ドコモ光×AsahiNetはIPv6でも遅い?おススメできない理由について|ヒカリCOM

公開日:2018/11/27 更新日:2018/12/07
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回はドコモ光のプロバイダであるAsahiNetについて解説していきます。

結論から言うとほとんど使うメリットがみつからないプロバイダです。

AsahiNetを使うよりも、もっとおススメできるプロバイダがあるのでそちらも紹介していきます。

ドコモ光のプロバイダの選び方を知りたい方はこちらもどうぞ!
ドコモ光プロバイダ徹底比較!速度や料金のおすすめと変更方法まとめ

工事費無料(18000円)+最大25,000円キャッシュバック!

2018年12月現在※ドコモ光を申し込むなら下記窓口が間違いなくお得です!

おすすめの理由
●工事費無料(18,000円相当)!
●15,000円キャッシュバック!
●dポイント10,000円分プレゼント!
●dカードGOLD申し込みでAmazonギフト券5,000円!
●設定不要!超高速Wi-Fiルーターがもらえる!他社より高性能!
●スマホ1台乗り換えにつきdポイント10,000円分プレゼント!(最大5台)
●スマホの違約金を10,260円負担してくれる!
●インターネット設定を無料で出張サポート!

期間限定!工事費無料キャンペーン実施中!

通常18,000円かかる工事費が今なら無料になります!!

dポイントは飲食店やコンビニ、家電量販店で使えるだけでなく、携帯ご利用料金の割引にも利用できます。

※無線LANルーターを無料でレンタルできる窓口も増えましたが、下記の窓口の性能がダントツで良いです!

ドコモショップや公式サイトからはキャッシュバックは受け取れません。

当サイトからも申し込みが急増しています。

ドコモの携帯とドコモ光の利用料10%のポイントが貯まる超お得なdカードGOLDの申し込みもお忘れなく!

※年末は工事が混みあう可能性が高いので早めの申し込みをおすすめします。

▼最大25,000円キャッシュバック▼
スマホ1台乗り換えにつきdポイント10,000円分!
『ドコモ光の人気の申し込み窓口はこちら』

ドコモ光×AsahiNetの基本料金

ドコモ光はタイプAとタイプB、単独タイプという3つのタイプがあります。

タイプAとタイプBはプロバイダとセットになっています。どの選ぶプロバイダを選ぶかによってどちらのタイプになるかが決まります。

また単独タイプは自分でプロバイダを契約するプランになります。

単独タイプは自分でプロバイダを契約することになるので、プロバイダ使用料も支払う必要があります。

なので使用料はさらに高くなります。

プロバイダタイプ
ドコモnetタイプA
ぷらら
So-net
GMO
nifty
DTI
ic-net
タイガース
BIGLOBE
andline
シナプス
excite
エディオン
SIS
楽天
TiKiTiKi
hi-ho
ネスク
01光コアラ
OCNタイプB
TCOM
TNC
AsahiNet
WAKWAK
ちゃんぷる

この表のとおりAsahiNetはタイプBになります。

タイプの他に戸建かマンションによってさらに料金が細かく分かれます。

 戸建てマンション
タイプA5,200円4,000円
タイプB5,400円4,200円
単独タイプ5,000円3,800円

基本料金だけでみるとAsahiNetはタイプAより高くなっています。

タイプAとタイプBでは速度やサービスに大きな差が出るわけではありませんので、AsahiNetの料金がタイプAと同じになって欲しいという声もあります。

 

スポンサーリンク

ドコモ光×AsahiNetの通信速度の評判

ドコモ光ではどのプロバイダを選んだとしても、最大速度は1Gbpsになっています。

しかし、使う人の環境や用途によって評判にちがいがあります。

こちらの方は200Mbpsの速度が出ていました。この方がネット使っていた時間は深夜のようですが200Mbpsもでていれば、検索や動画だけでなく、オンラインゲームもなんの問題もなく使うことができます。

ネットが混雑しやすい午後11時あたりにネットを使っていると速度が落ちたみたいです。

午後10時が一番インターネットを使う人が多いので、速度も遅くなりやすいです。

このツイートにあるIPoE接続というのはインターネットの接続方式です。

どのプロバイダも最大速度は変わりませんが、接続方式によって通信速度が遅くなることがあります。

AsahiNetはIpv6接続方式を使っている

IPv6という接続方式を簡単に紹介すると、従来の接続よりも快適に利用できる接続方式です。

IPv6接続には3つのパターンがあって、それぞれ以下のような違いがあります。

・PPPoE IPv6⇒速度改善なし
・IPoE IPv6⇒一部のサイトでのみ速度改善
・v6プラス⇒全般的に速度改善

3種類の接続方式の中で全般的に速度が上がるのはv6プラスです。

AsahiNetは評判の中でのツイートでもあったようにIPoE IPv6方式を使っているので、v6プラスを採用しているプロバイダよりも速度が遅くなります。

他のプロバイダの接続方式は下の表になります。

プロバイダ接続方式
ドコモnet
v6プラス
ぷららv6プラス
So-netv6プラス
GMOv6プラス
niftyv6プラス
DTIv6プラス
ic-netPPPoE IPv6
タイガースv6プラス
BIGLOBEv6プラス
andlinev6プラス
シナプスIPoE IPv6
excitePPPoE IPv6
エディオンPPPoE IPv6
SISv6プラス
TiKiTiKiPPPoE IPv6
hi-hoPPPoE IPv6
ネスクPPPoE IPv6
01光コアラPPPoE IPv6
OCNv6プラス
TCOMPPPoE IPv6
TNCPPPoE IPv6
AsahiNetIPoE IPv6
WAKWAKIPoE IPv6
ちゃんぷるPPPoE IPv6

v6プラスを使っているプロバイダも多いので、AsahiNetの速度が遅いと感じる方は変更してみるのもありです。

通信速度が遅くなる原因はプロバイダだけではない

通信速度が遅くなるのはプロバイダだけが原因ではありません。

マンションの方が戸建より通信速度が遅くなることはよくあります。

またマンションでも配線方式によって通信速度が遅くなります。

また使う時間帯によっても速度は変わります。

夜は利用者が集中するための回線が混雑して、通信速度が遅くなります。

また検索や動画をみるくらいであれば満足する速度でも、オンラインゲームやFPS系のゲームをやる人だと速度が遅いと感じる人もいます。

通信速度が遅いという声は他のプロバイダでもよくあることなので、AsahiNetだけに限ったことではありません。

通信障害が原因で速度が遅くなる時がある

またAsahiNet側で通信障害が発生して通信速度が遅くなることがあります。

通信障害が起きた時の対処法はなく、AsahiNetが復旧してくれるのを待つしかありません。

通信障害はどのプロバイダでも発生することなので、避けることはできません。

 

スポンサーリンク

 

AsahiNetの通信速度が遅いときの対処法

AsahiNetを使っていて、通信速度が遅い時の対処法を紹介します。

光回線を使っている人で通信速度が遅くなる原因はルーターや使っている端末側にあることが多いです。

・ルーターやLANケーブルを買い替える

使っているルーターやLANケーブルが古くて、通信速度が遅くなることがあります。

ルーターやLANケーブルを買い替えることで速度が改善することがあります。

・Wi-fiを使っている人は有線接続にしてみる
Wi-fiを使っている人はパソコンやゲーム機などに直接LANケーブルを接続すると速度が安定します。

・端末を買い替える
パソコンやスマホなどが古くて通信速度がでないこともあります。買い替えることで通信速度が上がることがあります。

・使っていないソフトやアプリを終了させる
ソフトやアプリをたくさん開いていると、パソコンやスマホなどの処理速度が落ちるので通信速度が遅くなります。

使っていないアプリやソフトを終了させることで通信速度が上がります。

・IPv6方式に変更する
現在ドコモ光でAsahiNetを使っている人の中にはIPv6方式になっていない人もいます。

その場合はAsahiNetの問い合わせページからIPv6方式に変更することができます。

IPv6方式かどうかはAsahiNet問い合わせれば教えてくれます。

IPv6方式でない場合は変更すると速度が上がることがあります。

・プロバイダを変更する
v6プラスを使っているプロバイダに変更することで通信速度が改善する場合があります。

プロバイダの変更方法はあと紹介するので、参考にしてみてください。

ドコモ光×AsahiNetを使うメリット・デメリット

今度はAsahiNetのメリットとデメリットを紹介します。

特に通信速度に関してメリットがあり、デメリットは他のプロバイダよりオプションが弱いところになります。

メリット

タイプAよりタイプBの方が高額なので利用者が少ないです。そのため回線が混雑しにくくなるので、ネットが使いやすくなることがあります。

接続方式はv6プラスではありませんが、混雑しなければ通信速度が安定しやすくなります。

とくに夜は利用者が多くなるので、急に通信速度が遅くなりがちです。

AsahiNetを使っている人が少なければ利用者が集中することがないので、混雑せずにインターネットにアクセスすることができます。

デメリット

他のプロバイダに比べて受けられるオプションがすくないです。他のプロバイダのオプションと比較しながら解説していきます。

・セキュリティサービスがはじめから有料
ほとんどのプロバイダがメールウイルスチェック、セキュリティソフトの2つのセキュリティサービスが無料でついてきます。

プロバイダメール
ウイルス
チェック
セキュリティ
ソフト
ドコモnet無料マカフィー
⇒12ヶ月無料
ぷらら無料マカフィー
⇒24ヶ月無料
So-net無料カスペルスキー
⇒24ヶ月無料
GMO無料マカフィー
⇒12ヶ月無料
nifty無料カスペルスキー
⇒12ヶ月無料
DTI無料マカフィー
⇒12ヶ月無料
ic-net無料ic-net安心
セキュリティ
⇒36ヶ月無料
タイガース無料カスペルスキー
⇒永年無料
BIGLOBE無料セキュリティ
セット
プレミアム
⇒12ヶ月無料
andline無料マカフィー
⇒12ヶ月無料
シナプス無料マカフィー
⇒12ヶ月無料
excite無料Excite
インターネット
セキュリティ
⇒36ヶ月無料
エディオン無料ウイルス
バスター
⇒月額429円
SIS受信時のみ
無料
スピーディア
永年無料
セキュリティ
⇒永年無料
楽天無料ウイルス
セキュリティ
⇒12ヶ月無料
TiKiTiKi無料ノートン
⇒月額450円

ウイルス
バスター
⇒月額450円

MyPC
セキュリティ
⇒月額200円
hi-ho無料マカフィー
⇒12ヶ月無料
ネスク無料ウイルス
バスター
⇒月額500円

マカフィー
⇒月額500円
01光コアラ無料
OCN送信時のみ
無料
マイセキュア
⇒12ヶ月無料
TCOM無料有害サイト
ブロック
⇒12ヶ月無料
TNC無料12ヶ月無料
AsahiNet月額200円カスペルスキー
⇒2ヶ月無料
WAKWAK送信時のみ
無料
マカフィー
⇒月額500円
ちゃんぷる受信時のみ
無料
ウイルス
バスター
⇒月額477円

そんな中AsahiNetは最初から有料オプションになっています。メールが毎月200円、セキュリティソフトが毎月480円になっています。

ただとどちらも不要と思っている人であれば気にする必要はないですが、AsahiNetだけセキュリティサービスが弱くなっています。

・訪問サービス、リモートサービスがない
リモートサービス、訪問サービスは電話や直接家に訪問してもらい設定や操作のサポートが受けられるサービスです。

これから初めて光回線を契約する方であれば設定やネット接続が難しいので、不安な人は以下のプロバイダにした方がいいです。

訪問サポートが無料なプロバイダ
・ぷらら
・So-net(ルーターレンタルと併用不可)
・@nifty(3ヶ月以内)
・DTI
・ic-net(36ヶ月以内)
・タイガースネット(180日以内)
・シナプス(6ヶ月以内)
・SIS(60日以内)
・楽天ブロードバンド(60日以内)
・hi-ho(60日以内)
・OCN
・ちゃんぷるネット(12ヶ月以内何回でも無料)

リモートサポートが無料なプロバイダ
ぷらら
・DTI
・タイガースネット
・@ネスク

・Wi-fiルータの無料レンタルサービスがない
Wi-fiルータを無料でレンタルさせてくれるプロバイダもあります。

中には1万円以上するWi-fiルータを無料でレンタルできるプロバイダもあるので、レンタルできないのもデメリットになります。

無料でwi-fiルーターをレンタルできるプロバイダ
・ぷらら
・So-net
・GMOとくとくBB
・DTI
・BIGLOBE(2018年8月29日以降にドコモ光を申し込んだ方のみ)
・OCN

・キャッシュバックがない
新規や転用でドコモ光を申し込んだ場合、キャッシュバックをもらえるプロバイダがあります。

キャッシュバックがあるプロバイダ
・GMOとくとくBB
・ぷらら
・So-net
・DTI

キャッシュバックをもらうには条件がありますが、普通に申し込んで使いはじめれば条件をクリアすることができます。

しかもどれもタイプAのプロバイダなので、タイプBのAsahiNetよりもお得にネットを使うことができます。

普通にインターネットを使いたい人であれば問題なく使える

AsahiNetはタイプAより少し使用料が高いですが、金額が気にならない人であればそのまま使い続けても問題ないプロバイダです。

通信速度もネット検索や動画を見るだけであれば問題なく使えます。

オプションも少ないですが、特にこだわりがなければ気になりません。

プロバイダを変更することもできますが、連絡の手間や手数料がかかってしまいます。

AsahiNetで満足しているのであれば無理にプロバイダを変更しなくてもいいです。

プロバイダにこだわりたい人はGMOとくとくBBを選ぼう

AsahiNetについて紹介しましたが、もっと料金や通信速度、オプションが充実したプロバイダはないのか?

と考えている人もいるはずです。そこでおススメのプロバイダがGMOとくとくBBです。

今AsahiNetを使っている人だけでなく、他のプロバイダを使っている人、これからドコモ光を契約してプロバイダを選んでいる方にもGMOとくとくBBをおススメします。

料金と通信速度

・料金について
GMOとくとくBBはタイプAになっています。プランAはドコモ光の中で一番安いプランです。

タイプBのAsahiNetよりも安い金額でネットを使うことができます。

・通信速度について
最大通信速度はどのプロバイダも変わりません。

ただ評判のところで接続方式について説明しましたが、GMOとくとくBBは一番速度が上がりやすいv6プラスを使っています。

AsahiNetはIPoE接続を使っていますが、v6プラスを使っているGMOとくとくBBの方がネットに接続しやすくなっています。

オプションも充実している

・メールウイルスチェック機能
メールウイルスチェック機能がついていて、ドコモ光を契約している間はずっと無料で使えます。

・総合セキュリティソフト
マカフィーというセキュリティソフトが12ヶ月無料で使えます。通常なら毎月500円かかるサービスで、パソコンも含めスマホにもセキュリティを入れることができます。12ヶ月以降は自動で有料サービスへの変更となりますので不要な方は解約が必要です。

プロバイダの中で一番高性能なWi-fiルーターを無料レンタルできる

GMOとくとくBBは他のプロバイダの中で一番スペックが高いものを無料でレンタルできます。

プロバイダメーカー
型番
価格最大速度
DTIELECOM製
WRC-
1167GST2
8,970円5GHz帯
⇒867Mbps

2.4GHz帯
⇒300Mbps
BIGLOBENEC製
Aterm
WG1200HP3
オープン
価格
5GHz帯
⇒867Mbps

2.4GHz帯
⇒300Mbps
ぷららI-O DATA製
WN-
AX1167GR2
8,300円5GHz帯
⇒867Mbps

2.4GHz帯
⇒300Mbps
So-netI-O DATA製
WN-
AX1167GR2
8,300円5GHz帯
⇒867Mbps

2.4GHz帯
⇒300Mbps
GMOBUFFALO製
WXR-
1750DHP2
14,300円5GHz帯
1,300Mbps

2.4GHz帯
⇒450Mbps
NEC製
Aterm
WG1900HP2
オープン
価格
5GHz帯
1,300Mbps

2.4GHz帯
600Mbps

この表に載っていないプロバイダでも無料でルーターをレンタルできますが、最大速度と価格が一番高いのはGMOのルーターになります。

最大通信速度はどのプロバイダでも同じですが、高性能なルーターを使えばネットを快適に使いやすくなります。

また通信速度がはやくなるだけでなく戸建であれば3階まで、マンションであれば4LDKまでの広さまで電波が届きます。

さらにルーターがWi-fiに繋いでいるパソコンやスマホを自動で感知して、端末に向けて電波を飛ばす機能がついています。

WXR-1750DHP2であればアンテナの向きを変えることができるので、戸建の2階や3階に電波を届やすくなります。

広い家でWi-fiを使ったり、たくさんの端末をネットにつなぎたい人にはピッタリなルーターです。

ここまで高性能なルーターを無料でレンタルできるはGMOとくとくBBしかありません。

さらにこのルーターを37ヶ月以上使うと、ドコモ光やGMOとくとくBBを解約しても返却する必要がなくなります。

他のプロバイダでルーターをレンタルした場合は必ず返却しないといけないので、これもGMOとくとくBBだけのメリットになります。

GMOとくとくBBだけの新規申込み特典

GMOとくとくBBのホームページでドコモ光を申し込むと独自の特典を受けることができます。

・キャッシュバックがある
GMOのホームページからドコモ光を申し込むとキャッシュバックがもらえます。

申し込む内容によってキャッシュバックの金額は違います。

ドコモ光+ドコモ光電話バリューを申し込んだ人場合:15,000円
ドコモ光のみを申し込んだ場合:5,500円

キャッシュバックはドコモ光工事開通月を含む4ヶ月目にキャッシュバック受け取りメールが来ます。

GMOとくとくBBの会員登録したときに登録したメールアドレスにキャッシュバックの案内がきます。

メールに沿ってキャッシュバックの振り込み口座を登録すると、登録した翌月末日に振り込まれます。

またドコモ公式のdポイントプレゼントキャンペーンも併用できます。

・訪問サポートが1回無料で使える
通常であれば有料サービスですが、ホームページから申し込むと訪問サポートが1度だけ無料で使えます。

訪問サポートを有料で使う場合は基本料6,000円+オプション料かかります。

・社対抗徹底宣言
他社徹底対抗宣言はGMOだけの特殊な取り組みになります。

ドコモ光の申し込みでGMOとくとくBBの特典よりもお得な条件の窓口があれば、それよりも同条件以上の特典を提供する

という内容なっています。

以下の内容を申込みの時に伝えると、同じ条件以上の特典がもらえるみたいです。

・他社名
・キャッシュバック適用条件
・キャッシュバック金額

GMOとくとくBBよりお得な窓口を見つけた方は交渉してみるのもアリです。

・訪問サポートがついてくる
オプションでも説明した、訪問サポートを1回だけ無料で受けることができます

最初のネットやメールの設定に時間がかかる方もいるので、訪問してもらってサポートしてもらえば手間がなくなります。

また追加で訪問サポートを受けたい場合は有料になります。

プロバイダを選ぶならAsahiNetよりGMOとくとくBBの方

プロバイダを選ぶならAsahiNetではなくGMOとくとくBBにことはメリットしかありません。

また現在AsahiNetを使っている人も今からGMOとくとくBBに変更する価値はあります。

・料金
・接続方式
・セキュリティ
・訪問サポート
・キャッシュバック
・Wi-fiルーターの無料レンタル

全てにおいてAsahiNetよりGMOの方が優れています。

他のプロバイダもGMOとくとくBBと同じように接続方式やキャッシュバック、その他のサービスも充実しています。

しかし、高機能なWi-fiルーターをレンタルさせてくれるプロバイダはGMOとくとくBBしかありません。

ドコモ光で他のプロバイダを使っていて、速度に不満がある人はぜひGMOとくとくBBを使ってみてください。

工事費無料(18000円)+最大25,000円キャッシュバック!

2018年12月現在※ドコモ光を申し込むなら下記窓口が間違いなくお得です!

おすすめの理由
●工事費無料(18,000円相当)!
●15,000円キャッシュバック!
●dポイント10,000円分プレゼント!
●dカードGOLD申し込みでAmazonギフト券5,000円!
●設定不要!超高速Wi-Fiルーターがもらえる!他社より高性能!
●スマホ1台乗り換えにつきdポイント10,000円分プレゼント!(最大5台)
●スマホの違約金を10,260円負担してくれる!
●インターネット設定を無料で出張サポート!

期間限定!工事費無料キャンペーン実施中!

通常18,000円かかる工事費が今なら無料になります!!

dポイントは飲食店やコンビニ、家電量販店で使えるだけでなく、携帯ご利用料金の割引にも利用できます。

※無線LANルーターを無料でレンタルできる窓口も増えましたが、下記の窓口の性能がダントツで良いです!

ドコモショップや公式サイトからはキャッシュバックは受け取れません。

当サイトからも申し込みが急増しています。

ドコモの携帯とドコモ光の利用料10%のポイントが貯まる超お得なdカードGOLDの申し込みもお忘れなく!

※年末は工事が混みあう可能性が高いので早めの申し込みをおすすめします。

▼最大25,000円キャッシュバック▼
スマホ1台乗り換えにつきdポイント10,000円分!
『ドコモ光の人気の申し込み窓口はこちら』

プロバイダを変更したいとき

プロバイダを変更するときは手続きが必要になります。 

ドコモインフォメーションセンターに電話するか、最寄りのドコモショップで手続きができます。

ドコモインフォメーションセンター
●ドコモの携帯電話からの場合
⇒151

●一般電話などからの場合
⇒0120-800-000

受付時間:午前9時~午後8時(年中無休)

また手続きをするときに必要なものがあります

●ドコモの携帯電話を利用している場合
・ネットワーク暗証番号
・口頭での本人確認
※原則本人確認資料は不要

●ドコモの携帯電話を利用していない場合
・契約ID(お客さまID)等

またプロバイダを変更するときは手数料が発生します。

同一タイプ内での変更(タイプA→タイプA、タイプB→タイプB)
事務手数料:3,000円

別タイプへの変更(タイプA→タイプB、タイプB→タイプA)
事務手数料:3,000円

単独タイプからタイプA、タイプBに変更するときは無料です。

タイプA、タイプBから単独タイプに変更する場合
事務手数料:3,000円

プロバイダの変更は同タイプ・別タイプに関係なく、手続きが終わってから翌月に反映されます。

手続きが終わってもすぐに切り替わることはないので注意してください。

引っ越した時もプロバイダの手続きが必要

引っ越した時はドコモ光だけでなくプロバイダにも手続きが必要です。

プロバイダによって手続き方法が違ったり、違約金が発生する場合があります。

電話窓口やホームページで確認してください。

AsahiNetの場合
AsahiNetの場合はドコモで引っ越しの申請をしたあと、AsahiNetのマイページ内にある「住所・電話番号の確認と変更」というところで手続きができます。

ユーザーIDとユーザーパスワードが必要になるので事前に用意をしておいてください。

回線を切り替えてもAsahiNetを使うとき

ネット回線を切り替えてもAsahiNetを使いたい場合は変更手続きが必要です。

回線への手続きが終わった後、AsahiNetへの変更手続きを行います。

手続きはホームページの「住所・電話番号の確認と変更」から手続きをやっていきます。

その際はユーザーIDが必用になるので確認していってください。

手続きの流れ

1変更する回線へ申し込みをする
2現在使っている回線の解約、撤去工事、機器返却
3AsahiNetで変更手続きをする
4変更した回線の開通、利用開始

2で解約する時は違約金や撤去工事費用などがかかる場合があるので確認してください。

プロバイダの解約方法

プロバイダのオプション解約は自分でする必要があります。

利用していたプロバイダでオプションサービスの契約をしていた場合は、自分が解約手続きをしない限りずっと請求され続けます。

オプションに関しては別途解約手続きが必要なので、必ずプロバイダの変更前に契約内容を確認し、オプションの解約を済ませておきましょう。

解約方法はプロバイダによってことなりますが、主に4つあります。

・書面
・電話
・メールフォーム
・ホームページ

特にホームページ経由がおすすめです。

メールだと記入漏れが多く、書面がとやり取りが手間になります。電話に場合はやりといりが面倒と感じる人もいると思います。

ホームページ経由であればユーザーIDなど必要事項をフォームに記入して送信し、確認メールをチェックするだけで終わりです。

解約時の注意点

解約するときにいくつか注意点があります。契約内容と一緒に確認してから解約手続きを進めてください。

・違約金の発生
・メールアドレスが使えなくる。
・サービスの継続や復旧ができない

特に違約金があるかどうかは必ず確認してください。

ホームページや契約書を読んでもわからない場合はプロバイダへ電話して違約金の確認をしたほうが確実です。

AsahiNetの解約方法

AsahiNetでの解約は書面かホームページでできます。ホームページで解約する時はIDが必要になります。

・個ASAHIネットID
・家家族会員ID
・FFTP用ID
・メールID

また毎月15日までにご申請された場合、その月の末日での退会が可能になります。

違約金が発生する場合もあるので、解約手続きをする前に確認してください。

まとめ

AsahiNetは普通にネットを使うのであれば問題ないプロバイダです。

だた料金、速度、その他のオプションを比べてみてもGMOの方がお得にネットを使えるプロバイダになっています。

また高機能なルーターを無料でンタルできるので、今使っているプロイダの速度に不満がある人は切り替えてみることをおススメします。

The following two tabs change content below.

ブログ管理人

なんとか結婚8年目。3人娘とニャンコとワンコが一匹ずついます。本業はライターとWebデザイナー、ディスプレイデザインや不動産系も得意です。 自分が過去に騙された経験を活かして、フレッツ光や光コラボレーションの役立つ情報を記事にしています。疑問・相談などあればLINEからでもコメントでも、何でも気軽にどうぞ。
光回線の相談窓口

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー プロバイダ選びの全て, 役立つ基礎知識

人気の記事一覧

同一カテゴリ内の関連記事

同一カテゴリ内の関連記事

光回線の申込み窓口選びは本当に大切です。

いい加減なところから申込むと『僕みたいに騙されて』せっかくのキャッシュバックが台無しになります。

このブログを通じて皆さんに紹介している窓口は、僕自身が何度もお世話になっていますし、次の理由から自信を持っておすすめできます。


  • 取扱っているネット回線の種類が多い
  • 最短3か月のキャッシュバック受取り
  • キャッシュバックに複雑な条件が無い
  • 僕も利用しているので安心して下さい

また、紹介をした友人からの口コミもあり、本当にたくさんの方からお申込みを頂いています。

親身になって話を聞いてくれるので、他の窓口と比べて頂ければ良さが必ず分かると思います。

フレッツ光・光コラボレーションの新規申込みや転用、光回線選びでお困りなら相談だけでもしてみて下さい。

banar

コメントを残す

*