GMOとくとくBB WiMAXの悪評を徹底調査!キャッシュバック・解約・機種変更の注意点まとめ

2019-03-22

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GMOとくとくBB×WiMAXの評判を調べると、様々なデメリットや注意点が見つかりました。

ここでは、GMOとくとくBBのWiMAXに申し込んで後悔しないための情報を全て提供します。

しかし大事なポイントさえ押さえれば、

GMOとくとくBBのWiMAXは本当に素晴らしいサービスです!

※この記事はこの人たちに向けて書きました。
●WiMAXの申し込みを検討している人
●GMOとくとくBBの評判を知りたい人
●WiMAXの解約しようと考えている人
●WiMAXの機種変更を検討している人

GMOとくとくBBについて最短距離で知るためのガイドだと思ってください。

GMOとくとくBB×WiMAXの基本情報

GMOとくとくBBはUQ WiMAXを提供するプロバイダ


GMOとくとくBBは、UQ WiMAXを独自のサービスとして提供しているプロバイダの一つです。

プロバイダとは?
インターネットサービスプロバイダ(ISP)と呼ばれるインターネットへの接続サービスを提供する事業者。

なのでUQ WiMAX公式の料金とは大きく異なっていて、独自のキャンペーンでかなり安くなります。

 UQ WiMAXGMOとくとくBB
月額料金4,380円3,480円
端末代3,800円無料
契約年数2年/3年3年
解約金1年目:19,000円
2年目:14,000円
3年目以降:9,500円
申し込み方法・UQスポット
・UQ WiMAX公式サイト
・GMOとくとくBB公式サイト

※月額料金は割引キャンペーン適用後の料金です。

上記のように、UQ WiMAX公式の料金と違っていたり契約期間が3年のみだったりしますが、WiMAX自体の速度や性能はあまり変わらないです。

プロバイダ提供のWiMAXはプロバイダが間に挟まっているため速度が遅いと言われますが、実際に体感で分かるほどの違いはありません。

つまり、GMOとくとくBBでもUQ WiMAX公式と同じようにWiMAXを使うことができます!

誤解しやすいポイントとして、サービス提供会社のWiMAXによって速度が異なると思われがちです。

「GMOとくとくBBのWiMAXが繋がらない」
「WiMAXの速度が遅いから乗り換えたい」

このような声をよく聞きますが、このような人たちはWiMAXを使うこと自体を考え直した方が良いでしょう。

WiMAXは一人暮らしの大学生や社会人に向けて開発されたモバイルWi-Fiルーターですが、インターネットを快適に利用したい人はWiMAXよりも固定回線の方がお勧めですよ。

通常プランよりもギガ放題プランがおすすめ!

GMOとくとくBBのWiMAXでは、ギガ放題プランと通常プランの2つから選ぶことができます。

 ギガ放題プラン通常プラン
契約年数3年
月額料金3,480円2,690円
データ量無制限7GB/月
速度制限・3日で10GBを超過・3日で10GBを超過
・月間7GBを超過

※月額料金は割引キャンペーン適用後の料金です。

最大の違いは、ギガ放題プランでは月間データ量が無制限なのに対して、通常プランでは月間7GBの縛りがあることです。

7GB=YouTube動画をPCで9時間再生

データ量7GBは、UQコミュニケーションズの調査によるとYouTubeを大体9時間観るぐらいになります。

1ヶ月で9時間なので、1日1時間ペースで9日使ってしまったらすぐに速度制限がかかってしまうんです。

ネット動画を観たりゲームしたりする人は、通常プランではなくギガ放題プランにしましょう。

しかし、ギガ放題で無制限にデータ量を使えたとしても全く速度制限がかからないわけではありません。

データ量を3日で10GB使ってしまうと、翌月のPM18時~AM2時の間で速度制限がかかります。

経過日使用量3日間速度制限
1日目3GB3GBなし
2日目5GB8GBなし
3日目2GB10GB⇐翌日に速度制限
4日目3GB10GB⇐翌日に速度制限

速度制限にかかると、18時から2時の間はネット動画が高画質で観れないくらいの速度まで落ちてしまうので気をつけましょう。

もし夜にインターネットを頻繁に使う人で、速度制限を気にしたくない人は固定回線をおすすめします。

★GMOとくとく×WiMAXの基本情報まとめ
・GMOとくとくのWiMAXはUQ WiMAXと同じ
・通常プランよりもギガ放題プランがおすすめ
・WiMAXは速度制限がかかる場合がある
・インターネットを快適に使いたい人はWiMAXよりも固定回線がおすすめ

 

スポンサーリンク

GMOとくとくBB×WiMAXが人気の理由3つ

WiMAX提供会社の全てのキャンペーンを比較しました。

その結果!

GMOとくとくBBのWiMAXが一番安かったです!

WiMAXの料金やキャンペーンだけでなく、サービス内容も人気の理由として挙げられます。

GMOとくとくBBのWiMAXが人気の理由
・WiMAX業界No.1のキャンペーン
・auスマホとセット割になる
・20日以内に最安値で解約できる

GMOとくとくBBのWiMAXが人気の理由は上記の3つですが、これらメリットには隠されたカラクリや落とし穴があるので注意しましょう。

WiMAX業界No.1のキャッシュバックキャンペーン

3年間のサービス利用費用を公式・主要プロバイダと比較した結果は以下の通りです。

申し込み窓口月額料金キャッシュバック3年間の費用
GMOとくとくBB4,263円32,100円
121,368円
UQ WiMAX4,380円10,000円157,680円
So-net WiMAX3,620円×130,320円
BIGLOBE WiMAX4,416円15,000円134,280円
@nifty WiMAX4,350円30,100円126,500円
Broad WiMAX3,611円×144,996円

※月額料金はWiMAX2+の「ギガ放題プラン」の料金です。

GMOとくとくBB公式サイトでは「最大36,000円キャッシュバック」と記載されています。

実際のキャッシュバック額は端末の機種によって異なるので注意しましょう。
(上記のキャッシュバック額は「W06」の場合)

GMOとくとくBBでは様々なキャンペーンを実施していますが、

現在のキャッシュバックキャンペーンはWiMAX業界No.1を誇っています。

しかし、キャッシュバックキャンペーンには適用条件や注意点が多いです。

※キャッシュバックキャンペーンの条件
●過去にGMOとくとくBBを契約したことがなく新規契約であること
●月額料金の未納によってサービスを一時停止された人は対象外
※キャッシュバックキャンペーンの注意点
WiMAX2+の利用開始月を含む11ヶ月目に案内メールが届き、キャッシュバックの受取口座を連絡しなければならない
●返信メールの連絡は送信日の翌月末までに完了しなければならない
●返信メールを確認した翌月末に指定口座に振り込まれる

とくに気をつけて頂きたいのが、キャッシュバックの受け取り手続きが11ヶ月後になることです。

受け取り手続きが完了してからも振り込みまで1ヶ月以上かかるので、

キャッシュバックの受け取り時期は最短でも1年後になります。

キャッシュバック額が大きいのは嬉しい限りですが、そのぶん他社よりも受け取り時期が遅くなってしまっているので注意しましょう。

後ほど、キャッシュバックの受け取り時期について対策と一緒に詳しく紹介しますね。

WiMAX業界最安値の月額料金キャンペーン

GMOとくとくBBでは現在キャッシュバックキャンペーンをメインに宣伝していますが、月額料金の割引キャンペーンも同時に実施しています。

キャンペーン内容月額料金キャッシュバック3年間の総額
割引キャンペーン3,480円5,000円120,280円
キャッシュバックキャンペーン4,263円32,100円
122,368円

※上記では最初2ヶ月間の月額料金割引きは含まれていません。

キャッシュバックキャンペーンより安くなる激熱なキャンペーンです!

キャッシュバックよりも月々の料金を安くしたい!という人には絶対おすすめします。

以前から割引キャンペーンは実施されていたのですが、2019年2月から5,000円のキャッシュバックが追加されて更にお得になりました。

※割引キャンペーンの条件
●キャンペーン期間中にGMOとくとくBB公式サイトの割引キャンペーンのページで申し込むこと
●月額料金の未納によってサービスを一時停止された人は対象外

5,000円キャッシュバックの受け取りについては、キャッシュバックキャンペーンの注意点と同じです。

※割引キャンペーンの注意点
●WiMAX2+の利用開始月を含む11ヶ月目に案内メールが届き、キャッシュバックの受取口座を連絡しなければならない
●返信メールの連絡は送信日の翌月末までに完了しなければならない
●返信メールを確認した翌月末に指定口座に振り込まれる

キャッシュバックキャンペーンとは異なり、5,000円キャッシュバックを貰い忘れたとしても月額料金の割引きで自動的に安くなるので安心です。

高額キャッシュバックを貰うことにこだわりがない人は、キャッシュバックキャンペーンではなく割引キャンペーンを選びましょう。

【割引キャンペーンを実施している窓口の比較】

申し込み窓口1~2ヶ月目3~24ヶ月目25~36ヶ月目3年間の総額
GMOとくとくBB2,170円3,480円
3,480円117,660円
Broad WiMAX2,726円3,411円4,011円128,626円
@nifty WiMAX2,970円3,650円3,650円130,040円
So-net WiMAX3,620円3,620円3,620円130,320円
BIGLOBE WiMAX3,345円4,030円4,380円147,910円

※GMOとくとくBBの3年間の総額は、キャッシュバック5,000円を受け取った場合の料金です。

GMOとくとくBBの次にBroad WiMAXの割引キャンペーンが安いという結果になりました。

キャッシュバックキャンペーンよりも割引キャンペーンの方が良いという人は、Broad WiMAXも検討してみてはどうでしょうか。

auスマホの月額料金が割引きされるお得なサービス

UQ WiMAXではauスマホとセットでスマホ料金が割引きされる「auスマートバリューmine」が適用されます。

※auスマートバリューmineの特徴
・スマホプランによって最大1,000円/月割引
・契約スマホ1回線のみが割引き
・auスマートバリューとは併用不可

なんと、毎月1,000円もスマホ料金が割引きされるんです。

プロバイダによってはauスマートバリューmineが適用されない場合があるので注意しましょう。

プロバイダauスマートバリューmine
GMOとくとくBB
Broad WiMAX
BIGLOBE WiMAX
カシモ WiMAX×
JP WiMAX×
DTI WiMAX×

JP WiMAXは最近サービスを開始したのであまり知られていませんが、Amazonギフト券を即日キャッシュバックしてくれる人気のプロバイダです。

JP WiMAXのキャンペーンはGMOとくとくBBよりもお得ですが、残念ながらauスマートバリューmineが適用されないのでauユーザーは避けた方がいいでしょう。

ただし主要プロバイダではauスマートバリューmineが適用されるので、GMOとくとくBBだけをお勧めする大きなメリットとは言えません。

また、現在では格安スマホと一緒にWiMAXを契約する人が増えてきています。

UQ WiMAXでは、UQ mobileとセットで格安スマホの料金が300円割引きされるキャンペーンを実施中です。

WiMAXのデータ量だけでは心許なくて僕はあまりお勧めしませんが、できるだけ料金を安くしたい人は格安スマホも良いかもしれませんね。

20日以内の解約であれば違約金が無料になる

GMOとくとくBBでは、20日以内の解約であれば解約違約金が無料になるサービスを実施しています。

UQ公式では「Try WiMAX」という15日間の無料お試しキャンペーンがありますが、解約違約金が無料になるサービスはGMOとくとくBBにしかありません。

例:WiMAX2+を20日後に解約した場合
事務手数料 3,000円
日割りの利用料 120.3円×20日=2,406円
解約違約金 24,800円⇒0円

全てが無料になるわけではありませんが

2年以内に解約した場合の違約金24,800円が無料になります。

他社でも2年以内に解約すると19,000円の違約金が発生するので、20日以内の解約であればGMOとくとくBBが最安値で解約することができるということです。

WiMAX初心者で住んでいるエリアで使えるかどうか不安な人、実際に使ってみて自分にWiMAXが必要かどうか判断したい人には嬉しいサービスですね。

しかし、UQ公式の「Try WiMAX」のようなお試しキャンペーンとは全く違うサービスなので注意してください。

※20日以内解約違約金無料キャンセルの条件
●過去にGMOを契約したことがある人は対象外
●申し込み時に登録した住所がUQ WiMAXのエリア判定で「○」以外の「○~△」「△」「×」の場合は対象
※20日以内解約違約金無料キャンセルの注意点
●GMOとくとくBBが負担してくれるのは違約金のみで、事務手数料・月額利用料・クレードル代金・WiMAX端末返送料は自己負担になる
解約・返品をする前にGMOとくとくBBお客さまセンターに「20日以内の返品」の旨の連絡を事前に行わなかった場合は違約金が請求される
●電話かメールでの解約になるが、受付が平日のみに限られていて、電話が混みあって繋がりにくいことが多い
端末機器を返送して、GMOとくとくBBに20日以内に届けないと違約金が請求される

お試しキャンペーンではないので、そもそもGMOとくとくBBのエリア判定で自分の住所に問題がある人はサービスの対象外になります。

また、20日以内に解約する前に「20日以内の返品」の旨を連絡しなければ解約違約金が請求されてしまうので気をつけましょう。

20日以内に解約する流れ

まずはエリア判定で自分の住所を検索し、「○」になるかどうかを確認してください。

もし判定結果が「×」の場合はWiMAX2+が使えないということなので諦めるしかありません。

「○~△」「△」の場合は、念のためにUQ WiMAX公式の「Try WiMAX」を利用してみると良いでしょう。

解約の手順は以下の通り

1.GMOとくとくBBお客様センターに連絡し、「20日以内の返品をしたい」と伝える
(TEL:0570-045-109 平日:10:00~19:00)

※平日の10時~19時の間が受付の時間帯で、月・金と12時~15時の間は混みあうので極力避けて電話してください。

2.端末機器を送られてきた状態にして箱に入れて、下記の宛て先に返品する

※余裕をもって利用開始日から20日経過するまでの2~3日前に返品します

〒150-8512
東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー
GMOインターネット株式会社 GMOとくとくBB 行

端末機器を20日以内に返却しないと通常通りの解約になってしまいます。

20日以内に解約する可能性がある人は、上記の手順や注意点をメモするか写真を撮っておいて確実に解約しましょう。

20日以内に解約しそびれてしまうケースが多い

気づいたら20日間を過ぎていて解約できなかったという人が非常に多いです。

20日以内にGMOとくとくBBに端末機器を届けられなかった場合は通常通りの解約になってしまいます。

例:申し込みから25日経過して解約した場合
事務手数料 3,000円
日割りの利用料 120.3円×25日=3,007円
解約違約金 24,800円

解約した翌月に30,807円も請求されてしまいます。

GMOとくとくBBの違約金無料サービスはUQ公式のお試しキャンペーンとは異なるので、お試しで使いたい方は「Try UQ WiMAX」を利用しましょう。

★GMOとくとく×WiMAXが人気の理由まとめ
・キャッシュバック額が業界No.1
・割引キャンペーンで月額料金が最安値になる
・auスマホ料金が最大1,000円/月安くなる
・20日以内に解約金0円で解約できる

 

スポンサーリンク

 

GMOとくとくBB×WiMAXのデメリットから対策まで

GMOとくとくBBのWiMAXが人気の理由を紹介しましたが、GMOとくとくBBには知らないと損するデメリットがいくつかあります。

皆さんが損したいためにも、デメリットと対策を一緒に書いたので必ず目を通してください。

要注意!キャッシュバックは1年後に受け取り

GMOとくとくBBはキャッシュバックの受け取りが1年後になってしまいます。

キャッシュバックの受け取り時期を比較
・GMOとくとくBB⇒12ヶ月後
・BIGLOBE⇒6ヶ月後
・@nifty⇒9ヶ月後

キャッシュバックの受け取りが難しいのは、何もGMOとくとくBBに限った話ではありません。

キャッシュバックキャンペーンを実施しているプロバイダで特典が貰えなかったという口コミが本当に多いです。

キャッシュバックの案内メールは契約先のプロバイダで作成したアドレスに届きます。

普段使っているアドレスではないうえに、毎日のようにメルマガの配信が届くので半数の人が見逃してしまうみたいです。

ひどい話ですが、業者が高額なキャッシュバックキャンペーンを実施できる理由の一つは、キャッシュバックを貰い忘れる人が一定数いるからでしょう。

普通に考えて、キャンペーンに申し込んだ人全員に一人ずつ3万円もの高額キャッシュバックを行うのは会社としても難しいところだと思います。

今この記事を読んでいる読者には絶対に損してほしくないので、キャッシュバックを確実に受け取るための対策を以下で紹介します!

-対策-

キャッシュバックを確実に受け取るための対策は以下の通りです。

キャッシュバックを確実に貰うための4つの対策
・メルマガが届かないようにする
・メール転送設定をする
・メールが届く時期を把握する
・GMOとくとくBBに問い合わせて確認する

まずは申し込みの時点で、メルマガの配信が届かないようにしましょう。


↑申し込みページの「メール受信設定」で「お知らせメールを受け取る」という部分のチェックを外してください。

作成したアドレス(×××.me/×××.gmobb.jp)から普段使っているメールアドレスに転送されるように設定すると、メールが届いたことに気付けるのでお勧めです。

また、使っている手帳やカレンダーに目立つように書いておくこと、Googleカレンダーなどのスマホのアプリを使えば指定した日に通知がくるように設定できます。

次に、GMOとくとくBBからキャッシュバックの案内メールが届く時期を必ず確認しましょう。

"端末発送月を含む11ヶ月目にキャッシュバックの案内メールを送信が届き、返信メールを翌月末までに完了しなければならない"

つまり、例えば2019年2月に契約した場合、2019年12月下旬に案内メールが届き、2020年1月末までに返信メールを完了しなければなりません。

※参考(契約月とメール受信月の関係)
2019年6月に契約⇒2020年4月下旬に受信
2019年12月に契約⇒2010年10月下旬に受信

メール受信月を過ぎてもメールが届かないという場合はGMOとくとくBBに必ず問い合わせてください。

GMOとくとくBBに問い合わせれば、案内メールの送信予定日を聞くこともできます。

キャッシュバックを受け取れる自信がない人は、月額料金の割引キャンペーンの方が安心ですよ。

プロバイダは困った時のサポート体制が整っていない

WiMAXの提供プロバイダ全体に言えることですが、ルーターを到着した後の設定からWi-Fi接続まで全て契約者本人がやらないといけません。

もしルーターの不具合や故障、紛失などのトラブルが起きた場合、基本的にメールか電話での対応になります。

しかし、GMOとくとくBBのサポート体制はかなり評判が悪いです。

GMOとくとくBBにメールしても返信が来ない、電話しても繋がらないなどの口コミや評判が多数見つかりました。

ルーターの不具合で使えなくなったりすぐに解約しないといけなかったりした時にサポートしてくれないと大変困りますよね。

GMOとくとくBBだけでなく、全てのプロバイダが基本的に電話でのサポート体制をとっています。

なので不安な人はプロバイダではなく、
家電量販店のWiMAXがおすすめです!

家電量販店のWiMAXがおすすめの理由
・端末の不具合やトラブルを店頭で対応してくれる
・ショップ店員と対面で質問できる
・当日に端末が受け取れる

契約した店頭に行けばルーターの設定方法や不具合、トラブルに対応してくれます。

残念ながら解約は電話でしか受け付けていませんが、分からないことがあればすぐに質問できるので安心感は抜群でしょう。

しかし、家電量販店のWiMAXは料金が安くなるキャンペーンが全く適用されません。

料金が安くなるプロバイダか、サポート体制が整っている家電量販店かを天秤にかけて判断してください。

※WiMAXを提供している家電量販店
・ヤマダ電機
・ビックカメラ
・ヨドバシカメラ
・EDION
・ケーズデンキ
・ピーシデポ

契約プランが3年縛りしかない

基本的にどこの申し込み窓口でもUQ WiMAXの本家であるUQ WiMAX公式と同じ契約プランになっていますが、

GMOとくとくBBには2年契約のプランがありません!

2018年10月まではGMOとくとくBBでも2年契約のプランがありましたが、現在ではほとんどのプロバイダが廃止しています。

現在2年プランで契約可能な申し込み窓口は主にUQ WiMAX公式と@nifty WiMAXの2社ぐらいでした。

2年契約と3年契約のプランの違いは以下の通りです。

ギガ放題プラン2年3年
月額料金4,380円
WiMAX2+通信量上限なし
LTE通信量7GB/月
LTEオプション使った月のみ
1,005円/月
無料

2年契約の場合はLTEオプションが有料になります。(auスマートバリューmineを適用すればLTEオプション料金は無料です。)

LTEオプションとは?
WiMAX2+も通信方式は2通りあり、通信速度が速いがエリアが狭い「WiMAX2+通信」と通信速度が遅いがエリアが広い「LTE通信」です。
LTE通信でWi-Fiを使いたい場合はLTEオプションを購入しなければなりません。

首都圏や政令指定都市のような人口が多い地域であればWiMAX2+通信でWi-Fi接続できます。

しかし地下鉄や建物の高層階、人口が少ない地域などWiMAX2+通信エリア外ではauのLTE通信を利用しなければなりません。

出張が多い社会人や帰省などで山間部に行くことが多い人は3年契約プランの方が安心ですね。

また、2年契約の場合はキャッシュバックキャンペーンや割引キャンペーンなどが適用されません。

2年プランと3年プランの2年間の総額を以下で比較しました。

例:WiMAX2+を2年で解約する場合

・UQ WiMAX(2年)
月額4,380円×24ヶ月=105,120円
解約違約金 0円
支払い総額 105,120円

・GMOとくとくBB(3年)
月額4,263円×24ヶ月=102,312円
キャッシュバック額 ▲32,000円
解約違約金 14,000円
支払い総額 84,312円

2年後で解約するとしても、3年縛りでキャンペーンを利用した方が安くなります!

しかし途中解約の場合は電話での解約になるので、Web上でスムーズに解約できないのは痛いところですね。

キャンペーンの条件として指定オプションが必須!

GMOとくとくBBに限った話ではなく、他社でもキャンペーン適用時には指定オプションが付ける必要があります。

GMOとくとくBBでは以下の指定オプションを2つ付けなければキャンペーンが適用されません。

●申し込み時の指定オプション
・安心サポート
┗300円(最大2ヶ月0円)
・安心サポートワイド
┗500円(最初2ヶ月200円)
・公衆無線LANサービス
┗362円(最大2ヶ月0円)

光回線のキャンペーンではオプションサービスが条件になることは少ないので、WiMAX2+を契約するデメリットともいえます。

しかし、WiMAX2+の契約後すぐにオプションサービスを解除すれば何の問題もありません。

逆に言うと、オプションサービスの無料期間に解除しないと余計なオプション料金を請求されることになるので注意しましょう。

「申し込み⇒契約完了⇒オプションの解除」という流れを決して忘れないようにしてください。

★GMOとくとくBB×WiMAXのデメリットまとめ
・キャッシュバックの受け取り時期が遅い
・困った時のサポート対応が電話のみ
・契約期間が3年縛りしかない
・キャンペーンには指定オプションが必須

GMOとくとくBB×WiMAXのヤバすぎる口コミや評判

キャッシュバックの受け取り難易度が高すぎ!

GMOとくとくBB×WiMAXのキャッシュバックは一年後なので、やはり申請を忘れてしまって貰い損ねる人が多いようです。

3万円ものキャッシュバックを逃してしまうのは本当にもったいないですよね。

申し込んだ時は「まー大丈夫だろう」と思っていても、案内メールが送られてくるのが11ヶ月後なので多くの人が忘れてしまいます。

一方で、しっかり対策を練ってキャッシュバックの申請を忘れなかった人たちの喜びの声もありました。

前述したとおり、「カレンダー機能」「メール転送設定」が基本的な対策方法となっています。

キャッシュバックを貰うためにこれほどの手間と労力が必要とは思わなかったという人も多いでしょう。

GMOとくとくBBでは月額料金の割引キャンペーンも実施しているので、キャッシュバックキャンペーンより安心してお得に申し込むことができますよ。

電話でのサポート対応が最悪!

デメリットとして先に書きましたが、GNMOとくとくBBの電話サポートに対しての不満の声がたくさんありました。

上の口コミでは端末を無くしてしまってサポートセンターに電話した際の出来事のようです。

どこのWiMAX提供会社でも、端末を紛失しまうと「途中解約」するか「更新月で解約」するかの2通りになってしまいます。

時期によってどちらが安く解約できるかは異なりますが、どちらにせよ既存の契約を解約しなければなりません。

しかし、電話サポートの態度や説明が悪かったためにこのような口コミが多いのでしょう。

プロバイダのサポート方法はメールか電話しかないので、もっと親身になって対応するように改善してほしいですね。

★GMOとくとくBB×WiMAXの評判まとめ
・キャッシュバックの貰い忘れが多い
・電話サポートの対応が悪い

GMOとくとくBB×WiMAXの解約方法と注意点

GMOとくとくBBの解約方法は、「更新月で解約する場合」と「途中解約する場合」で大きく異なります。

更新月とは、契約年数に応じて決められた期間ごとにやってくる契約更新月です。

GMOとくとくBBでは3年契約プランしかないので利用開始から3年ごとに更新月がやってきます。

例:2019年3月にWiMAX2+を契約した場合
最初の更新月⇒2022年3月1日~2月20日
2回目の更新月⇒2025年3月1日~2月20日

以降、3年ごとに更新月がやってきます。

更新月で解約しない場合は途中解約になるので注意しましょう。

※更新月が分からない場合
更新月が分からなくても、更新月の1ヶ月前にGMOとくとくBBから「契約期間の更新に関するご案内」のメールが届きます。また、会員ページ「BBnavi」にログイン⇒「現在ご利用中のサービス確認」で次回契約更新月えお確認できるので安心してください。

更新月で解約する場合の注意点

更新月で解約する場合は解約時の違約金が請求されないので、一切お金をかけずに解約することが可能です。

また更新月といっても、該当月の1日~20日の間に解約しなければなりません。

しかし、Webで解約する場合は前月の21日から解約することができます。

Web上の会員ページ「BBnavi」にログインして手続きを行えばスムーズに解約できますよ。

●会員ページ「BBnavi」にログイン
※ログインが分からない場合は契約時に送られてきた「登録証」を確認しましょう。

途中解約する場合の注意点

途中解約する場合は以下の解約違約金が請求されます。

※参考(解約違約金)
・1年以内に解約した場合
⇒19,000円
・2年以内に解約した場合
⇒14,000円
・3年目以降、更新月以外に解約した場合
⇒9,500円

WiMAX提供会社は途中解約時の違約金が本当に高いので、できるだけ更新月で解約しましょう。

また、Webでの解約ができないので、必ずGMOとくとくBBお客様センターに電話する必要があります。

GMOとくとくBBは電話が繋がりにくいという評判が多いので、解約するのがかなり面倒です。

電話が混雑する曜日(月曜と金曜)と時間帯(12時~15時)は避けて、スムーズに解約手続きを完了させましょう。

途中解約の手続き方法
●電話で解約する
GMOとくとくBBお客様センター
0570-045-109(有料8.5円/3分)
平日 10:00~19:00

解約後はSIMカードを返送する

WiMAX2+を解約しても端末を返却する必要はありません。

しかし、GMOとくとくBBの場合はWiMAX2+に内蔵されているSIMカードの返却が必須です。

もしSIMカードを返却しなかったらSIM損害金として3,000円が請求されるので注意しましょう。

★GMOとくとくBB×WiMAXの解約まとめ
・更新月でスムーズに解約できる
・途中解約の場合は電話での手続きで解約しにくい
・解約後はSIMカードを返送する

GMOとくとくBB×WiMAXと他社キャンペーンを比較

ここまで、GMOとくとくBB×WiMAXのキャンペーンやサービスを紹介してきました。

確かにWiMAXを1円でも安く利用したい人には、
GMOとくとくBBのWiMAXが絶対おすすめです!

しかし、GMOとくとくBBのキャッシュバックは1年後の受け取りになってしまうので、確実に一番安くなるとは言い難いです。

「安い料金よりも安心できる環境が良い!」
「早めにキャッシュバックが欲しい!」

このような人たちのために料金の安さだけでなく、確実にお得になる安心感や充実したサービスを比較しました。

おすすめ順に紹介していきます。

1位 JP WiMAX

JP WiMAXがおすすめな人
・早く確実にキャッシュバックが欲しい人
・auスマホ以外を使っている人
・WiMAX機種にこだわりがない人

JP WiMAXは、世界各地にWiFiスポットを有するFONの日本法人「フォンジャパン」が運営しているWiMAX提供会社です。

WiMAX事業が他社と比べて後発になってしまったので、ほとんど知名度はありません。

しかし、「安心で、お得なWiMAXプロバイダ」をコンセプトに本当にお得なキャンペーンを実施しています。

JP WiMAXのキャンペーン内容
・Amazonギフト券で17,000円キャッシュバック
・月額料金を大幅に割引き
・オプション登録が不要

な、なんと、契約してすぐにAmazonギフト券1万円分が貰えるんです!

そして、1年後にあとの7千円分がキャッシュバックされます。

月額料金の大幅割引きと併せて、3年間の費用を比較した結果は以下の通りです。

申し込み窓口月額料金キャッシュバック3年間の費用
JP WiMAX3,700円17,000円116,200円
GMOとくとくBB4,263円32,100円
121,368円
UQ WiMAX4,380円10,000円147,680円
So-net WiMAX3,620円×130,320円
BIGLOBE WiMAX4,416円15,000円134,280円
@nifty WiMAX4,350円30,100円126,500円
Broad WiMAX3,611円×129,996円

主要プロバイダと3年間の料金を比較しても一番安かったです。

ただし、JP WiMAXにはデメリットがあります。

※JP WiMAXのデメリット3つ
・auスマートバリューmineが適用されない
・最新機種「W06」の在庫が少ない
・解約違約金が高額

auのスマホ料金が安くなるauスマートバリューmineが適用されないので、auスマホユーザーにはお勧めできません。

また、JP WiMAXの口コミや評判を見てみると、最新機種「W06」の在庫が少ないらしいので入荷するまで代替機で待つ場合があります。

auスマホユーザーと最新機種をすぐに使いたい人以外は、下の口コミのようにお得に契約することが可能です。

2位 GMOとくとくBB WiMAX

GMOとくとくBB WiMAXがおすすめな人
・利用料金を1円でも安くしたい人
・1年後のキャッシュバックを忘れない人
・auスマホを使っている人

何よりも料金を重視したいという人は、
迷わずGMOとくとくBBを選びましょう。

JP WiMAXに1位を譲ってしまいましたが、キャッシュバックの受け取り時期が1年後であること以外は本当に素晴らしいプロバイダです。

GMOとくとくBBを運営する「GMOインターネット」は、日本でも有数の超大手企業になります。

WiMAXのサービス事業に大きく力を入れているので、最新機種の在庫がなくなるという事態はまず起きません。

また、auスマートバリューmineだけでなく、UQコミュニケーションズの様々なサービスを取り入れています。

キャッシュバックの受け取りにさえ注意すれば、総合的にも一番お勧めできるプロバイダですよ。

3位 Broad WiMAX

Broad WiMAXがおすすめな人
・毎月の月額料金を安くしたい人
・他社モバイルルーターを使っている人
・auスマホを使っている人

Broad WiMAXは、GMOとくとくBBの次にお得な割引キャンペーンを実施しています。

※参考(月額料金の比較)
・UQ WiMAX公式
4,380円
・Broad WiMAX
1~2ヶ月目:2,726円
3~24ヶ月目:3,411円
25ヶ月目~:4,011円

また、他社Wi-Fiサービスからの乗り換えキャンペーンも実施中です。

●キャンペーン内容
他社Wi-Fiサービス
(WiMAX/SoftBank Air/Y!mobile Pocket Wi-Fi)からの乗り換えで解約違約金を19,000円まで負担してくれます。

割引キャンペーンと乗り換えキャンペーンは併用することができるので、現在他社Wi-Fiサービスを利用している人はBroad WiMAXが一番お勧めです。

4位 UQ WiMAX公式

UQ WiMAXがおすすめな人
・WiMAXの本家本元で安心したい人
・WiMAXをお試しで使いたい人
・auスマホを使っている人

UQ WiMAX公式は、料金を重視する人にはお勧めできませんが、WiMAXの本家本元なので安心して申し込むことが可能です。

また、最もお勧めできるキャンペーンとしてWiMAXのお試しキャンペーンを実施しています。

お試しキャンペーンは15日間の期間であれば無料でキャンセルできるので本当におすすめです。

UQ WiMAX公式で申し込まなくても良いので、

一度はWiMAX2+を無料で使うためにお試しキャンペーンを活用しましょう。

自分の住んでいるエリアでWiMAX2+が使えるかどうか、使い心地はどうかなど一度で良いので試してみてください。

5位 So-net WiMAX

So-net WiMAXがおすすめな人
・料金をシンプルにしたい人
・So-netで統一したい人
・auスマホを使っている人

So-net WiMAXは、割引キャンペーン適用を適用することで3年間ずっと3,620円で利用することができます。

端末代やキャッシュバックなど複雑な追加料金や注意点がないので、料金システムが簡単で利用しやすいです。

また、So-netは光回線のauひかりやドコモ光、フレッツ光などのプロバイダでもあります。

現在プロバイダでSo-netを利用していて、契約先を一本化したいという人にはお勧めです。

6位 BIGLOBE WiMAX

BIGLOBE WiMAXがおすすめな人
・キャッシュバックが欲しい人
・BIGLOBEで統一したい人
・auスマホを使っている人

BIGLOBE WiMAXはGMOとくとくBBと同様にキャッシュバックが貰えるプロバイダです。

キャッシュバック額:15,000円
受け取り時期:最短6ヶ月後

キャッシュバック額はGMOとくとくBBの半分になってしまいますが、受け取りが早くて半年後になります。

早くキャッシュバックが欲しい人にはお勧めです。

また、同時に割引キャンペーンも実施していますが、割引額が少ないのでキャッシュバックキャンペーンの方がお得ですよ。

7位 @nifty WiMAX

@nifty WiMAXがおすすめな人
・キャッシュバックが欲しい人
・@niftyで統一したい人
・auスマホを使っている人

@nifty WiMAXはGMOとくとくBBの次に高額なキャッシュバックキャンペーンを実施しています。

キャッシュバック金額:30,100円
受け取り時期:最短9ヶ月後

キャッシュバック額がGMOとくとくBBと大して変わらず、最短で9ヶ月後に受け取ることができるのでかなりお得です。

なぜGMOとくとくBBより劣るかというと、

@niftyではWiMAXのみの利用の場合、プロバイダ使用料として別途で250円/月かかるからです。

3年間の使用料だけで合計9,000円にもなるので、意外と負担が大きくなります。

キャッシュバックを貰い忘れなければGMOとくとくBBで一番お得に申し込むことができますよ。

★GMOとくとくBBと他社キャンペーンを比較まとめ
・最もお得なキャンペーンはJP WiMAX
・総合的にはGMOとくとくBBがおすすめ
・Broad WiMAXは乗り換えキャンペーンを実施中
・UQ WiMAXのお試しキャンペーンが超便利

GMOとくとくBB×WiMAXの機種変更はおすすめしません!

2019年1月にUQ WiMAXが最新機種の提供を開始したこともあって、従来の古い機種から機種変更したいという人が非常に多いです。

GMOとくとくBBでは、現在WiMAX2+を32ヶ月以上利用している人を対象に無料で機種変更できるキャンペーンを実施しています。

しかし僕は、GMOとくとくBBの機種変更キャンペーンをお勧めしません。

機種変更をおすすめしない理由2つ
・他社で新規契約する方がお得になる
・最新機種はそこまでお勧めではない

GMOとくとくBBでWiMAXの機種変更を検討されている人は必ずチェックしてください。

機種変更よりも他社で新規契約した方がお得になる

GMOとくとくBB×WiMAXの機種変更キャンペーンの概要は以下の通りです。

※機種変更キャンペーンの概要
・32ヶ月以上利用している人が対象
・途中解約でも解約金が無料になる
・最新機種の端末代が0円
・最新機種の端末発送費が0円

そもそもWiMAXを32ヶ月以上も利用している人は少ないでしょう。

利用開始から32ヶ月経ってしまえば、あと4ヶ月で更新月になるので解約違約金なしで解約することが可能です。

つまり、通常通りに更新月で解約させないための機種変更キャンペーンだと言えます。

なぜなら、機種変更するよりも他社のキャンペーンを使って料金を月額料金を安くする方がお得だからです。

例:3年契約のギガ放題プランを3年間利用

●GMOとくとくBBで機種変更する場合
解約違約金 0円
月額料金 4,263円
3年間の合計 153,468円

●他社(So-net WiMAX)で新規契約する場合
解約違約金 9,500円(24ヶ月以上で途中解約)
月額料金 3,620円
3年間の合計 139,820円

機種変更するよりも他社で新規契約する方が長期的に見て安くなるんです。

しかし、解約手続きや新規で申し込むのが面倒だという人は機種変更キャンペーンをおすすめします。

機種変更キャンペーンを活用しても料金がお得になるわけではないということは頭に入れておきましょう。

WiMAX2+の最新機種はおすすめしません!

WiMAX2+の機種変更キャンペーンで選べる機種いくつかあります。

※参考(選べる最新機種)
・Speed Wi-Fi NEXT W06
・Speed Wi-Fi NEXT WX05

2019年1月に発売された最新機種「W06」は、1年前に発売された「W05」の後継機種です。

この2つの製造元は「HUAWEI」という会社で、不具合が起こりにくく速度が速いのでかなり人気があります。

しかし、「W05」から「W06」に変わった点は、有線接続での速度がかなり速くなったぐらいです。

ほとんどの人が有線ではなく無線LAN(Wi-Fi)接続で利用していますし、一部地域では無線でも速度が改善されたものの、体感ではそこまで変わりません。

↑このような口コミがあるように、最新機種の変更したとしてもほとんど変化は感じないようです。

ちなみに「WX05」を製造している会社は有名なNECです。

家電量販店の店員に取材したところ、NEC製のWiMAX機種は不具合が起こりやすいらしく、2019年2月でも7件は対応したと言っていました。

僕のお勧め機種は、HUAWEIの前機種の「Speed Wi-Fi NEXT W05」です。

申し込み窓口によっては最新機種を選べないこともありますが、一つ前の機種であれば在庫に余裕があります。

キャンペーンによってはキャッシュバック額が上乗せされる場合もあるのでお得ですよ。

※「W05」でお得になる申し込み窓口
UQ WiMAX公式
┗10,000円キャッシュバック
GMOとくとくBB WiMAX
┗5,000円上乗せしてキャッシュバック
家電量販店のWiMAX
┗10,000円キャッシュバック

★GMOとくとくBBの機種変更まとめ
・GMOとくとくBBで機種変更するよりも他社で新規契約した方が安くなる
・NEC製の端末は不具合が多い
・端末はHUAWEIの「W05」がおすすめ

WiMAXはGMOとくとくBBがおすすめ

2019年3月現在※WiMAXを申し込むなら下記窓口が間違いなくお得です!

●最短即日配送!
●送料無料!
●端末代0円!
●32,000円キャッシュバック!
●20日以内ならキャンセルOK!

GMOとくとくBBは大手インターネット企業GMOが運営するプロバイダーです。

ドコモ光だけではなくWiMAXでも人気のあるプロバイダです。
▼32,000円キャッシュバック▼
月額料金3,609円から利用可能!
『WiMAXの人気の申し込み窓口はこちら』
The following two tabs change content below.

ブログ管理人

なんとか結婚8年目。3人娘とニャンコとワンコが一匹ずついます。本業はライターとWebデザイナー、ディスプレイデザインや不動産系も得意です。 自分が過去に騙された経験を活かして、フレッツ光や光コラボレーションの役立つ情報を記事にしています。疑問・相談などあればコメントでも、何でも気軽にどうぞ。
光回線の相談窓口

 

人気の記事一覧

同一カテゴリ内の関連記事

同一カテゴリ内の関連記事

同一カテゴリ内の関連記事

光回線の申込み窓口選びは本当に大切です。

いい加減なところから申込むと『僕みたいに騙されて』せっかくのキャッシュバックが台無しになります。

このブログを通じて皆さんに紹介している窓口は、僕自身が何度もお世話になっていますし、次の理由から自信を持っておすすめできます。
  • 取扱っているネット回線の種類が多い
  • 最短3か月のキャッシュバック受取り
  • キャッシュバックに複雑な条件が無い
  • 僕も利用しているので安心して下さい

また、紹介をした友人からの口コミもあり、本当にたくさんの方からお申込みを頂いています。

親身になって話を聞いてくれるので、他の窓口と比べて頂ければ良さが必ず分かると思います。

フレッツ光・光コラボレーションの新規申込みや転用、光回線選びでお困りなら相談だけでもしてみて下さい。
banar

コメントを残す

*