★最大70,000円の現金キャッシュバックor豪華商品!『【2019年】フレッツ光の人気の申し込み窓口はこちら』
The following two tabs change content below.

監修者N

ソフトバンク光、auひかり、ドコモ光といった光回線の営業経験を生かして、インターネットの基本的な知識をはじめ、ネット回線の選び方など役立つ情報を紹介しています。 2019年の現在も某ブロードバンド事業者と太いパイプを持ち最新の情報発信に努めています。
光回線の相談窓口

 

コメントを残す

*

TOPへ戻る
Menu