hi-ho WiMAXの評判は最悪だった!契約してはいけない4つの理由

2019-07-09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2年契約は2018年12月に終了し、現在hi-ho WiMAXは3年契約のみとなっています。

キャッシュバックキャンペーンは実施していないですし、月額料金は毎月4,000円前後で高額のため、とくに目立ったメリットはありませんでした。

口コミ・評判はほとんど無く、何より解約金が高額なので契約しても最終的に損をしてしまう可能性が高いプロバイダです。

この記事では、hi-ho WiMAXは契約してはいけない理由と、申し込みから解約までの全知識をまとめました。

また、僕がおすすめする最安で利用できるプロバイダを紹介するので、最後までご覧ください。

WiMAXはGMOとくとくBBがおすすめ

★GMOとくとくBBが選ばれる理由
・業界最高額!37,000円キャッシュバック!
・最新の端末が0円!
・2日後には必ず届いて利用できる!
・大手上場企業が運営する1番人気のWiMAX!
・20日以内なら解約金0円!

お試し感覚で申し込んで継続される方が多いのも、サービスが優れている証拠でしょう♪
▼2019年最も選ばれている申込窓口▼
7月限定!最大37,000円キャッシュバック
『WiMAXの人気の申し込み窓口はこちら』

hi-ho WiMAXは契約してはいけない4つの理由

月額料金がシンプルに高い

 実質の月額料金キャンペーン契約年数
hi-ho WiMAX4,027円
月額料金割引3年
GMOとくとくBB WiMAX3,268円キャッシュバック
or月額料金割引
3年
UQ WiMAX4,239円WiMAX15日間お試し2年
3年
So-net WiMAX3,620円月額料金割引3年
BIGLOBE WiMAX3,925円
キャッシュバック
or月額料金割引
3年
@nifty WiMAX3,476円キャッシュバック
or月額料金割引
2年
3年
Broad WiMAX3,572円月額料金割引
乗り換えキャンペーン
3年

hi-ho WiMAXは、3年間の実質の月額料金は約4,000円代なので、他社と比べると高いことが分かります。

すべてUQ コミュニケーションズの回線を借りて、各プロバイダがWiMAXを提供しているので、どのプロバイダを選んでも端末の品質や速度は同じです。

プロバイダは各々独自のキャンペーンを実施しているため、公式のUQ WiMAXよりお得に利用できるのが特長ですが、hi-ho WiMAXは契約しても月額料金は1年間500円、以降300円しか割引してくれないので、他社より全くお得ではないということが分かりました。

そのため、3年間の総額は144,960円となり、業界の中でも高額の料金を支払わなければなりません。

僕がおすすめするプロバイダの「GMOとくとくBB WiMAX」の3年間の総額は117,660円になり、27,300円もお得になるので、だいぶコスパが削減されますよね。

毎月高い料金を払ってまでhi-ho WiMAXを契約するのは非常にもったいないですよ!

auスマートバリューmineは対象外

 auスマートバリューmine
GMOとくとくBB
Broad WiMAX
BIGLOBE WiMAX
@nifty WiMAX
So-net WiMAX
hi-ho WiMAX×
カシモ WiMAX×
JP WiMAX×
DTI WiMAX×

「auスマートバリューmine」とは、WiMAXとauスマホとのセットでauスマホが毎月最大1,000円割引されるサービスです。

残念ながら、hi-ho WiMAXはauスマートバリューmine対象外です。

auスマホを持っているにも関わらず、対象外のhi-ho WiMAXで契約した場合、3年間で最大36,000円も損することになります。

僕がおすすめする「GMOとくとくBB WiMAX」なら、月額料金が最も安い上にauスマートバリューmine対象プロバイダなのでおすすめですよ。

WiMAXを契約する場合、auスマホを使っている人なら必ずauスマートバリューmine対応のプロバイダを選びましょう。

申し込みから利用するまで約1週間かかる

 端末のお届け日
GMOとくとくBB最短翌日
So-net WiMAX最短2~3日程度
Broad WiMAX最短翌日
店舗受け取りの場合:最短当日
BIGLOBE WiMAX最短翌日
口座振替の場合:1週間前後
ASAHIネット WiMAX最短3日
@nifty WiMAX最短4日
hi-ho WiMAX最短5日~8日

公式サイトによると申し込んでから5日後に発送され、発送後3日程度で端末が自宅に到着するので、約1週間ほどかかることになります。

他社は最短翌日~数日程度なので、他社より時間がかかってしまうと考えて問題ありません。

WiMAXは即日利用できるというのがメリットですが、hi-ho WiMAXは発送も遅いので契約するメリットは調べてもありませんでした。

解約違約金が他社よりかなり高額なので要注意

       
区分0ヶ月目1ヶ月目2ヶ月目 3ヶ月目 4ヶ月目 5ヶ月目
解約金38,800円38,800円38,000円37,000円36,400円35,600円
区分6ヶ月目7ヶ月目8ヶ月目9ヶ月目10ヶ月目11ヶ月目
解約金34,800円34,000円33,200円32,400円31,60030,800
区分12ヶ月目13ヶ月目14ヶ月目15ヶ月目16ヶ月目17ヶ月目
解約金30,000円29,200円28,400円27,600円26,800円26,000円
区分18ヶ月目19ヶ月目20ヶ月目21ヶ月目22ヶ月目23ヶ月目
解約金25,200円24,400円23,600円22,800円22,000円21,200円
区分24ヶ月目25ヶ月目26ヶ月目27ヶ月目28ヶ月目29ヶ月目
解約金20,400円19,600円18,800円18,000円17,200円16,400円
区分30ヶ月目31ヶ月目32ヶ月目33ヶ月目34ヶ月目35ヶ月目
解約金15,600円14,800円14,000円13,200円12,400円11,600円
区分36ヶ月目37ヶ月目(更新月)38ヶ月目以降
解約金10,800円0円9,500円

hi-ho WiMAXは利用期間によって解約金が異なり、業界の中でも高額な解約金が発生します。

利用を開始してから早く解約すればするほど解約金が高額なので、1年、2年ほどで解約してしまうと高額の解約金が発生するので危険です。

ほとんどのプロバイダは解約金が同じなので、hi-ho WiMAXは特殊といっても過言ではありません。

では、他社の解約金はどのくらいなのか調べてみました。

【他社の解約金】
1年目:19,000円
2年目:14,000円
以降(更新月以外):9,500円

他社も十分高額ですが、hi-ho WiMAXは更に上回って高額ですよね。恐ろしいです。

例えば、半年でhi-ho WiMAXを解約することになった場合、解約金34,800円(税込37,584円)を支払わなければなりません。

他社なら、半年で解約した場合19,000円(税込20,520円)なので、差額は17,064円とかなり差が出ますよね。

契約しても、思うような速度が出なくてすぐに解約したい!となっても、リスクが高すぎるので契約はおすすめしません。

●hi-ho WiMAXは契約してはいけない理由まとめ
・月額料金は業界の中でも高額の料金を支払わなければならない
・途中解約してしまうと解約金は他社よりかなり高額なので要注意
・auスマートバリューmine対象外
・申し込みしてから端末が届くまで約1週間前後もかかってしまう

WiMAXはGMOとくとくBBがおすすめ

★GMOとくとくBBが選ばれる理由
・業界最高額!37,000円キャッシュバック!
・最新の端末が0円!
・2日後には必ず届いて利用できる!
・大手上場企業が運営する1番人気のWiMAX!
・20日以内なら解約金0円!

お試し感覚で申し込んで継続される方が多いのも、サービスが優れている証拠でしょう♪
▼2019年最も選ばれている申込窓口▼
7月限定!最大37,000円キャッシュバック
『WiMAXの人気の申し込み窓口はこちら』

解約金0円でhi-ho WiMAXを解約する方法

上記の解約金をどうしても負担したくないという方は、更新月(=解約金がかからない月)に解約しましょう。

hi-ho WiMAXの解約方法は下記のインフォメーションデスクにて電話受付のみとなっています。

●hi-ho インフォメーションデスク
0120-858-140 (無料) /0570-064-800(有料)
受付時間:9:00~18:00(年中無休)

平日のみ受付しているプロバイダもありますが、hi-ho WiMAXは年中無休で受付しているのでありがたいですね。

当月解約の受付は、前月21日~当月20日までに対応した場合で、当月の21日以降に解約してしまうと翌月の解約扱いとなるので注意しましょう。

hi-ho WiMAXは3年契約なので、利用してから37ヶ月目が更新月となります。

例:2019年4月にhi-ho WiMAXを契約した場合、

サービス開始月の翌月の2019年5月を1ヶ月目と考えると、更新月は2022年の5月となります。

つまり、更新月が2022年の5月の場合、4月21日~5月20日までに解約申請すれば解約金は0円です。

もし1日遅れてしまって5月21日に解約することになった場合、解約は翌月扱いとなり9,500円の解約金を負担しなければなりません。

ギリギリに解約しないように、余裕をもって数週間前に解約申請するのが吉です。

●hi-ho WiMAXの解約金を0円にするための方法まとめ
・解約方法は電話受付
・37ヶ月目の更新月に解約すれば解約金は0円
・当月に解約したい場合は前月の21日~当月の20日までに解約手続きを行う
・余裕を持って数週間前に解約申請すること

結論:他社プロバイダで契約することがおすすめ

僕がおすすめするWiMAXのプロバイダは「GMOとくとくBB WiMAX」です。

auスマートバリューmine対応プロバイダなので、auスマホを使っている人は必ず申し込みましょう。

契約する際、下記のどちらか好きなキャンペーンを適用することができます。

・大幅月額割引キャンペーン+5,000円キャッシュバックキャンペーン
・最大37,000円キャッシュバックキャンペーン

どちらのキャンペーンを適用すれば良いのかというと、

僕は、「大幅月額割引キャンペーン+5,000円キャッシュバックキャンペーン」を強くおすすめします。

月額割引キャンペーンを適用すると、毎月下記の月額料金でWiMAXを利用することができます。

GMOとくとくBB WiMAXの月額料金

大幅月額割引キャンペーンを適用した場合の月額料金

0ヶ月目(サービス開始月):2,170円(日割り計算)
1~2ヶ月目:2,170円
3~36ヶ月目:3,480円

GMOとくとくBB WiMAXの大幅月額割引特設サイトから申し込みましょう。

さらに利用開始してから1年後に5,000円のキャッシュバックが貰えるので、3年間合計117,660円となり、業界最安級でWiMAXを利用することができます。

注意点として、GMOとくとくBB WiMAXはキャッシュバックの受け取り方法が難しいとの評判がたくさん見つかりました。

11ヶ月後に普段使わないメールアドレスにキャッシュバック案内メールが届くので、実際にキャッシュバックが受け取れるのは1年後ということになります。

貰い忘れが無いように対策方法として、あらかじめ11ヶ月後のカレンダーに記入しておくことと、Gmailアカウントなどに転送設定しておくことが大切です。

必ずキャッシュバックを受け取れるように準備をしておきましょう!

なぜもう一つの「最大37,000円キャッシュバックキャンペーン」はおすすめしないかというと、同じように11ヶ月後に普段使わない契約時に作ったGMOのメールアドレスに案内メールが届くからです。

この案内メールを気づかずに見逃してしまうと、最大37,000円も損をしてしまう可能性があるので、受け取れるか心配な方は「大幅月額割引キャンペーン」を適用させましょう。

WiMAXは通常プランよりギガ放題プランを契約するのがベスト

WiMAXは月間通信データ量上限なしの「ギガ放題プラン」と月間通信データ量7GBの「通常プラン」があります。

WiMAXを契約しているほとんどの人はギガ放題プランを契約しています。通常プランは必要最低限しかネットを利用しない方向けのプランなのでおすすめしません。

注意点として、ギガ放題はデータ通信量上限なしと表記されていますが、直近3日間で10GBを越えた場合、翌日夕方18時~深夜2時までの間速度制限にかかります。

口コミのように、ギガ放題なので安心して使っていても速度制限にかかる人もいれば、めちゃめちゃ使えるという人もいました。

ギガ放題でも、たくさんゲームをしたり、動画を見まくる人はあっという間に速度制限にかかってしまうので、毎回速度制限にかかってしまう人は最終的に固定回線を検討してみるのが良いでしょう。

GMOとくとくBB WiMAXの取り扱い端末

現在、「GMOとくとくBB WiMAX」が現在取り扱っている端末は以下の通りです。

外でも持ち運び可能なモバイルWi-Fiルーター
・Speed Wi-Fi NEXT W06
・Speed Wi-Fi NEXT WX05

自宅専用にするなら据え置き型のホームルーター
・Speed Wi-Fi HOME L02
・WiMAX HOME 01

僕がおすすめする端末機種は「Speed Wi-Fi NEXT W06」です。

W06は2019年1月に発売されたばかりの最新機種です。

公式サイトを見ると最大1.2Gbpsの高速通信対応の機種と記載されていますが、あくまで最大速度なので実際この数値が出ることはありません。

また、W06はアップル製品との相性が悪いという評判がたくさん見つかりました。

家電量販店の販売員に質問したところ、そのことは業界内にも知れ渡っているそうで、iPhoneとの接続が勝手に切れるという評判は事実だそうです。

解決方法として、困っている方は口コミのようにアップデートすれば問題は解決されるようです。不具合が起こったら試してみましょう。

GMOとくとくBB WiMAXの申し込みする際の注意点

GMOとくとくBB WiMAXは、申し込み時は以下の有料オプションに強制的に加入しなければなりません。

・安心サポートオプション 月額300円
・Wi-Fi(公衆無線LAN)接続オプション 月額362円

最大2ヶ月間無料でオプションを利用できますが、2ヶ月過ぎると毎月料金が発生してしまうので注意が必要です。

必要ない場合は、端末が自宅に届いたら忘れないうちにすぐにWebサイトまたは電話で解約しましょう。

オプション解約は少々面倒と感じるかもしれませんが、WiMAXに限らずお得なキャンペーンを実施しているプロバイダから申し込んでくださいね。

★GMOとくとくBB WiMAXを契約する際のポイントまとめ
・機種は「W06」、プランは月間データ量上限なしの「ギガ放題プラン」を選ぶ
・月々の料金を最安級で利用できる「大幅月額割引キャンペーン」を適用する
・「auスマートバリューmine」対応
・最短翌日発送なので即日WiMAXを使いたい人にもおすすめ
・契約時はオプション加入必須なので、端末が自宅に届いたら忘れないうちに解約する

WiMAXはGMOとくとくBBがおすすめ

★GMOとくとくBBが選ばれる理由
・業界最高額!37,000円キャッシュバック!
・最新の端末が0円!
・2日後には必ず届いて利用できる!
・大手上場企業が運営する1番人気のWiMAX!
・20日以内なら解約金0円!

お試し感覚で申し込んで継続される方が多いのも、サービスが優れている証拠でしょう♪
▼2019年最も選ばれている申込窓口▼
7月限定!最大37,000円キャッシュバック
『WiMAXの人気の申し込み窓口はこちら』
The following two tabs change content below.

監修者N

ソフトバンク光、auひかり、ドコモ光といった光回線の営業経験を生かして、インターネットの基本的な知識をはじめ、ネット回線の選び方など役立つ情報を紹介しています。 2019年の現在も某ブロードバンド事業者と太いパイプを持ち最新の情報発信に努めています。
光回線の相談窓口

 

コメントを残す

*

TOPへ戻る
Menu