ドコモ光の単独タイプとは?おすすめしない理由や変更方法などまとめ

2019-09-13

ドコモ光の単独タイプとは、プロバイダがセットになっていないプランのこと。

プロバイダがセットになっているドコモ光のプランの中に、利用したいプロバイダが含まれていない場合は、単独プランで契約することによってどれでも好きに利用できます。

この記事では単独タイプをおすすめしていませんが、皆さんの判断材料となるように申し込み方法とプランの変更方法も一緒にまとめました。

ドコモ光は、ドコモのスマホユーザーにとって一番お得になる光回線なので、損して後悔しないように当記事を参考にしていただきたいです。

ドコモ光の単独タイプとは

ドコモ光の単独タイプとは、プロバイダがセットになっていない定額プラン。

ドコモ光は、光回線とプロバイダがセットになった料金プラン(タイプA・B)で安く利用できることが大きなメリットなので、単独タイプで契約する人はかなり少ないです。

プラン種類対応プロバイダ
定額プランタイプAGMOとくとくBB、ぷらら、BIGLOBE、@niftyなど
タイプBOCN、@TCOM、AsahiNetなど
単独タイププロバイダがセットになっていないプラン

単独タイプで申し込んでも、別途プロバイダを契約しないとインターネットが使えないので、別々で契約するメリットはほとんどありません。しかし、ドコモ光とセットになっていないプロバイダが選べるというメリットがあります。

★単独タイプの特徴
・自分の好きなプロバイダが自由に選べる
・現在利用中のプロバイダを継続できる
・通常どおりの公式キャンペーンやドコモスマホとのセット割が受けられる

現在フレッツ光を利用している人の中には、ドコモ光とセットになっていない「Yahoo!BB」をプロバイダとして使っている場合があります。

Yahoo!BBのメールアドレスやクーポン・グルメ・ゲームなどの会員特典を継続して使いたいという人は、ドコモ光の単独プランでプロバイダを継続して使い続けることが可能です。

単独タイプでドコモ光を契約した場合でも、通常プラン(タイプA・B)と同じように公式キャンペーンや割引サービスが受けられるので、違うところは月額料金のみになります。

ただし、プロバイダによって得られる特典やキャンペーンも違うので、本当にドコモ光を単独タイプで契約すべきなのかを考えていきましょう。

ドコモ光単独タイプをおすすめしない理由

結論から先に言うと、ドコモ光を単独タイプで契約することはおすすめしません。

以下で4つの理由をお伝えします。

単独タイプをおすすめしない理由
1.月額料金が高い
2.プロバイダを乗り換えても解約金はかからない
3.契約できないプロバイダがある
4.Wi-Fiルーターの無料レンタルができない

1.月額料金が高い

単独プランはプロバイダ料金がセットになっていないプランなので、タイプA・Bと比べて月額料金がかなり高いです。

※「Yahoo!BB(シンプルプラン)」にした場合

 戸建てマンション
タイプA【5,200円】【4,000円】
タイプB【5,400円】【4,200円】
単独タイプ5,000円

プロバイダ料
※1,200円
【6,200円】
3,800円

プロバイダ料
※950円
【4,750円】

それぞれの月額料金を比較してわかるように、タイプAのプロバイダから選ぶ方が月額料金が一番安くなることがわかります。

プロバイダとセットにして月額料金を安くできるドコモ光のメリットを活用しないのは非常にもったいないので、単独タイプはおすすめしません。

Yahoo!BBをプロバイダとして使うならソフトバンク光がセット料金で安く提供していますが、ドコモ光セット割は適用されません。

ドコモ光セット割とは?
ドコモ光のスマホと「ドコモ光(タイプA・B・C、単独タイプ)」をセットにすることで、スマホ料金が最大1,000円割引されるサービス

ドコモユーザーならドコモ光を契約しないと絶対に損するので、単独タイプではなくプロバイダがセットになったプランで契約することをおすすめします。

2.プロバイダを乗り換えても解約金はかからない

ドコモ光とセットになっていないプロバイダを利用している場合、単独タイプを契約することで解約せずに継続できますが、ほかのプロバイダに乗り換えても解約金はかからない場合が多いです。

フレッツ光からドコモ光に乗り換える人は「転用」、他社からドコモ光に乗り換える人は「事業者変更」という方法で解約金がかかりません。

●転用とは?
フレッツ光からドコモ光に転用の手続きを行うことで、プロバイダを乗り換えたとしても解約金とドコモ光の工事費が0円でなる方法

●事業者変更とは?
光コラボ(ソフトバンク光やドコモ光など)同士の乗り換えであれば、解約金と新規工事費が0円になる方法

フレッツ光と光コラボは同じNTT回線を使っているので、乗り換え元を解約せずに提供会社だけを変えることができます。

例えば、フレッツ光でYahoo!BBを利用している場合に通常の乗り換えで解約金(5,000円)がかかりますが、転用すれば解約金を払わずにタイプA・Bで契約できます。

3.ドコモ光に対応していないプロバイダがある

単独タイプなら自分の好きなプロバイダが選べるとお話ししましたが、プロバイダによってはドコモ光に対応していない場合があります。

Yahoo!BBはドコモ光に対応しているので単独タイプで契約できますが、以前タイプAに属していたSo-netはぷららに事業譲渡したので単独タイプでも契約できなくなりました。

2019年9月現在で調べたなかではSo-netしか見つかりませんでしたが、ほかにもドコモ光の単独タイプで契約できないプロバイダはいくつかありそうです。

しかし、そもそもドコモ光とセットで契約できるプロバイダは全部で25社もあり、知名度が高く主要なプロバイダはほとんど含まれています。

※参考(ドコモ光タイプA・Bのプロバイダ)
【タイプA】
ドコモnet、ぷらら、GMOとくとくBB、@nifty、DTI、BIGLOBE、andline、Tigers-net.com、エディオンネット、excite、hi-ho、SIS、IC-NET、SYNAPSE、Rakutenブロードバンド、@ネクスト、TikTik、COARA
【タイプB】
OCN、@TCOM、TNC、AsahiNet、WAKWAK、@ちゃんぷるネット

4.Wi-Fiルーターの無料レンタルができない

タイプA・BにはWi-Fiルーターを無料でレンタルできるプロバイダがありますが、単独タイプで契約する場合はレンタルできないことが多いです。

●Wi-Fiルーターを無料レンタルできるプロバイダ
【タイプA】
ぷらら、GMOとくとくBB、@nifty、DTI、BIGLOBE、andline、hi-ho、SIS、IC-NET
【タイプB】
OCN、@ちゃんぷるネット

例えば「GMOとくとくBB」というプロバイダでは、実際に購入すると1万円以上かかる高性能なWi-Fiルーターを無料でレンタルできます。

選ぶプロバイダによっては月額制で毎月500円のレンタル料金がとられたり、自分でネットや家電量販店で買わなければなりません。

Wi-Fiルーターを利用するのにかかる費用や手間を考えれば、プロバイダの無料レンタルサービスを活用した方がかなりお得になります。

\増税前ラストチャンス/
ドコモ光の大人気窓口

選ばれる理由は・・・
★利用者の97%が速度が速いと回答!
★制限なしネット使い放題!
★今なら工事費0円で始められる!
★最新Wi-Fiルータープレゼント!
★家族全員のスマホが1,000円割引!
★最高額25,000円キャッシュバック!

ドコモ光なら超高速インターネットが使い放題◎
特に乗り換えの方は増税前がおすすめ!安く契約できるラストチャンスです!
▼25,000円キャッシュバック中▼

ドコモ光単独タイプの申し込みについて

ここまで、ドコモ光の単独タイプをおすすめしない理由を書いてきましたが、それでも契約を検討されている方に申し込みについて紹介します。

申し込みから利用開始までの期間は2週間です。

※単独タイプの申し込みの流れ
①ドコモ光を申し込む
②プロバイダを申し込む or 利用中のプロバイダにドコモ光への変更を依頼する
③ドコモ光とプロバイダから申し込み書面が届く
④およそ2週間後に開通工事をおこなう
⑤工事が完了したら利用開始!

単独タイプではプロバイダの公式サイトから申し込むことができないので、下記4つの窓口から申し込むことになります。

●ドコモ公式
●ネット代理店
●家電量販店

それぞれの窓口でもらえるキャンペーンのキャッシュバック額を以下で比較しました。

申し込み窓口CB額

ドコモショップ1万円相当の商品券
ドコモ公式ページdポイント
5,000円分


ネットナビ5,000円
ディーナビ
Wiz6,000円
Visionary 5,000円
オンラインコンシェルジュ15,000円
家電量販店・商品券
・dポイント1万円分

単独タイプで申し込んだ場合でも、通常の申し込みと同じ扱いになるので5,000円~15,000円ほどのキャッシュバック額をもらうことができます。

最も高額なキャッシュバックキャンペーンを実施しているのは「オンラインコンシェルジュ」という代理店で、オプション加入などの条件なしで15,000円がもらえるのでお得です。

どの窓口でも申し込みの電話で希望するプロバイダを聞かれるので、そのときに単独プランを希望する旨を必ず伝えてください。

新規申し込みで回線工事が必要な場合は、工事日までにプロバイダの契約が可能かどうかを確認しないと申し込みのキャンセルができなくなってしまうので注意しましょう。

ドコモ光の単独タイプとタイプA・Bを変更する方法

ドコモ光はプロバイダを途中で変更できるので、単独プランからタイプA・Bに変更、またはタイプA・Bから単独プランに変更できます。

変更パターン必要な費用
単独プラン⇒タイプA・B無料
タイプA・B⇒単独プラン3,000円

単独タイプからタイプA・Bには無料で変更できますが、タイプA・Bから単独タイプに変更する場合は3,000円の契約事務手数料がかかります。

プロバイダ変更の手続き方法は、下記窓口(ドコモ インフォメーションセンター)に電話するか、お近くのドコモショップに行くかの2通りです。

●ドコモの携帯電話からの場合
(局番なし)151(無料)
年中無休 受付時間:AM9時~PM8時

●一般電話などからの場合
0120-800-000
年中無休 受付時間:AM9時~PM8時

手続きから最短10日後に料金プランとプロバイダが自動的に切り替わります。切り替わった月の月額料金は日割りで計算されるので、どのタイミングで変更してもあまり変わりません。

単独プランからタイプA・Bに変更する場合は、変更前のプロバイダを自分で解約しなけらばならないので忘れないように気をつけてください。

\増税前ラストチャンス/
ドコモ光の大人気窓口

選ばれる理由は・・・
★利用者の97%が速度が速いと回答!
★制限なしネット使い放題!
★今なら工事費0円で始められる!
★最新Wi-Fiルータープレゼント!
★家族全員のスマホが1,000円割引!
★最高額25,000円キャッシュバック!

ドコモ光なら超高速インターネットが使い放題◎
特に乗り換えの方は増税前がおすすめ!安く契約できるラストチャンスです!
▼25,000円キャッシュバック中▼

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

この記事では、ドコモ光を単独タイプをおすすめしない理由として4つのデメリットをお話しさせていただきました。

もしそれでも単独タイプで契約したいという人は、最初に申し込んで利用してから途中でタイプA・Bのプランに変更することができます。

皆さんにとって一番お得になる方法でドコモ光を契約できるように、この記事を役に立てていただけたら嬉しいです。

The following two tabs change content below.

監修者N

ソフトバンク光、auひかり、ドコモ光といった光回線の営業経験を生かして、インターネットの基本的な知識をはじめ、ネット回線の選び方など役立つ情報を紹介しています。 2019年の現在も某ブロードバンド事業者と太いパイプを持ち最新の情報発信に努めています。
光回線の相談窓口

人気の記事一覧

ドコモ光に関する情報の関連記事

役立つ基礎知識の関連記事

コメントを残す

*

TOPへ戻る
Menu