初心者の悩みを解消するプロバイダ選びに必要な7つの基礎知識

公開日:2015/08/08 更新日:2018/06/15
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロバイダ選びで迷うのは誰もが通る道です。身近に詳しい方がいなければ自分で選ぶしかありません。

しかし何を参考選べばいいのか迷うことでしょう。口コミ評判サイトを見れば、深夜帯の速度が遅い、時々ネットが遮断されるなど、数え切れない書き込みが溢れています。

だからといって初心者の自分がプロバイダ会社を選ぶ参考になるのか?というと、口コミや評判だけは選べませんよね?

インターネットの世界に対して知識不足の自分が、プロバイダ選びでどうしたらいいのか、これから順番に話していきますので、2~3分程度お付き合い頂ければ幸いです。

▼当サイトで申し込み者が急増中▼
※インターネットの乗り換えより超お得!
『今すぐ絶対にやるべき!月々の電気代を2,000円以上安くする方法』
【2018年】ソフトバンク光がおすすめ

●料金が安い
●キャッシュバックが高額
●違約金を10万円まで負担してくれる
●携帯料金が最大2,000円安くなる
●工事費が実質無料

※7月31日まで!
下記窓口限定!ソフトバンク光54,000円キャッシュバック開催中!

※その他の光回線の申し込みでもキャッシュバック大幅増額CP中!


僕が利用している窓口の特長
  • キャッシュバックが高く簡単に受け取れる
  • 開通工事を早めてくれた
  • 乗り換えることで高くなる場合も教えてくれた
  • 3分で今の料金と比較した見積もりを出してくれた
  • 今より料金が高くなる事をちゃんと教えてくれた窓口は初めてでした。

    開通工事の対応もしっかり行ってくれるので、ネットが使えない期間も発生しません。

    こんな方におすすめ!
  • 今よりお得に利用したい
  • どの光回線を選んでいいかわからない
  • キャッシュバックを条件なしで受け取りたい
  • どこで申し込もうか悩んでいる
  • 相談も無料なのでぜひ利用してみてください。

    しつこい営業もないので本当に信頼できる窓口です。

    プロバイダとは?役割は何?

    プロバイダの契約をしないとインターネットを楽しむ事は出来ません。光回線の契約だけすればインターネットが利用できると思っている方もいますが、それは大きな間違いです。

    プロバイダの正式名称は“インターネット・サービス・プロバイダ(isp)と言います。情報が光回線を通り、プロバイダを渡ってパソコン画面に映し出されます。YouTubeやニコニコ動画、ヤフー、グーグルなどホームページに繋いでくれる最終ラインだと思って下さい。

    大切なことなので、もう一度繰り返しますが、パソコンも買ったし、フレッツ光も契約した!見たいホームページも決まってる!けど、最後の砦はプロバイダなんです。パソコンから発信された信号をフレッツ光が受け取り、プロバイダに受け渡され、合図をホームページに流すことで僕たちは見たい画面を見る事ができます。

    パソコン(スマホ、タブレット等) → 光回線(フレッツ光等) → プロバイダ → ホームページ、どれか一つでも欠けていたらインターネットを楽しめません。そのうちの一つを担うプロバイダはとっても重要なものなんです。

     

    スポンサーリンク

    100を超えるプロバイダの種類

    プロバイダの意味を理解したところで、次はどれだけ種類があるのか見てみましょう。ただし、全部ご紹介したらとんでもない数になってしまうので、有名どころだけ抑えておきましょう。

    • So-net(ソネット)
    • OCN(オーシーエヌ)
    • ぷらら(プララ)
    • BIGLOBE(ビッグローブ)
    • @nifty(アットニフティ)
    • BB.excite(ビービーエキサイト)
    • ASAHIネット(アサヒネット)

    この他にも有名なプロバイダはたくさんあります。上記はフレッツ光のプロバイダパックとして選択可能なもの、光コラボで選べる可能性の高いものを基準に記載致しました。

    興味のある方は『プロバイダ 種類』とグーグル検索すると色々と出てきますので、色々と見てみて下さい。

     

    スポンサーリンク

     

    インターネットに繋ぐだけなら何でもOK

    基本的にプロバイダは何でも構わないと思って下さい。オプションなどのメリットを良く考え、自分に合いそうなものを選びましょう。

    どうしても選びきれない!と言うのなら『フレッツ光で選ぶ安いプロバイダおすすめTOP10を発表』を参考にしては如何でしょうか?

    インターネットへの接続は何でも構わないわけですから、安いもので選ぶのが無難ですよ。

    料金と品質の比例について

    料金が高ければ回線速度の品質が良いのか?と尋ねられら『YES』とは言い切れません。安くてもご自身の環境と上手くマッチしていれば安定した速度は出るでしょう。つまり、料金が安いから悪いという考え方はナンセンスなんです。

    料金を比べると倍くらい違いがあります。業界最安値と言われているBBエキサイトは500円~。業界№1人気と言われているOCNは1100円~と、消費者を悩ませる要素になっています。だけど両社の比較はやはり『使ってみないと分からない』というのが僕の考えです。

    確かにエキサイトのプロバイダを使った時、遅いなぁ~という印象はありました。だけど全てのプロバイダと比較したわけではないので、あくまでそれは僕の意見であり、他の方とは違うかもしれません。

    しかし一つ言えるのは、OCNのように料金が高めでも人気があるということは、それだけ品質に自信があり、速さや途切れないサービスを提供している証でしょう。大切なのは『サービスの品質』であり、最終的にユーザーが良いと判断すれば料金の高い安いは関係無いということですね。

    回線速度は時間帯によって変わる

    インターネットアクセスは自宅に到達するまで色々な回線を辿っていますから、途中で混雑していると速度が低下してしまいます。

    利用者が集中する夕方から深夜帯に掛けても速度はどうしても低下してしまいます。これは水道と同じように、同世帯の中で一気に水を出すと、水圧が弱くなる原理と似ています。皆で力を分け合ってしまう分、1人に対しての力が分散されてしまうのです。

    それ以外の理由として『インターネットバックボーン』が考えられます。プロバイダの世界では数値をあまり聞きませんが、例えばレンタルサーバーの「さくらインターネット」は最大規模として443Gbpsと公表しています。

    これが何を意味するのかは、クリックをした時にホームページが表示される速度です。さくらインターネットはサーバー会社なので、プロバイダとは違う種別ですけど、インターネットバックボーンに関する捉え方はほぼ一緒と思っていいでしょう。

    ネットワーク環境がいかに整っているかどうか、公表しているプロバイダはありませんが「力のあるプロバイダは早い」というのは案外間違いはありません。

    僕は以前、Yahoo! BBを使っていた時、インターネットの接続速さに不満はありませんでした。しかし、エキサイトBBに変えた途端に体感で分かるほど速度が落ちたのは確かです。

    プロバイダ各社がバックボーンネットワークのGbpsを公表してくれれば判断材料になりそうですが、業界で公表しないようにと暗黙の了解がありそうなので、期待はできません。

    ちなみに自宅のインターネットの速さを測定するサイトもあります。『厳選6サイト!光ファイバー・ADSLの回線速度測定』から気になるサイトを選んで試してみては如何でしょうか?今後プロバイダを変えた時の参考になると思いますよ。

    基本は2年の自動更新契約

    プロバイダの契約は、基本的に2年間となり、解約の手続きを自らしないと自動更新となります。理由は上記の回線速度にあると思っています。各社の力の差がハッキリ出てしまう為、乗り換えたいと思う人は多く現れるはず。すると1~2社に人気が集中してしまうので、最低限の利益を確保する為にも2年縛りは仕方のないものなのでしょうね。

    力の無いプロバイダ会社が生き抜く為には必要な2年縛り、2年契約の自動更新は今後も無くらならないと予想しています。

    解約時期をミスると違約金が発生

    解約違約金が掛からず契約を終了させる期間は2年間で一ヶ月しかないという、消費者に超不利な意味不明の契約は今後も変わらないでしょう。

    たった1日ずれただけで1万円以上、時には2万円近くも掛かる業者があるはずです。詳しくは『知らなきゃ損!にねん割の違約金と解約時の落とし穴』を参考にして下さい。

    とにかく少しでも利益を出したい、必死さが顕著に表れているのが各社の解約違約金です。セコイと言えばそれまでですが、これもビジネス、僕たちがどうこう言っても力負けして終了。利用規約に書いてある以上、従うしかないのです。

    まとめ

    10秒~20秒くらい体感でインターネットの速さが変わるなら、必死になってプロバイダ会社選びをする必要があると思いますが、どれを試しても『ん~やっぱちょっと遅いなぁ…』と感じる程度。

    月々の料金を抑えたい方は安いプロバイダ会社を利用してもインターネットの利用は出来るのですから、問題ないです。

    これから何年という長いスパンで考えるわけですし、2年経過したら違うプロバイダを試す。こうして自分で経験を積み重ね、良いプロバイダに辿り着ければ良いのではないでしょうか?

    他人の口コミや評判を参考にするよりも、実体験をベースに考えた方が確実ですからね。

    たくぼー
    プロバイダ契約をする時、最初は2年縛りの契約をせず毎月契約にして、数カ月使って回線速度や品質の安定性を確かめ、その後に2年契約をして割引をされた方がいいと思います。
    ▼当サイトで申し込み者が急増中▼
    ※インターネットの乗り換えより超お得!
    『今すぐ絶対にやるべき!月々の電気代を2,000円以上安くする方法』

     

    スポンサーリンク
    The following two tabs change content below.

    ブログ管理人

    なんとか結婚8年目。3人娘とニャンコとワンコが一匹ずついます。本業はライターとWebデザイナー、ディスプレイデザインや不動産系も得意です。 自分が過去に騙された経験を活かして、フレッツ光や光コラボレーションの役立つ情報を記事にしています。疑問・相談などあればLINEからでもコメントでも、何でも気軽にどうぞ。
    光回線の相談窓口

     

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    カテゴリー プロバイダ選びの全て

    人気の記事一覧

    同一カテゴリ内の関連記事

    光回線の申込み窓口選びは本当に大切です。

    いい加減なところから申込むと『僕みたいに騙されて』せっかくのキャッシュバックが台無しになります。

    このブログを通じて皆さんに紹介している窓口は、僕自身が何度もお世話になっていますし、次の理由から自信を持っておすすめできます。


    • 取扱っているネット回線の種類が多い
    • 最短3か月のキャッシュバック受取り
    • キャッシュバックに複雑な条件が無い
    • 僕も利用しているので安心して下さい

    また、紹介をした友人からの口コミもあり、本当にたくさんの方からお申込みを頂いています。

    親身になって話を聞いてくれるので、他の窓口と比べて頂ければ良さが必ず分かると思います。

    フレッツ光・光コラボレーションの新規申込みや転用、光回線選びでお困りなら相談だけでもしてみて下さい。

    banar

    コメント

    コメントを残す

    *