その手があったか!光コラボレーションの比較で見えた選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
光コラボレーションの比較で見えた選び方

光コラボレーションの料金で比較しようとしても、複雑すぎるプランで理解できず、申込みの決断ができない方は多いと思います。

既に100社以上が参入していますので、各社の光コラボレーションモデルを一つずつ比較するのは至難の業。時間と労力を半端なく費やし、途中で疲れて諦めてしまいます。

誰もやらないなら!と思い、せっかく始めた光回線の比較・評判サイトなので、全部とは言わないまでも、有名な15社に限定し、料金の比較や最適な選び方のアドバイスを書いていこうと思います。

何も知らず、有名企業だから、CMで良くみるから!と思いこみで選んでしまうと、数万円の損をする可能性があります。本記事を読んでもらえれば損をするような光コラボレーション選びをしなくなりますので、長い記事ではありますけど、10分程度お時間を頂けたら幸いです。

本記事は文字的にも読み疲れ度は120%!ですので完結に比較内容をまとめた記事をご紹介。こちらを読んだ方がより分かりやすいので是非!

【100%得する光回線選び】

 

料金が全て!安ければ何でも良し

小細工なし!料金が安い順番で並べてみました。スマホとのセット割もなく、純粋な月額料金での比較です。

全てを比べていると頭がパンクしそうなので、僕の中で15社に絞らせて頂きました。以下の図をご覧下さい。

戸建てタイプのランキング

戸建の料金ランキング

マンションタイプのランキング

マンションの料金ランキング

結果から検証してみよう

今回ご紹介する15社のサービスモデルを知れば、ほぼ全ての光コラボを理解したといっても過言ではないでしょう。それではあなたにとって最もメリットがある「光コラボレーション」を探していきましょう。以下の順位は戸建てタイプを参考にしています。

1位:excite光

戸建:4,360円
マンション:3,360円

2位との差を大きく開き、圧倒的な安さを展開。文句無しのナンバー1。ただし、僕個人的にはエキサイトはちょっと…おすすめ出来ないのが本音です。というのも、エキサイトのプロバイダって体感速度が他に比べて遅い。少しではなく明らかに遅いから、それがネックです。

2位:ぷらら光

戸建:4,800円
マンション:3,600円

知名度も高く料金も安い。二刀流で攻めるて人気も高いけども、こちらはオススメしていません。実際にぷららのプロバイダを使ってからは回線が不安定というか…。インターネットが途切れたりと大変。非常にイライラ。安さの裏にはそれなりの理由がってこと。

3位:U-NEXT光

戸建:4,960円
マンション:3,910円

USEN(有線)と言えば音楽チャンネルをイメージする方が多いはず。その子会社として登場したのがU-NEXTです。プロモーション活動が上手で、イメージキャラクターには橋本環奈ちゃんを起用。中身も充実。基本料金の安さに加え格安SIMとのセット割が超お得!お世辞抜きでかなりオススメです。

4位:ビック光

戸建:4,960円
マンション:3,960円

格安SIMとの割引、月額料金の安さ、どちらもトップクラス。悪いところを探す方が苦労するほど。ただ、一つ残念な点を挙げるとすれば『問い合せ窓口が有料』な点。殆どの光コラボレーションがフリーダイヤルに対して、なぜか一般回線を利用。場合によって5分以上待たされるので、そこが難点です。

5位:IIJmioひかり

戸建:4,960円
マンション:3,960円

ビック光に提供しているプロバイダである「IIJ」の本家がこちら。ビック光と比べると内容に差は無いけど、格安SIMでどちらを使うかどうか、それがカギ。デメリットも同じで問い合せが有料ダイヤル…。それが無ければ最高にいいんですけどね…。

6位:So-net光

戸建:5,100円
マンション:4,000円

auスマホとセット割が可能で且つ、キャッシュバックも魅力的。プロバイダの信頼性も高く、万能タイプと言える光コラボレーションです。どれにしようか迷っている方にはオススメ。悪く言えば、これといって目立つ良さはないけれど、だからと言って悪い部分もないですね。

7位:OCN光

戸建:5,100円
マンション:3,600円

実はあまり知られていないけど、マンションタイプがとにかく安い。格安SIMの割引きもあり、200円×最大5契約まで可能です。また、転用であればキャッシュバックもあります。人気のプロバイダを使っているOCN光、契約する価値は十分にあると思います。

8位:auひかり

戸建:5,100円
マンション:3,800円

割引き率で言ったら右に出るものない!と思うほど、料金が安い。ただし、auスマホの契約があることが前提。あなたがauユーザーであれば、最初に検討すべきでしょう。エリアこそ限定されますが、可能地域内ならキャッシュバックもあるので検討してみては如何でしょうか。

9位:ビックローブ光

戸建:5,180円
マンション:4,080円

セット割がないけど、高速無線LANルータや工事費割引きなど、キャンペーンに力を入れている模様。プロバイダとしての信頼は高く、無難なタイプでしょう。下手に割引きが無い分、どのスマホを使っていても関係無いので、選び安いのかもしれません。

10位:AsahiNet光

戸建:5,180円
マンション:4,080円

大きな不便は特に無し。唯一あるとすれば問合わせが携帯やPHSからだと有料通話になる事。その他、信頼性・サービス共に良好です。auスマホとのセット割も毎月最大で1,200円キャンペーンがあるので、利用価値は十分ですね!

「安い」という理由だけで選んで後悔

1位と15位の差は1,000円。年間で12,000円もの差が出ます。だからといって安さメインで選べばいいのか?と言われれば、それは違います。

実際に激安プロバイダを使って後悔した経験のある僕から言わせてもらうと、安かろう悪かろうの可能性が高いので、料金&特典(キャッシュバック)の総合判断で選ぶのが最もお得だと思います。

以下は僕がおすすめしているキャッシュバックに強い窓口。フレッツ光や光コラボレーションへの申込みを検討しているなら、話だけでも聞いてみて下さい!

banar

 

スポンサーリンク

知名度優先!ブランド力が命

次々と参入が加速する光コラボレーション事業者。2015年11月現在、気づけばゆうに200社を超えています。

その中から『自分にピッタリ』の光コラボレーションを選ぶなんて至難の業。それならいっそのこと、有名企業に的を絞って選んでみては?

まず名前が挙がりそうな三大キャリアから提供された光コラボレーション(光回線)を見ると

  • ドコモ光
  • ソフトバンク光
  • auひかり

最近やたらとCMで見る「ドコモ光」の場合、キャッチフレーズは『プロバイダの変更がいらない!』であって、解約違約金の心配は皆無。家族皆でスマホがドコモなら検討する価値が多いにあります。

また、ソフトバンクの店舗でも大々的に自社で事業展開を始めたソフトバンク光の勧誘に力を入れ、話を聞くと一生懸命「契約して下さい!」と営業トークをしてくれます。

KDDIからは、光コラボレーションでは無いけど、同じ光回線として独自の回線を持つ『auひかり』が有名です。ドコモ光まではいかないけど、プロバイダを選ぶことができるので嬉しいです。

その他、プロバイダで絶大な人気を誇る

  • OCN
  • So-net
  • @nifty
  • ビッグローブ
  • ぷらら

から提供された光コラボレーションも大人気のようです。とにかく数が多く、選ぶのに迷っているなら知名度優先で考えるのもいいかもしれません。

下手なサービスを提供して信頼が下がらないう、必死になって従業員も頑張ってくれていることでしょう。ですので内容に期待はできると思います。

 

スポンサーリンク

 

料金や知名度で選んで失敗するパターン

ここまで「料金」「知名度」に注目して選び方を紹介しましたが、その失敗パターンがある事も知っておいて損はないでしょう。

どうやって光コラボを決めたらいいですか?とよく聞かれますが、失敗しない為にも、料金や割引きのシステム、合わせてご自身の利用環境を考える必要があります。

スマホがSoftbankだからソフトバンク光にしよう!という選び方は正しくありません。確かにセット割のメリットはありますけど、本当に今後もソフトバンクのスマホを使うのかどうか、先々のことも考えるのが賢い選び方です。

安さで選んで失敗する例

普通に考えたら『一番安いところ』を選べばいいと思われるはず。しかし、タダより安い物は無い!ではありませんが、料金の安さだけで選ぶと損をする可能性があります。

例えば基本的な料金が安くても

  • 事務手数料などの初期費用・開通工事費が高い
  • 契約縛りが長く、解約違約金も高い
  • 割引きが無く、料金以外のメリットが無い
  • プロバイダの品質がそれなり(回線速度の不満)

という場合もあります。確かに安いのは良いことだけど、目で見える数字だけで判断してはいけません。キャンペーンの内容も必ず考慮するようにしましょう。

知名度で選んで失敗する例

誰もが知ってる企業だから大丈夫!というのは時代遅れです。光コラボレーションは横一線で始まったサービス。どんなに大きな企業でも、参加した事業者の知識は殆ど同じ。逆に、みんなが一斉に申込むによって起こったトラブルもあります。

評判で見る後悔した方々の声

例えば、一番ユーザーを抱えているだろうNTTdocomo。ドコモ光が開始され、申込みが殺到しました。その結果どうなかったのか?『ドコモ光の評判が恐ろしい|ツイッターに投稿された口コミの数々』を見れば明らかです。

同じくソフトバンクも『その契約ちょっと待った!ソフトバンク光の評判を徹底解説』を見ると分かる通り、最悪の状態です。

自分に合った割引きシチュエーション

だいぶ細かく書いているので、そろそろ読み疲れてきた頃でしょう。もう既に折り返し地点です。あと少しだけお付き合い下さい。

続いてはシチュエーション別に、あなたにどんな予定があるか。何を求めているのか。実際に考えながら見ていきましょう。

持ち家(マンション)で長期利用なら「安さ優先で選ぶ」

①excite光 ②iSmartひかり ③auひかり

割引きは初回2年間に限定されるパターンが多いので、10年単位の長い目で見るなら単純に安さで選んだ方がトータル的にメリットが大きい。

賃貸に住んでいて2年程度で引越しをする予定がある

①So-net光 ②U-NEXT光 ③OCN光 ④nifty光

短期間でメリットを最大限に活かすなら断然キャッシュバックメインで考えるべき。期間限定のキャンペーンを合わせると最強です。

大手キャリアから、今後MNP(他社へ乗換え)しない方

①ドコモ光 ②ソフトバンク光

ドコモ光、ソフトバンク光で割引きを充実させるなら、複数契約かつ、上位のデータプランへの加入が必要。家族全員で利用されているなら迷うことなく契約してもいい。

auの携帯を利用している方で光コラボに興味がある

①nifty光 ②So-net光

オススメの理由は2つあります。一つ目は、キャッシュバックが確実に貰えるから。二つ目は、nifty光とSo-net光は「au携帯×光回線」のセット割があり、500円~の高い割引き額だからです。

専用データSIMでスマホ代の節約を考えている方

①OCN光 ②So-net光 ③U-NEXT光 ④ビック光 ⑤ぷらら光

大手キャリアであれば平均で6,000円以上と言われる毎月の料金が、専用データSIM(格安SIM)を使ったスマホなら、約1,000円~でネットも通話も使う事ができます。これは本当におすすめです。

キャッシュバックなど、キャンペーンの豊富さで選ぶ

①U-NEXT光 ②So-net光 ③OCN光 ④nifty光 ⑤auひかり ⑥iSmartひかり

キャッシュバックを実施している光コラボレーションは限られています。中でもサービスの質が良く、信頼できるのは上記5社。貰えるものは貰っておきましょう。

たくぼー
この他にも様々な状況が考えられますが、的外れな申込みは絶対にしないで下さい。せっかく受けられるはずの恩恵が台無しです。

キャッシュバックは最大の武器

インターネットの申込みと言えばキャッシュバックではないでしょうか。ヤマダ電機をはじめ、多くの家電量販店でフレッツ光が全盛期のころは見ない日はないというほど、販売促進員の方が勧誘していました。

なのに光コラボレーションが始まってからパタっと見かけなくなりました。家の近くには車で行ける範囲に家電量販店が5店舗ありますが、1店舗もキャッシュバックを行っていません。

では、どうしたらキャッシュバックが貰えるの?

ネット申込みをすると貰える

ヤマダ電機など、家電量販店での申込みでキャッシュバックは殆ど期待できません。しかし『ネット申込みでキャッシュバックを実施している代理店』は検索すると意外と出てきます。

キャッシュバックじゃなくて安いところを選ぶよ!」と、考える人もいそうですが、この記事を読んでいるという事は『少しでも得したい・損をしたくない』と思っているからですよね?キャッシュバックがどれほど重要なのか、次の項目を読んでもらえば分かるはず。

料金の差は少しだった

高すぎる大手キャリアを除いた1位のDTI光~12位のビッグローブ光まで、その差は約500円。

仮に一般的な2年縛りの契約で計算してみると

24ヶ月×500円
2年使って料金の差は12,000

金額としては十分でしょうけど、考え方を変えれば、どんなに頑張っても12,000円の差がMAXというわけです。色々な光コラボレーションを比較して、時間と労力を使い、辿り着いた先が12,000円の得。これだけ頑張って、それで満足なんですか?

『…………。(沈黙)』少し考えてしまったあなたに、もっともっと得する方法を紹介させてもらいます。

キャッシュバックで支払いに当てる

光コラボレーションの申込みで得られるキャッシュバックは10,000円~30,000円が相場となっています。受け取ったキャッシュバックから支払いに当てると、どれほど負担が軽くなるのか見てみましょう。

30,000円を支払いに当てた場合
30,000円÷24か月=1,250
毎月、1,250円も安くなる

キャッシュバックがあるだけで、毎月の負担が1,250円も軽くなります。5,000円の光コラボレーションなら、支払が25%も安くなった計算になります。

こんなに得する方法があるのに、キャッシュバックを選ぶ基準にしないのは勿体ないと思いませんか?

最後にキャッシュバックがある光コラボレーションの一覧と、最重要の申込み窓口について伝え、この記事を締めくくりたいと思います。

キャッシュバック相場

OCN光

相場:5,000~10,000円
格安SIMを使ったOCNモバイルONEを将来的に考えている方に最適。有名プロバイダを使った回線なので、料金も信頼性も全てがトップクラス。
関連記事:大手キャリアと比較!OCN光コラボの料金シュミレーション

So-net光

相場:20,000~30,000円
auスマホと格安SIMの割引で好きな方を選べるハイブリッドタイプ。プロバイダとしての信頼性も抜群です。

U-NEXT光

相場:20,000~25,000円
充実した格安スマホを見れば、格安SIMに力を入れているのが分かります。大手キャリから乗換える際に有力な候補の一つ。

@nifty光

相場:15,000~25,000
プロバイダの人気上位にランクインするニフティでも、キャッシュバックが受け取れます。料金も良く、auスマホの割引が充実。

auひかり

相場:15,000~20,000円
提供エリアが合うなら料金の安さや、サービスは文句ないレベル。キャッシュバックに関しては時期や条件で変動があるで要問い合せ。

光ギガ

相場:15,000~25,000円
時期や条件によってキャッシュバック額の変更している可能性あり。申込みの際には必ずご確認を。

番外編:その他、光回線のキャッシュバック

auひかり

相場:15,000~20,000円
提供エリアが合うなら料金の安さや、サービスは文句ないレベル。キャッシュバックに関しては時期や条件で変動があるで要問い合せ。

NTT西日本フレッツ光

相場:15,000~25,000円
時期や申込み条件によってキャッシュバック額に変動あり。NTT東と比較すると、NTT西の方が確実にお得。

注意すべき申込窓口・代理店選びのポイント

申込みをする窓口選びを間違えるとトラブルに合う可能性があります。気を付けるポイントは以下4つ

  • リスティング広告に表示されているサイト
  • 過度なキャッシュバック(5万円~10万円)の誘惑
  • 電話対応の悪さ、スタッフが低レベル
  • キャッシュバックの受取りまで期間が長い

①リスティング広告の業者

『光コラボ キャッシュバック』とgoogle検索すると、まず目に入るのがリスティング広告ですが、実はこれこそが一番注意が必要なところです。リスティング広告を知らない方の為に、キャプチャー画像で分かりやすく説明します。

リスティング広告

ピンク色の枠で囲った部分、検索結果画面で一番目立つ部分に表示されるサイトたち。その目立つ箇所に表示させる広告のことを『リスティング広告』と言います。基本的にはどんなサイトでも広告宣伝することができますが、その為には絶対に必要なことがあります。

察しの良い方ならお分かりでしょう…
そう、『多額の費用』です。つまり、お金を出さないと広告を出す事ができません。

時に検索結果の画面を90%以上占める広告なので注目度は凄まじいものがありますが、クリックの度に費用が掛かるので、利益を出すには何かで調整する必要が出てきます。

では、いったい何で広告費の調整をするのか?

それは…!!

本当なら、あなたに渡すはずのキャッシュバックからです。会社に利益を残すためとはいえ、光コラボレーションを申込む僕たちにとってはデメリットでしかありません。

②簡単で良い話なんて無い

中には「工事費用を無料にすること」をキャッシュバックに含めて記載する業者もいます。本当にお金として貰えるキャッシュバックで記載しているのかどうか、必ず確認してください。

よく考えれば簡単に分かる話ですが、10万円・5万円のキャッシュバックが簡単に貰えたら、もっと話題になり、申込みが殺到していますよ。

③電話対応がお粗末な窓口は避ける

対応の良い窓口選びをすることで、トラブルを回避することができます。色々な方から話を聞くと、①、②で説明した業者は高確率で対応が悪いそうで、目立つ広告のおかげで問い合せが多いからか、知識の浅いアルバイトが対応している印象があるみたいです。

④キャッシュバック受取りまでの期間が長い

キャッシュバック目当てで申込んだのにも関わらず、受け取りが1年後や2年後といったケースは少なくありません。しかも受取り時期にメールで通知するのは、プロバイダのメールアドレス宛の場合もあり、プライベートで使っているアドレスでない為、見逃してしまう可能性が大きい。ですのでキャッシュバック受取りまでの時期が長い代理店からの申込みは避けましょう。

信頼できるのでおすすめ

記事中で何度か紹介した窓口ですが、本当におすすめできると再度ご案内しておきます。キャッシュバックがあるか無いかで大きな差になるし、何より対応がすごく良いので、安心して申込むことができます。

まだ検討中という方も、ぜひ一度話だけでも聞いてみて下さい。必ずお役に立てると確信しています。

banar

まとめ

以上、光コラボレーションの選び方を長々と書かせてもらいました。長く読み疲れる記事をここまで読んでくれて本当に有難うございます。

今回書いた内容は絶対にタメになる!と確信していますので、読者の皆様のお役に立てると思っています。

『光コラボに変えても意味ない・メリットが無い』というコメントをされる方は多くいます。しかし、どんなものでも探せば得する抜け道(裏ワザ)は意外と存在するもの。

これからも引き続き、光コラボレーションについて役立つ情報を発信し続けていきますので、また遊びに来て下さい。

 

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.

ブログ管理人

なんとか結婚8年目。3人娘とニャンコとワンコが一匹ずついます。本業はライターとWebデザイナー、ディスプレイデザインや不動産系も得意です。 自分が過去に騙された経験を活かして、フレッツ光や光コラボレーションの役立つ情報を記事にしています。疑問・相談などあればLINEからでもコメントでも、何でも気軽にどうぞ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー 料金比較

おすすめ記事

NEW 光コラボのキャッシュバック一覧
光コラボのキャッシュバックを窓口別で比較・申込み前に読んでおくべき記事。

ソフトバンク光について
最大30,000円のキャッシュバックと、読者から届いた良かった声を紹介している記事。

U-NEXT光について
最大30,000円のキャッシュバックと、割引キャンペーンを紹介している記事。

So-net光について
最大30,000円のキャッシュバックと、auセット割について説明している記事。

iSmartひかりについて
最大40,000円のキャッシュバックと、マンションプランの安さについて解説している記事。

西日本フレッツ光について
最大25,000円キャッシュバックと、長く使うメリットや割引きを重点的に紹介している記事。

@nifty光について
最大20,000円のキャッシュバックと、格安SIMでお得になれる方法をまとめた記事。

OCN光について
最大10,000円のキャッシュバックと、格安SIMとの割引について説明している記事。

auひかりについて
最大20,000円のキャッシュバックと、スマートバリューの詳細や、お得な情報を詰め込んだ記事です。

ドコモ光の評判まとめ
利用者のリアルな声をまとめています。申込みを検討している方に読んでもらいたい記事。

ぷらら光の評判まとめ
個人的に昔は好きなぷららだったけど、光コラボになっての評判が悪い。必ず目を通して頂きたい記事。

お得になる為の記事

申込み前に要確認
高額キャッシュバックのカラクリや申込みのアドバイスなど、必ず読んでおきたい内容の記事。

光回線選びで困ったら
料金・キャッシュバック・割引きサービスを参考に、自分に合った光回線探しが出来るようになる記事。

読者が選んだランキング
このブログを訪れてくれた読者に投票してもらった光回線のランキングの記事。

騙された体験談
窓口選びを間違えると後悔することになるという、僕の実体験を語っている記事。

 

管理人からおすすめ窓口の紹介

光回線の申込み窓口選びは本当に大切です。

いい加減なところから申込むと『僕みたいに騙されて』せっかくのキャッシュバックが台無しになります。

このブログを通じて皆さんに紹介している窓口は、僕自身が何度もお世話になっていますし、次の理由から自信を持っておすすめできます。


  • 取扱っているネット回線の種類が多い
  • 最短3か月のキャッシュバック受取り
  • キャッシュバックに複雑な条件が無い
  • 僕も利用しているので安心して下さい

また、紹介をした友人からの口コミもあり、本当にたくさんの方からお申込みを頂いています。

親身になって話を聞いてくれるので、他の窓口と比べて頂ければ良さが必ず分かると思います。

フレッツ光・光コラボレーションの新規申込みや転用、光回線選びでお困りなら相談だけでもしてみて下さい。

banar

コメント

コメントを残す

*