ドコモ光で速度を実際に測定!遅い時の解決策と速いプロバイダ

2019-06-27

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事では『ドコモ光の速度』についてまとめています。

ドコモ光をこれから申し込みする人はある程度、速度の安定性を気にするでしょう。

ネットを快適に使うためには『プロバイダ選び』が重要ですが、速さに重点を置く場合には『v6プラス』という超高速通信サービスに対応したプロバイダかどうかを確認してください。

それさえ押さえておけば、ドコモ光は快適にネットを使えます。

僕もドコモ光でv6プラスに対応した『GMOとくとくBB』を利用していますが、遅いと感じたことはなく、サクサクとネットが使えています。

ドコモ光で速度に満足するにはv6プラスが重要

ドコモ光の通信最大速度は1Gbps(1,000Mbps)になります。

ドコモ光だけでなくフレッツ光など多くの光回線がベストエフォート型で最大速度も同じなので、基本的には違いはありません。

v6プラスは回線混雑の影響が1番少ない

『v6プラス』とは簡単に言うと、従来のIPv4接続方式よりも高速な『IPoE IPv4 over IPv6接続』を採用したサービスの名前です。

各プロバイダによってサービスの名前が違うこともあるので、一部紹介します。

●GMOとくとくBB:v6プラス
●So-net:v6プラス
●DTI:v6プラス
●ぷらら:v6エクスプレス
●OCN:v6アルファ

v6プラスの役割は、ネット利用者が多く回線が混雑していても、速度が遅くなる影響をおさえることです。

ドコモ光で『IPoE IPv4 over IPv6接続』を利用するために必要なことは2つ。

●対応したプロバイダを利用する
●専用のルーターを利用する

ドコモ光でもほとんどのプロバイダが『IPv6接続』ですが、『IPoE IPv4 over IPv6接続』は対応していないプロバイダもあります。

また、ルーターは何でもいいわけではなく、対応しているルーターが必要です。

ただし、ドコモ光のプロバイダによっては無料で専用ルーターを貸してくれるので、先走って購入しないように注意しましょう。

ドコモ光で速度にこだわるならGMOとくとくBB一択

ドコモ光で『速度』にこだわるなら『GMOとくとくBB』が1番おすすめです。

僕が速度なら『GMOとくとくBB』と断言できるのは、ルーターの性能の良さやプロバイダ自体がかなり速度にこだわっているからです。

おすすめの理由
●v6プラス専用ルーターが無料レンタルできる
●他のプロバイダよりも格段に高性能なルーターが3種類から選べる
●もしも100Gbps以下ならポイント還元のフォローまでしてくれる
●キャッシュバックキャンペーンがある

キャッシュバックがもらえるプロバイダは5社しかないので、お得でもあります。

GMOとくとくBBのルーターは最大速度がダントツ

DTI、So-net、ぷらら、OCNはルーターは選ぶことができません。

GMOとくとくBBはルーターが選べるだけではなく、3種類とも他の4社の性能を上回っています。

公式サイトを確認すると分かりますが、速度に力を入れていて自信もあることが伝わってきます。
(GMOとくとくBB公式サイトはこちら)

平均速度を公開していたり、100Gbps以下の通信速度になったらポイント還元までしてくれます。
※還元されるポイントはGMOポイントで月に1回まで

速度を改善する場合、僕たちにできることはパソコンやルーター、ケーブルに関することくらいなので、これだけ高性能のルーターを無料で借りれるのは大きなメリットでしょう。

しかもルーターが家に届いてから利用開始までの設定も簡単です。

機械が苦手な人でもすぐにネットが使えるようにと、気配りしてくれているのも伝わってきます。

僕がおすすめする『GMOとくとくBB』は37ヶ月以上使えばそのままくれるのも嬉しいところ。

ドコモ光1番人気の申し込み窓口

おすすめの理由
・GMO限定!超高速Wi-Fiルーターがもらえる!
・7月限定!工事費無料キャンペーン(18,000円)
・ドコモ光最高額!15,000円キャッシュバック!

・dポイント10,000円分プレゼント!
・dカードGOLD申し込みで5,000円分のGMOポイント!

無料レンタルできる無線LANルーターの性能がダントツで良いです!

ドコモの携帯とドコモ光の利用料10%のポイントが貯まる超お得なdカードGOLDの申し込みもお忘れなく!

※工事無料キャンペーン中は工事日が混みあうので、早めの申し込みをおすすめします。

▼2019年最も選ばれています▼
最新型!超高速無線LANルーター無料レンタル
『ドコモ光の1番人気の申し込み窓口』

検証:ドコモ光のWi-Fi速度を測定しました

僕はドコモ光の『GMOとくとくBB』を契約していますが、問題なく快適にネットを使っています。
(NECのルーターを利用しています)

速度になんら不満を感じたことはなく、朝・昼・晩と常に安定した速度を保っています。

測定条件
●地上3階建て21戸の建物
●ドコモ光×GMOとくとくBBでルーターは『NEC製 Aterm WG1900HP2』
●ソフトバンク4Gのスマホ
※会社支給のスマホ

回線が混雑しやすい夜10時くらいに計測した時のスクリーンショットです。

これでも速いですが、Twitterの投稿などを見ると、500~700くらいの数値が出ている人もいます。

1枚の画像だけでは安心しきれないという人もいるかもしれませんので、2日間にわたって検証しました。

DAY1 測定結果

Wi-Fiには2.4GHz帯と5GHz帯の2種類の電波があり、主流なのは5GHz帯となっています。

計測結果の画面に分かりやすく『高速です』とか『低速です』と記載されてるので、あまり気にしなくて大丈夫です。

●5GHz帯(最大1,300Mbps)

●2.4GHz帯(最大600Mbps)

●ソフトバンク4G

夜の23時頃に計測したのですが、どの回線でも『高速』との結果になりました。

体感的にも全然速度には問題なくネットはサクサクでした。

DAY2 測定結果

2日目は朝と夜の2回計測しました。

結論をいうと、1日を通して速度は安定していて、むしろ2日目は朝よりも夜の方が速い数値が出ました。

朝の時間帯

5GHz帯(最大1,300Mbps)

2.4GHz帯(最大600Mbps)

(ソフトバンク4Gで計測するのを忘れてしまいました…)

前日の夜と比較すると、朝の方がより高い数値になりました。

一般的に夜はネットが繋がりにくいともいわれますが、僕は今まで利用していてあまり関係ないように感じています。

数値は変化があるとは思いますが、ネットが繋がらないとか、遅いなと感じるほど落ちたことはありません。

夜の時間帯

夜22時半過ぎに速度を計測しました。

5GHz帯(最大1,300Mbps)

2.4GHz帯(最大600Mbps)

ソフトバンク4G

ソフトバンク4Gは前日の夜と比較すると速度が落ちていますが、ドコモ光は前日の夜や朝と比べても1番高い数値結果となりました。

今回の結果で、ドコモ光(GMOとくとくBB)は1日を通して高速通信が安定しているといえます。

速度に関しては全く心配する必要はないと思います。

僕はGMOを利用していますが、他のプロバイダと比較しても1番お得なプロバイダだと思っています。

キャッシュバックもそうですが、Wi-Fiルーターの設定もパスワードなど入力するだけなので、5分もかからず超簡単です。

速度をこだわる人ももちろんおすすめですが、機械がよく分からない実家のお母さんにもいいと思います。

ドコモ光1番人気の申し込み窓口

おすすめの理由
・GMO限定!超高速Wi-Fiルーターがもらえる!
・7月限定!工事費無料キャンペーン(18,000円)
・ドコモ光最高額!15,000円キャッシュバック!

・dポイント10,000円分プレゼント!
・dカードGOLD申し込みで5,000円分のGMOポイント!

無料レンタルできる無線LANルーターの性能がダントツで良いです!

ドコモの携帯とドコモ光の利用料10%のポイントが貯まる超お得なdカードGOLDの申し込みもお忘れなく!

※工事無料キャンペーン中は工事日が混みあうので、早めの申し込みをおすすめします。

▼2019年最も選ばれています▼
最新型!超高速無線LANルーター無料レンタル
『ドコモ光の1番人気の申し込み窓口』

ドコモで速度が遅い理由と解決策

ネット通信速度が遅くなる原因は主に3つ

●パソコンやスマホ、ルーターなどの製品と利用環境
●ネット回線の混雑
●自宅がマンションタイプ

それぞれ解決策を紹介したいと思います。

v6プラス対応のプロバイダを変更する

ドコモ光は、25社のプロバイダを自由に選べて変更もできるのが良いところ。※手数料3,000円(税抜き)

ソフトバンク光はYahoo!BBしかプロバイダはありませんし、auひかりはどうしてもプロバイダを変更したい場合は、解約する必要があります。

ドコモ光のどのプロバイダでも速度の条件は同じはずですが、『プロバイダ変更で速度が改善した』という口コミがあるのも事実。

速度が遅いと感じたらプロバイダを変更するのもいいと思います。

おすすめは『v6プラス』などの高速化サービスがあって、ルーターも無料のプロバイダです。

●GMOとくとくBB
●DTI
●ぷらら
●So-net
●OCN

ドコモ光のプロバイダは25社もあって比較しながら選ぶのは大変ですが、僕が徹底比較したベスト5なのでここから選べば間違いありません。

プロバイダの変更は、ドコモインフォメーションセンターに電話するか、最寄りのドコモショップで手続き可能です。

●ドコモインフォメーションセンター
ドコモの携帯電話からの場合
⇒151

一般電話などからの場合
⇒0120-800-000

受付時間:午前9時~午後8時(年中無休)

マンションは配線方式によって100Gbpsが限界

マンションで速度が遅くなる理由は主に2つあります。

●1本の光ファイバーをマンション全体でシェアしているため混雑しやすい
●ネットの配線方式自体の最大速度が100Gbps

マンションタイプのネットの配線方式は3つ。

 光配線方式LAN配線方式VDSL配線方式
マンションまで光ファイバー
家の中光ファイバーLANケーブル電話回線
最大速度1Gbps
(1,000Mbps)
100Mbps100Mbps
コンセントコンセントに
「光」の記載あり
コンセントに
「LAN」の記載あり
モジュラージャックで
「VDSL」の記載はない
速度の落ちやすさ少ないVDSL方式よりは少ない大きい

『VDSL方式』に不満があるからといって個人で配線方式を変えることはできないので、入居するときにはできるだけ『光ファイバー』と書いてある物件を選びましょう。

こちらの物件は『光ファイバー』と書いてあるので分かりやすいですね。

物件情報の欄に記載してあることも多いですが、書いていない場合もあるので不動産屋さんに確認しましょう。

2つめの物件は『VDSL』なので最大速度は100Mbpsです。

100Mbpsでも十分速いとはいえ、常に最大速度が出るわけではなく特にVDSLは速度落ちやすいと言われています。

心配な方はこのような物件は避けることをおすすめします。

すでに住んでいる物件が『VDSL方式』の場合は、古いパソコンから新しくて性能が高いパソコンにしたり、プロバイダの変更で改善を試みてください。

パソコンやルーターを新しく買い替える

ドコモ光の最大速度は1Gbpsですが、パソコンやルーター、LANケーブルのスペック(性能)によっては速度を活かしきれません。

特に古いパソコンやルーターを使用していると速度が遅くなる可能性があります。

長年同じ機器を使用していて、ネットが遅いなと感じる場合は新しく買い替えることをおすすめします。

ただし、ルーターはプロバイダから指定されることもあるので、購入は少し待ってください。

ルーターは5,000円から、高価なものだと20,000円近くになります。

仮にルーターの無料レンタルがないプロバイダを契約していて、ルーターを買うよりもプロバイダを乗り換える方が安くなります。

ドコモ光の速度の評判・口コミはかなり良い

v6プラスなど高速化サービスを利用している人たちは満足しているユーザーが多いです。

以前は速度の評判が悪かったプロバイダも、高速化サービス開始後は不満の口コミが減っています。

高速化サービスは、申し込み時には必ずチェックすべき項目です。

ルーターを買い替えたら速度が上がった

ルーターを変えるだけで実際に速度が改善されたという口コミもありました。

ルーターは本当に重要だからこそ、僕はGMOとくとくBBを強くおすすめします。

パソコンを新しく性能のいいものに買い替えるとなると、かなり高額になってしまいますが、ルーターなら無料でレンタルできるので費用もかかりません。

v6プラスなど高速化サービスで爆速

人気があるイベントなどはチケット発売時刻より前からスタンバイしていても、ネット混雑の影響で悔しい思いをすることあるかもしれませんね。

こういった場合、v6プラスだと混雑の影響が1番低いので激しい争奪戦でも勝てる可能性が上がります。

VDSL方式ということはマンションタイプで最大速度が100Gbpsのユーザーですが、GMOとくとくBBに乗り換えて速度にかなり満足しています。

速度は環境に左右されるので口コミはあてにできないといいましたが、それでもGMOの評判はかなり良く、人気のプロバイダです。

ちなみに、ルーター申し込みから届くまでは約1週間かかります。

GMOとくとくBBでも他のプロバイダでも、ドコモ光を契約完了すると、プロバイダから会員情報がメールや郵送で届きます。

ドコモ光の開通時にルーターが欲しい人は、会員情報が届いたらルーターの申し込み手続きができるようになるので、工事日1週間前にはルーターの手続きをすませましょう。

プロバイダによって工事日に持ってきてくれたり、郵送されてきます。

ぷららはv6エクスプレスも専用ルーターも無料で利用できますが、ルーターだけ有料のプロバイダもあります。

せっかくなのでぷららやGMOとくとくBBなどv6プラスの利用から専用ルーターのレンタルまで完全無料のプロバイダを申し込みしましょう。

ドコモ光を新規契約するなら、さらに『キャッシュバック』ももらえるプロバイダがおすすめです。

ゲームも問題なくプレイできる

ゲーム好きの方は特に速度を重要視すると思いますが、ゲームも問題なく楽しめます。

ちなみに、ドコモ光のプロバイダは『タイプA』と『タイプB』に分かれますが、優劣の差はなく、違いは月額料金だけ。

タイプA
ドコモnet、ぷらら、ソネット、GMOとくとくBB、andline 、excite 、Tigers-net.com、U-Pa!、ビッグローブ
DTI、エディオンネット、シナプス、TIKITIKI、楽天、ネスク、01光コアラ、IC-net、hi-ho、スピーディア、@nifty
タイプB
TCOM、OCN、nifty、TNC、AsahiNet、WAKWAK

タイプAが月額料金5,200円、タイプBは5,400円になります。

特にこだわりがないのなら、安いタイプAのプロバイダがおすすめです。

ドコモ光1番人気の申し込み窓口

おすすめの理由
・GMO限定!超高速Wi-Fiルーターがもらえる!
・7月限定!工事費無料キャンペーン(18,000円)
・ドコモ光最高額!15,000円キャッシュバック!

・dポイント10,000円分プレゼント!
・dカードGOLD申し込みで5,000円分のGMOポイント!

無料レンタルできる無線LANルーターの性能がダントツで良いです!

ドコモの携帯とドコモ光の利用料10%のポイントが貯まる超お得なdカードGOLDの申し込みもお忘れなく!

※工事無料キャンペーン中は工事日が混みあうので、早めの申し込みをおすすめします。

▼2019年最も選ばれています▼
最新型!超高速無線LANルーター無料レンタル
『ドコモ光の1番人気の申し込み窓口』

速度に不満の口コミもある

v6プラスを利用しているかの情報はないですが、突然wi-fiが切れて困るという口コミもあります。

こういった場合、まずはパソコンやルーター、機器をつなぐLANケーブルなど環境を確認してください。

自宅内に問題がないようならNTT設備に原因がある可能性も考えられます。

その場合はドコモ光に問い合わせをしてみましょう。

もしも通信障害があった場合はドコモ光公式サイトに情報が公開されています。
ドコモ光公式サイト『通信障害のお知らせページ』

まとめ

ドコモ光で安定した速い速度を求めるには『v6プラス』対応のプロバイダであることが必須です。

その中でも速度に力を入れている『GMOとくとくBB』をおすすめします。

速度はそこそこで、他の特典も気にしたい人はとにかく高速化サービスのあるプロバイダの中から選びましょう。

The following two tabs change content below.

監修者N

ソフトバンク光、auひかり、ドコモ光といった光回線の営業経験を生かして、インターネットの基本的な知識をはじめ、ネット回線の選び方など役立つ情報を紹介しています。 2019年の現在も某ブロードバンド事業者と太いパイプを持ち最新の情報発信に努めています。
光回線の相談窓口

 

人気の記事一覧

ドコモ光に関する情報の関連記事

役立つ基礎知識の関連記事

コメントを残す

*

TOPへ戻る
Menu